FC2ブログ
2014 / 05
≪ 2014 / 04 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2014 / 06 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、米4月小売売上高や4月輸入物価指数が予想を大きく下回った事でドル売りが優勢となると、ドル円は102.06まで下落、ユーロドルは1.3729まで値を戻すなど、ドル全面安の展開となりましたが、ドル売りの動きも一巡となると、引けにかけてドル円は102.33まで上昇、ユーロドルは1.37ドル割れとなるなど、再びドル買いの動きが優勢となりました。
しかし、本日東京市場では日経平均が寄付きから軟調推移となると、そのまま下げ幅を記録した事で円買いの動きが優勢となっており、ドル円は徐々に下げ幅を拡大すると、欧州勢の参戦で仕掛け的な円買いが入った事で、102円を割り込み101.71まで急落、ユーロ円も139.48までの急落、そして英雇用統計が予想より弱い結果となった他、英インフレ報告で早期利上げ観測が後退した事でポンド売りが加速すると、ポンド円は170.66までの急落となるなど、円全面高の展開となっています。

現在NY市場では、円買いの動きは一服も、各通貨上値の重い展開となっていますね。
先程発表となった米4月生産者物価指数が予想を大幅に上回った事でドル買いが優勢となると、ドル円は101.94まで値を戻す動きとなりましたが、戻り売りに押されると101.72までと再び当日安値付近まで押し戻される展開となっています。


ドル円は予想通り下がってきましたね。
そこそろ買ってもいいかなと言う感じでしたが、とりあえずは下押し待ちという事で、焦って買って高値掴みになったという事はなかったと思います。
短期はそれでも102.36突破するまでは戻り売りだと思っていますが、中長期的な時間軸と合わせながら安値を拾っていくという感じもそろそろよいと思いますので、とりあえずは本日の引け値を確認した後、買い場の方を探して行きたいと思います。
ユーロドルの方は、ドル円でのドル売りが進んだ事で底堅い動きとなっていますが、ドル円が目先の底を確認して押し目が入っていけば、再び下値試しとなるんじゃないでしょうか?
とりあえずショートは保有したまま、再び1.37ドル割れを待ちたいと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、ダウ平均が史上最高値を再び更新する動きとなった事もあり、本日も早朝オセアニア市場からリスク志向の円売りが優勢となると、ドル円は102.32まで上げ幅を拡大。
日経平均が300円近い上げ幅を記録した事で円売りの動きが大きく進むと、ユーロ円も141円付近までの上昇となるなど、円全面安の展開となりました。
その後、欧州勢の参戦でも株価の上昇を背景に円売りが優勢となると、ドル円は102.36まで上げ幅を拡大する動きとなりましたが、独5月ZEW景気期待指数が予想を大きく下回った他、独連銀高官による「ECBが2016年インフレ見通しを下方修正するならば、独連銀は大胆な追加緩和策を許容」「マイナス金利を含めた利下げに賛同」との報道を受けユーロが急落となると、ユーロドルは先週末安値を割り込み1.3700まで急落、一時140.95まで上昇していたユーロ円も140円付近までの急落となると、ドル円もユーロ円に連れ上げ幅を大きく縮小するなど、ユーロ円主導で円買いの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、ユーロドルの下落も一服となると、当日安値から大きく持ち直す動きとなっていますね。
先程発表となった米4月小売売上高や米4月輸入物価指数が予想を大きく下回った事でドル売りが優勢となると、一時1.37ドルを割り込む動きとなっていたユーロドルは1.3729まで上昇、102.36までの上昇となっていたドル円は当日安値を割り込み102.06までの急落となるなど、ドル全面安の展開となっています。


ドル円は102円台乗せとなった事でかなり買いやすい感じになってきたと思いますが、注目の102.36でピタリと止まっての反落ですね。
ギリギリまで狙って来る所がなんとも嫌らしいです。
そしてユーロドルの方は新たなレンジの見極めとなっていましたが、前日につけた1.3774で戻り高値を確認した事で売りやすい状態になっていたと思います。
そのまま日足での安値更新という事で、私の方は予定通りショートポジションの方を積み増しています。
何度も記事にしていますが、ここからはストップにかかるまでは、下げれば下げた分だけ強気に売りポジションを積み増していく予定です。


ユーロドル、5分足です。

0514eurusd5

重要ポイントでの下抜け後、5分足で戻り売りと記事してきましたが、5分足での戻り売りがよく分からないと言う人の為に解説します。
過去に何度も解説していますので、私のブログを昔から見ている人は説明不要かと思いますが、自分は全て25本線を基準に考えています。
全ての時間軸で25本線を表示し、上で推移していれば上昇トレンド、下で推移していれば下落トレンドと、明確に分けて考えています。
ですので、単純に急落後に基準線まで戻して来たポイントでの売りが戻り売り、逆に急騰後に規準線まで戻して来たところでの買いが押し目買いという事ですね。
今回は先週末NY市場での安値割れ(白○)確認後、実際に追撃売りポイントを探る訳です。
急落後最初の戻り(赤○)付近で売りたかったんですが、基準線までの戻りが弱く、もう少し戻しそうだなと思っている間に下げてしまいました。
その後更に急落し、ようやく基準線付近まで戻した(オレンジ○)という事で、大分売り遅れてしまいましたが、ショートポジションの方を積みましています。
エントリー後にすぐに下げましたが、米経済指標の下振れで踏まれてしまいましたね。
まあ、上振れから更に急落という可能性もありましたので、その辺は仕方ないです。
スウィングでポジションを持っている限り、経済指標は避けて通れないですからね。
経済指標の結果で目先は上昇しても、その後は再び下がってくるというのが下落トレンドの力です。
いちいち気にしても仕方ないでしょう。
売り増しポジションの方は、LOT数を調整しながらエントリーしており、追加分のポジションだけでも既にプラスで逃げられる位置にストップをおいています。
買い方にとっては恐怖の急落相場だと思いますが、皆が恐怖を感じている時こそ強気に攻めたいですね。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット