2016 / 01
≪ 2015 / 12 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2016 / 02 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円売りの動きが大きく進んでいますね。
注目の日銀金融政策決定会合は、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入」との発表を受け円売りが優勢となると、ドル円は121.40まで暴騰、豪ドル円は86.15まで急騰、ポンド円も174.09までの急騰となるなど、円全面安の動きとなりました。
その後は、マイナス金利で収益が落ちるとの見方から銀行株が急落となると、ドル円は119.12まで急落、クロス円も発表直前付近のレートまで押し戻されるなど、円買い戻しの動きが大きく進みましたが、株価が再び上げ幅を拡大させた事で円売りが再開となると、NY勢の参入でドル円は121.68まで上げ幅を拡大、豪ドル円も86.36まで上げ幅を拡大させるなど、再び円売りが進む展開となっています。


サプライズマイナス金利の発表を受け大荒れとなっていますね。
ダボス会議かなんだったか少し忘れてしまいましたが、少し前に黒田日銀総裁から、マイナス金利の構造の説明を聞いただけで、その予定はないという様な発言があったはずなので、だいぶ前にあったスイス中銀の裏切りみたいな行為ですね。
発表直前にマイナス金利について議論とのリークを受け円売りで反応後、再び押し戻されてからドル円が暴騰となりましたが、実際の結果を確認した時には既に大きく動いた後で、初動は完全に乗り遅れました。
その後はTwitterでもツイートしましたが、調整で下がってきた所で拾ってまだ放置しています。
エントリー後すぐに踏まれたので、ダメかなと思いましたが、今大分利が乗ってきています。
このまま持ち越しで更なる上を目指したいと思いますが、どうでしょうね?
また下がってくるなら利確するしかないですね。


では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日公表となったFOMCでは、ややハト派な内容となるも、「経済は緩やかな利上げを正当化させる」とするなど、3月の利上げを排除しない内容となった事で株売りとなると、ドル円は119.05から118.41まで急落、84.21までの上昇となっていた豪ドル円も83円割れとなるなど、リスク回避の円買いが大きく進みました。
しかし、本日東京市場では、寄付きから大幅下落となっていた日経平均がプラス圏を回復すると、日銀金融政策決定会合での追加緩和期待の円売りの動きもあり、ドル円は118.93まで上昇、豪ドル円は84.26までと前日高値を更新するなど、リスク志向の円売りが大きく進む展開となっています。

現在NY市場も円売りの動きが優勢となっていますね。
米新規失業保険申請件数は強い結果となるも、米12月耐久財受注の大幅な下振れでドル売りとなると、ドル円は118.67まで下押しする場面も見られましたが、再び上値試しとなると118.99まで上昇、豪ドル円は当日高値を更新し84.80までの急騰となるなど、各通貨円売りの動きが優勢となっています。


とにかく明日発表の日銀金融政策決定会合ですね。
FOMCは思ったよりハト派とならなかった事で、再び円買い株売りで反応となりましたが、それを上回る円売りの動きですので、日銀への期待は相当な様です。
今日も誰かちょっと忘れてしまいましたが、日銀は追加緩和すべきみたいな発言があり、余計に敏感になっている様ですが、個人的にはすると思えないですよね。
特にこれだけ織り込んでると据え置きだった時にインパクトは絶大ですので、追加緩和発表なら小幅に円売り、据え置きなら大きく円買いという動きになると思います。
あまり予想しても仕方ないですが、円買いに仕掛ける方に分があるとは思います。
実際に結果を見てからでも遅くはなさそうです。
発表直前は、上下のストップを狙った仕掛け的な円買い円売りが入りやすいですので、結果をみて入りたい方は、値動きだけみて仕掛けないようにお気を付け下さい。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、日経平均が寄付きから堅調推移となると、そのまま500円超に上げ幅を拡大する動きとなりましたが、中国株式が軟調推移となった事で円買いの動きが優勢となると、ドル円は118.04まで下落、豪CPIを受け88.34までの上昇となっていた豪ドル円も82.70まで押し戻されるなど、円全面高の動きとなりました。
しかし、4%超の下げ幅を記録していた上海株式がプラス圏を回復した事でショートカバーの動き優勢となると、ドル円は118.47まで上昇、豪ドル円は当日高値を更新し83.51まで上昇となっており、その後欧州勢の参入で下押しする場面が見られるも、NY勢の参入で円売りが再開となると、83.73まで上げ幅を拡大、その他クロス円も安値から大きく持ち直すなど、円全面安の動きとなっています。

上がったり下がったり忙しい動きとなっていますが、全体的には円売り戻しという感じですね。
今日のFOMCでは、イエレンFRB議長に記者会見はありませんが、声明文でチャイナリスクに言及し、早期追加利上げ見通しも後退する事で株も持ち直すと見る向きが多い様ですので、現時点では流れに逆らわずに円売りが正解の様です。
仮に株価上昇となっても、FOMC消化で円売りが一巡となればテーマは日銀になってきますので、深追いは出来ないでしょうね。
個人的には日銀金融政策決定会合は政策据え置きで、記者会見では次回会合での追加緩和に含みを持たせて株価を下支えすると思っていますので、この後上げ所で大きく円売りで反応するなら戻りを売って、日銀会合での初動の円買いを取るというシナリオをたてています。
まあとにかく動き出してみない事には分かりませんので、発表を待ちましょうかね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、前日NY市場の大幅下落を受け、日経平均も寄付きから大幅下落となると、そのまま400円超に下げ幅を拡大、中国株式も引けにかけて6%超の下げ幅を記録した事もあり、ドル円は118円を割り込むと117.65まで急落、豪ドル円は81.47までの急落となるなど、リスク回避の円高が大きく進みました。
しかし、その後は原油相場が持ち直す中、FOMCに日銀金融政策決定会合とイベントを控えショートカバーの動きが優勢となると、ドル円はNY勢の参入で118.61まで急騰、豪ドル円は当日高値を更新し83.01までの急騰となるなど、流れは一転円全面安の動きとなっています。


中国が連休前に資金供給を繰り替えしている事で、人民銀による追加緩和は難しいんじゃないかとの声も上がっており、株価は大幅下落とドル円クロス円も安値を大きく更新する動きとなりましたが、そこから意味不明の円売りでしたね。
竹中平蔵氏による「追加緩和は必要ない」との発言もあり、日銀への追加緩和期待も少し後退した様ですので、ここで円を売り急ぐ必要はないと思いますが、FOMCでチャイナリスクに言及し、ハト派な内容に転じて株価が下支えされるとの期待感が高まっているんでしょうかね?
今週はFOMCよりも日銀金融政策決定会合に注目が集まっていますので、明日のFOMCで反応してもすぐに日銀の方にテーマが移っていくでしょうね。
日銀の方は判断をぎりぎりまで待つとのリークがありましたが、単純に解釈すれば更に円買いが進んで株価が再び大きく下がれば追加緩和、現状か持ち直しなら見送りと取れますので、そう考えると今回は見送りの可能性の方が高そうなんですけどね。
まあいちいち考えても仕方ないでしょう。
下げるなら売る、上げるなら買うしかないですね。
夕方頃の戻り売りでは無駄に負けてしまいましたが、気を取り直して明日も頑張りましょう。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日週明け相場は、早朝時間外から円買いの動きが優勢となると、ドル円は118.43まで下落、クロス円も先週末高値から大きく反落するなど、円全面高の動きとなりましたが、日経マイナス転落となっていた日経平均が再びプラス圏を回復し上げ幅を拡大する動きとなると、ドル円は118.85まで上昇、一時82.75までの下押しとなっていた豪ドル円も83.50までの上昇となるなど、円全面安の動きとなりました。
しかし、上海株式が再び軟調推移となるなか、原油が再び軟調推移となった事で円買いの動きが再開となると、ドル円は118.17まで急落、豪ドル円は82.41まで急落、その他クロス円も安値を更新するなど、流れは一転円全面高の動きとなっています。

とりあえずはパニック的な円売り戻しの動きは一服ですね。
ここから円買いが再開となるのか、再び円売りの動きとなるのか、動いてみないと分からないと言う感じですが、中長期的な戻り売りポイントに達した後の円買いですので、更に円買いが進む可能性も十分にあると思います。
チャート出しておきましょうか。


ドル円、日足です。

0125usdjpyhi

25日線までの上昇という事で、ピタリ戻り売りポイントでの反落ですね。
急落後の最初の戻りという事で、問答無用の戻り売りポイントです。
ここから直近高値を更新すれば更なる急騰も見えますが、反落の可能性の方が高いとは思います。
注目はFOMCと日銀金融政策決定会合で、特に日銀へは追加緩和の期待が高まっていますので、据え置きとなれば株価急落怒涛の円買いというパターンも予想できます。
それでも3月の追加緩和に含みを持たせると思いますので、一旦大きく円買いで反応してから再び徐々に戻すという動きにはなるとは思っていますが。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット