2015 / 01
≪ 2014 / 12 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2015 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル相場を中心に神経質な値動きとなっていますね。
前日NY市場では仕掛け的なドル買いが優勢となると、ドル円は118.49まで上昇、一時1.1367までの上昇となっていたユーロドルは1.1278までの急落となるなど、ドル全面高の動きとなっていましたが、根強い戻り売りに押されドル円は徐々に上げ幅を縮小する動きとなると、本日東京市場では日経平均が上げ渋りの動きとなった事でドル円は118円割れ、クロス円も軟調推移となるなど、円買いの動きが優勢となっています。
その後、欧州勢の参入では、欧州株式が軟調推移となった事でユーロ売りが優勢となると、1.13ドル半ばまでの上昇となっていたユーロドルは1.1304まで下落、ユーロ円は132.98まで下落、ユーロ円に連れドル円も117.54まで下げ幅を拡大するなど、円買いユーロ売りの動きが大きく進みました。
しかし、米GDPの発表を控えポジション調整の動きが優勢となると、ドル円は117.85まで上昇、ユーロ円の買い戻しに伴いユーロドルも1.1363までの急騰となるなど、各通貨ショートカバーの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場でも、各通貨荒っぽい動きとなっていますね。
先程発表となった米10-12月期GDP速報値が予想を大きく下回った事でドル売りが優勢となると、一時1.13ドル割れとなっていたユーロドルは1.1338までの上昇となりましたが、根強い戻り売りに押されると再び1.13ドル付近まで下落、ドル円は117.48まで下落後に117.70まで戻すも、再び下方向の動きが意識されると117.39まで下げ幅を拡大、クロス円も軒並み安値を更新するなど、円全面高の動きとなっています。


目先の材料に一喜一憂しながらも、大きな流れでは概ねレンジ内の動きという事で、あまり意味のあるような値動きに思えないですね。
週末相場の調整というのもあると思いますが、もう少しレンジを抜け出せるような材料が欲しい所ですね。
米GDPの予想を大きく下回ったので、もっとドル売りが進んでもよかったと思いますが、結局は行って来いという事で、今週はもう時間切れの様です。


では簡単になりましたが今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場で発表となったFOMCは、前回の声明文同様「辛抱強くなれる」となっており、原油価格の下落やドル高の影響でインフレは短期的に一段と鈍化する見通しとの内容に反応し各通貨ドル売りとなるも、景気認識の上方修正を受け株価が軟調推移となると、ドル円は117.25まで下落、ユーロドルは1.1272まで下落、ユーロ円は132.37まで下落、その他クロス円も軒並み安値を更新するなど、円買いドル買いの動きが大きく進みました。
本日東京市場では、寄付きから軟調推移となっていた日経平均が下げ渋りの動きとなった事でショートカバーの動きが優勢となると、ドル円は118円台を回復、ユーロ円も133円台を回復するなど、円全面安の動きとなりました。
その後は、日経平均が引けにかけ再び下げ幅を拡大すると、ドル円は117.58まで下落、クロス円も高値から押し戻される動きとなりましたが、スイス中銀による政策期待からスイスフランが急落となると、ユーロスイス主導でユーロの買い戻しが優勢となっており、ユーロドルは1.13ドルを回復、ユーロ円も133円後半までの上昇、ドル円も再び118円台を回復するなど、円売りユーロ買いの動きが大きく進む展開となっています。


上がったり下がったり忙しい動きですね。
FOMCの方は原油安とドル高によるインフレの鈍化に言及してましたので、ドル全面安、または早期利上げ観測の後退からの株高円安のどちらかになると思っていましたので、正直円全面高の動きにはびっくりでした。
結局はドルストレートもクロス円も持ち直しという事で、間違った値動きが修正されたという感じでしょうか?
深く考えても仕方ないと思いますが、ユーロドルの方はしばらく短期の押し目買い、ドル円は戻り売りで攻めていく予定です。
本日は、ロンドン市場では発表となった独州のCPIや、弱い欧州の経済指標にもユーロ売りの動きは限定的となっている他、先程発表となった米新規失業保険申請件数は予想より強い結果となるも、ユーロドルは一旦下押した後に当日高値を更新となっていますので、ユーロの買いそびれが目立ってきたという感じだと思います。
そしてドル円も強い新規失業保険申請件数を受け118.15まで上昇後、再び118円台割れとなっていますので、こちらは118円台で戻り売りがかなり意識されてると思います。
25日線も118.50付近まで低下してきていますので、しばらくは上値の重い展開になりそうです。
そして豪ドルは2月3日のRBA政策金利発表での利下げ観測が重しとなっており、かなり上値が重いですね。
実際に金利据え置きとなれば一旦買い戻される可能性もあると思いますが、原油を始めたとした商品価格の下落に伴い、相関の高いカナダもサプライズ利下げを行ったという事で、その可能性は高まっていると思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

FOMCを控え、各通貨方向感のない展開となっていますね。
前日NY市場では、米12月耐久財受注が予想を大幅に下回った事でドル売りが優勢となると、ドル円は117.33まで急落、ユーロドルは1.1422までの急騰となるなど、ドル全面安の動きとなっていましたが、米債利回りが持ち直した事でドル円は下げ幅を大きく縮小すると、本日東京市場で118.26まで上昇、ユーロドルは1.1330までの下落となるなど、ドル買い戻しの動きが大きく進みました。
その後は、欧州勢の参入でユーロ買いの動きが再開となると、ユーロドルは1.1382まで上昇、ユーロ円は早朝高値を更新し134.35までの上昇となりましたが、仏1月消費者信頼感指数が予想を下回った事でユーロ売りが優勢となると、ユーロ円は133.40まで急落、ユーロドルは東京市場安値を下抜け1.1326まで下落、ドル円もユーロ円に連れ117.55までの下落となるなど、円買いユーロ売りの動きが優勢となりました。
しかし、一時1.7%台に低下となっていた米10年債利回りが持ち直す動きとなると、FOMCを控えた調整的なドル買いの動きもあり、ドル円は117.92まで上昇、クロス円も安値から持ちなおす動きとなっています。

とりあえずFOMC待ちという感じですね。
利上げ予想は早くても6月となっており、前回のFOMCでは、「正常化、今後数回の会合で開始する可能性低い」「『数回』の会合は2回を意味する」との発言がありましたので、今回のFOMCで声明文が大きく変更される可能性は相当低いでしょう。
原油安やドル高によるインフレの低下など、早期利上げ観測が後退するようならドル売りで反応する可能性が高いですので、仕掛けるならドル売りの方に分がありそうですね。
ただ前回同様株高からドルストレートはドル売り、ドル円が株高の円売りからドル買いというパターンもありますので、ドルストレートの方がわかりやすいでしょう。
特にユーロドルは、ギリシャの総選挙で目先の底を確認してから反発局面となっていますので、ここからの更なる上昇には気を付けたいですね。
とりあえず結果の方を待ちましょう。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、前日の流れを引き継ぎ円売りが優勢となると、日経平均が200円超の上げ幅を記録した事もあり、ドル円は118.65まで上昇、クロス円も堅調推移となるなど、円全面安の動きとなりました。
しかし、甘利再生相による「限りない円安、円高は双方とも適切ではない」「2%達成、厳格な期限にコミットしているわけではない」との発言を受け、早期追加緩和観測が後退となると、ドル円を中心に利益確定の円買いが優勢となっており、ドル円は118円を割り込み117.85まで下落、ユーロ円は132.50まで下落、その他クロス円も軒並み安値を更新するなど円全面高の動きとなりました。
その後、欧州勢の参入では、スイス中銀のダンティーヌ副総裁が「外為市場に介入する用意がある」と発言した事でユーロスイスが急騰となると、ユーロドルは1.1345まで急騰、ユーロ円も133.96まで急騰となると、ドル円も118.24までの連れ高となるなど、ユーロの買い戻しが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、各通貨ドル売りの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米12月耐久財受注が-3.4%と、市場予想の+0.3%を大きく下回った事でドル売りが優勢となると、ドル円は117.33まで下げ幅を拡大、ユーロドルは1.1384まで上昇、ポンドドルも1.5198まで上昇となるなど、ドル全面安の展開となっています。


甘利再生相の発言もあり、ドル円はかなり買いづらい感じになってきましたね。
当初、2年間で2%の物価安定目標を達成すると言っていたものが、月例経済報告での「できるだけ早期に」の文言すら削除となった事で、かなりのトーンダウンが感じられます。
「政府も日銀も厳格な期限を約束しているわけではない」と発言しており、2年での2%の物価目標を達成出来ない事をほぼ認めた形となっています。
日銀の方も15年の物価見通しを前年比1.7%から1.0%に下方修正していますが、その1%のCPIを達成するにも、今の原油安を考慮するとドル円が170円まで円安が進む必要があるとどこかのエコノミストが言ってたと思います。
もともと無理がある物価安定目標で、達成出来なければ黒田日銀総裁はやめると言ってましたが、達成できませんでしたで無責任にやめた後はどうなるんですかね?
まあ今あまり考えても仕方ないのかもしれません。

そして本日からFOMCが開催で、明日の日本時間深夜には結果の方が公表となります。
現在ではドル全面安の動きとなっていますが、明日のロンドン市場辺りからは思惑絡みの動きも入ってくると思われますので、振り回されないようにしたいですね。
とりあえずドル円は117.20割れ辺りからストップが溜まり始めていると思いますので、下抜けには気を付けたいですね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日週明け相場は、ギリシャ総選挙で急進左派連合(SYRIZA)が勝利との報道を受け、早朝時間外からユーロ売りが優勢となると、ユーロドルは先週末安値を割り込み1.1097まで下落、ユーロ円は130.14まで下落、ドル円もユーロ円に連れ117.26までの下落となるなど、ユーロ売り円買いの動きが大きく進みました。
しかし、ECB理事会にギリシャ総選挙と、一連のユーロ売り材料の出尽くしとなった他、急進左派連合の党首ツィプラス氏が「債務に関して交渉・協力する用意がある」と発言した事もありユーロの買い戻しが優勢となると、ユーロドルは1.12ドルを回復する動きとなっており、その後も独1月Ifo景気期待指数が予想より強い結果となった事もあり、ユーロ買い戻しの動きが加速すると、ユーロドルは1.1261まで上昇、ユーロ円は133.30まで上昇、ドル円も118.39までの上昇となるなど、流れは一転円売りユーロ買いの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場でも、ユーロの買い戻しが優勢となっていますね。
ユーロの買い戻し一巡となると、ユーロドルは1.2112まで上げ幅を縮小する動きとなっていましたが、早朝NY勢の参入でユーロ買いが再開となると、ユーロドルは1.1276まで上げ幅を拡大、ユーロ円も133.55まで上げ幅を拡大する動きとなっています。


やはりユーロは窓開け下落でしたね。
間違ってもユーロ買いポジションは持ち越さないようにと警告してましたが、まあわざわざロングポジションを持ち越してやられてしまったという人はいないと思います。
そして、ギリシャの総選挙通過となれば、今度はユーロの買い戻しが大きく進む可能性があるという事で、こちらも週末に記事にしましたが、ユーロを買おうと思っていた方にはようやくチャンスがやってきたという感じだったと思います。
もともと逆張りトレードとなりますので、勝率の方はある程度犠牲にしなければなりませんが、これでもうそれなりの利が乗った状態になったと思いますので、ある程度の利を確保してしばらく放置でいいでしょう。
ユーロドル、ユーロ円共に23日の高値を突破できれば、買い戻しの動きが更に加速する可能性が高いですので、狙うからには大きく狙いたいですね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。