2017 / 03
≪ 2017 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017 / 03 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

3/13(月) 〔予想〕 (前回)

08:50 1月機械受注 〔-〕 (+6.7%)
13:30 1月第3次産業活動指数 〔-〕 (-0.4%)
21:45 ラウテンシュレーガーECB理事、講演
22:30 ドラギECB総裁、講演
23:00 米2月労働市場情勢指数 〔-〕 (+1.3)

翌6:30 ブロックRBA総裁補佐、講演


3/14(火) 〔予想〕 (前回)

米連邦公開市場委員会(FOMC)、開催(-15日)
メルケル独首相とトランプ米大統領が首脳会談

09:30 豪2月NAB企業景況感 〔-〕 (+16)
09:30 豪2月NAB企業信頼感 〔-〕 (+10)
11:00 中国2月小売売上高(前年比) 〔10.5%〕 (+10.4%)
11:00 中国2月鉱工業生産(前年比) 〔+6.2%〕 (+6.0%)
11:00 中国2月固定資産投資(年初来・前年比) 〔+8.2%〕 (+8.1%)
12:45 20年債入札(1兆1000億円) 
16:00 独2月消費者物価指数・確報値(前年比) 〔+2.2%〕 (+2.2%)
18:00 イングベス・リクスバンク(スウェーデン中銀)総裁、講演
19:00 ユーロ圏1月鉱工業生産 〔+1.5%〕 (-1.6%)
19:00 独3月ZEW景気期待指数 〔+12.0〕 (+10.4)
19:00 独3月ZEW現況指数 〔+78.0〕 (+76.4)
19:00 ユーロ圏3月ZEW景気期待指数 〔-〕 (+17.1)
21:30 米2月生産者物価指数 〔+0.1%〕 (+0.6%)
21:30 米2月生産者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.4%)

翌6:45 NZ10-12月期経常収支(対GDP比) 〔-〕 (-2.9%)


3/15(水) 〔予想〕 (前回)

日銀金融政策決定会合(-16日)
オランダ議会選挙
ビスコ伊中銀総裁、講演

13:30 1月鉱工業生産・確報値 〔-〕 (-0.8%)
16:00 トルコ12月失業率 〔-〕 (12.1%)
18:00 英2月失業率 〔-〕 (2.1%)
18:00 英2月失業者数 〔-〕 (-4万2400人)
18:00 英1月ILO失業率(3カ月) 〔-〕 (4.8%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔-〕 (+3.3%)
20:00 南ア1月小売売上高(前年比) 〔-〕 (+0.9%)
21:30 米2月消費者物価指数 〔+0.1%〕 (+0.6%)
21:30 米2月消費者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.3%)
21:30 米2月NY連銀製造業景況指数 〔+16.45〕 (+18.7)
21:30 米2月小売売上高 〔-〕 (+0.4%)
21:30 米2月小売売上高(除自動車) 〔-〕 (+0.8%)
23:00 米1月企業在庫 〔+0.2%〕 (+0.4%)
23:00 米12月NAHB住宅市場指数 〔-〕 (65)
23:30 米週間原油在庫 〔-〕 (+820.9万バレル)
翌3:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 〔0.75-1.00%に引き上げ〕 (0.50-0.75%に据え置き)
翌3:00 米連邦準備制度理事会(FRB)、経済見通し発表 ※フェデラルファンド(FF)金利動向に関する政策当局者の見通しもあわせて公表
翌3:30 イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長、会見
翌5:00 米1月対米証券投資 〔-〕 (129億ドルの流出)

翌6:45 NZ10-12月期GDP(前期比) 〔-〕 (+1.1%)
翌6:45 NZ10-12月期GDP(前年比) 〔-〕 (+3.5%)


3/16(木) 〔予想〕 (前回)

トランプ政権、議会に予算概要を提出
日銀金融政策決定会合結果公表
ビスコ伊中銀総裁、講演

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
09:30 豪2月就業者数 〔-〕 (+1万3500人)
09:30 豪2月失業率 〔-〕 (5.7%)
15:30 黒田日銀総裁、記者会見
17:30 スイス国立銀行(SNB)、金融政策アセスメント(金利発表) 〔-1.25%- -0.25%に据え置き〕 (-1.25%- -0.25%に据え置き)
19:00 ユーロ圏2月消費者物価指数(HICP)・確報値(前年比) 〔+2.0%〕 (+2.0%)
20:00 トルコ中央銀行、政策金利発表 〔-〕 (8.00%に据え置き)
21:00 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔0.25%に据え置き〕 (0.25%に据え置き)
21:00 イングランド銀行(BOE)資産購入枠発表 〔-〕 (4350億ポンドで据え置き)
21:00 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)、議事録公表
21:30 米2月住宅着工件数 〔126.7万件〕 (124.6万件)
21:30 米2月建設許可件数 〔128.0万件〕 (128.5万件)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (24.3万件)
21:30 米2月フィラデルフィア連銀製造業指数 〔25.0〕 (43.3)
21:30 加1月国際証券取引高 〔-〕 (102.3億加ドルの流入)

翌6:30 NZ2月企業景況感(PMI) 〔-〕 (51.6)


3/17(金) 〔予想〕 (前回)

G20財務相・中央銀行総裁会議(於:独バーデン・バーデン、-18日)

19:00 ユーロ圏1月貿易収支(季調前) 〔-〕 (281億ユーロの黒字)
19:00 ユーロ圏1月建設支出 〔-〕 (-0.2%)
21:30 加1月製造業出荷 〔+0.2%〕 (+2.3%)
22:15 米2月鉱工業生産 〔±0.0%〕 (-0.3%)
22:15 米2月設備稼働率 〔75.5%〕 (75.3%)
23:00 米3月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値 〔96.0〕 (96.3)
23:00 米2月景気先行指数 〔+0.4%〕 (+0.6%)


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

先程米2月雇用統計の方が発表となりましたが、非農業部門雇用者数は+23.5万人(予想 +19.0万人)、失業率は4.7%(予想 4.7%)、平均時給(前月比)は+0.2%(予想 +0.3%)となっており、予想を上回る雇用者数も、ドル買いの動きは限定的となると、ドル円は115.10まで下落、ユーロドルは1.0650までの上昇、その他ドルストレートも軒並み高値を更新するなど、ドル全面安の展開となっています。

先行指標のADP全国雇用者の方が大幅に上振れていた事で、期待感のドル買いが進んでいましたので、予想ほど強くはなかったという感じですね。
金利からみた利上げ織り込む度も、115円付近で100%という事もあり、115円突破でのオーバーシュート分の調整という動きもあると思います。
トレードの方はFOMCでの利上げからの材料出尽くしでも出ない限り、スウィング的なドル売りは見送り、とにかく押し目買いという事で、今週はわかりやすかったんじゃないかと思います。
誰もがドル買いと思っている状況でドルを買って買っているうちはいいですが、自信が過信に変わらないように気を付けた方がよいでしょう。
ダウの方も誰が見ても買われすぎな状態ながらも落ちてこないチキンレースとなっていますので、どこかで大きな調整はやってくると思います。


では今日はこの辺で。
1週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

方向感のない展開が続いていますね。
先週末のイエレンFRB議長の講演を受け、調整的なドル売りが優勢となると、114.72までの上昇となっていたドル円は114円を割り込み一時113.55までの下落となりましたが、米金利の低下を背景としたドル売りも一服となると、ドル円は再び114円台を回復、その後は上値の重い動きが継続も底堅く推移するなど、方向感のない展開となっています。

先週末は次回会合での利上げを90%超織り込んで114.72までの上昇となりましたが、とりあえずは調整のドル売りという感じですね。
100%近く織り込んでも115円という感じですので、一旦の天井はつけた感じですね。
雇用統計がよほど悪くない限り次回会合での利上げは確定的となっていますが、現時点ではやや織り込み度が低下していますので、再び織り込みながら114円台半ばまで上昇というシナリオが最も高い感じですかね。
ドル売りを狙っている人は利上げでの材料出尽くし、現時点では押し目を拾う方が低リスクとなりそうです。
まずは先行指標のADP、そして雇用統計に注目していきたいですね。



では今日はこの辺で。



1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

3/6(月) 〔予想〕 (前回)

中国全国人民代表大会

06:45 NZ1月住宅建設許可 〔-〕 (-7.2%)
09:30 豪1月小売売上高 〔-〕 (-0.1%)
19:00 ギリシャ10-12月期GDP・確報値(前期比) 〔-〕 (-0.4%)
19:00 ギリシャ10-12月期GDP・確報値(前年比) 〔-〕 (+0.2%)
20:30 ホッグBOE副総裁、講演
翌0:00 米1月製造業受注指数 〔+1.2%〕 (+1.3%)
翌5:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演


3/7(火) 〔予想〕 (前回)

12:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔1.50%に据え置き〕 (1.50%に据え置き)
12:45 30年債入札(8000億円)
16:00 独1月製造業受注 〔-1.8%〕 (+5.2%)
18:30 南ア10-12月期GDP(前期比年率) 〔-〕 (+0.2%)
18:30 南ア10-12月期GDP(前年比) 〔-〕 (+0.7%)
19:00 ユーロ圏10-12月期GDP・確報値(前期比) 〔+0.4%〕 (+0.4%)
19:00 ユーロ圏10-12月期GDP・確報値(前年比) 〔+1.7%〕 (+1.7%)
19:00 経済協力開発機構(OECD)、経済見通しを公表
19:00 カタイネン欧州副委員長(成長・投資担当)、講演
22:30 米1月貿易収支 〔455億ドルの赤字〕 (443億ドルの赤字)
22:30 加1月貿易収支 〔-〕 (9億2000万加ドルの黒字)
翌0:00 加2月Ivey購買部景況指数 〔-〕 (57.2)
翌3:00 米3年債入札(240億ドル)
翌5:00 米1月消費者信用残高 〔+180億ドル〕 (+141.60億ドル)

翌6:45 NZ10-12月期製造業売上高(季調済・前期比) 〔-〕 (+0.4%)


3/8(水) 〔予想〕 (前回)

中国2月貿易収支 〔-〕 (513.5億ドルの黒字)
ハモンド英財務相、予算演説

08:50 10-12月期GDP・2次速報値(前期比) 〔-〕 (+0.2%)
08:50 10-12月期GDP・2次速報値(前期比年率) 〔-〕 (+1.0%)
08:50 10-12月期GDPデフレーター・2次速報値(前年比) 〔-〕 (-0.1%)
08:50 1月国際収支-経常収支 〔-〕 (1兆1122億円の黒字)
08:50 1月国際収支-貿易収支 〔-〕 (8068億円の黒字)
09:05 古澤IMF副専務理事、講演
16:00 独1月鉱工業生産 〔+2.6%〕 (-3.0%)
21:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔-〕 (+5.8%)
22:15 米2月ADP全国雇用者数 〔+18.0万人〕 (+24.6万人)
22:15 加2月住宅着工件数 〔-〕 (20.74万件)
22:30 米10-12月期非農業部門労働生産性・確報値(前期比年率) 〔+1.5%〕 (+1.3%)
22:30 米10-12月期単位労働コスト・確報値(前期比年率) 〔+1.5%〕 (+1.7%)
22:30 加1月建設許可件数 〔-〕 (-6.6%)
翌0:00 米1月卸売在庫・確報値 〔+0.5%〕 (-0.1%)
翌0:00 米1月卸売売上高 〔-〕 (+2.6%)
翌0:30 米週間原油在庫 〔-〕 (+150.1万バレル)
翌3:00 米10年債入札(200億ドル)


3/9(木) 〔予想〕 (前回)

EU首脳会議(於;ブリュッセル、10日まで)

08:50 2月マネーストックM3(前年比) 〔-〕 (+3.5%)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
09:01 英2月RICS住宅価格 〔-〕 (+25%)
10:30 中国2月消費者物価指数(前年比) 〔+7.7%〕 (+2.5%)
10:30 中国2月生産者物価指数(前年比) 〔+1.6%〕 (+6.9%)
12:45 5年債入札(2兆4000億円)
17:30 ショイブレ独財務相、ドンブレト独連銀理事、講演
21:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔0.00%に据え置き〕 (0.00%に据え置き)
22:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見
22:30 米2月輸入物価指数 〔+0.1%〕 (+0.4%)
22:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (22.3万件)
22:30 加1月新築住宅価格指数 〔-〕 (+0.1%)
翌3:00 米30年債入札(120億ドル)


3/10(金) 〔予想〕 (前回)

08:50 1-3月期景況判断BSI・大企業全産業 〔-〕 (+3.0)
08:50 1-3月期景況判断BSI・大企業製造業 〔-〕 (+7.5)
09:30 豪1月住宅ローン貸出 〔-〕 (+0.4%)
18:30 英1月鉱工業生産 〔-〕 (+1.1%)
18:30 英1月製造業生産 〔-〕 (+2.1%)
18:30 英1月貿易収支 〔-〕 (108.90億ポンドの赤字)
22:30 米2月非農業部門雇用者数 〔+18.0万人〕 (+22.7万人)
22:30 米2月失業率 〔4.7%〕 (4.8%)
22:30 米2月平均時給 〔+0.2%〕 (+0.1%)
22:30 加2月就業者数 〔-〕 (+4万8300人)
22:30 加2月失業率 〔-〕 (6.8%)
翌0:00 英国立経済研究所(NIESR)GDP 〔-〕 (+0.7%)
翌4:00 米2月財政収支 〔-〕 (前年同月 1926億ドルの赤字)


3/12(日)

米国およびカナダ市場で冬時間終了、夏時間に移行(11月5日まで)
サウジアラビアのサルマン国王が来日(15日まで)

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル買いの流れが続いていますね。
次回会合での利上げ期待から米金利が更に上昇となると、ドル円は一時114.58まで上昇、その後114円付近まで押し戻される動きが見られるも、再び114円半ばまで戻すなど、本日も全般的なドル買いの動きが優勢となっています。

とにかくこの後控えているイエレンFRB議長の公演ですね。
次回会合での利上げの決定打が出るかに注目です。
すでの金利から計算した利上げ織り込み度は90%近くまで上昇していますので、ここからのドル買いの余地は限られる来ているとは思いますが、イエレンFRB議長の発言次第では115円突破もあり得ると思いますので、ショートポジションお持ちの方は十分のお気を付け下さい。
ドル買いがどこまで続くかですが、とりあえずスウィング的なドル売りは控えた方がよいでしょうね。
トランプ大統領がドル高けん制を行う可能性もありますが、中長期的なドル売りを狙うなら利上げ後の材料出尽くしの方が良いでしょう。


では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル買いの動きが大きく進んでいますね。
前日NY市場では、トランプ大統領の演説の警戒感から円買いが優勢となると、ドル円は一時111.69までの下落となりましたが、相次ぐFRB高官からの3月利上げ示唆発言を受けドル買いが優勢となると、ドル円は113円台乗せとなっており、その後トランプ大統領の演説ではインフラ投資以外に具体案が聞かれなかった事で失望の円買いが入る場面が見られるも、根強い利上げ期待からドル買いの動きが再開となると、現在NY市場ではドル円は113.94まで上げ幅を拡大、クロス円も高値を大きく更新するなど、円全面安の展開となっています。


警戒されていたトランプ大統領の演説は無風で通過という感じですね。
内容を見る限りもっと失望売りが入ってもよかったと思いますが、早くも次回会合での利上げがテーマになっている様です。
週末にはイエレンFRB議長の講演も控えているので、ここから更にドル買いとなるのでしょうか?
先週まで30%程度だった次回会合での利上げ織り込み度が、すでに70%近くまで上昇してきている様です。
中には反対派もいますので、100%まで織り込むことがないことを考えれば、ぼちぼち上昇も止まりそうな感じもしますが、114円台乗せからの更なるストップには気を付けたい所です。
チャート的には前日の日足が大きな下髭つけての陽線、そして7日の安値でダブルボトム見たいになっていますので、ここから本格上昇トレンド入りの可能性も高まていると思います。
1時間、4時間足などは強引な買い上げで移動平均線の乖離が進みすぎていますので、一旦調整からの下落からの上昇再開が最も可能性が高いとは思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

全般的な円買いの動きが優勢となっていますね。
本日週明け相場は、東京市場に向けて円売りが優勢となると、ドル円は112.31まで上昇も、軟調な日経平均の動きを受け円買いが再開となると、112円を再び割り込み111.90まで下落、ポンド円は一時139円割れとなるなど、円全面高の動きとなりました。
その後、欧州勢の参入ではショートカバーの動きが優勢となると、米1月耐久財受注を受け、ドル円は112.49まで値を戻す動きも見られましたが、根強い円買いの動きを受け徐々に上げ幅を縮小すると、現在112.21まで下落、クロス円も上値の重い展開となっています。

ドル円は東京市場で再び112円割り込んだ時に、ストップ巻き込んで111.60位までは下げると思ってましたが、予想以上に底堅いですね。
個人投資家のポジション比率は、半年振りの高水準とかいう話なので、お得意の逆張り大好き日本人の買い支えかなんかですかね?
まあよく分かりませんが、何度もいう様にここでロングはあり得ないので、引き続き戻り売りで行きたいと思います。


ドル円、1時間足もっかい載せておきます。

0228usdjpy60

下落トレンド継続中だろうが、波を描いて戻す局面があるというのが相場ですので、どこまでの戻りを売るかが重要ですね。
自分の場合は、25本線までの戻しや、そしてネックラインの戻しを毎回参考にしています。
25本線の方は急落後の最初の戻しですね。
タッチの部分で青○しておきましたが、このなかでもエントリーした方がいいポイントと、そうでない所があるのがわかるかと思います。
そして前回解説したネックラインの戻しですね。
これは完全初回のみです。
前回のポイントが白○、今回赤○ですね。
完全に抜けたら無効になるので、接近してきた所をゾーンとして捉えてある程度余裕もってストップおくのが良いかと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

2/27(月) 〔予想〕 (前回)

19:00 ユーロ圏2月経済信頼感 〔-〕 (107.9)
19:00 ユーロ圏2月消費者信頼感・確報値 〔-〕 (-6.2)
21:30 ツアブリュック・スイス国立銀行(中央銀行)副総裁、講演
22:30 米1月耐久財受注 〔+1.9%〕 (-0.5%)
22:30 米1月耐久財受注(除輸送用機器) 〔+0.4%〕 (+0.5%)
翌0:00 米1月中古住宅販売保留件数指数 〔-〕 (+1.6%)
翌0:30 米2月ダラス連銀製造業活動指数 〔-〕 (+22.1)
翌1:00 カプラン米ダラス連銀総裁、講演

翌6:45 NZ1月貿易収支 〔-〕 (4100万NZドルの赤字)


2/28(火) 〔予想〕 (前回)

トランプ米大統領両院議会演説
ロックハート米アトランタ連銀総裁、退任

08:50 1月鉱工業生産・速報値 〔-〕 (+0.7%)
09:00 NZ1月ANZ企業信頼感 〔-〕 (+21.7)
09:00 NZ1月ANZ企業活動見通し 〔-〕 (+39.6)
09:01 英2月GfK消費者信頼感 〔-〕 (-5)
09:30 豪10-12月期経常収支 〔-〕 (114億豪ドルの赤字)
12:45 2年債入札(2兆3000億円)
13:30 桑原日銀理事、第3回フィンテックフォーラムで挨拶
16:45 仏10-12月期GDP・速報値(前期比) 〔-〕 (+0.4%)
16:45 仏10-12月期GDP・速報値(前年比) 〔-〕 (+1.1%)
19:00 ユーロ圏2月消費者物価指数(HICP)・速報値 〔+2.0%〕 (+1.8%)
21:00 南ア1月貿易収支 〔-〕 (120億ランドの黒字)
22:30 米10-12月期GDP・改定値(前期比年率) 〔+2.1%〕 (+1.9%)
22:30 米10-12月期個人消費・改定値(前期比年率) 〔-〕 (+2.5%)
22:30 米10-12月期GDPデフレーター・改定値(前期比年率) 〔-〕 (+2.1%)
22:30 米10-12月期コアPCEデフレーター・改定値(前期比年率) 〔-〕 (+1.3%)
22:30 米1月卸売在庫・速報値 〔-〕 (+1.0%)
23:00 米12月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔-〕 (+5.27%)
23:45 米2月シカゴ購買部協会景気指数 〔-〕 (50.3)
翌0:00 米2月消費者信頼感指数 〔110.9〕 (111.8)
翌0:00 米2月リッチモンド連銀製造業指数 〔-〕 (+12)
翌05:30 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演


3/1(水) 〔予想〕 (前回)

08:50 10-12月期法人企業統計・設備投資(前年比) 〔-〕 (-1.3%)
08:50 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
09:30 豪10-12月期GDP(前期比) 〔-〕 (-0.5%)
09:30 豪10-12月期GDP(前年比) 〔-〕 (+1.8%)
10:00 中国2月製造業PMI 〔-〕 (51.3)
10:00 中国2月非製造業PMI〔-〕 (54.6)
10:30 佐藤日銀審議委員、挨拶
10:45 中国2月財新/製造業PMI 〔-〕 (51.0)
17:50 仏2月製造業PMI・確報値 〔-〕 (52.3)
17:55 独2月製造業PMI・確報値 〔-〕 (57.0)
17:55 独2月失業者数 〔-〕 (-2万6000人)
17:55 独2月失業率 〔6.0%〕 (5.9%)
18:00 ユーロ圏2月製造業PMI・確報値 〔-〕 (55.5)
18:30 英2月製造業PMI 〔-〕 (55.9)
18:30 英1月消費者信用残高 〔-〕 (+10億ポンド)
21:00 米MBA住宅ローン申請指数〔-〕 (-2.0%)
22:00 独2月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔-〕 (+1.9%)
22:30 米1月個人所得 〔-〕 (+0.3%)
22:30 米1月個人消費支出 〔-〕 (+0.5%)
22:30 米1月コアPCEデフレーター 〔-〕 (+0.1%)
22:30 加10-12月期経常収支 〔-〕 (183億加ドルの赤字)
23:45 米2月マークイット製造業PMI・確報値 〔-〕 (54.3)
翌0:00 カナダ銀行(BOC)政策金利発表 〔0.50%で据え置き〕 (0.50%で据え置き)
翌0:00 米1月建設支出 〔-〕 (-0.2%)
翌0:00 米2月ISM製造業景況指数 〔55.7〕 (56.0)
翌0:30 米週間原油在庫 〔-〕 (+56.4万バレル)
翌3:00 カプラン米ダラス連銀総裁、講演
翌4:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


3/2(木) 〔予想〕 (前回)

8:00 ブレイナードFRB理事、講演
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
09:30 豪1月貿易収支 〔-〕 (35.11億豪ドルの黒字)
09:30 豪1月住宅建設許可 〔-〕 (-1.2%)
12:45 10年債入札(2兆4000億円)
15:45 スイス10-12月期GDP(前期比) 〔-〕 (±0.0%)
15:45 スイス10-12月期GDP(前年比) 〔-〕 (+1.3%)
17:00 スペイン10-12月期GDP・確報値(前期比) 〔-〕 (+0.7%)
17:00 スペイン10-12月期GDP・確報値(前年比) 〔-〕 (+3.0%)
18:30 英2月建設業PMI 〔-〕 (52.2)
19:00 ユーロ圏1月生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (+1.6%)
19:00 ユーロ圏1月失業率 〔9.5%〕 (9.6%)
19:15 オルセン・ノルゲバンク(ノルウェー中央銀行)総裁、講演
21:30 米2月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔-〕 (-38.8%)
22:30 米新規失業保険申請件数〔-〕 (24.4万件)
22:30 加10-12月期GDP(前期比年率) 〔-〕 (+3.5%)
22:30 加12月GDP 〔-〕 (+0.4%)


3/3(金) 〔予想〕 (前回)

08:30 1月失業率 〔-〕 (3.1%)
08:30 1月有効求人倍率 〔-〕 (1.43倍)
08:30 1月全国消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-〕 (-0.2%)
08:30 2月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く・前年比) 〔-〕 (-0.3%)
09:00 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
10:45 中国2月財新/サービス業PMI 〔-〕 (53.1)
16:00 トルコ2月消費者物価指数(前月比) 〔-〕 (+2.46%)
16:00 トルコ2月消費者物価指数(前年比) 〔-〕 (+9.22%)
17:50 仏2月サービス業PMI・確報値 〔-〕 (56.7)
17:55 独2月サービス業PMI・確報値 〔-〕 (54.4)
18:00 ユーロ圏2月総合PMI・確報値 〔-〕 (56.0)
18:00 ユーロ圏2月サービス業PMI・確報値 〔-〕 (55.6)
18:00 伊10-12月期GDP・確報値(前期比) 〔-〕 (+0.2%)
18:00 伊10-12月期GDP・確報値(前年比) 〔-〕 (+1.1%)
18:30 英2月サービス業PMI 〔-〕 (54.5)
19:00 ユーロ圏1月小売売上高 〔-〕 (-0.3%)
22:45 米2月マークイットサービス業PMI・確報値 〔-〕 (53.9)
22:45 米2月マークイット総合PMI・確報値 〔-〕 (54.3)
翌0:00 米2月ISM非製造業景況指数 〔57.0〕 (56.5)
翌0:15 エバンス米シカゴ連銀総裁、ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
翌2:15 パウエルFRB理事、講演
翌3:00 イエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長、講演


3/5(日)

中国全国人民代表大会開幕


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット