FC2ブログ
2013 / 11
≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避の巻き戻しの動きが大きく進んでいますね。
東京市場では、トヨタが今年度の営業益を2兆2000億円に上方修正したとの報道を受け、先物主導で日経平均が急騰となると、ドル円は前日高値を上抜け98.75まで急騰、ユーロ円も133.45までの急騰となるなど、円全面安の展開となっています。
その後は、一時200円超の上げ幅を記録していた日経平均が100円程度まで上げ幅を縮小した事もあり、ドル円は98.47まで下落、ユーロ円も132.86まで押し戻される動きとなりましたが、ユーロ圏10月総合PMIや独10月サービス業PMI、そして英9月製造業生産が予想より強い結果となった他、独9月製造業受注が予想を大幅に上回った事で欧州通貨が堅調推移となると、ユーロドルは1.3531まで急騰、ポンドドルも1.6117まで急騰、クロス円も再び当日高値付近まで値を戻す展開となっています。

トヨタの営業利益の上方修正や、欧州経済指標の大幅改善と、リスク志向の動きが大きく進みそうな材料が沢山出ていますが、やはりBIGイベント前という事で動意の方は限定的となっていますね。
そして明日はECB理事会の発表があります。
政策金利の方は据え置き予想となっていますが、先週発表となったユーロ圏CPIの大幅低下もあり、一部利下げを予想する向きもあるようです。
注目はドラギECB総裁の記者会見です。
仮にサプライズ的な利下げとなればユーロ暴落でしょうけど、据え置きとなった場合は、どの程度利下げについて議論されたか、年内の利下げ、または近い将来の利下げがあり得るかどうかに注目ですね。
更にはイタリアのサッコマンニ経済相がここ最近のユーロ高を牽制し、市場介入の可能性まで示唆した事もあり、ドラギECB総裁からもユーロ高牽制発言があるかも知れません。
政策金利の発表で据え置き確認でややユーロ買い戻し、そして記者会見でインフレの下向きリスクに言及しユーロ売り再開というのが、最も可能性の高いシナリオになると思いますので、政策金利発表直前にユーロ買い仕掛け、そしてこちらは上昇するならすぐに利確し、22時30分の米経済指標の初動を確認した後はユーロ売りに備えようと思います。
一つでもシナリオから反れたら全ての作戦は中止です。
とにかく結果の方を待ちたいと思います。


では今日はこの辺で。


追記 24:05

明日のECB理事会では政策金利を据え置く見通しとの報道を受けユーロが大きく買い戻されてしまいましたね。
据え置き予想が増えてしまった様なので、無理してユーロ買いでしかけなくてもよいかも知れません。



1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

円売り戻りの動きも一服。
ユーロ円を中心に再び円買いの動きが優勢となっています。
本日東京市場では、連休明けゴトビということもあり、仲値に向けてドル買いの動きが優勢となると、ドル円は98.67まで値を戻す展開となっていましたが、仲値剥落で円買いが優勢となると、堅調推移となっていた日経平均がマイナス圏に転落した事もあり、そのまま当日安値を下抜け98.23まで急落となるなど、リスク回避の円買いの動きが大きく進む展開となっています。
後場になると、日経平均が持ち直した事もあり、ドル円も98円半ばまで値を戻す展開となりましたが、RBA政策金利発表で「豪ドルは依然として不快なほど高い」との声明文を受け豪ドルが急落となった事もあり、豪ドル円を中心に円買いの動きが優勢となると、その他クロス円も上値の重い展開となっています。
その後、欧州勢の参戦では、英10月サービス業PMIが16年振りの高水準となった事で、ポンド円、ポンドドル主導で円売りドル売りが優勢となると、一時132.37まで下落していたユーロ円も132.70まで上昇、ユーロドルも1.35ドルを回復する動きとなりましたが、欧州委員会が2014年のユーロ圏成長率見通しを1.2%から1.1%に下方修正した他、予想を下回るユーロ圏9月PPIを受けユーロ売りが再開となると、ユーロドルは当日安値を更新し1.3460までの急落となっています。


ユーロドルは前日大きな下髭を残した事もあり、もう少し買い戻しが進むかと思いましたが、あっという間に売られてしまいましたね。
先週末にあれだけの急落を見させられていますので、もう誰もが買いたくないという感じなんでしょうかね。
なんとか前日安値を割り込むことなく踏ん張っていますが、ユーロ円の方は既に前日安値を割り込みストップを巻き込む展開となっていますので、安値割れも時間の問題かも知れません。
ただECB理事会を見極めるまでは様子見ムードが続くと思いますので、安値を更新したとしても先週までのような急落はないと思っています。
今週はECB理事会の他、週末には米雇用統計も控えていますので、かなりやりづらい動きとなりそうですね。
明日以降の動きですが、まずはユーロドルが前日安値を守りきれるかですね。
下抜けではいつも通りブレイクスキャルでエントリーしますが、いつもより早めの利確を心がけたい所です。


では適当になりましたが、今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット