2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

英選挙を受けポンド売りの動きが大きく進んでいますね。
早朝オセアニア市場では、出口調査での保守党が半数を獲得できない見込みとの報道を受けポンドが売りとなると、ポンド円は139.51まで急落、ポンドドルは1.2701までの急落となるなど、パニック的なポンド売りとなりました。
その後は、ショートカバーのうごきが優勢となると、議席獲得速報で保守党が大きく巻き戻す動きなどもあり、ポンド円は141円台を回復する動きとなりましたが、結局保守党、労働党どちらも過半数を獲得できないハングパーラメントとなった事でポンド売りが再開となると、ポンド円は再び139.50まで急落、ポンドドルは早朝安値を割り込み1.2635までの急落となるなど、ポンド全面安の展開となっています。

現在では週末調整の動きもあり、ポンドは安値から大きく持ち直していますが上値は重いですね。
米債金利の上昇に伴いドル買いが進んでいる事もあり、ポンドドルは早朝安値付近で軟調推移、ポンド円も141円付近で上値の重い展開となっています。


ハングパーラメントとなった事で、ただでさえ難航していたユーロ離脱交渉が益々複雑になり、不透明感はかなり高まっていますね。
格付け会社も最悪事態として、格付けに大きく影響すると発言しています。
今後の動き次第では格下げで更なるポンド売りを引き起こす可能性があると思います。
ただ株価が堅調推移してるのは気持ち悪いですね。
前日のコミー氏の発言でも、ますます疑惑が深まる様な内容となっていましたが、相場は特に大きな反応もなし、ドル円も直近高値を越えて111円に迫る勢いとなっていますので、そんなことはお構いなしに買い上げるつもりなんですかね?
よく分かりませんが、動きについていくしかないですね。

トレードの方は今日はもうポンド売りで楽勝でしたね。
選挙前1週間の動きを見ても、ポンド円ポンドドルともに下値切り上げとなっていましたので、完全に与党勝利での楽観的な見方となっていましたので、仮の保守党過半数獲得でもポンド買いは限定、労働党勝利やハングパーラメントではポンド急落だろうという事で、もう昨日からポンド売りしか考えてませんでした。
どちらに賭ければ勝利が高いではなく、どちらに賭けるのに分があるかですね。
途中開票速報に振り回され、含み益が大きく減ったりする場面もありましたが、ひたすらポンド売りで久々の快勝でした。



では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。
良い週末を。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

この記事へコメントする















私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット