FC2ブログ
2013 / 10
≪ 2013 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2013 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

米政府機関の閉鎖を受け、ドル相場を中心に乱高下となった一週間でしたね。
政府機関の閉鎖を織り込むようにドル売りが優勢となると、ドル円は週明け時間外から窓を下方向に開けて97.50まで下落するなど、大きくドル売りが進む展開となっていましたが、徐々に織り込むように買い戻しが進むと、
安倍首相による経済対策発表期待からドル円は98.72まで上昇するなど、ショートカバーの動きが大きく進む展開となっていました。
しかし、タイムリミットまでに予算案が可決しなかった事で政府機関の閉鎖が決定となると、各通貨大きくドル売りが進んでおり、その後もADP全国雇用者数や、米9月ISM非製造業景況指数が予想より弱い結果となった事で、ドル円は一時96.92まで下落、ユーロドルは1.3645までの急騰となるなど、ドル全面安の展開となっています。

債務上限引き上げ問題については、最終的には下院が妥協して解決という楽観的な見方が多い様ですが、まさかのデフォルトとなればその影響は計り知れないですので、どうしても神経質な動きとなりますね。
週明けからドル売りが大きく進んでいたということで、NY市場引けにかけてはポジション調整のドル買いが優勢となっていますが、週末の間の議会の進展を警戒してのドル買いと思われますので、何もなければ週明けから再びドル売りでしょうか?
ポンドドルは週足でも大きな陰線となっており、このままドル買いが大きく進みそうにも見えますが、結果を見極めるまではどうにもなりそうですので、最早予測は不可能ですね。
最終的な勝率重視ならドル買い、まさかのパニック的な動きから大きな利を狙うならドル売りっていう感じですかね?
ポジションを持っていること自体がリスクとなるますので、基本はノーポジで短期でデイトレやスキャルのみの勝負としたいですね。


ユーロ円、日足です。

1005eurjpyhi

短期の上昇トレンドラインでサポートされながらも上値の切り下げとなっており、以前解説したドル円の三角保ち合いに似ていますね。
抜けた方に大きく動く可能性がありますので、ポジションお持ちの方はお気をつけください。
値動きが収束してきていますので、その時は近そうです。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

雇用統計の方は、米政府期間の閉鎖に伴い発表の方は延期。
新規材料に乏しい中、週末相場という事もありポジション調整の動きが優勢となっています。
東京市場では、実質ゴトビという事もあり、仲値にかけてドル買いが優勢となると、ドル円は97.40まで値を戻す展開となっていましたが、仲値剥落で円買いが優勢となると、再び97円付近まで押し戻さる動きとなりました。
その後発表となった日銀金融政策決定会合は、全員一致で据え置きを発表した事で、発表直後にはやや失望の円買いが入るも、完全に織り込み済みとなっていた事ですぐに売り戻される展開となると、そのまま方向感の無い展開となっています。
一方ドルストレートは、前日NY市場で急落となったポンドルが上値の重い展開となると、欧州勢の参戦で仕掛け的なドル買いの動きが入っており、次々とストップを巻き込むと1.6032まで急落、ユーロドルも1.3579までの下落となるなど、株価の下落に伴いリスク回避のドル買いの優勢となっています。

米政府機関の閉鎖や、米債務上限問題をテーマにしたドル売りが続く展開となっていましたが、本日は週末相場という事でさすがにポジション調整の動きが優勢となっていますね。
特にポンド売りの方が目立っていますが、特に新規でポンドを売るような材料もなかったですので、ポジション調整によるポンド売りに便乗したポンドの売り仕掛けが大きく入っている様な感じですかね?
そしてユーロドルもポンドドルに連れ安となるなか、豪ドルドルは何故か上値試しとなっており、短期的なトレンドは円買いドル買い、豪ドル買いのポンド売りとなっていますので、値動きに秩序が無いです。
行き過ぎたドル売りの流れがポジション調整で巻き戻されるなら、ドル円も戻してもよかったと思いますけどね。
まあでもポジション調整の動きにいちいち理由なんて無いですので、こんなもんですかね。
土日の間に議会の方が進展し、週明けからいきなり窓を大きく開けてのドル買いという可能性もありますので、とりあえずドル売りポジションだけは持ち越さない方がいいかと思います。

では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット