FC2ブログ
2013 / 10
≪ 2013 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2013 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル買いの動きも一服。
BIGを控え各通貨様子見ムードとなっていますね。
本日は目立った材料もないなか、日経平均や欧州株式が堅調推移となった事で、ドル円、クロス円共に底堅い動きとなると、ドル円は前日高値を更新し98.30まで上昇、ユーロドルは1.3732までの下落となるなど、前日の流れを引き継ぎドル全面高の展開となりました。
しかし、ドル買いの動きも一巡となると、FOMCを控え短期的なドル買いポジションの調整の動きと優勢となっており、ドル円は98.18まで上げ幅を縮小、ユーロドルは当日高値を更新し1.3767までの上昇となっています。

現在NY市場では、ポジション調整の動きも一服となると、各通貨方向感の無い展開となっていますね。
ADP全国雇用者数が予想を下回った事でドル売りが優勢となると、ドル円は98.05まで下落、ユーロドルは1.3778までの上昇となりましたが、反応の方は限定的となると、BIGイベントを控え様子見ムードとなっています。

ADP全国雇用者数が予想を下回った事で、来週発表予定の雇用統計の下振れ警戒感が高まっている様ですが、米政府機関閉鎖に伴う悪影響もほぼ織り込んでいる感じですね。
ここ最近の米経済指標はことごとく予想を下回っていますが、発表直後こそドル売りで反応するも、そのほとんどが直後に全戻しを達成しています。
ある程度、政府期間閉鎖による悪影響から悪い数値が出ると分かっていながらも、市場予想は先月発表となった数値と同じ様な数値が出ていますので、わざと高めの予想を出して、米経済の低迷を強調している様な気がしてならないですね。
FRBが現在の緩和策を継続を正当化させるために、裏でなんかやってるんじゃないかとさえ思ってしまいます。
まあそれはいいとして、とりあえずは、この後発表となるFOMCを待つしかないですね。
基本的にはQE縮小の先送りを確認という事でドル売りイベントという事になりますが、こちらの方はほぼ100&織り込んでいますので、注目は声明文です。
年内のQE縮小先送りも50%近くは織り込んでいる感じですので、どの程度先送りされるかに注目ですね。
年内の縮小があり得るような内容だったり、前回の声明文とほぼ変わらない様な内容となれば大きくドル買いで反応するかも知れません。
逆に政府機関閉鎖に伴う悪影響や、ここ最近の経済指標の下振れを強調するような内容となれば、ドル急落とはいかないまでも、先週までの緩やかなドル売りの流れが再開するかも知れませんね。
とにかく結果を待つしかないようです。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、スティーブンスRBA総裁による「豪ドル、ある時点で著しく下落する公算高い」との発言を受け、豪ドル売りが優勢となっていた事もあり、豪ドル円主導での円買いが優勢となると、ドル円は97.46まで下落、ユーロ円も134.28までの急落となるなど、円全面高の展開となりました。
しかし、寄り付きから大幅下落となっていた日経平均が下げ幅を縮小する動きとなると、ドル円、クロス円共に安値から持ち直す展開となっており、その後もドル円を中心に円売りの動きが優勢となると、ドル円は97.96まで上昇、ユーロ円も134円台後半までの上昇となるなど、流れは一転円全面安の展開となっています。

現在NY市場でも、各通貨円売りの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった、米9月小売売上高、米9月生産者物価指数、米10月消費者信頼感指数など、米経済指標は軒並み予想を下回るも反応の方は限定的となると、ドル円は一時98.00まで上昇、ユーロ円も135円台乗せとなるなど、円売りの動きが大きく進む展開となっています。


全体的なドル買いの流れから、ユーロドルは一時1.3750付近までの下押しとなりましたが、現在ではノボトニー・オーストリー中銀総裁による「ECBは政策金利や預金金利を引き下げないだろう」との発言もあり、再び1.38ドルを回復する動きとなっていますね。
それにしてもこのユーロの底堅さはなんなんでしょうかね?
先程の上昇はまあ突発的な買い材料があったからいいとしても、夕方までの動きでもポンドドルや豪ドルドルなど、ドルストレートが急落となるなか、明らかにユーロドルだけ下げ渋る動きとなっていましたので、気持ち悪いとしかいい様がないです。
それでも目先はレンジ内での推移となっていますので、今後はレンジをどちらにブレイクするかが重要となりそうです。
明日のFOMCでどちらかに抜ける可能性がありますので、まずは結果の方を待ちましょう。
現時点でトレンドが発生していない通貨を、トレンドが発生しにくいBIGイベント前に狙っても仕方ないですからね。


ドル円、1時間足です。

1029usdjpy60

前日上髭を残してつけた高値越え(白○)ですね。
ブレイクスキャルとしては何も問題なかったと思います。
現在では98.00でピタリと止まって反落していますので、このまま揉み合いになるようなら、明日以降上抜けではブレイクスキャルでエントリーしていきたいですね。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット