FC2ブログ
2015 / 04
≪ 2015 / 03 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2015 / 05 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル相場を中心に大荒れの一週間でしたね。
ギリシャのデフォルト懸念を受け、ユーロドルを中心にユーロ売りドル買いが優勢となると、ドル円は山本自民党衆院議員による「日銀は10兆円の資産買い増しが必要」との発言もあり、120円台を回復し120.09までの上昇となりました。
しかし、「日銀は2年連続での物価2%情報を展望しており、異次元緩和の出口が視野に入った」との日銀関係者による発言を受け円買いが優勢となると、米3月耐久財受注のコアが予想を大きく下回った事によるドル売りの動きもあり、ドル円は118.82まで下落、ユーロドルはギリシャの対しての楽観的な見方もあり、一時1.0900までの上昇となるなど、ドル全面安の展開となっています。

ユーロが買い戻されたというよりは、ドル売りを受けたユーロドルの上昇という感じですかね。
ギリシャデフォルトが更に現実的となればいきなりのユーロ急落もあると思いますが、数年前のギリシャ危機の時も期限がギリギリまで近づくと逆に楽観的な見方からユーロ買いで反応していましたので、今回も似たような値動きになりつつありますね。
ドル円は9月の利上げ観測が後退した事で上値の重い展開となっていますが、米指標や見通しの下方修正が相次いでいますので、下方修正された数値からの上振れが続いてくると、再び利上げ観測が高まってドル買いというような動きになってくるんじゃないかと思っています。
まずは30日の日銀金融政策決定会合に注目で、黒田日銀総裁による「サプライズによって効果を出すことを考えていない」との発言もあり、追加緩和観測が大きく後退していますが、山本自民党衆院議員による「日銀は10兆円の資産買い増しが必要」との発言や、「追加緩和しなければ円高、日本株売りも」「30日の金融決定会合、日銀が何もしないことはあり得ない」との発言もありますので、どうなんでしょうね?
完全に据え置きを織り込んでいる訳ではない気がしますので、据え置きからの円買いの動きには気を付けたいですね。



ユーロドル、日足です。

0425eurusdhi

前日の動きで再びローソク足の実体が25日線を突破しています。
チャート的にはN波動が意識されやすい形となっており、N計算値でのターゲットは1.0990付近となっていますので、その辺までの上昇は視野に入れておきたい所です。
ギリシャのデフォルト懸念もありますので、そう簡単には上昇されてはくれないと思いますが、下値抵抗が徐々に強くなってきていますので、長期的な買いもそろそこ考えてもいいのかも知れませんね。
前回の突破(白○)では1.10ドル台での売りに押され押し戻されましたが、今回はどうでしょうか?
とりあえず動き出すのを待ちましょう。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、ユーロの買い戻しの動きも一服となると、前日NY市場で1.0845までの上昇となったいたユーロドルは1.0784まで下落、ユーロ円も128.95までの下落となるなど、調整的なユーロ売りの動きが優勢となりました。
その後は「日銀は2年連続での物価2%情報を展望しており、異次元緩和の出口が視野に入った」との日銀関係者による発言を受け円買いが優勢となると、ドル円は119.15まで急落、ユーロドルはユーロ圏財務相会合への期待感もあり、前日高値を上抜けると17日の高値も突破し1.0900まで急騰、その他ドルストレートも大きく上昇するなど、ドル全面安の動きとなりました。
しかし、ユーロ圏財務相会合で進展が見られなかった他、欧州高官からギリシャに対して厳しい意見が次々と伝わると、ユーロドルは1.0810まで急落、一時130.11までの上昇となっていたユーロ円も129.18まで押し戻されるなど、ユーロ売り戻しの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、リスク回避の円買いが優勢となっていますね。
米3月耐久財受注は予想を大きく上回るも、コアが予想を大きく下回った事でドル売りとなると、ユーロドルは1.0874まで急騰、ドル円は119.03までの下落となるなど、ドル売りが大きく進みましたが、ギリシャ懸念を受けたユーロ売りの動きが再開となると、ユーロドルは1.0804まで急落、ユーロ円は128.83までの下落となるなど、ユーロ全面安の動きとなっています。

バルファキス・ギリシャ財務相からは、「ユーロ圏のギリシャについての議論は熱心に行なわれた」「活発な議論は協議が終盤戦に至っていることを反映」「ギリシャは合意に向けて十分に妥協する用意がある」などの発言が聞かれていますが、かなり温度差がある様ですね。
「バルファキス財務相はほとんどの問題が解決済みだと話したが、そうして印象を持っているのは彼だけだ」との発言もあり、ドラギECB総裁からも「評価作業に入るための適切な過程がなく、再作措置を数値で示すことがないなら、合意など出来ない」という厳しい意見も聞かれています。
まだまだ問題山積の様ですが、それでもユーロは下値を切り上げてきていますので、楽観的な見方が依然優勢の様ですね。
協議が長引けば長引くほど、資金調達コストも大きくなって大変な事になるんですけどね。
ギリシャはどうするつもりなんでしょうかね?


では今日は簡単になりましたがこの辺で。
一週間お疲れ様でした。



1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、日経平均が続伸となった事でドル円を中心に円売りが優勢となると、ドル円は120円を突破し120.09まで上昇、ユーロドルは1.07ドルを割り込み1.0691まで下落するなど、ドル全面高の動きとなりました。
その後は、日経平均が上げ渋りの動きとなった事で円売りの動きは一服となると、黒田日銀総裁による「サプライズによって効果を出すことを考えていない」との発言を受け、30日の会合での追加緩和観測が大きく後退すると、ドル円は119.66まで急落、仏PMIが予想を下回った事もあり、ユーロ円も128円を割り込み127.86までの下落なると、ユーロドルも1.0662までの急落となるなど、円買いドル買いの動きが大きく進む動きとなりました。
しかし、根強い円売りの動きからドル円は徐々に下げ幅を縮小する動きとなると、山本自民党衆院議員による「日銀は10兆円の資産買い増しが必要」との発言もあり、ドル円は再び120円台を回復、ユーロ円は急速に下げ幅を縮小すると、そのまま当日高値を更新し129.39まで急騰、ユーロドルも1.0778までの急騰となるなど、円売りユーロ買いの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、円売りユーロ買いの動きも一服となると、各通貨高値からやや押し戻される動きとなっていますね。
米新規失業保険申請件数や米4月マークイット製造業PMI・速報値、米3月新築住宅販売件数が予想より弱い結果となった事で、ドル円は119.84まで下落、ユーロドルは1.0780と当日高値を更新する動きが見られるも、クロス円の下落に連れ1.0733まで上げ幅を縮小する動きとなっています。


夕方頃からのドル円の買い戻しの動きにより、ドル円主導でのドル買いからポンドドルや豪ドルドルなど、ドルストレートは軟調推移となりましたが、何故かユーロドルは逆行高となっていますね。
ギリシャ政府が国債購入をESMに要請することを検討しているとの報道もありましたが、それがユーロ買いの材料にもなったんでしょうか?
よくわかりませんが、いきなり買い戻されて1.07ドルを回復した事で、売り方の投げがかなり出た様です。
大きな流れでは、高値を1.08ドル付近、安値を1.0660付近としたレンジの動きが継続していますが、最終的にどちらに抜けるんでしょうかね?
ギリシャ問題に関しては楽観的な見方が優勢の様ですので、現時点では上抜けの可能性の方が高いのかも知れませんね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル相場を中心に神経質な値動きが続いていますね。
前日NY市場では、ドル円が119.83まで高値を更新後、米債利回りが急低下した事でドル売りが優勢となると、ドル円は119.43まで急落、ユーロドルは1.0781までの急騰となるなど、ドル全面安の動きとなりましたが、引けにかけて再びドル買いが優勢となると、東京市場でドル円は119.78まで上昇、ユーロドルは1.0716まで押し戻されるなど、ドル全面高の動きとなりました。
その後は、米住宅指標への警戒感からドル売りが再開となると、英MPC議事録での「次の金融政策変更でありうるのは利上げ」「インフレ率は来年大幅上昇の可能性も」との内容や、二人が金利据え置き判断が微妙なバランスの上に成り立っていると述べた事でポンドが急騰となった事もあり、ポンドドルは1.5078まで急騰、ユーロドルは前日NY市場高値を更新し1.0800まで急騰、ドル円は119.34までの急落となるなど、再びドル全面安の動きとなっています。

現在NY市場では、ドル売りの動きも一服となると、再びドル買いの動きが優勢となっていますね。
各通貨調整的なドル買いが優勢となると、米2月住宅価格指数や米3月中古住宅販売件数が予想より強い結果となった事で、ドル円は119.87まで上昇、ユーロドルはユーロ圏4月消費者信頼感・速報値が弱い結果となった事もあり、当日安値を更新すると1.0886まで下げ幅を拡大する動きとなっています。


ユーロドル、1時間足です。

0422eurusd60

相変わらずの乱高下ですね。
前日は戻り売りについて書きましたが、基準線(25本線)を抜けて大きく下落するなら最初の戻りを売る(赤○)、その後はトレンドが変わるまでは戻り売り(オレンジ○)、そして上抜けるならロスカット(青○)、そしてそこから大きな上昇が確認出来るなら、今度は最初の下押しで買う(白○)、それだけですね。
そして戻り売り、押し目買いは、2度目3度目となるとそのまま抜ける可能性がどんどん高まりますので、低リスクでの勝負をしたい方は常に最初のトライだけにしておくのがよいでしょう。
1時間足を見てエントリーポイントを探すのならば、利確ポイントも損切りポイントも1時間足を見て決めるべきで、青○の様に基準線を上抜け、トレンドが変わった可能性があるポイントでロスカットせず、いつまでも持ち続けるという事のないよう、常に頭を切り替えていく必要がありますね。
1時間足でエントリーしたにも関わらず、日足ではまだ下落トレンドだから様子を見ようとか言ってると、そのうち日足でも上抜けし、まだ週足では下方向だからなど、自分の都合の良いような捉え方しか出来なくなってきますので、気が付いたら取り返しのつかない位含み損を抱えていたなんていう事にもなりかねません。
東京市場がオープンする9時、そして早朝ロンドン勢が参入してくる15時から16時、そして早朝NY勢の参入してくる21時など、参加者で切り替わる時間帯は短期のトレンドが急に変わったりとよくありますので、いかに早く頭を切り替えられるかが重要ですね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ
前日の流れを引き継ぎ、ドル買いの動きが優勢となっていますね。
前日NY市場では、ドル円は119.43まで上昇も、調整的なドル売りに押されると、引けにかけて119.15まで押し戻される動きとなっていましたが、本日東京市場は日経寄付きから堅調推移となった事で円売りが優勢となると、そのまま前日高値を更新し119.80まで上昇、ユーロドルは「ECBはギリシャの改革が不十分だった場合、ギリシャの銀行に対する緊急流動性支援(ELA)に制限をかける可能性を検討している」との報道を受けたユーロ売りの動きもあり、1.07ドルを割り込むと次々とストップを巻き込み1.0659まで急落、ユーロ円は127.45まで急落、その他ドルストレートも軒並み安値を更新するなど、再びユーロ売りドル買いの動きが優勢となっています。


ドル全面高の動きながらも、今日は米10年債利回りの方は低下している様で、いつもの様な利回り上昇によるドル買いではなく、ユーロドルを中心としたユーロ売りの流れを受けたドル買いという感じですね。
ギリシャの対する楽観的な見方から、ユーロドルは先週末に1.08半ばまで上昇していただけに、ここから悲観的な見方が広がってくるとズルズルと下値を拡大する可能性はあると思います。
ただ交渉が難航しながらも最終的には何らかの形で合意するとの見方が優勢なだけに、実際にデフォルト不可避とならなければパリティー到達は難しいという感じですかね。
あまく深く考えても仕方ないですが、引き続きユーロドルは戻り売り、ドル円は押し目を拾っていきたいと思います。


ドル円、1時間足です。

0421usdjpy60

力強い上昇をしっかり確認してから、最初の基準線下押しを拾う、いつも通りの動きですね。
ユーロドルも同様に戻りを売っていけばよいかと思います。
細かい解説も不要でしょう。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット