FC2ブログ
2014 / 04
≪ 2014 / 03 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2014 / 05 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日オセアニア市場では、前日NY市場の流れを引き継ぎドル売りが優勢となると、ドル円は102.18まで下げ幅を拡大、クロス円も上値の重い展開となるなど、円買いの動きが優勢となっていましたが、3月全国消費者物価指数や、4月東京都区部消費者物価指数が予想より弱い結果となった事もあり、追加緩和期待から日経平均は急上昇となると、ドル円は102.49まで急騰、ユーロ円も141.74までの急騰となるなど、円全面安の展開となりました。
しかし、ウクライナの地政学リスクや、週末相場という事で調整的な円買いが優勢となると、日経平均は再びマイナス圏へと転じており、ドル円は徐々に上げ幅を縮小するとそのまま当日安値を割り込み101.96まで急落、クロス円も下げ幅を大きく拡大するなど、円全面高の展開となっています。

現在NY市場では、円買いの動きは一服も、各通貨上値の重い展開となっていますね。
先程発表となった米4月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値が予想より強い結果となった事でドル買いが優勢となると、ドル円は102.08までの上昇となりましたが、すぐに戻りを売られると再び102円割れとなっています。


いきなりのドル売り仕掛けにびっくりですね。
東京勢不在のゴールデンウィークが円買い仕掛けやすいという事で、102円割れは来週になってからと思っていましたので、ちょっと予想外の動きでした。
トレードの方は、前日NY市場の戻り高値102.38の突破、そして前日安値102.08割れがブレイクスキャルのチャンスでしたね。
ただ前日安値割れの方は週末NY市場での動きという事で、無理することもなかったかと思います。


では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、リスク回避の円買いの動きも一服となると、東京市場に向けドル円は102.55まで上昇、0.25%の利上げを発表したNZドル円は88.48までの急騰となるなど、円全面安の展開となりました。
その後は、TPPが最終合意に至らず交渉を継続との報道に反応して株価が急落となると、ドル円は102.25まで急落、クロス円も上げ幅を大きく縮小するなど、流れは一転円全面高の展開となりました。
しかし、甘利経済再生相が記者会見を行うとの報道を受けショートカバーの動きが優勢となると、ドル円は104.45まで上昇、ユーロ円も安値から大きく持ち直すなど、ドル円を中心にショートカバーの動きが優勢となっています。

現在NY市場では、ショートカバーの動きも一服となると、再び円買いの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米3月耐久財受注が予想を大きく上回った事でドル買いが優勢となると、ドル円は当日高値を更新し102.64まで上昇、ユーロドルは1.3791までの急落となりましたが、新規失業保険申請件数が弱い結果だった事もあり米債利回りが低下となると、ドル円は当日安値を割り込み102.08まで急落、クロス円も軒並み安値を更新するなど、リスク回避の円買いが大きく進む展開となっています。


前日以上に神経質な値動きとなっていますね。
レンジと言ってしまえばレンジの動きですが、短期的にみると各通貨トレンドが発生したような値動きとなっていますので、なかなかレンジと割り切ってトレードするのは難しいかもしれないですね。
ドル円は102.70付近で高値を確認、ユーロドルは1.3785付近で安値を確認という事で、ドル売りで仕掛ける方が低リスクとなりそうですが、ユーロドルは追加緩和観測も根強く、正直買いたくないですので、どちらかと言うと戻り売りで考えています。
クロス円もなんだか乱高下となっていますが、利上げ期待だけで上げ続けてきたNZドルは材料出尽くし感がありますので、NZドルの戻り売りなんかも面白いかもしれないですね。


では簡単になりましたが、今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日に引き続き、ドル相場を中心に神経質な値動きとなっていますね。
本日東京市場では、ダウ平均の大幅上昇を背景に日経平均も寄付きから堅調推移となると、ドル円は102.69まで上昇、ユーロ円は141.78までの上昇となるなど、円全面安の展開となりました。
しかし、豪1-3月期消費者物価指数が予想を大きく下回った事で豪ドルが急落となると、豪ドル円主導で円買いの動きが大きく進む展開となっており、ドル円は102.50まで下落、クロス円も上げ幅を大きく縮小するなど、円全面高の展開となっています。
その後は、日経平均が引けにかけて再び上げ幅を拡大すると、ドル円は102.63まで値を戻す動きとなりましたが、欧州勢の参戦で仕掛け的なドル売りが入ると、ドル円は前日安値を下抜けとなっており、次々とストップを巻き込むとそのまま102.16まで下落、東京市場から軟調推移となっていた豪ドル円は94.82まで下げ幅を拡大するなど、円買い、豪ドル売りの動きが大きく進む展開となっています。


現在NY市場では、円買いの動きも一服となると、各通貨方向感の無い展開となっていますね。
先程発表となった米3月新築住宅販売件数が弱い結果となった事でドル売りが優勢となると、102.38まで値を戻していたドル円も102.21まで押し戻される動きとなりましたが、日米首脳会談を控え様子見ムードが優勢となっています。


ドル円、4時間足です。

0423usdjpy4h

前日お伝えしたポイントが赤○の部分ですね。
1時間足での調整が大きく進んだ所で、4時間足での押し目を作って上昇という形です。
そして本日は4時間足でも基準線を下抜けた(白○)という事で、より大きな流れでの調整が始まったという感じです。
しっかりと理由のある動きとなっていましたので、分かりやすい動きだったと思います。
前日同様、白○からの下落を取れるかどうかがポイントですね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、前日の流れを引き継ぎ円売りの動きが優勢となると、日経平均が寄付きから堅調推移となった事もあり、ドル円は前日高値を更新し102.72まで上昇、クロス円も前日NY市場安値から大きく持ち直すなど、再び円全面安の展開となりました。
しかし、25日発表の消費者物価指数が大きく上昇するとの予想から、日銀による追加緩和観測が後退した事で日経平均は上げ幅を大きく縮小すると、そのままマイナス圏に突入した事で円買いの動きが大きく進む展開となっており、ドル円は当日安値を更新すると102.41まで急落、ユーロ円も141.21までの急落となるなど、流れは一転円全面高の展開となっています。

現在NY市場では、円買いの動きは一服となると、ドル円主導でドル買いの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米2月住宅価格指数や、米4月リッチモンド連銀製造業指数、米3月中古住宅販売件数が予想より強い結果となった事でドル買いが優勢となると、ドル円は102.66までと当日高値付近までの上昇、一時1.3824まで上昇したいたユーロドルは1.3887までの急落となるなど、ドル全面高の展開となっています。


なんだかよく分からない動きでしたね。
円買い材料からドル買い材料やら、各国市場で独自の材料で動いている感じですので、どうしかけていいのかよく分からなくなってきますね。
まあよく分からないという事は、今までのトレンド継続する可能性が高いという事ですので、短期的にはドル円の買い、ユーロドルの売りという事になるでしょうね。
クロス円の方はドル円に連れてるのかドルストレートに連れてるのかよく分からないという事で、様子見が無難じゃないでしょうか?
オバマ大領領の来日に、TPP交渉など、現段階でどちらに反応するのかよく分からない材料もあります。
TPP交渉の方は一旦纏まれば株価は買いで反応ですかね?
とにかく振り回されないように気をつけたいですね。


ドル円、1時間足です。

0423usdjpy60

前日の動きをみても明らかに1時間足が意識されていましたので(赤○)、基準線の下抜け(白○)で1時間足を見て買っていた人が一気に利確した感じです。
こういう所をしっかり取れるかどうかですね。
ちなみに現在NY市場では安値から大きく反発していますが、今度は逆に更に大きな流れとなる4時間足での基準線での反発となっています。
現在102.45付近に位置してますが、これを割り込んだら本格的な調整入るかもですね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

薄商いの中、やや円売りの動きが優勢となっていますね。
本日週明け相場は、早朝オセアニア市場から円売りの動きが優勢となると、日経平均が寄付きから堅調推移となった事もあり、ドル円は102.70まで上昇、ユーロ円も141.82までの上昇となるなど、円売りの動きが大きく進む展開となりました。
しかし、仲値剥落でドル円は上値の重い展開となると、日経平均が上げ幅を縮小したことで円買いの動きが優勢となっており、ドル円は徐々に上げ幅を縮小すると102.50まで下落、クロス円も上値の重い展開となっています。

現在ではイースター休暇で欧州勢が不在となるなか、やや円売りの動きが優勢となっていますね。
調整的な円買いの動きも一服となると、一時102.50までの下落となっていたドル円は102.68と当日高値付近まで上昇、クロス円も底堅い動きとなっています。


東京市場での上昇分を吐き出してからその後は狭いレンジでの推移となるなど、先週末とほぼ同じ様な動きですね。
ただでさえ参加者の少ない週明け相場で、更には欧州勢不在となればこんなもんですかね。
やや円売りの動きが優勢となっていますが、かなり勢いも弱いですので、今にも失速しそうな感じですね。
ドル円は、チャートをみればこのままじりじりと上昇しそうですけど、下げ始めたら速そうな感じはします。
買いの方が勝率は高そうですけど、今はちょっと買いたくない感じですね。
一旦102円後半の売りの押されて下押すと思っていますので、慌てないで押し目を待ちたいと思います。
とりあえずこの後のNY勢の反応待ちですが、なんか知り合いが今から近所に遊びに来るというので、これからちょっと出掛けます。


という訳で少し早いですが、今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット