2014 / 02
≪ 2014 / 01 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - 2014 / 03 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円相場を中心に荒っぽい動きとなっていますね。
前日NY市場では、リスク回避的な円買いからドル円は102.05まで急落も、米新築住宅販売件数が予想を大きく上回った事でドル買いが優勢となると、ドル円は当日高値を更新し102.61までの急騰となるなど、円売りの動きが大きく進む展開となりました。
しかし、米債利回りが低下した他、ウクライナの地政学リスクからユーロ円は上値の重い展開となると、ユーロ円主導で再び円買いの動きが優勢となっています。
本日東京市場では、日経平均が寄付きから軟調推移となった後下げ幅を縮小すると、1万5000円台を回復したでドル円、クロス円共に安値から持ち直すう動きも見られましたが、根強い戻り売りから株価がマイナス圏に転じると、再びリスク回避の円買いが優勢となっています。
その後、欧州勢の参戦でもウクライナの地政学リスクから円買いの動きが優勢となると、ユーロ円は前日安値を下抜けそのまま139円割れとなっており、ドル円も102円を割りこむと101.72まで急落、ユーロドルは前日安値を割り込み1.3642まで下落、その他クロス円も下げ幅を大きく拡大するなど、円全面高の展開となっています。

現在NY市場では、リスク回避の円買いも一服となると、各通貨ショートカバーの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米新規失業保険申請件数は予想より弱い結果となるも、米1月耐久財受注が予想を大きく上回った事でドル買いとなると、ドル円は102円台を回復し102.19まで急騰、一時138.78まで下落していたユーロ円は139.74までの急騰となるなど、各通貨安値から大きく持ち直す動きとなっています。


各通貨長い間レンジの動きが続いていたこともあり、動き出したらあっという間という感じでしたが、戻すのもあっという間でしたね。
やや売り材料に敏感になっている感じはしますが、ECB理事会に雇用統計も控えているという事で、ちょっと仕掛けにくいという感じなんでしょうか?
一旦大きなトレンドが発生すれば、ただ売っているだけで勝てるという様な相場になったりして楽なんですけど、まだトレンドが発生するには材料不足と言う感じですかね。
それでも各通貨目先の高値を確認してから急落という事で、暫くは戻り売りが優勢になると思います。
大きく戻した所は軽く売って、利が乗れば半分位利確して、残りは急落待ちという様な感じのトレードがよいかも知れませんね。
まだ強気に売っていくには早そうです。

今日のトレードは特に解説も必要ないですね。
ドル円は25日に102円でピタリと下げ止まっていましたので、102円割れは絶好のブレイクスキャルのチャンスでした。
因みにLIONのチャートでは25日の24時に101.95というレートつけていますが、これはスプレッド拡大によるものですね。
他業者ではつけていても101.99程度です。
まあこういう指標発表時にスプレッドが急拡大する業者は本当に要注意です。
私はLIONではトレードしないのであれですが、他にも指標でスプレッドが大きく拡大する業者とかありますので、そういう口座でトレードしている人は気を付けた方がよいでしょう。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ややリスク回避の円買いの動きが優勢となっていますね。
前日NY市場では、仕掛け的な円買いが入るとドル円は前日安値を下抜け101.95まで急落、ユーロ円も140.12までの急落となるなど、リスク回避の円買いが大きく進みましたが、ダウ平均が底堅い動きとなった事でショートカバーの動きが優勢となると、本日東京市場ではドル円は102.40まで上昇、クロス円も安値から大きく持ち直す動きとなりました。
その後、欧州勢の参戦でも、ECB当局者による「3月6日のECB理事会で金利を動かすといったコンセンサスは現状ない」との発言を受けユーロの買い戻しが優勢となると、ユーロドルは1.3757までの上昇となりましたが、戻り売り圧力も根強く、ムーディーズによる「ポルトガルの債務についてはまだ懸念」との発言も影響したのかユーロ売りが優勢となると、ユーロ円は140.11まで下落、ドル円もユーロ円n連れ102.23までの下落となるなど、流れは一転円全面高の展開となっています。

ここ最近の米経済指標の方はことごとく下振れており、発表直後はドル円は下押しても、全て悪天候による一時的数値との見方から買い戻される動きとなっていましたが、流石に悪天候という理由だけでは片付けられない感じになってきた感じですかね。
月末も近づいてきた事で来月の雇用統計を睨んだ動きになってくると思いますが、ドル円、ユーロドル共に目先の高値を確認した形となっていますので、短期的には戻り売り優勢の相場となりそうですね。

記事を書いている間にユーロドルは今週安値下抜けましたね。
前日にも記事にしましたが、1.3708割れからはエントリーして行ってもよかったと思います。
現在では20日の安値1.3682を手前に下げ止まっていますが、明日以降の下抜けではまたブレイクスキャルでエントリーしていきたいですね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日も各通貨方向感の無い展開となっていますね。
前日NY市場ではダウ平均が大幅上昇となった事もあり、日経平均も寄付きから大幅上昇となると、ドル円は102.62までの上昇となりましたが、為替相場の反応の方は限定的となると、各通貨上値の重い展開となっています。
その後は中国株式が急落となった事で豪ドルが急落となると、豪ドル円主導でリスク回避の円買いが優勢となっており、ドル円は102.23まで下落、豪ドル円は92.05まで下落、ユーロ円も140.52までの下落となるなど、円全面高の展開となりました。
しかし、米長期金利が低下した事でドル売りが進むと、ドルストレートを中心にドル売りの動きが大きく進む展開となっており、クロス円もドルストレートに連れ安値から大きく持ち直すと、ドル円も底堅い動きとなるなど、各通貨方向感の無い展開となっています。

現在NY市場では、やや円買いの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米12月住宅価格指数が予想より強い結果となった事でややドル買いが優勢となる場面も見られましたが、反応の方が限定的となった事でドル円は反落となると、ドル円に連れクロス円もやや円買いの動きが優勢となっています。


所々大きく動く瞬間はあるものの、概ねレンジという動きに変わりは無いようです。
レンジと分かっていれば上限付近で売り、下限付近では買いと、単純に逆張りしているだけで勝てるはずなんですけど、仕掛けた時に限ってトレンドが発生したりするのが相場という事で、なかなか簡単にはいかないですね。
トレンドフォローの順張り派は我慢の時だと思いますので、とにかくトレンドが発生するのを待つしかないようです。
ユーロドルは1.3772を先週の高値に1.3770付近はかなり上値の重い展開となっていますが、跳ね返された分だけ上方向にもストップが溜まってくる筈ですので、1.37ドル割れから1.3680割れと合わせ、ブレイク後の動きに期待したい所です。
ドル円は現在今週安値102.16付近までの下押しとなっていますが、明日以降下抜けるならこちらもエントリーしていきたいと思います。


では今日はこの辺で。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

材料不足のなか、各通貨方向感の無い展開となっていますね。
本日週明け相場は、週末開催されていたG20への失望感からやや円買いが優勢となると、各通貨下方向に窓を開けてのスタートとなりましたが、寄付きから軟調推移となっていた日経平均がプラス圏を回復した事で円売りが優勢となると、ドル円は102.68まで上昇、ユーロ円も141円台を回復するなど、円全面安の展開となりました。
しかし、中国株式が大幅下落となった事で豪ドルが急落となると、豪ドル円主導で円買いの動きが大きく進む展開となっており、ドル円は先週末安値を下抜けると102.16まで急落、豪ドル円は91.57までの急落となるなど、円全面高の展開となりました。
その後、欧州勢の参戦では、独2月Ifo景況感指数が予想より強い結果となった事でユーロ買いが優勢となると、ユーロドルは1.3768まで上昇、ユーロ円は140.96までと当日高値付近までの上昇となりましたが、ビスコ伊中銀総裁が「必要なら、中銀預金金利の引き下げを検討する余地ある」と発言するなど、ECBによる追加緩和が意識された事でユーロ売りが再開となると、ユーロドルは当日安値を更新し1.3708まで急落、ユーロ円も140.51までの下落となるなど、ユーロ全面安の展開となっています。


ドル円は急落も入って来い、ユーロドルは急騰からの急落で当日安値を更新するなど、なんだかよく分からない動きとなっていますが、先週の流れから見れば概ねレンジという事で、新たな材料待ちという感じですね。
ただユーロドルは先週高値を手前に急落となっていますので、ユーロ売り圧力の方が継続しそうな感じはします。
先週末NY市場クローズ直後に発表されたムーディーズによるスペイン国債の格上げも意識されていない感じですので、暫くはECBによる追加緩和が意識された展開となるかも知れないですが、あまり深く考えすぎないほうがよいですね。
結局は動いた方についていくだけです。
とりあえずユーロドルは先週末安値と合わせ、1.37ドル割れからストップがたまり始めていると思いますので、1.37ドル割れは素直にエントリーしていきたいですね。


ではちょっと遅くなってしまったので今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

2/24(月) 〔予想〕 (前回)

18:00 独2月Ifo景況感指数 〔110.7〕 (110.6)
18:00 独2月Ifo景気期待指数 〔-〕 (108.9)
18:00 独2月Ifo現況指数 〔-〕 (112.4)
19:00 ユーロ圏1月消費者物価指数(HICP)・確報値(前年比) 〔+0.7%〕 (+0.7%)
22:30 米1月シカゴ連銀全米活動指数 〔-〕 (+0.16)
22:45 グリーンスパン元FRB議長、講演
翌0:30 米2月ダラス連銀製造業活動指数 〔-〕 (+3.8)
翌1:30 ルービニNY大学教授(ルービニ・グローバル・エコノミクス RGE会長)、講演


2/25(火) 〔予想〕 (前回)

12:45 40年国債入札(4000億円)
16:00 独10-12月期GDP・確報値(前期比) 〔+0.4%〕 (+0.4%)
16:00 独10-12月期GDP・確報値(季調前・前年比) 〔-〕 (+1.3%)
16:45 仏2月企業景況感 〔-〕 (94)
18:30 南ア10-12月期GDP(前期比年率) 〔+3.8%〕 (+0.7%)
18:30 南ア10-12月期GDP(前年比) 〔+2.1%〕 (+1.8%)
19:00 欧州委員会、冬季経済予測を公表
20:00 英2月CBI流通取引調査 〔+14〕 (+14)
23:00 米12月住宅価格指数 〔+0.4%〕 (+0.1%)
23:00 米12月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔+13.30%〕 (+13.71%)
翌0:00 米2月消費者信頼感指数 〔80.0〕 (80.7)
翌0:00 米2月リッチモンド連銀製造業指数 〔-〕 (+12)
翌0:10 タルーロFRB理事、講演
翌3:00 米2年債入札(320億ドル)
翌5:00 ラガルドIMF専務理事、講演


2/26(水) 〔予想〕 (前回)

ブラジル中央銀行(BCB)政策金利発表 〔25bp引き上げ10.75%に〕 (50bp引き上げ10.50%に)
石田日銀審議委員、埼玉県金融経済懇談会にて挨拶

08:45 イングリッシュNZ財務相、講演
16:00 独3月GfK消費者信頼感 〔+8.3〕 (+8.2)
18:25 ブロードベント英MPC委員、講演
18:30 英10-12月期GDP・改定値(前期比) 〔+0.7%〕 (+0.7%)
18:30 英10-12月期GDP・改定値(前年比) 〔+2.8%〕 (+2.8%)
21:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔-〕 (-4.1%)
22:00 メルシュECB理事、講演
翌0:00 米1月新築住宅販売件数 〔40.5万件〕 (41.4万件)
翌0:30 米週間原油在庫 〔-〕 (+97.3万バレル)
翌2:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
翌3:00 米2年物価連動債入札(130億ドル)※リオープン
翌3:00 米5年債入札(350億ドル)

翌6:45 NZ1月貿易収支 〔2.12億NZドルの黒字〕 (5.23億NZドルの黒字)


2/27(木) 〔予想〕 (前回)

ノボトニー・オーストリー中銀総裁、プラートECB理事、ホールデンBOE金融安定化担当執行役員、カンファレンスで講演

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
09:30 ピアナルト米クリーブランド連銀総裁、講演
12:45 2年国債入札(2兆9000億円)
15:45 スイス10-12月期GDP(前期比) 〔+0.4%〕 (+0.5%)
15:45 スイス10-12月期GDP(前年比) 〔+1.9%〕 (+1.9%)
16:00 佐藤日銀審議委員、国際銀行協会における講演
16:45 仏2月消費者信頼感 〔-〕 (86)
17:00 スペイン10-12月期GDP・確報値(前期比) 〔+0.3%〕 (+0.3%)
17:00 スペイン10-12月期GDP・確報値(前年比) 〔-0.1%〕 (-0.1%)
17:55 独2月失業者数 〔-1万人〕 (-2万8000人)
17:55 独2月失業率 〔6.8%〕 (6.8%)
18:30 南ア1月生産者物価指数(前年比) 〔-〕 (+6.5%)
19:00 ユーロ圏2月経済信頼感 〔101.5〕 (100.9)
19:00 ユーロ圏2月消費者信頼感・確報値 〔-〕 (-12.7)
22:00 独2月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.3%〕 (+1.3%)
22:00 ワイトマン独連銀総裁、講演
22:30 米1月耐久財受注 〔-1.0%〕 (-4.2%)
22:30 米1月耐久財受注(除輸送用機器) 〔-0.2%〕 (-1.3%)
22:30 米新規失業保険申請件数 〔33.3万件〕 (33.6万件)
22:30 加10-12月期経常収支 〔168億加ドルの赤字〕 (155億加ドルの赤字)
22:30 ドンブレト独連銀理事、講演
23:15 リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
翌0:30 フィッシャー米ダラス連銀総裁、クノット・オランダ中銀総裁、ブランチャードIMFチーフエコノミスト、講演
翌3:00 米7年債入札(290億ドル)
翌3:30 ドラギECB総裁、講演
翌5:15 ロックハート米アトランタ連銀総裁、ジョージ米カンザスシティ連銀総裁、講演

翌6:45 NZ1月住宅建設許可 〔-6.0%〕 (+7.6%)


2/28(金) 〔予想〕 (前回)

08:30 1月失業率 〔3.7%〕 (3.7%)
08:30 1月有効求人倍率 〔1.04倍〕 (1.03倍)
08:30 1月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔+1.2%〕 (+1.3%)
08:30 2月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔+0.7%〕 (+0.7%)
08:50 1月鉱工業生産・速報値 〔+2.9%〕 (+0.9%)
09:00 NZ2月ANZ企業信頼感 〔−〕 (64.1)
09:00 NZ2月ANZ企業活動見通し 〔−〕 (53.5)
09:05 英2月GfK消費者信頼感 〔-7〕 (-7)
18:00 ラウテンシュレーガーECB理事、講演
19:00 ユーロ圏2月消費者物価指数(HICP)・速報値(前年比) 〔+0.7%〕 (-)
19:00 ユーロ圏1月失業率 〔12.0%〕 (12.0%)
19:00 ホールデンBOE金融安定化担当執行役員、講演
19:00 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
19:45 ショイブレ独財務相、講演
21:00 南ア1月貿易収支 〔-〕 (28億ランドの黒字)
22:30 米10-12月期GDP・改定値(前期比年率) 〔+2.5%〕 (+3.2%)
22:30 米10-12月期個人消費・改定値(前期比年率) 〔+2.9%〕 (+3.3%)
22:30 米10-12月期GDPデフレーター・改定値(前期比年率) 〔+1.3%〕 (+1.3%)
22:30 米10-12月期コアPCEデフレーター・改定値(前期比年率) 〔-〕 (+1.1%)
22:30 加10-12月期GDP(前期比年率) 〔+2.7〕 (+2.7%)
22:30 加12月GDP 〔-0.3%〕 (+0.2%)
22:30 カーニーBOE総裁、ドンブレト独連銀理事、講演
23:45 米2月シカゴ購買部協会景気指数 〔57.8〕 (59.6)
23:55 米2月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔81.2〕 (81.2)
翌0:00 米1月中古住宅販売保留件数指数 〔+2.7%〕 (-8.7%)
翌0:00 ラウテンシュレーガーECB理事、講演
翌0:15 ステインFRB理事、コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、エバンス米シカゴ連銀総裁、プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
翌0:30 カーニーBOE総裁、講演


3/1(土)

10:00 中国2月製造業PMI 〔50.1〕 (50.5)


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット