FC2ブログ
2013 / 12
≪ 2013 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2014 / 01 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル相場を中心に大荒れ一週間となりましたね。
注目のFOMCでは、国債買い入れ額を月額400億ドルに減額する事を発表。
サプライズ的なQE縮小の発表を受けダウ平均も急落となると、リスク回避のドル買いが大きく進む動きとなりましたが、「失業率が6.5%を大幅に下回り、インフレ見通しが+2.5%を上回らない限りは異例の低金利を継続」との声明文を好感し株価が大きく持ち直す動きとなると、リスク志向の円売りが大きく進む展開となっています。
ユーロドルは、急落後のV字回復で再び今年最高値更新を目指す動きとなりましたが、最終的にはドル円を中心としたドル買いの動きに連れ逆に安値を更新する動きとなるなど、最終的にはドル全面高の展開となっています。

QE縮小の先送りをテーマに、今年はダウが史上最高値を更新後も高値を大きく更新する動きとなってましたので、QE縮小による株価の急落、リスク回避のドル買い、米長期債金利の急騰が懸念材料となっていましたが、声明文一つで株価も急落させずに済んだようですので、FRBとしては大成功に終わったという感じですかね。
現在に近い政策が暫く維持されるとは言え、それでもQEが縮小されたというのは事実ですので、ドルストレートなどは先週までの様にドルを売り続けるというのは難しいでしょうね。
今の所、ダウ平均は史上最高値を連日更新し続けていますが、株価が下がり始めたらリスク回避のドル買いが加速する可能性もありますので、ドルストレートでのドル売りポジションをお持ちの方は十分にお気をつけ下さい。
ドル円の方は引き続き押し目買いでよいでしょう。


ユーロドル、日足です。

1221eurusdhi

先週解説したばかりなのであれですが、完全にイメージ通りの動きとなってきましたね。
詳しい解説の方は先週末の記事の方をご確認下さい。
とりあえずはFOMCからの急落後、25日線でピタリと反発している様ですが、ここまでは予想通りの動きです。
日足ベースではまだ上方向ですので、ここから1.37ドルを引け値で越えてくると再び上方向が見えてくると思います。
私の方はQE縮小の確認という事で、予定通りスウィングでのショートポジションの方を建てていますので、個人的には下がってくれた方がよいのですが、ここから急落するかどうかは1.36ドルを割り込むかどうかですね。
値幅観測論や移動平均線の乖離からも、割り込めば1.34ドル付近までの急落は見えてくると思います。
狙うからには大きくですね。
1.37ドルを明確に突破してきたら薄利になりますが、一旦利益確定しておきます。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日の流れを引き継ぎ、本日も円売りの流れが優勢となっていますね。
東京市場では、日銀金融政策決定会合での失望警戒感もあり、日経平均が寄付きから軟調推移となると、一時104.42までの上昇となっていたドル円は104.23まで下落、クロス円も調整的な円買いの動きが優勢となりました。
しかし、日銀金融金融政策決定会合では政策据え置きも、失望の円買いの動きも限定的となった事で日経平均が安値から持ち直す動きとなると、そのままプラス圏を回復した事でドル円104.59まで上昇、ユーロドルはドル円でのドル買いに連れ1.3625までの下落となるなど、ドル全面高の展開となっています。
その後、欧州勢の参戦では、S&PがEUの格付けを引き下げた事もあり、ユーロドルは1.3623まで下げ幅を拡大する動きとなりましたが、ユーロ売りの動きも限定的となると、ユーロドルは1.3663までの上昇となるなど、ショートカバーの動きが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、各通貨ドル売りの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米7−9月期GDPが予想を大きく上回った事でドル買いとなると、ドル円は当日高値を更新し104.63まで上昇、ユーロドルも1.3632までの下落となりましたが、米債利回りが大きく低下した他、週末調整的なドル売りの動きが優勢となると、ドル円は104.26まで下落、ユーロドルは早朝高値を更新し1.3684までの急騰となっています。


米7−9月期GDPが予想を大きく上回った事で更にドル買いが進むと思いきや、いきなりのドル売りにちょっとびっくりですね。
BIGイベントも通過し、そのまま年末相場へと移行していきますので、ここからはもうポジション調整の動きがメインとなってくるでしょうね。
ブレイクスキャルはいいとして、特にスウィングトレードは最後の最後まで振り回されて終わりという可能性もありますので、もう無理する事もないでしょう。


では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット