FC2ブログ
2013 / 10
≪ 2013 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2013 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

米上下両院で債務上限引き上げと政府機関再開に向けた法案が可決。
デフォルトが回避された事で、とりあえずは財政問題の方も一段落となっています。
前日NY市場から楽観的な見方が優勢となると、各通貨大きくドル買いとなっていましたが、本日東京市場では、上院で債務上限引き上げ法案を可決との報道受け再びドル買いとなると、ドル円は一時99.00まで上げ幅を拡大する動きとなりました。
しかし、先週末から既に合意を織り込みつつドル買いが進んでいた事もあり、材料出尽くしのドル売りが優勢となると、ドル円は次々とストップを巻き込み98円割れとなっており、ユーロドルも1.36ドル台乗せとなるなど、ドル全面安の展開となっています。

現在NY市場でも、各通貨ドル売りの方が優勢となっていますね。
フィッシャー米ダラス連銀総裁による「財政協議の悪ふざけでQE縮小見通しは水没」との発言もあり、ドル円は97.76まで下落、ユーロドルは1.3680まで上げ幅を拡大する動きとなっています。


楽観的な見方から事前にドル買いが進んでいましたので、材料出尽くしのドル売りが入るのは仕方ないですが、ちょっと行き過ぎな感じですね。
完全に材料出尽くしという言葉を利用したドル売り仕掛けだったと思います。
ドル円の方は99円ピタリで反落となった事で、結局逆指値買いにはヒットせず。
高値掴みにならなくて助かったという感じです。
99.00を明確に突破してたら、ストップ巻き込んでの上昇で流れも大分違ったと思うんですけどね。
事前に描いていたシナリオからは大きくそれてしまいました。
とりあえずは財政問題は先送りにしただけとは言え、これで一段落となりますので、テーマは米金融政策に移ってくると思います。
QE縮小は経済指標の改善を確認してからと、前回FOMCで述べてましたので、政府機関の閉鎖であらゆる経済指標の発表が見送りとなった今は、次回FOMCでの政策据え置きはほぼ確実となりそうです。
先月までは12月のQE縮小を織り込む様な動きとなっていましたが、今回の騒動でその可能性すら大きく低下してそうです。
ここ最近で最大のドル買い材料が今回の合意だったと思いますが、それすらドル売り材料にされてしまってはもうドルは暫く買えないという感じになりそうです。
それでも前回のFOMC同様、QE縮小見送りが株価を支えればリスク志向の円売りが優勢となる可能性もありますので、同じドルを売ると言う意味ではドル円の売りより、ドルストレートでのドル売りの方が低リスクとなりそうです。


ユーロドル、1時間足です。

1017eurusd60

ブレイクスキャル祭りですね。
前日NY市場の戻り高値かつ急落前の高値越え(白○)、そしてレジスタンスとして何度も意識された1.36越え(オレンジ○)、更に9月高値越え(赤○)。
大きな流れがドル売り方向の場合、高値更新では問答無用で買いです。
何も問題なかったと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

債務上限引き上げ期限が目前に迫るなか、ドルを中心に神経質な値動きが続いていますね。
前日NY市場では、ペロシ下院院内総務による「17日以前に財政問題が合意に至る可能性はある」との発言もあり、楽観的な見方からドル買いが優勢となると、ドル円は98.70までの上昇となりましたが、共和党からはオバマケアなどに関する付帯条項が再びつけらるなど、再び成立の見込みの無い法案の採決を強行しようとした事で、楽観的な見方が大きく後退。
更には、フィッチが米格下げの可能性を示唆した事でドル売りが優勢となると、ドル円は次々とストップを巻き込み97.99まで急落、クロス円も安値を大きく更新する動きとなりました。
その後は、上院指導者が財政協議を再開との報道や、債務上限と政府機関再開の合意を15日に発表の可能性との報道からドル買いが優勢となると、ドル円は98.63まで値を戻す展開となりました。
しかし、協議の方に進展が見られなかった事で徐々ドル売りが優勢となると、ドル円は98.25まで下落、ユーロドルは1.3567までの上昇となるなど、各通貨大きくドル売りが進む展開となっています。

現在NY市場では、ドル売りの動きも一服となると、再びドル買いの動きが優勢となっていますね。
ベイナー米下院議長が上院合意案の下院審議に合意との報道を好感したドル買いが入ると、ドル円は前日高値を上抜け98.85まで上昇、クロス円も軒並み高値を更新する動きとなっています。


ついに上院案の方も合意となるでしょうか?
「下院共和党指導部は上院案を受け入れるか決定していない」との報道もありましたが、共和党のブレディ下院議員による「上院案が通過すると確信している」との発言もあり、市場はかなり楽観的なムードとなっている様です。
ドル円の方は前日の動きでは、1時間足で98.70付近でトリプルトップとなっており、抜けるとしたら何かしらの合意に達した時だと思っていましたので、98.73で逆指値で待機してましたが、先程引っかかっちゃいましたね。
動き出した瞬間にはどんな材料で動いたか分かりませんので仕方ないです。
とりあえずは、ベイナー米下院議長が上院合意案の下院審議に合意との報道に反応しただけだったようですので、一旦利益確定しておきます。
ここからは上限引き上げ案の最終合意の報道でいきなりの急騰の可能性がありますので、初動にはしっかり乗って行きたいですね。
最終合意となればそのまま99円台後半位までの上昇は見えると思っていますので、多少乗り遅れてもしっかりついて行くべきだと思っています。
今の所は98円台後半での値動きが続きそうですので、とりあえずは99円台乗せに逆指値で待機しておこうと思います。


ユーロドル、1時間足です。

1016eurusd60

上がったり下がったり忙しい値動きとなっていますが、いつも通り分かりやすい所だけせめて行きましょう。
早朝の戻り高値の上抜け(赤○)ですね。
目標利益の算出値が14PIPSです。
途中危なかったですが、なんとかリミット到達できたかと思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット