FC2ブログ
2013 / 10
≪ 2013 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2013 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

普段聞いたりしている音楽の紹介です。
好き嫌いあると思いますので、興味がある人だけお楽しみ下さい。
今回紹介するのはNOCTURNAL BLOODLUSTです。


10月30日には「OMEGA」の方が発売となります。
今回は「GRIMOIRE」から「Sphere」の方をお楽しみ下さい。








こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


後ほどいつもの経済指標の方もアップいたします。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

QE縮小先送り観測を受けたドル売りに、中国による引き締め懸念を受けた豪ドル売りと、各通貨神経質な値動きが続いた一週間でしたね。
公表延期となっていた米9月雇用統計がネガティブサプライズとなった他、中国による引き締め懸念を受けたリスク回避的な円買いの動きもあり、そのまま97円を割り込むと一時96.94まで下落、豪ドル円は一時92.98まで下げ幅を拡大する動きとなっています。
一方ユーロドルは、全体的なドル売りに流れもあり底堅い動きとなっており、ユーロ圏各国の製造業PMIの下振れや、独Ifoの下振れにも関わらず高値を更新する動きとなると、今年最高値を更新し1.3832まで上昇、ユーロ円も135.49までの上昇となるなど、ユーロ全面高の展開となっています。

週明けからの動きですが、30日の日本時間深夜に発表となるFOMCに注目です。
政府機関閉鎖に伴う影響もあり、QE縮小先送りはほぼ織り込んでいますので、材料出尽くしのドル買いの動きには気をつけたいですね。
注目は声明文です。
年内のQE縮小を示唆するような声明文となれば、ドルの買い戻しが大きく進むかも知れません。
米9月雇用統計を消化している間にFOMC、そしてFOMCを消化している間に来月8日には米10月雇用統計がやってきますので、休む暇もないですね。
まだまだ荒れ相場の方が続きそうです。


ドル円、日足です。

1026usdjpyhi

LIONがメンテナンス中なのかチャートが表示できないので、外為オンラインのチャートです。
逆張りスウィング派の皆さんお待たせしました。
週末の値動きでは、前日安値を更新しつつ陽線引けという事で、リバーサルローデイの出現(赤○)となっています。
過去にリバーサルハイデイが出現したポイントを青○で印しておきましたが、目先の底からそれなりに反発しているのが確認出来ますね。
FOMC次第では更なる安値を更新する動きも考えられますが、リスクを取って大きな利益を狙うにはチャンスです。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京市場では、前日の流れを引き継ぎ豪ドル円主導での円買いが優勢となると、ドル円は前日安値を割り込み96.94まで下落。
日経平均も300円超の下げ幅を記録した事もあり、リスク回避の円買いが優勢となると、豪ドル円は92.98まで下落、ユーロ円も133.87までの急落となるなど、円全面高の展開となりました。
しかし、その後は独10月Ifo景況感指数が予想を下回った事もあり、ユーロドルは上値の重い展開となると、週末相場という事もありポジション調整的なドルの買い戻しの動きが優勢となっており、更には日経平均先物も大きく上昇した事もあり、クロス円を中心にショートカバーの動きが優勢となると、ユーロ円は134円台を回復し134.32まで上昇、ドル円も当日高値付近まで値を戻す展開となるなど、円の売り戻しが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、円売りの動きは一服となるも、ドル円、クロス円共に底堅い動きとなっていますね。
米10月ミシガン大学消費者信頼感指数は予想より弱い結果となるも反応の方は限定的となると、各通貨ポジション調整の動きが優勢となっています。


ドル売りの流れもようやく一服という感じですが、今日もユーロは底堅い動きとなっていますね。
独Ifoの下振れや、プラス成長を確認できた英GDPと、材料的にはユーロ売りポンド買いとなっていますが、前日同様何故かユーロが買われポンドが売られるという流れとなっています。
かなり気持ち悪い値動きが続いていますが、ユーロドルの方は時間足を見ても、高値更新の足が1.3792から1.3822、1.3825、1.3832となるなど、その勢いはかなり失われつつあるようです。
オシレーター系の指標では恐らくダイバージェンスが出ていると思いますので、反転のときは近いかも知れませんね。


では簡単になりましたが今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日の流れを引き継ぎ、本日も豪ドルを中心にリスク回避の円買いドル買いの動きが優勢となっていますね。
東京市場では、中国10月製造業PMIが予想より強い結果となった事もあり、リスク回避の円買いの動きも一服となると、ドル円は97.61まで上昇、ユーロドルは前日高値を更新し1.3822までの急騰となるなど、リスク志向の円売りドル売りが大きく進む展開となりました。
しかし、仏製造業PMIや、独サービス業PMI、製造業PMI、更にはユーロ圏総合PMIが予想を下回った事でユーロ売りが優勢となると、ユーロ円主導でリスク回避の円買いドル買いが大きく進む展開となっており、ユーロドルは早朝安値を下抜けると1.3764まで急落、その他ドルストレートもリスク回避のドル買いが大きく進む展開となっています。

現在NY市場では、リスク回避の円買いの動きは一服も、各通貨上値の重い展開となっていますね。
ユーロドルは当日高値を更新し1.3825までの上昇となるも、豪ドルドルは中国の引き締め懸念から上値の重い展開となると、当日安値を下抜け0.9571まで下落、ポンドドルも当日安値を更新し1.6137までの下落となるなど、各通貨まちまちの動きとなるも、ややリスク回避のドル買いの動きが優勢となっています。


それにしてもこのユーロの底堅さは異常ですね。
ここ最近までは、米政府機関の閉鎖や、QE縮小の後連れ観測に伴うドル売りがユーロドルを押し上げる形となっていましたが、昨日今日は中国の引き締め懸念からのリスク回避的なドル買いの動きから、豪ドルドルは急落、ポンドドルも安値を大きく更新していますので、ドル売りがユーロドルを押し上げているのではなく、完全にユーロ買いの動きとなっています。
しかも今日に至っては、ユーロ圏の経済指標が軒並み悪い結果となったにも関わらず高値を更新してきていますので、最早意味不明です。
なにかきっかけがあれば巻き戻しが一気に進みそうですが、暫くはこの流れも続くのかもしれませんね。


ユーロドル、1時間足です。

1024eurusd60

雇用統計での急騰後、1.3792で完全に上値を押さえつけれていましたが、ついに上方ブレイクとなっています。
ダブル、トリプルトップどころか、クアドラプル、クインティプルトップとなっていましたので、上方向にストップが溜まっていたのは明らかだったと思います。
いつも通り上抜け(白○)がブレイクスキャルのチャンスですね。
ブレイクスキャルとしては、ここを上抜けで買わないという選択肢はありえないですね。
あっという間に1.3822まで上昇していますで、しっかり利益確定できたかと思います。
その後はブレイクからの急騰後が一旦騙しになった事で、そのままずるずる下げるかと思いましたが、今度は騙しの騙しで再び上昇となっている様です。
本日の動きでは、短い時間軸ではV字や、逆V字の様な急激な行って来いが3箇所もあり、最早何が騙しなのかすらよく分からなくなってきていますが、大きな流れは上方向という事で、最終的には買いが勝つという感じなんでしょうね。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避的な円買いの動きが大きく進んでいますね。
前日NY市場では、米9月雇用統計の結果を受けた乱高下からのリスク志向の円売り後、ドル円は98.00まで上げ幅を縮小する動きとなりましたが、調整的な円買いの動きも一服となると、東京市場に向け98.19まで値を戻す展開となりました。
しかし、寄付きから堅調推移となっていた日経平均がマイナス圏に突入すると、徐々に円買い戻しの動きが優勢となっており、ドル円は98円割れとなると、日経平均も300円近くまで下げ幅を拡大させた事もあり、リスク回避の円買いの動きが大きく進む展開となっています。
その後も「中国人民銀行の金融政策委員が人民銀が金融政策を緩やかに引き締める可能性があるとの見解を示した」との報道を受け短期金利が急騰となった事もあり、豪ドルを中心にリスク回避の豪ドル売り円買いが優勢となると、豪ドル円は当日高値95.66から93.41までと、実に200PIPS以上の下げ幅を記録、そしてユーロ円は133.58まで急落、ドル円も97.15までの急落となるなど、豪ドル円主導で円全面高の展開となっています。

現在NY市場では、円買いの動きは一服も、ドル円、クロス円共に上値の重い展開となっていますね。
ユーロ円を中心にショートカバーの動きが優勢となると、ユーロドルも1.3792までと当日高値まで値を戻す展開となっていましたが、ドラギECB総裁による「ストレステストで銀行を不合格にすることを躊躇せず」との発言も意識されたのか、ユーロ売りの動きが優勢となると、ユーロ円は再び134円を割り込む動きとなっています。


やはりドル円は下がってきましたね。
前日にも記事にした通り、あの状況で高値を更新する動きになる方が最早おかしな話ですので、下がってくるのは当然の事だとは思います。
調整的な円買いの動きのなか、中国中銀による引き締め観測もあり、今度は逆に過剰に円買いとなってしまった感じですが、米政府機関閉鎖によるGDPの押し下げに、QE縮小先送り観測によるドル売り、更には中国の引き締め懸念とくれば、ドル円はもう上昇するイメージが沸かなくなってきますね。
それでもQE縮小の後連れをほぼ織り込んでいる事を考えれば、どこかで材料出尽くしのドル買いが入るんでしょうけど、暫くは上値の重い展開となりそうですね。
ドル円が大きく買い戻される様な材料が出るとすれば、国内からの要因のような気がします。


ドル円、日足です。

1023usdjpyhi

長期的なトレンドとして重要視される200日線に再び接近してきましね(白○)。
前回も200日線付近で押し目(赤○)を作って上昇していますが、前回に限らず過去にも何度も意識されているMAとなっていますので、流石に無視する訳にはいきません。
ファンダメンタルズ的には、現時点で全く買いたいと思えないんですが、結局意識されるのはチャートという事で、押し目を狙っていた方は拾ってみてもいいんじゃないかと思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット