2013 / 10
≪ 2013 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2013 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場で発表となったFOMCは、資産買い入れ額を月850億ドルで維持とノーサプライズ。
注目の声明文ですが、「経済は緩やかなペースで拡大を継続」、「財政問題への不透明にもかかわらず景気は改善」となっており、政府機関閉鎖に伴う悪影響について言及がなかった事もあり、ドルの買い戻しの動きが優勢となっています。
発表直後からドル買いが優勢となると、ドル円は一時98.67まで上昇、ユーロドルは1.37ドル割れとなるなど、ドル全面高の展開となっています。
本日東京市場では、ドル買いの動きも一巡となると、豪9月住宅建設許可が予想を大幅に上回った他、RBNZが来年の利上げを示唆した事もあり、オセアニア通貨を中心にドル売りが優勢となると、日銀金融政策決定会合での政策据え置きを受け、ドル円も徐々に上げ幅を縮小する展開となっています。
その後、欧州勢の参戦では、独9月小売売上高や、独11月GFK消費者信頼感、独9月輸入物価指数、仏9月生産者物価指数など、欧州経済指標が軒並み予想を下回る結果となった事でユーロが上値の重い展開となると、ユーロ圏の9月失業率が12.2%と予想を大きく上回る過去最低の水準となった事もありユーロ売りが加速しており、ユーロドルは21日安値を下抜けると1.3627まで下落、ユーロ円も134円を割り込むなど、ユーロ全面安の展開となっています。

現在NY市場でも、ユーロ売りの方が優勢となっていますね。
先程発表となった米10月シカゴ購買部協会景気指数が65.9と予想の55.0を大幅に上回った事でドル買いが優勢となると、ユーロドルは当日安値を更新し1.3607まで下げ幅を拡大する動きとなっています。


やっとユーロが下がってきたという感じですかね。
先週末にも記事にしましたが、ユーロドルのダイバージェンスに、ドル円のリバーサルローデイ、ドルが買い戻される可能性の高いシグナルが多数出ていましたので、今回のユーロドルの急落もいきなりの急落という訳でもなく、十分に予想できる動きになっていたと思います。
ここ最近の動きでは、ドル買い、ドル売りの流れに関係なくユーロドルが底堅い動きとなっており、特にユーロポンド、ユーロ豪ドルなど、ユーロクロスでその動きが明確になっていましたが、ユーロクロスでもその巻き戻しが始まっていますので、今回のユーロ売りは本格化するかも知れませんね。
しっかり戻りは売って行きたいと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル買いの動きも一服。
BIGを控え各通貨様子見ムードとなっていますね。
本日は目立った材料もないなか、日経平均や欧州株式が堅調推移となった事で、ドル円、クロス円共に底堅い動きとなると、ドル円は前日高値を更新し98.30まで上昇、ユーロドルは1.3732までの下落となるなど、前日の流れを引き継ぎドル全面高の展開となりました。
しかし、ドル買いの動きも一巡となると、FOMCを控え短期的なドル買いポジションの調整の動きと優勢となっており、ドル円は98.18まで上げ幅を縮小、ユーロドルは当日高値を更新し1.3767までの上昇となっています。

現在NY市場では、ポジション調整の動きも一服となると、各通貨方向感の無い展開となっていますね。
ADP全国雇用者数が予想を下回った事でドル売りが優勢となると、ドル円は98.05まで下落、ユーロドルは1.3778までの上昇となりましたが、反応の方は限定的となると、BIGイベントを控え様子見ムードとなっています。

ADP全国雇用者数が予想を下回った事で、来週発表予定の雇用統計の下振れ警戒感が高まっている様ですが、米政府機関閉鎖に伴う悪影響もほぼ織り込んでいる感じですね。
ここ最近の米経済指標はことごとく予想を下回っていますが、発表直後こそドル売りで反応するも、そのほとんどが直後に全戻しを達成しています。
ある程度、政府期間閉鎖による悪影響から悪い数値が出ると分かっていながらも、市場予想は先月発表となった数値と同じ様な数値が出ていますので、わざと高めの予想を出して、米経済の低迷を強調している様な気がしてならないですね。
FRBが現在の緩和策を継続を正当化させるために、裏でなんかやってるんじゃないかとさえ思ってしまいます。
まあそれはいいとして、とりあえずは、この後発表となるFOMCを待つしかないですね。
基本的にはQE縮小の先送りを確認という事でドル売りイベントという事になりますが、こちらの方はほぼ100&織り込んでいますので、注目は声明文です。
年内のQE縮小先送りも50%近くは織り込んでいる感じですので、どの程度先送りされるかに注目ですね。
年内の縮小があり得るような内容だったり、前回の声明文とほぼ変わらない様な内容となれば大きくドル買いで反応するかも知れません。
逆に政府機関閉鎖に伴う悪影響や、ここ最近の経済指標の下振れを強調するような内容となれば、ドル急落とはいかないまでも、先週までの緩やかなドル売りの流れが再開するかも知れませんね。
とにかく結果を待つしかないようです。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、スティーブンスRBA総裁による「豪ドル、ある時点で著しく下落する公算高い」との発言を受け、豪ドル売りが優勢となっていた事もあり、豪ドル円主導での円買いが優勢となると、ドル円は97.46まで下落、ユーロ円も134.28までの急落となるなど、円全面高の展開となりました。
しかし、寄り付きから大幅下落となっていた日経平均が下げ幅を縮小する動きとなると、ドル円、クロス円共に安値から持ち直す展開となっており、その後もドル円を中心に円売りの動きが優勢となると、ドル円は97.96まで上昇、ユーロ円も134円台後半までの上昇となるなど、流れは一転円全面安の展開となっています。

現在NY市場でも、各通貨円売りの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった、米9月小売売上高、米9月生産者物価指数、米10月消費者信頼感指数など、米経済指標は軒並み予想を下回るも反応の方は限定的となると、ドル円は一時98.00まで上昇、ユーロ円も135円台乗せとなるなど、円売りの動きが大きく進む展開となっています。


全体的なドル買いの流れから、ユーロドルは一時1.3750付近までの下押しとなりましたが、現在ではノボトニー・オーストリー中銀総裁による「ECBは政策金利や預金金利を引き下げないだろう」との発言もあり、再び1.38ドルを回復する動きとなっていますね。
それにしてもこのユーロの底堅さはなんなんでしょうかね?
先程の上昇はまあ突発的な買い材料があったからいいとしても、夕方までの動きでもポンドドルや豪ドルドルなど、ドルストレートが急落となるなか、明らかにユーロドルだけ下げ渋る動きとなっていましたので、気持ち悪いとしかいい様がないです。
それでも目先はレンジ内での推移となっていますので、今後はレンジをどちらにブレイクするかが重要となりそうです。
明日のFOMCでどちらかに抜ける可能性がありますので、まずは結果の方を待ちましょう。
現時点でトレンドが発生していない通貨を、トレンドが発生しにくいBIGイベント前に狙っても仕方ないですからね。


ドル円、1時間足です。

1029usdjpy60

前日上髭を残してつけた高値越え(白○)ですね。
ブレイクスキャルとしては何も問題なかったと思います。
現在では98.00でピタリと止まって反落していますので、このまま揉み合いになるようなら、明日以降上抜けではブレイクスキャルでエントリーしていきたいですね。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル売りポジションの巻き戻しの動きが優勢となっていますね。
本日週明け相場は、早朝時間外から円売りの動きが優勢となると、ドル円は97.76まで上昇、クロス円も窓を大きく開けてのスタートとなっています。
その後、東京市場では、寄付きから大幅上昇となっていた日経平均が上げ幅を縮小した事もあり、各通貨窓を埋めにいく展開となると、ドル円は97.45まで上げ幅を縮小する動きとなりました。
しかし、引けにかけて株価が上げ幅を拡大する動きとなると、ドル円を中心にドル買いの動きが優勢となっており、クロス円の方も下げ幅を大きく縮小する展開となっています。

現在NY市場では、ドル買いの動きもやや一服となっていますね。
英10月CBI流通取引調査が予想より弱い結果となった事でポンドドルを中心にドル買いが優勢となっていた他、米9月鉱工業生産が予想より強い結果となった事もあり、ドル円は97.78まで上昇、ユーロドルは1.3774まで下落するなど、ドル全面高の展開となっていましたが、米9月中古住宅販売保留件数指数が予想を大きく下回った事もあり、各通貨ドルの売り戻しの動きが優勢となっています。


ようやくドル売りの流れも落ちついた感じですかね。
ドル円は安値切り上げ、底堅いユーロドルも高値を徐々に切り下げとなっていますが、それでもドルの買い戻しが大きく進むような感じではないですので、まだポジション調整の動きに過ぎないですね。
水曜日にはFOMCが控えていますので、基本的には様子見ムードという感じでしょう。
FOMCでのQE縮小見送りはほぼ織り込んでいますので、ここからFOMCを睨んで更なうドル売りと言うのは難しいのかも知れませんね。
ドル円は週末に記事にした様に、リバーサルローデイ出現からの反発という事で、ここまでは予想の範囲内ですが、全てはFOMC次第でしょう。
とにかく結果を待つしかないです。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

10/28(月) 〔予想〕 (前回)

ウェリントン市場休場(レイバー・デー)
米2年債入札(320億ドル)

19:00 伊国債入札
20:00 伊インフレ連動債入札
20:00 英10月CBI流通取引調査 〔+33〕 (+34)
20:30 リンデ・スペイン中銀総裁、講演
22:15 米9月鉱工業生産 〔+0.4%〕 (+0.4%)
22:15 米9月設備稼働率 〔78.0%〕 (77.8%)
23:00 米9月中古住宅販売保留件数指数 〔+0.5%〕 (-1.6%)
23:30 米10月ダラス連銀製造業活動指数 〔−〕 (+12.8)
翌0:45 グリーンスパン前FRB議長、講演


10/29(火) 〔予想〕 (前回)

米連邦公開市場委員会(FOMC、−30日)
米5年債入札(350億ドル)
ドイツ銀行、7−9月期決算発表

07:30 スティーブンスRBA総裁、講演
08:30 9月失業率 〔4.0%〕 (4.1%)
08:30 9月有効求人倍率 〔0.96倍〕 (0.95倍)
12:45 2年債入札(2兆9000億円)
14:45 UBS、7−9月期決算発表
16:00 独11月GfK消費者信頼感 〔+7.2〕 (+7.1)
16:45 仏10月消費者信頼感 〔−〕 (85)
18:30 英9月消費者信用残高 〔+8億ポンド〕 (+6億ポンド)
19:00 伊国債入札
21:30 米9月生産者物価指数 〔+0.2%〕 (+0.3%)
21:30 米9月生産者物価指数・コア 〔+0.1%〕 (±0.0%)
21:30 米9月小売売上高 〔+0.1%〕 (+0.2%)
21:30 米9月小売売上高(除自動車) 〔+0.4%〕 (+0.1%)
22:00 米8月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔+12.40%〕 (+12.39%)
22:00 ハンガリー中銀、政策金利発表 〔20bp引き下げ3.40%に〕 (20bp引き下げ3.60%に)
23:00 米10月消費者信頼感指数 〔75.9〕 (79.7)
23:00 米8月企業在庫 〔+0.3%〕 (+0.4%)
翌2:00 ノボトニー・オーストリー中銀総裁、講演
翌2:40 コテBOC副総裁、講演


10/30(水) 〔予想〕 (前回)

米7年債入札(290億ドル)

08:50 9月鉱工業生産・速報値 〔+2.1%〕 (-0.9%)
16:00 バークレイズ、7−9月期決算
17:00 スペイン7−9月期GDP・速報値(前期比) 〔+0.1%〕 (-0.1%)
17:00 スペイン7−9月期GDP・速報値(前年比) 〔-1.2%〕 (-1.6%)
17:05 コンスタンシオECB副総裁、講演
17:55 独10月失業者数 〔±0人〕 (+2万5000人)
17:55 独10月失業率 〔6.9%〕 (6.9%)
19:00 ユーロ圏10月経済信頼感 〔97.5〕 (96.9)
19:00 ユーロ圏10月消費者信頼感・確報値 〔-14.5〕 (-14.5)
19:00 伊国債入札
19:30 コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔−〕 (-0.6%)
21:15 米10月ADP全国雇用者数 〔+15.0万人〕 (+16.6万人)
21:30 米9月消費者物価指数 〔+0.2%〕 (+0.1%)
21:30 米9月消費者物価指数・コア 〔+0.2%〕 (+0.1%)
22:00 独10月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.4%〕 (+1.4%)
23:30 米週間原油在庫 〔−〕 (+524.6万バレル)
翌3:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表〔目標レンジ0.00−0.25%に据え置き〕 (目標レンジ0.00−0.25%に据え置き)
翌3:00 ワイトマン独連銀総裁、講演
翌4:00 アスムセンECB理事、講演
翌5:00 RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表 〔2.50%に据え置き〕 (2.50%に据え置き)

翌6:45 NZ9月住宅建設許可 〔−〕 (+1.4%)


10/31(木) 〔予想〕 (前回)

日銀金融政策決定会合、経済・物価情勢の展望(展望レポート)公表

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
09:00 NZ10月ANZ企業信頼感 〔−〕 (54.1)
09:00 NZ10月ANZ企業活動見通し 〔−〕 (45.3)
09:05 英10月GfK消費者信頼感 〔-8〕 (-10)
09:30 豪9月住宅建設許可 〔−〕 (-4.7%)
09:30 豪7−9月期輸入物価指数(前期比) 〔−〕 (-0.3%)
09:30 豪7−9月期輸出物価指数(前期比) 〔−〕 (-0.3%)
15:00 BNPパリバ、7−9月期決算発表
15:30 黒田日銀総裁、記者会見
18:30 南ア9月生産者物価指数(前年比) 〔−〕 (+6.7%)
19:00 ユーロ圏10月消費者物価指数(HICP)・速報値(前年比) 〔+1.1%〕 (+1.1%)
19:00 ユーロ圏9月失業率 〔12.0%〕 (12.0%)
21:00 南ア9月貿易収支 〔−〕 (191億ランドの赤字)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔−〕 (35.0万件)
21:30 加8月GDP 〔+0.1%〕 (+0.6%)
22:45 米10月シカゴ購買部協会景気指数 〔55.0〕 (55.7)


11/1(金) 〔予想〕 (前回)

ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、7−9月期決算発表

09:30 豪7−9月期生産者物価指数(前年比) 〔−〕 (+1.2%)
10:00 中国10月製造業PMI 〔51.1〕 (51.1)
10:45 中国10月HSBC製造業PMI・改定値 〔50.5〕 (50.9)
18:30 英10月製造業PMI 〔56.5〕 (56.7)
22:10 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
23:00 米10月ISM製造業景況指数 〔55.0〕 (56.2)
翌0:15 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演
翌1:00 ラッカー・米リッチモンド米連銀総裁、講演


11/3(日) 〔予想〕 (前回)

米国および加市場で夏時間終了、冬時間に移行

10:00 中国10月非製造業PMI 〔−〕 (55.4)


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。