FC2ブログ
2014 / 11
≪ 2014 / 10 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2014 / 12 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、日経平均が寄付きから堅調推移となると、そのまま上げ幅を100円超に拡大させた事もあり、ドル円は今年最高値を更新し117.21まで上昇、クロス円も堅調推移となるなど、円全面安の展開となりました。
その後は、日経平均がマイナス圏に転落した他、仲値剥落で円買いが優勢となると、ドル円は116.90まで押し戻される動きとなりましたが、根強い押し目買いの動きから再び117円台を回復する動きとなると、クロス円も軒並み高値を更新する動きとなっています。
注目の日銀金融政策決定会合では、金融政策の現状維持が1対8で賛成多数となった事で失望の円買いが優勢となる場面が見られるも、すぐに持ち直す動きとなると、ドル円は再び今年最高値を更新する動きとなっており、その後も黒田日銀総裁の記者会見で目新しい発言が聞かれなかった事で、再び円買いが優勢となる場面が見られるも、またしても反応の方は限定的となると、そのまま117.63まで急騰、ユーロ円は147円台乗せ、ポンド円は184円台乗せとなるなど、円売りの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、ドル円を中心としたドル買いの動きは一服も、クロス円は更に上値追いの展開となっていますね。
米10月住宅着工件数の前月分が上方修正となった他、強い建設許可数を受け、ドル円は117.67まで上げ幅を拡大するも、ユーロドルの下押しが限定的となった事で、ドルストレートを中心にドル売り戻しの動きが優勢となると、ユーロドルは1.2570まで急騰、ユーロ円は147.77まで急騰するなど、クロス円を中心に円売りの動きが優勢となっています。


結局は円売りでしたね。
ドル円のショートの方は再び117円台の乗せて来たという事で、あえなくストップとなっています。
一時それなりに利が乗っていただけになんとも残念ですが、まあ仕方ないでしょう。
大きな円売りトレンドの中、新規材料がない状態で値ごろ感でドル円のショートを仕掛けるとなると、それはもう無謀なことだと思いますが、今回の様に材料出尽くしの円買いや、アベノミクス失敗という新たなテーマを背景とした円買いが始まれば、本格調整も期待できると言うことで、リスクリワードを考えてもかなりいいポイントだったと思います。
これだけの一方的な円売りトレンドとなれば、本格調整入れば普通に2、3円程度は下押すと思いますが、トレンドが継続する可能性の方が高いとは言え、わずか15-20PIPS程度のリスクでそのチャンスと狙えるなんて滅多にないですからね。
エントリーして逆に動くならロスカット、同方向に動くなら出来る限り利は伸ばす。
どちらに動くか分からなくても、大きく動く可能性の高いポイントを抑えられれば相場は勝てるということで、これからチャンスがあればどんどん狙って行きます。
次似た様なチャンスがあるとするなら、解散総選挙ですかね。
ただ週末の結果発表に、大きく動くとしても窓を開けてのスタートとなるでしょうから、狙うのは難しそうですね。
雇用統計も毎度それなりに大きく動きますが、過去の値動きを見ても、雇用統計にトレンドを変える様な力はほとんどないです。
予想より強ければそのままドル円は急騰、弱ければ下押しも、絶好の押し目買いポイントとされる可能性は高いでしょう。
突発的な材料や、国内米国からの円安、ドル高牽制がない限りは、この流れは変わらないのかも知れませんね。
年内に120円をつけるという予想がかなり上がっていますが、来年に140円をつけるという予想まで出てきています。
現時点で140円と聞くと流石にという感じがしますが、140円どころか150円までつける可能性があるのが相場の怖い所ですね。

そしてはこの後日本時間深夜にはFOMC議事録の方が発表となります。
前回サプライズ的にタカ派の内容となったFOMCの詳細が発表されるということで、ドル買い材料とされる可能性の方が高いは高いでしょうね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円相場を中心に神経質な値動きが続いていますね。
本日東京市場では、日経平均が寄付きから大幅上昇となった事でドル円は116.78まで上昇も、円売りの方は限定的となると、米債利回りが低下した事で116.42まで下落、一時1.2443までの下落となっていたユーロドルは1.2476までの上昇となるなど、ドル全面安の動きとなりました。
その後は、安倍首相の会見を控え、消費税増税延期と、衆議院解散期待から円売りが優勢となると、ドル円は117.05まで急騰、ユーロ円は146.70まで急騰、その他クロス円も軒並み高値を更新するなど、円全面安の展開となりました。
しかし、安部首相の会見が伝わると、一時117.05までの上昇となっていたドル円は116.38まで急落、クロス円も上げ幅を大きく縮小するなど、材料出尽くしからの円買いが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、円買いの動きも一服となっていますね。
先程発表となった米10月生産者物価指数が強い結果となるも、円買いの動きが優勢となると、ドル円は116.33まで下げ幅を拡大する動きとなっていましたが、米債金利の持ち直しとともショートカバーが優勢となると、ドル円は116.68まで下げ幅を縮小、一時1.2540までの上昇となっていたユーロドルは1.25ドル付近まで押し戻される動きとなっています。


前日にも記事にしましたが、今日の会見で一連の円安材料に出尽くしという事で、やはり円買いが優勢となりましたね。
それでもアベノミクス失敗という新たなテーマを背景とした円買いはまだ始まっていないようで、明日からの東京市場での反応も気になるところです。
ここ最近は増税先送りに、解散総選挙をテーマに円売りが続いていましたが、夏頃までは増税先送りでは株価急落といわれていましたので、何が正しい動きなのかよくわかりませんね。
日銀による異次元の緩和策でも物価上昇なし、GDPもマイナス成長、輸出も伸びず貿易赤字の垂れ流し、副作用の円安だけ残るでは、アベノミクノの失敗と言われても仕方ないでしょうね。
円安は経済全体ではプラスとしながらも、多くの中小企業を犠牲にして一部大手が潤うでは、国民も黙ってはいません。
それでも解散総選挙となれば、議席数は大幅に減らしながらも自民党が勝利となりそうですから、アベノミクス失敗よりも新たな経済対策期待からの株高に軍配が上がるのでしょうか?
最早動き出してみないとどうなるか分かりませんが、消費増税延期を受けた格付け会社の反応も気になる所です。

ちなみにドル円は阿倍首相の会見期待で今年最高値付近まで上昇してきたという事で、戻り売りを仕掛けています。
大きな流れは依然円安ということで、ここから急反落するよりは更に上昇する可能性の方が高い訳ですが、一旦の材料出尽くしの円買いがある程度期待出来たという事と、アベノミクス失敗という新たなテーマが取り上げられれば、そのまま天井売りから大きな利が出るチャンスという事で、材料出尽くしトレーダーとしては狙わずにはいられないでしょう。
そのまま高値更新ならロスカットするだけですからね。
今ならかなり低リスクで売れると思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット