FC2ブログ
2013 / 11
≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

注目のECB理事会ですが、サプライズ的な利下げを受け、怒涛のユーロ売りとなっています。
発表直前には、利下げ警戒からユーロドルは1.35ドル付近まで下げ幅を拡大する動きとなっていましたが、政策金利を25bp引き下げ0.25%にする事が伝わると、ユーロドルは1.3353ドルまで急落、ユーロ円は131.88までの急落となるなど、ユーロ全面安の展開となっています。
その後は、ユーロ売りの動きも一巡となると、ドラギECB総裁の記者会見を控え様子見ムードとなっていましたが、米7−9月期GDP・速報値が+2.8%と市場予想の+2.0%を大幅に上回った事で今度はドルが急騰となると、ドル円は99.40まで急騰、ユーロドルは一時1.3295まで下げ幅を拡大する動きとなっています。

現在NY市場では、ユーロ売りの動きも一服となっていますね。
米GDPの結果を好感した円売りにより、ユーロ円が安値から大きく持ち直している他、やや材料出尽くしのユーロ買い戻しなどあり、ユーロドルは1.33ドル半ばまで値を戻す展開となっています。


前日NY市場では、政策金利を据え置く見通しとの報道もありましたので、今回の利下げはかなりインパクトがりますね。
つい最近まで利下げはしないと言ってましたので、インフレリスクに対応した利下げというよりは、ユーロ安誘導という目的の方が大きかったんだと思います。
前日にも記事にしましたが、据え置き予想が増えるなかで、予想通り据え置きでもたいして買い戻しも入らなそうと言う事で、無理にユーロ買いで仕掛ける事もなかったと思います。
結局はサプライズ的な利下げという事で、利下げ確認から素直に売っていくというのが正解でした。
発表直後は1.3490程度で一旦値動きが止まって、利下げなのか単なる仕掛けなのかよく分からないかったですが、数秒後に一気に下げましたね。
気がついたら1.3450程度まで下がってましたが、出遅れながらもユーロ売りで仕掛けて、まあ少しはプラスで終われて良かったです。

そして休む暇もなく、明日は米雇用統計です。
市場予想では、失業率は僅かな悪化を織り込んでいるようですが、政府機関閉鎖で自宅待機となっていた人達が失業扱いになるとの話も出ており、想像以上に悪い数値が出る可能性が高いですね。
ただ雇用者数の数値と共に、あてにならない数値という事で、行って来いになる可能性が高いんじゃないでしょうか?
発表直後は素直に反応すると思いますので、大きくドル売りで反応するようなら、値動きがある程度落ち着いた所で逆張りのドル買いを仕掛けるのがいいと思います。
こちらもとりあえずは結果を待つしかないようです。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット