2014 / 06
≪ 2014 / 05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2014 / 07 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

6/30(月) 〔予想〕 (前回)

07:45 NZ5月住宅建設許可 〔-2.5%〕 (+1.5%)
08:50 5月鉱工業生産・速報値 〔+0.8%〕 (-2.8%)
10:00 NZ6月ANZ企業活動見通し 〔-〕 (51.0)
10:00 NZ6月ANZ企業信頼感 〔-〕 (53.5)
17:30 英5月消費者信用残高 〔+9億ポンド〕 (+7億ポンド)
18:00 ユーロ圏6月消費者物価指数(HICP)・速報値(前年比) 〔+0.6%〕 (+0.5%)
21:00 南ア5月貿易収支 〔-〕 (130億ランドの赤字)
21:30 加4月GDP 〔+0.2%〕 (+0.1%)
22:45 米6月シカゴ購買部協会景気指数 〔63.0〕 (65.5)
23:00 米5月中古住宅販売保留件数指数 〔+1.3%〕 (+0.4%)
23:30 米6月ダラス連銀製造業活動指数 〔-〕 (+8.0)
翌2:10 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演


7/1(火) 〔予想〕 (前回)

香港市場休場(香港特別行政区成立紀念日)
トロント市場休場(建国記念日)
イタリアがEU議長国に就任(12月末まで)

08:50 6月調査日銀短観大企業製造業業況判断DI〔+15〕 (+17)
08:50 6月調査日銀短観大企業非製造業業況判断DI〔+19〕 (+24)
08:50 6月調査日銀短観大企業設備投資(前年比) 〔+6.0%〕 (+0.1%)
10:00 中国6月製造業PMI 〔51.0〕 (50.8)
10:45 中国6月HSBC製造業PMI・改定値 〔50.8〕 (50.8)
13:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔2.50%に据え置き〕 (2.50%に据え置き)
16:00 ファンロンパイEU大統領、講演
16:50 仏6月製造業PMI・確報値 〔-〕 (47.8)
16:55 独6月失業率 〔6.7%〕 (6.7%)
16:55 独6月失業者数 〔-1万人〕 (+2万4000人)
16:55 独6月製造業PMI・確報値 〔52.4〕 (52.4)
17:00 ユーロ圏6月製造業PMI・確報値 〔-〕 (51.9)
17:30 英6月製造業PMI 〔56.7〕 (57.0)
18:00 ユーロ圏5月失業率 〔11.7%〕 (11.7%)
18:00 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、記者会見
22:45 米6月マークイット製造業PMI・確報値 〔-〕 (57.5)
23:00 米6月ISM製造業景況指数 〔55.5〕 (55.4)
23:00 米5月建設支出  〔+0.5%〕 (+0.2%)
23:00 米7月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔-〕 (47.7)


7/2(水) 〔予想〕 (前回)

10:30 豪5月貿易収支 〔2.00億豪ドルの赤字〕 (1.22億豪ドルの赤字)
15:00 英6月ネーションワイド住宅価格 〔+0.5%〕 (+0.7%)
16:00 ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長、欧州議会に出席
17:30 英6月建設業PMI 〔59.8〕 (60.0)
18:00 ユーロ圏5月生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (-1.2%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔-〕 (-1.0%)
20:30 米6月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔-〕 (+45.5%)
21:15 米6月ADP全国雇用者数 〔+20.5万人〕 (+17.9万人)
22:00 レンツィ伊首相、欧州議会に出席
23:00 米5月製造業受注指数 〔-0.2%〕 (+0.7%)
23:30 米週間原油在庫 〔-〕 (+174.2万バレル)
翌0:00 イエレンFRB議長、IMF主催イベントで講演


7/3(木) 〔予想〕 (前回)

米株式・債券市場短縮取引(独立記念日の休場前)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
10:00 中国6月非製造業PMI 〔-〕 (55.5)
10:00 スティーブンスRBA総裁、講演
10:30 豪5月小売売上高 〔±0.0%〕 (+0.2%)
10:30 豪5月住宅建設許可 〔+3.2%〕 (-5.6%)
10:45 中国6月HSBCサービス業PMI 〔-〕 (50.7)
12:45 10年国債入札(2兆4000億円)
16:50 仏6月サービス業PMI・確報値 〔-〕 (48.2)
16:55 独6月サービス業PMI・確報値 〔54.8〕 (54.8)
17:00 ユーロ圏6月総合PMI・確報値 〔-〕 (52.8)
17:00 ユーロ圏6月サービス業PMI・確報値 〔52.8〕 (52.8)
17:30 英6月サービス業PMI 〔58.1〕 (58.6)
18:00 ユーロ圏5月小売売上高 〔+0.2%〕 (+0.4%)
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔0.15%に据え置き〕 (10bp引き下げ0.15%に)
21:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見
21:30 米6月非農業部門雇用者数 〔+21.0万人〕 (+21.7万人)
21:30 米6月民間部門雇用者数 〔+20.0万人〕 (+21.6万人)
21:30 米6月失業率 〔6.3%〕 (6.3%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔-〕 (31.2万件)
21:30 米5月貿易収支 〔450億ドルの赤字〕 (472億ドルの赤字)
21:30 加5月貿易収支 〔2.5億加ドルの赤字〕 (6.4億加ドルの赤字)
22:45 米6月マークイット総合PMI・確報値 〔-〕 (61.1)
22:45 米6月マークイットサービス業PMI・確報値 〔-〕 (61.2)
23:00 米6月ISM非製造業景況指数 〔56.1〕 (56.3)


7/4(金) 〔予想〕 (前回)

NY市場休場(独立記念日)

12:40 エディRBA総裁補佐、講演
15:00 独5月製造業受注 〔-1.0%〕 (+3.1%)


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル売りの動きが大きく進んだ一週間でしたね。
ドル円は週明けから102円割れからのストップを狙われると、101.81まで下げ幅を拡大する動きとなっていましたが、成長戦略の閣議決定や、安倍首相の会見を控えショートカバーの動きが優勢となると、米6月消費者信頼感指数や、米5月新築住宅販売件が予想より強い結果となった事で、ドル円は102.16まで上昇、ユーロドルは1.36ドル割れとなるなど、ドル全面高の展開となりました。
しかし、根強いドル売り圧力からドル円は上げ幅を縮小する動きとなると、米1-3月期GDP・確報値が予想を大きく下回った事でドル売りが加速しており、ドル円は次々とストップを巻き込むと101.31まで急落、ユーロドルは1.3650までの急騰となるなど、ドル全面安の展開となっています。


各通貨狭いレンジで身動き取れない感じになっていましたが、ようやく動き出したという感じですね。
ドル円は、アベノミクスによる上昇後、終値で一度も割り込むことなかった200日線割れという事で、それなりのストップを巻き込んだと思います。
重要ポイントの下抜けという事で、もっと急落してもよかったと思いますが、この程度の下げで終わってしまうのがさすが今の相場という感じですね。
このまま下げが継続するのか、反転上昇するのか全く分からないですが、暫くは戻り売りが優勢となりそうですね。
101円付近までの下げはあってもいいと思いますが、米雇用市場の方は大きく改善しており、更に債券市場の方が低金利の長期化を完全に織り込んでいますので、どんどんドル売りが進むとも思えませんね。
ちなみに6月の雇用統計は7月4日が米独立記念日で休場となるため、前倒しで3日木曜日の発表となりますのでご注意下さい。


ユーロドル、日足です。

0638eurusdhi

25日線での攻防が続いていましたが、ようやくローソク足の実体が突破したようです。
前回の下押し波動が直近安値(白○)を更新していれば素直に戻りも売られていた(赤矢印)と思うんですけど、やはり安値を更新出来なかった事で一旦安値切り上げが意識されているようです。
ただドル円とは違い、買いが加速するような状況とはなっていませんので、そのうち失速するんじゃないかと思っていますが、ECB理事会後の戻り高値1.3676(白ライン)を突破すると、前々回ECB理事会でつけた高値まで目立ったレジスタンスがないので、買い戻し加速には注意です。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日も円買いの方が優勢となっていますね。
前日NY市場では、ドル円は101.49まで下落も、ダウ平均が下げ幅を大きく縮小した事で101.75まで上昇、一時137.92までの下落となったいたユーロ円も138.47までの上昇となるなど、ショートカバーの動きが大きく進む展開となりました。
しかし、本日東京市場では、寄付きから軟調推移となっていた日経平均が下げ幅を拡大する動きとなると、再びリスク回避の円買いが優勢となっており、ドル円は前日安値を下抜けると101.31まで下落、クロス円も軒並み下げ幅を拡大するなど、円全面高の展開となっています。
その後は、週末相場という事もあり、円買いの動きは小休止となっていますが、各通貨上値が重いですね。
来週7月2日に3年物長期流動性供給オペ(LTRO)資金44億8000万ユーロ(60億8000万ドル)を早期返済するとの報道も影響したのか、ユーロドルは当日高値を更新し1.3642までの上昇となっていますが、逆にポンド円はユーロポンドでのポンド売りの動きもあり、当日安値を更新し172.46までの下落となっています。


ドル円は200日線割れからなんとか節目の101.50で下げ止まっていましたが、やはり東京市場での仕掛け的な円買いで割り込んできましたね。
前日NY市場でショートカバーの動きから大きく値を戻していただけに、101.50割れからはストップもかなり溜まっていたと思います。
短期の方はブレイスキャルのチャンスという事で、エントリー出来た方はしっかり利益確定できたかと思います。
中長期のロングはあえなくストップ、20PIPS程度負けましたが、まあよいでしょう。
スウィングトレードでは、損失を20PIPS程度に抑えられるポイントでエントリーし、利が大きく乗った時にしっかりと伸ばせれば勝率なんて20%程度でも十分に勝てます。
ただ躊躇なくロスカット出来る体制だけは整えておかないとずるずると持って行かれてしまいますので、エントリー前にしっかりとシナリオを描いておかなければなりませんね。
そしてユーロドルは朝起きたらちょうど1時間足の基準線まで戻していたので、予定通りショートを仕掛けています。
だた前日のリスク回避の円買いドル買いの動きから、単なるドル売りみたいな動きとなってしまいましたので、ちょっと踏まれてしまいましたね。
1.3650抜けるようなら切りますが、とりあえずは様子です。
下押しの可能性の方が高いとは思っていますが、入ったり来たりの相場ですので、あまり大きな利は望めないかもしれないですね。


では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、米GDPの下方修正を受けドル売りが優勢となると、ドル円は一時101.62まで下落、ユーロドルは1.3651までの急騰となるなど、ドル全面安の動きとなっていましたが、ダウ平均が底堅い動きとなった事でショートカバーの動きが優勢となると、引けにかけてドル円は101.86まで上昇、ユーロドルは1.3626までの下落となるなど、ドルの買い戻しが大きく進む展開となっています。
本日東京市場では、再びドル売りの動きが優勢となると、ドル円は101.69まで下落、クロス円も下げ幅を拡大する動きとなっていましたが、日経平均が底堅い動きとなった事で円買いの動きも限定的となると、材料不足のなか各通貨狭いレンジの推移となりました。
その後、欧州勢の参戦では、BOEによる金融安定報告書での「住宅市場の潜在的リスク抑制に向けて行動必要」「10月から一部の住宅貸し出しに対して制限を適用」との文言に反応してポンド買いが優勢となると、ポンドドルは1.70ドルを突破し1.7034まで上昇、ユーロドルはユーロポンドのポンド買いに押され1.36ドルまで下落となるなど、ユーロ売りポンド買いの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、米新規失業保険申請件数や、米5月個人消費支出、米5月コアPCEデフレーターが予想より弱い結果となった事で、リスク回避の円買いが優勢となっていますね。
ドル円は前日安値を下抜けるとストップを巻き込み101.49まで急落、ユーロ円は137.92まで急落、ユーロドルは予想を下回る米経済指標を受けドル売りで反応する場面が見られるも、クロス円の下げに連れ下げ幅を拡大すると1.3575まで下落、その他ドルストレートも下げ幅を拡大するなど、リスク回避の円買いドル買いの動きが優勢となっています。


まだまだ本格的に動き出したという感じではないですが、前日に引き続き値幅が出始めたと言うのは良い傾向ですね。
ドル円は200日線を割り込みストップを多少巻き込みましたが、101.50でのオプション絡みの防戦買いなどもあり、現在では下げ渋りの動きとなっています。
ドル円のロングはギリギリでストップ回避となっていますが、株価の急落からドル円のみならずドルストレート、クロス円も下げてきていますので、明確に割り込むのも時間の問題かも知れませんね。
とりあえずストップつくまではこのまま保有したいと思います。
今日の東京市場では、前日比で円買いが進んだにも関わらず日経平均はプラスで引けるなど、なんとも気持ち悪い動きとなっていましたが、明日はそうもいかないでしょうね。
今日買った人も明日は慌てて売ってくると思いますので、株価の下げから思わぬ円買いを引き起こす可能性もあると思います。
ユーロドルはこのままリスク回避の円買いドル買いが進めば下攻め、米債金利の上昇からドル全面高となっても下攻めとなりそうですので、かなり低リスクで売れそうですね。
1時間足での乖離が大きく進んでいますので、まずは戻り待ちですね。
基準線までの戻しは問答無用でショート仕掛けて行きたいと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル売りの動きが大きく進んでいますね。
前日NY市場では、米6月消費者信頼感指数や、米5月新築住宅販売件が予想より強い結果となった事でドル買いが優勢となると、ドル円は一時102.16まで上げ幅を拡大する動きとなりましたが、根強い戻り売りに押されると再び102円割れとなっており、そして一時1.3585までの下落となっていたユーロドルは1.36ドルを回復するなど、ドル売りの動きが大きく進む展開となっています。
本日東京市場では、ドル売りの動きは一服も、日経平均が軟調推移となった事でドル円は101.85まで下落、ユーロ円も138.56まで下げ幅を拡大するなど、やや円買いの動きが優勢となりましたが、その後は各通貨狭いレンジでの推移となるなど、米GDPを控え様子見ムードの展開となりました。
そして注目の米1-3月期GDP・確報値は-2.9%と、予想の-1.8%を大きく下回っており、更には米5月耐久財受注も予想を大きく下回った事でドル売りが加速すると、ドル円は今週安値を下抜け101.62まで急落、ユーロドルは1.3651まで急騰、その他ドルストレートも軒並み高値を更新するなど、ドル全面安の展開となっています。


ようやく大きく動いたと言う感じですが、ここ最近の動きと比較して多少動いた程度で、過去の値動きと比較したらなんでも無い程度の値幅ですね。
ダウ平均の方は長期上昇トレンド継続中で、相場の方は安心しきった状態となっており、VIX指数の低下など、ボラティリティーも過去に例を見ないほどの低下ぶりです。
ダウ先物の方も買っていればいずれは上がるという値動きとなっていますので、既に買い持ちしている人は安心して持ち続け、新規の買いがどんどん入る訳でもないという事で、下がらない状態のままじりじりと史上最高値を更新という値動きが続いています。
オプション市場の方も、このまま上昇するとの見方がほとんどの様で、プットオプションはかなりの低価格になっている様です。
下げる可能性が低いまま上昇するペースは鈍いとなると、新規で仕掛けるのは厳しいですね。
次にパニック的な動きが来るときは下方向しかないと思っていますが、何がきっかけになるんですかね?
イラクの地政学リスクを受け、ドバイ株式なんか先日1日で8%以上も急落したみたいですね。
8%以上の急落っていったらダウ平均ですと1400ドル近くの急落ということになりますので、まあとにかく凄いです。
湾岸株式がこれだけ動いてもダウは無反応ですので、とりあえずイラク情勢が次のなんとかショックを引き起こすという事はないようです。
まあとにかく動いてもらいたいです。
ドル円は一応は急落という形になっていますが、例の200日線が101.65付近に位置していますので、またここから反発するんですかね?
どうなるか分かりませんが、とりあえずはいつも通り買いです。
割り込んだらロスカットするだけです。
ストップは余裕を持って101.50割れで。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット