FC2ブログ
2013 / 12
≪ 2013 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2014 / 01 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、ダウ平均が急落となった事でリスク回避の動きが優勢となると、ドル円は一時102円を割り込み101.97まで急落、ユーロ円も138.69までの急落となるなど、調整的な円買いが大きく進む動きとなっていましたが、本日東京市場では日経平均の急落にも関わらずドル円、クロス円は底堅い動きとなると、ドル円は102.83まで下げ幅を縮小、ユーロ円も139.60まで値を戻すなど、各通貨ショートカバーの動きが大きく進む展開となりました。
その後は、欧州株式が軟調推移となった事でリスク回避的な動きが優勢となると、ドル円は102.28まで下落、ユーロドルはドル円でのドル売りに連れ1.36ドルまでの上昇となるなど、ドル全面安の展開となっていましたが、ADP全国雇用者数が予想を大きく上回った事でドル買いとなると、ドル円は102.58まで上昇、ユーロドルは1.3563まで下落となるなど、流れは一転ドル全面高の展開となっています。

現在NY市場でも、ドル買いの動きが大きく進んでいますね。
ドル円はそのまま102.69まで上昇、ユーロドルは1.3590まで下げ幅を縮小した後に再びドル買いの動きとなると、当日安値を更新し1.3529までの急落となっています。


相変わらず神経質な値動きとなっていますね。
朝起きてレートを確認したら、ドル円がいつのまにか102円を割り込んでいた事にもびっくりですが、そのまま103円付近まで値を戻した事にもびっくりです。
一方的な上昇が続いていただけに、ちょっとした調整の動きでも大きな下押しとなってしまうようですが、押し目はしっかりと買われていますね。
そしてクロス円の方は、株価が大きく下げているということでやはり上値は相当重いですね。
ここ最近の米経済指標が大きく改善していますので、次回FOMCでのQE縮小観測が再び浮上しているようです。
QE縮小観測や先送り観測など、目先の材料に一喜一憂となっていますが、最終的にQE縮小という方向で間違いないですので、ドル買い方向という事でよいでしょう。
ドルストレートの方は、ドル円の上昇に連れたクロス円の上昇、そしてクロス円の上昇につれたドルストレートの上昇と、まだ方向感がはっきりしないですので、最も低リスクなのはドル円の押し目買いでしょうね。
ユーロドルや、ポンドドルなども目先の高値が確認出来ていますんで、次に低リスクなのはドルストレートの売りですかね?
クロス円についてはドル円でのドル買いがドルストレートでのドル買いどちらが勝つか予想するのは難しいですので、レンジ気味の動きとなりそうな予感もしますが、QE縮小が意識されてくれば株価も上値の重い展開が予想されますので、やや戻り売りが優勢となるかも知れません。
とりあえずADP全国雇用者数の結果を受け、雇用統計のポジティブサプライズにも期待がかかってきていますので、ドル売るポジションをお持ちの方は十分にお気をつけください。

では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円相場を中心に荒っぽい値動きとなっていますね。
前日NY市場では、引けにかけダウが急落した事でリスク回避の円買いが優勢となると、一時103.12まで上昇していたドル円は102.83までの下落となっていましたが、本日東京市場では本邦輸入などによるドル買いの動きもあり、ドル円が安値から持ち直すと再び円売りの動きが優勢となっており、ドル円は前日高値を上抜け103.37まで急騰、クロス円も軒並み高値を更新する動きとなりました。
しかし、米債利回りが低下傾向にある事で各通貨調整的なドル売りが優勢となると、ドル円は再び103円割れ、ユーロドルは前日NY市場の戻り高値を更新し1.3575までの上昇となるなど、流れは一転ドル全面高の展開となっています。
一方ユーロ円は、ドル円が高値から反落した事を受け139円台半ばまでの下押し後、仕掛け的なユーロ買いの動きから一時140.02までの上げ幅を拡大する動きとなりましたが、140.00でのオプション絡みの防戦売りや利益確定売りに押されると、そのまま当日安値を割り込み139.17までの急落となっています。

現在NY市場でもドル円を中心としたリスク回避的なドル売り、円買いの動きが優勢となっています。
ドル円は次々とストップを巻き込むと102.37まで急落、ユーロ円も139.11まで下げ幅を拡大する動きとなっています。


それにしても凄い値動きでしたね。
東京市場まではドル円主導での円売りがクロス円も軒並み上昇、その後はドル円が反落した事でクロス円も下押しとなるも、ドル円でのドル売りが進んだ事でドルストレートは軒並み上昇、そしてドルストレートの上昇がクロス円を押上げと、とにかくどんな材料でも前向きに捉えて円売りにしてしまうという様な感じですね。
そしてユーロ円は140円トライに失敗して139円半ばまで下落し、そのまま調整が進むと思いきや強引な円売りユーロ買いで140.00の突破ですからね。
更にはそこから怒涛の利益確定で139円付近まで急落してますから、140.00の突破でショートポジションを切らされたり、140.00の突破で仕方なく新規の買いを入れたりした人はたまったもんじゃないですね。
今週は米雇用統計も控えていますので、まだまだ神経質な値動きが続きそうですね。


ドル円、1時間足です。

1202usdjpy60

前日高値越え(白○)という事で、問答無用で買いですね。
もう先々週から同じパターンですので、解説も不要でしょう。
今日はリミット算出値が19PIPS、5分足の基準線の下抜けでロスカットがルールという事で、途中何度もストップつきそうになりましたがギリギリで回避、そのまま無事リミット到達となっています。
そして今度は基準線の下抜け(オレンジ○)で売り場探しとなった後に、東京市場で下髭を残しつけた安値割れ(赤○)という事で、こちらはショートでのブレイクスキャルのチャンスとなります。
こちらはリミットが23PIPS、同様に途中危なかったですが無事リミット到達となっています。
ストップとリミット算出方法についてはマイルールをご確認下さい。
ブレイクスキャルにはなんとも都合のよい値動きだったと思います。
売りでも買いでも取れる日なんてなかなかないですからね。

そして明日以降の動きですが、このまま調整が進むのか、再び押し目を作って上昇となるのか、全く予想出来ないですね。
このまま行けば高値を更新しつつ陰線引けという事で、リバーサルハイデーの出現となります。
一方的な上昇が続いた後の出現となれば、意識しない訳には行きませんが、調整が進むと思いきや結局円売りと言うのが今の相場ですので、あまり気にしすぎても仕方ないかもしれません。
短期の方は、いつも通り高値をどんどん更新するなら買い、逆に高値更新できず安値更新してくれば売るだけで、結局動いた方について行くだけですので、、あれこれ予想しても仕方ないでしょう。
それでもドル円やクロス円を買い持ちにし、既に利が大きく乗っている人は最終的にはどこかで利益確定しなくてはいけませんので、反転をいち早く察知する為にも反転を示唆するテクニカルは重視していかなければなりませんね。
そして短期の方も、今日のサポート割れのような場合は次のサポートまでが遠い(赤矢印)のでいいですが、次にサポート102.22割れとなると、102.11、101.93と立て続けにサポートが控えていますので(オレンジ矢印)、かなり入りづらいですね。
多分ショートは見送ると思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット