FC2ブログ
2014 / 04
≪ 2014 / 03 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2014 / 05 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円売りの動きも一服。
本日東京市場では、寄付きから日経平均が大幅上昇となるも、日銀金融政策決定会合での失望警戒感から上げ幅を大きく縮小する動きとなると、ドル円は102.32まで下落、ユーロ円も141.27まで下げ幅を拡大するなど円全面高の展開となりました。
注目の日銀金融政策決定会合では、政策の現状維持を発表も、事前に失望を織り込むように円買いが進んでいた事もあり、材料出尽くしから各通貨安値からやや持ち直す動きとなりました。
その後は、日銀展望リポートで、15年度の物価上昇率を従来通りの+1.9%、そして16年度の物価上昇率を+2.1%と、目標達成も見通しが示された事で円買いの動きが再開となると、ドル円は102.28まで下げ幅を拡大、ユーロ円も141.12まで下げ幅を拡大する動きとなりました。
しかし、日銀総裁の記者会見を控えショートカバーの動きが優勢となると、「現時点の見通しを持って出口を見通すのは時期尚早」、「見通しに変化が生じ、2%目標に必要なら躊躇なく調整を行う」との発言を受け円売り戻しの動きが優勢となっており、ドル円はそのまま102.60までと早朝高値付近まで上昇、クロス円も下げ幅を大きく縮小するなど、流れは一転円全面安の展開となっています。
一方ユーロドルは、前日発表となった独CPIを受けたユーロ売りが継続となると、欧州タイムで発表となったユーロ圏4月消費者物価指数が予想を下回った事もあり、一時1.3772まで下げ幅を拡大する動きとなりましたが、根強い押し目買いの動きや、前日から既に織り込むようにユーロ売りが進んでいた事で材料出尽くしのユーロ買いが優勢となると、そのまま1.3857まで上昇、ユーロ円も142円台を回復するなど、ユーロ全面高の展開となっています。

現在NY市場では、円売りの動きも一服となると、ドル円を中心に円買いが大きく進んでいますね。
先程発表となった米1-3月期GDP+0.1%と、市場予想の+1.2%を大きく下回った事でドルが急落となると、ドル円は102.20まで下落、ユーロドルは1.3871まで上昇、クロス円はドル円の下落に連れ上げ幅を大きく縮小するなど、円買いドル売りの動きが大きく進む展開となっています。


今日も激しい値動きでしたね。
ユーロドルが1.3772まで下げ幅を拡大した後に、ユーロ買い材料無しに前日高値付近まで上昇するなんて誰も想像してなかったんじゃないですかね?
ドル円もそうですが、何が何でもレンジに押し戻したい人がいるみたいです。
特にユーロドルは、今までに無い位長い期間でレンジが続いており、かなりパワーも溜め込んでいると思いますので、一旦明確にブレイクしたらかなり一方的な値動きとなるかも知れませんね。
上値の方は追加緩和期待から限定的だと思いますので、大きく動くとしたら下方向でしょうか?
何かきっかけ待ちだと思いますので、米雇用統計のポジティブサプライズを受けたドル買いや、ECB理事会でのサプライズ緩和策の発表などには気を付けたいですね。
戻りを売っては下がった所で利確という動きを繰り返していますが、また戻り売りポイントである1.3860-70のゾーンまで上昇してきましたので、ここからは再び戻り売りを仕掛けて行きたいと思います。
ドル円はどうなんでしょうかね?
米1-3月期GDPは予想を大きく下回ってしまいましたが、新規失業保険は改善傾向、そしてADP全国雇用者数は予想より強い結果となっており、更には最近発表された米経済指標は軒並み予想より強い結果となっていましたので、ここからどんどん売っていくと言うよりは押し目買いの方に分がありそうですね。
ただ、現在は短期の下押し圧力が強いですので、慌てて買うことはないと思います。
買うとしても今日の引け値を確認してからで遅くないでしょう。
個人的には101.80程度にストップをおいて低リスクで拾いたい感じですので、慌てずにもうちょっと引き付けたいと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

再び円売りの動きが優勢となっていますね。
本日アジアタイムでは、米3月中古住宅販売保留件数指数を受けたドル買いの動きも一服となると、東京勢不在のなかドル円は102.50付近で狭いレンジでの推移となっていました。
その後は、欧州勢の参戦では円売りの動きが再開となると、ロシアのショイグ国防相が「ロシア軍をウクライナに侵入させないことを保証する」と表明した事で、リスク回避の巻き戻しが大きく進んでおり、ドル円は先週高値を突破すると102.78まで急騰、ユーロ円も142.46までの急騰となるなど、円全面安の展開となっています。

現在NY市場では、円売りの動きも一服となると、ユーロ円を中心に円買いの動きが大きく進んでいますね。
先程発表となった独4月消費者物価指数・速報値が予想より弱い結果となった事でユーロが急落となると、米4月消費者信頼感指数も予想より弱い結果となった事でユーロ売り、円買いの動きが大きく進んでおり、ユーロ円は142円を割り込むと141.69まで急落、ドル円も102.50まで押し戻されるなど、再びリスク回避的な円買いが優勢となっています。


相変わらず神経質な値動きとなっていますね。
ユーロに関しては前日の意味不明な急騰後、本日は独CPIの下振れで追加緩和が再び意識されてのユーロ売りですから、理不尽な上昇から正常な下落に戻ったという感じですかね。
それでもユーロドルはかなり高い水準で推移しており、このまま高値を維持してもいずれは追加緩和が意識されてユーロ売りになると思っていますので、基本は売りしか考えてないです。
ユーロ円に関してはユーロ売りというか、円売りの動きも関係してきますので、単純にユーロ売りという訳にはいかないでしょうね。
とりあえずドル円は、急騰後の下押しで1時間足での押し目買いポイントまで戻してきましたから、ここから再上昇出来るかどうかに注目です。


では簡単になりましたがこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット