FC2ブログ
2015 / 06
≪ 2015 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2015 / 07 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、黒田日銀総裁による「過去1年で日米欧の金融政策の方向性の相違、一段と明確に」との発言を受け円売りが優勢となると、前日NY市場で124.00までの下押しとなっていたドル円は124.57まで上昇、ユーロ円は140.35まで上げ幅を拡大するなど、円全面安の動きとなりました。
しかし、原田日銀審議委員による「過度の円高は修正された」との発言をきっかけに円買いが優勢となると、ドル円は124円を割り込み123.78まで急落、ユーロ円に下落に連れ一時1.1230までの下落となっていたユーロドルは、ドル円主導でのドル売りの動きを受け底堅い動きとなると、前日高値を突破し1.1379まで急騰、ポンドドルも1.5441までの急騰、ユーロ円もユーロドルに連れ141.05までの上昇となるなど、再びユーロ買いドル売りの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、ショートカバーのドル買いの動きが優勢となっていますね。
米新規失業申請件数が予想より強い結果となった他、明日に米雇用統計を控えたポジション調整のユーロ売りが優勢となると、ユーロドルは1.13ドルを割り込み1.1239まで急落、ドル円も124.51まで値を戻す動きとなるなど、各通貨荒っぽい動きとなっています。


流石にスピード調整が入った様ですね。
ユーロドルはじりじりと上げ幅を拡大するとの読みでしたが、夕方頃の急騰には流石にびっくりです。
その後の急落もまたびっくりですが、ボラが急拡大していますので、前日比での変動率だけをみれば、まあこんなもんという感じですかね。
このまま大きく値を戻すことなく引けとなれば、日足で大きな上髭を残す形になりますので、上値の重たさが意識されてくるかも知れませんね。
ただ、先程IMFが、「FOMCは来年前半まで利上げを先送りすべき」「ドルはいく分過大評価されている」との発言もありましたので、短期のドル売りユーロ買いは落ち着くも、長期的なポジションでのドル売りが入ってくる可能性はあると思います。
それでも明日には雇用統計が控えていますので、今何も中長期的なポジションを取ることはないでしょうね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、ギリシャ関連の報道を受けたユーロドル主導でのドル売りの動きも一服となると、ドル円は124.23まで上昇、ユーロドルは1.1133までの下押しとなるなど、ドル買いの動きが優勢となりましたが、豪1-3月期GDPが予想より強い結果となった事で豪ドルが急騰となるなと、今度は豪ドルドル主導でのドル売りが優勢となっており、ドル円は123.79まで下落、ユーロドルは1.1189までの上昇となるなど、再びドル全面安の動きとなりました。
しかし、オランダのルッテ首相はによる「ギリシャのユーロ圏離脱の可能性は依然排除できない」「債権者側との溝を埋めるのは引き続き困難」との発言もあり、再びユーロ売りの動きが優勢となると、ユーロドルは1.1103まで急落、ドル円はユーロドルに連れ124.49までの上昇となるなど、ドル買い戻しの動きが優勢となっています。

現在NY市場では、再びユーロ買いの動きが優勢となっていますね。
ドラギECB総裁の記者会見では、17年のGDP見通しを下方修正した他、「インフレ率を継続的に調整するまでQEを継続へ」との発言を受け、ユーロドルは一時1.1079まで下げ幅を拡大する動きとなりましたが、「現在ではQE拡大の必要はない」との発言をきっかけにユーロ買い戻しが加速すると、米5月ISM製造業景況指数が予想より弱い結果となった事もあり、ユーロドルは1.1271まで急騰、ユーロ円は139.83まで上げ幅を拡大、一時124.68までの上昇となっていたドル円はユーロドルに連れ124.00までの下押しとなるなど、ユーロ買いドル売りが大きき進む展開となっています。


相変わらずユーロの値動きに神経質となっていますね。
ドラギECB総裁による「現在ではQE拡大の必要はない」発言を受け再びユーロが急騰となっていますが、特にサプライズな発言でもなく、完全にユーロを買い進めるネタにされただけでしょうね。
むしろ、QE縮小観測すらつい最近まで流れていた位ですので、QE完遂との言葉にユーロ売りが大きく進んでもおかしくなかったと思います。
そしてギリシャ協議の方ですが、ドイツからはジョイブレ財務相による「楽観しする理由はない」との発言や、「ギリシャ側からの新たな提案は債権団との要件を満たすものではないとの」発言も聞かれており、フランスのオランド大統領からは「数日、または数時間以内に合意できる可能性がある」との発言も聞かれており、意見が分かれている様ですが、総合するとまだ合意には時間がかかるといった感じですね。
為替相場の方は先取りでユーロが前日に引き続き急騰となっていますので、実際合意の文字が飛び込んできても、その後のパニック的な上昇は見込めそうもないですね。
まだまだ大荒れの相場が続くと思いますが、雇用統計での乱高下はあるにせよ、このままじりじりと上昇、合意後は米利上げにテーマが移って再びドル買いというシナリオが最も高いんじゃないかと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット