2014 / 11
≪ 2014 / 10 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2014 / 12 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

12/1(月) 〔予想〕 (前回)

与野党8党党首による討論会
トゥスク・ポーランド首相、EU大統領に就任

08:50 7-9月期法人企業統計・設備投資(前年比) 〔+1.8%〕 (+3.0%)
10:00 中国11月製造業PMI 〔50.5〕 (50.8)
10:45 中国11月HSBC製造業PMI・確報値 〔50.0〕 (50.0)
17:50 仏11月製造業PMI・確報値 〔-〕 (47.6)
17:55 独11月製造業PMI・確報値 〔50.0〕 (50.0)
18:00 ユーロ圏11月製造業PMI・確報値 〔50.4〕 (50.4)
18:00 伊7-9月期GDP・確報値(前期比) 〔-0.1%〕 (-0.1%)
18:00 伊7-9月期GDP・確報値(前年比) 〔-〕 (-0.4%)
18:30 コスタ・ポルトガル中銀総裁、アルブケルケ財務相、講演
18:30 英10月消費者信用残高 〔+11億ポンド〕 (+9億ポンド)
18:30 英11月製造業PMI 〔53.0〕 (53.2)
23:45 米11月製造業PMI・確報値 〔55.0〕 (54.7)
翌0:00 米11月ISM製造業景況指数 〔57.8〕 (59.0)
翌0:00 コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
翌2:15 ダドリー米NY連銀総裁、講演
翌3:00 フィッシャーFRB副議長、講演


12/2(火) 〔予想〕 (前回)

衆議院議員選挙公示

09:30 豪7-9月期経常収支 〔135億豪ドルの赤字〕 (137億豪ドルの赤字)
09:30 豪10月住宅建設許可 〔5.0%〕 (-11.0%)
12:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔2.50%で据え置き〕 ((2.50%で据え置き)
12:45 10年債入札(2兆4000億円)
17:00 ストゥルナラス・ギリシャ中銀総、講演
18:30 英11月建設業PMI 〔61.5〕 (61.4)
19:00 ユーロ圏10月生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (-1.4%)
22:10 フィッシャーFRB副議長、講演
22:30 イエレンFRB議長、学生向けにスピーチ
翌0:00 米10月建設支出 〔+0.6%〕 (-0.4%)
翌0:30 ショイブレ独財務相、会見
翌2:00 ブレイナードFRB理事、講演


12/3(水) 〔予想〕 (前回)

イングランド銀行金融政策委員会(MPC)(−4日)
オズボーン英財務相、予算方針演説

09:30 豪7-9月期GDP(前期比) 〔+0.7%〕 (+0.5%)
09:30 豪7-9月期GDP(前年比) 〔+3.1%〕 (+3.1%)
10:00 中国11月非製造業PMI 〔-〕 (53.8)
10:45 中国11月HSBCサービス業PMI 〔-〕 (52.9)
15:45 スイス7-9月期GDP(前期比) 〔+0.3%〕 (+0.2%)
15:45 スイス7-9月期GDP(前年比) 〔+1.4%〕 (+1.4%)
17:50 仏11月サービス業PMI・確報値 〔-〕 (48.8)
17:55 独11月サービス業PMI・確報値 〔51.7〕 (52.1)
18:00 ユーロ圏11月総合PMI・確報値 〔-〕 (51.4)
18:00 ユーロ圏11月サービス業PMI・確報値 〔51.3〕 (51.3)
18:30 英11月サービス業PMI 〔56.5〕 (56.2)
19:00 ユーロ圏10月小売売上高 〔+0.5%〕 (-1.3%)
19:00 ユーロ圏7-9月期GDP・改定値(前期比) 〔+0.2%〕 (+0.2%)
19:00 ユーロ圏7-9月期GDP・改定値(前年比) 〔+0.8%〕 (+0.8%)
21:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔-〕 (-4.3%)
22:15 米11月ADP全国雇用者数 〔+22.2万人〕 (+23.0万人)
22:30 米7-9月期非農業部門労働生産性・確報値 〔+2.2%〕 (+2.0%)
22:30 米7-9月期単位労働コスト・確報値 〔+0.3%〕 (+0.3%)
23:45 米11月マークイット総合PMI・確報値 〔-〕 (56.1)
23:45 米11月マークイットサービス業PMI・確報値 〔-〕 (56.3)
翌0:00 米11月ISM非製造業景況指数 〔57.5〕 (57.1)
翌0:00 カナダ銀行(BOC)政策金利発表 〔1.00%に据え置き〕 (1.00%に据え置き)
翌0:30 米週間原油在庫 〔-〕 (+194.6万バレル)
翌2:30 プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
翌4:00 ブレイナードFRB理事、講演
翌4:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


12/4(木) 〔予想〕 (前回)

07:30 ポロズBOC総裁、講演
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
09:30 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
09:30 豪10月貿易収支 〔18.00億豪ドルの赤字〕 (22.61億豪ドルの赤字)
09:30 豪10月小売売上高 〔+0.1%〕 (+1.2%)
17:40 クーレECB理事、講演
21:00 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔0.50%に据え置き〕 (0.50%に据え置き)
21:00 イングランド銀行(BOE)資産購入枠発表 〔3750億ポンドに据え置き〕 (3750億ポンドに据え置き)
21:30 米11月チャレンジャー人員削減予定数 〔-〕 (+11.9%)
21:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔0.05%に据え置き〕 (0.05%に据え置き)
22:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見
22:30 メスター米クリーブランド連銀総裁、会議冒頭で挨拶
22:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (31.3万件)
翌0:00 加11月Ivey購買部景況指数 〔-〕 (51.2)
翌2:30 ブレイナードFRB理事、講演


12/5(金) 〔予想〕 (前回)

16:00 独10月製造業受注 〔+0.4%〕 (+0.8%)
22:30 米10月貿易収支 〔410億ドルの赤字〕 (430億ドルの赤字)
22:30 米11月非農業部門雇用者数 〔+22.5万人〕 (+21.4万人)
22:30 米11月失業率 〔5.8%〕 (5.8%)
22:30 米11月平均時給 〔+0.2%〕 (+0.1%)
22:30 加11月就業者数 〔+5000人〕 (+4万3100人)
22:30 加11月失業率 〔6.6%〕 (6.5%)
22:30 加10月貿易収支 〔-〕 (7.1億加ドルの黒字)
22:45 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
翌0:00 米10月製造業受注指数 〔-0.2%〕 (-0.6%)
翌4:45 フィッシャーFRB副議長、講演
翌5:00 米10月消費者信用残高 〔+164億ドル〕 (+159.24億ドル)


12/7(日) 〔予想〕 (前回)

翌6:45 NZ7-9月期製造業売上高(前期比) 〔-〕 (-1.9%)


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

各通貨神経質な値動きとなった一週間でしたね。
月末ゴトビの仲値需要もあり、連休明け東京市場では仲値にかけてドル買いが優勢となると、ドル円は118.57までの上昇となりましたが、根強い戻り売りに押されると徐々に上げ幅を縮小する動きとなっており、その後も米7-9月期GDPが大きく上方修正されたにも関わらずドル売りが優勢となると、
米新規失業保険申請件数や、米10月耐久財受注、米10月個人所得など、米経済指標が軒並み弱い結果となった事でドル円は117.23まで下落、クロス円も軟調推移となるなど、円全面高の動きとなりました。
しかし、米感謝祭で参加者が限られるなか、ドル円を中心にショートカバーの動きが優勢となると、週末NY市場でドル円は118.76まで上昇、ユーロ円も147.97までの上昇となるなど、流れは一転円全面安の展開となっています。
一方ユーロドルは、ドル円中心としたドル売りの動きから一時1.2531まで上げ幅を拡大する動きとなっていましたが、ドラギECB総裁のハト派発言などもあり、追加緩和が意識されたユーロ売りが再開となると、週末NY市場で1.2426まで下げ幅を拡大する動きとなっています。


ドル円が週末にいきなり上昇してきましたが、結局は春からずっと続いてきた雇用統計前のドル買いパターンが優勢となる感じですかね。
ドル円が110円、115円の大台乗せとなった時同様、今回も強引な仕掛けからの120円台乗せの動きには十分に気をつけたいですね。

そして30日にはスイスで、中銀の金準備売却禁止と中銀資産の少なくとも20%を金で保有することを義務付ける案の国民投票が行われます。
この法案が可決となれば、スイス中銀による無制限の為替介入が難しくなるとの見方から、ユーロスイスはペッグ下限の1.20付近まで下押した状態から安値張り付きとなっています。
ただ事前の世論調査でも反対派が圧倒的多数という事で、今回この法案が通る事はなさそうです。
政府により下値が保障されていて、いつかは上昇するという見方でもユーロのマイナス金利の導入もあり、買い持ちで安値張り付きだとマイナススワップだけじりじりとやられますので、誰もが上昇するぎりぎりまで買いたくないという感じだと思います。
私はECBが利下げを発表して以来完全に様子見としてきましたが、今回国民投票を控え下限ぎりぎりまで下押してきたということで、週末NY市場で買いを仕掛けておきました。
法案の否決で目先の懸念材料がひとつなくなりますので、いったん買い戻される可能性は高いと思います。
それでも更なるECBの追加緩和から上値は重く、いずれはスイス中銀の能力を試しに売り仕掛けが入る可能性が高いですので、週明けから上昇しても横ばいでも値動きを見ながらいったんクローズしたいと思います。


ユーロドル、日足です。

1129eurusdhi

相変わらず上値の重い展開となっていますね。
先週同様25日線ではしっかりと戻りを売られています(白○)。
何度も記事にするようですが、長期での買いを狙っている人はとにかく移動平均が上向きになるのを待ちたいですね。
前回基準線の突破からローソク足の実態も上抜けとなったのが唯一の反転チャンスとなっていましたが、そのときも基準線が下向きになっていた事もあり、結局はサポートして機能しませんでしたので、まだまだ上値の重い展開が続くとみています。
ただ戻りを売られた後の下押し波動で前回安値を更新出来ていませんので(青○)、目先の底確認からの反転上昇には気をつけたいところです。
ここで買うなら戻り売りだと思いますが、個人的にはいったん様子見です。
ドル円が週明けから119円を突破するならストップを巻き込んでドル買いが進むと思いますので、ユーロドルも更にドル買いが進む可能性は高いと思います。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円売りの動きが再開となっていますね。
リスク回避的な円買いの動きも一服となると、前日NY市場でドル円は117.88まで上昇、クロス円も安値から大きく持ち直す動きとなりました。
そして本日も早朝オセアニア市場から円売りの動きが優勢となると、ドル円は118円台を回復する動きとなっており、そのまま次々とストップを巻き込み118.33まで上昇、ユーロ円も再び147円台を回復するなど、各通貨円売りの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場でも円売りの動きが優勢となっていますね。
OPEC総会で原油の減産が見送られた事で株価が堅調推移となると、ドル円は118.48まで上昇、ユーロ円は147.87まで上げ幅を拡大する動きとなっています。


ドル円はウェッジや短期下落トレンドラインのブレイクからの上昇に、雇用統計前のドル買いパターンもあり、やはり大きく買い戻されてきましたね。
相場は似た様な事の繰り返しという事で、ここでわざわざドル円の売りを仕掛ける必要は全くないですね。
いつも通り素直に買っていくというのが正解だったと思います。


ちょっと出かけてて少し遅くなったので、簡単になりましたが今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、米経済指標が軒並み弱い結果となった事でドル円は117.44までの急落後、感謝祭を控えたポジション調整から117.83までの急騰となるなど、荒っぽい値動きとなっていましたが、本日オセアニア市場ではドル売りの動きが再開となると、ドル円主導での円買いが再び優勢となっていますね。
東京市場では、日経平均が軟調推移となった事で円買いが優勢となると、豪7-9月期民間設備投資が予想を大きく上回った事で豪ドル買いが優勢となった事で、豪ドルドル主導でのドル売りも大きく進んでおり、ドル円は前日安値を下抜けると一時117.23まで下落、ユーロ円も146.42まで下げ幅を拡大するなど、ドル円主導での円買いの動きが大きく進む展開となっています。
一方ユーロドルは、ドル円でのドル売りが進んだ事で底堅い動きとなっていましたが、独ザクセン州のCPIが弱い結果となった事でユーロ売りとなると、一時1.2465まで下げ幅を拡大する動きとなっています。

現在ではNY市場が休場となるなか、各通貨ショートカバーの動きが優勢となっていますね。
参加者が少ない中、ドル円は安値から持ち直すと117.58まで上昇、ユーロドルも1.25付近まで値を戻す動きとなっています。


じりじりとドル売りの流れが続くも、大きなトレンドとなる訳でもなく、なんとももどかしい動きですね。
ドル円は本日の下落で、前日解説したウェッジ形はやや壊され、短期下落チャネルの様な動きに変わってきましたが、先程の戻りで短期下落トレンドラインもブレイクする様な感じになってきました。
元々ウェッジの様な動きとなっていましたので、いずれは買い戻される可能性が高いものとなっていましたが、米雇用統計も迫ってきているという事で、ここから春から続いてきた雇用統計前のドル買いパターンと合わせ、上昇の動きには気をつけて行きたいですね。
110円台乗せとなる時も、115円台乗せとなる時も、全て雇用統計前のドル買い仕掛けがきっかけでしたからね。
今回もここからの急騰で、雇用統計前に120円台乗せという可能性もあるとは思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日に引き続き、やや調整的なドル売りの動きが優勢となっていますね。
本日東京市場では、日経平均が軟調推移となった事もあり、ドル円は前日安値を割り込み117.66まで下落、クロス円も軟調推移となるなど、円全面高の動きとなりましたが、材料不足のなか動意の方は限定的となると、各通貨狭いレンジで方向感の無い展開となりました。
その後、欧州勢の参入では、コンスタンシオECB総裁による「バランスシート拡大が目標に届かないようなら国債を購入すべき」との発言を受け、ユーロが急落となると、ユーロドル主導でのドル買いからドル円は117.90まで値を戻す動きとなりましたが、英7-9月期GDP・改定値の通過でポンドが大きく買い戻されると、今度はポンドドル主導でドル売りの動きが優勢となっており、一時1.2443までの下落となっていたユーロドルは1.2486まで上昇、ドル円は117.67までの下落となるなど、各通貨ドル売り戻しの動きが優勢となっています。

現在NY市場では、ドル売りの動きも一服となると、各通貨方向感の無い動きとなっていますね。
先程発表となった米新規失業保険申請件数や、米10月耐久財受注、米10月個人所得が予想より弱い結果となった事でドル売りとなると、ドル円は117.59まで下落、ユーロドルは1.2508までの急騰となりましたが、根強い円売りの動きからドル円が安値から持ち直す動きとなると、ドルストレートも高値から押し戻される動きとなっています。


ドル円、1時間足です。

1126usdjpy60

米感謝祭前のポジション調整の動きがメインで、トレンドが発生しにくい状態となっていますね。
2本の赤ラインを引いておきましたが、上値を切り下げつつ安値を更新もその勢いが増さない状態となっており、下降ウェッジ形成中となっています。
短期的には戻り売り優勢も、安値を大きく更新しない事もあり、売り方の売り疲れから諦めて買い戻しに入りやすいパターンとなります。
まだ値幅の余地がある程度ありますが、値動きが完全に収束した時にブレイクから大きく上昇する可能性がありますので、ショートの方はそろそろ気をつけた方がよいかも知れません。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット