FC2ブログ
2013 / 09
≪ 2013 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2013 / 10 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

五輪東京開催決定を受けた円売りの動きも一服。
各通貨神経質な値動きとなった一週間でしたね。
ドル円は窓開け上昇で100円台乗せとなった後、利益確定売りの押されると99円台前半まで押し戻される動きとなりましたが、甘利経済再生相による「首相から経済政策パッケージの取りまとめの指示」との発言をきっかけに円売りが優勢となると、シリアがロシアの化学兵器破棄の提案を受け入れたとの報道を受け円売りが加速する展開となっており、ドル円は次々とストップを巻き込むとそのまま100.67まで上昇、豪ドル円は93.56までの上昇となるなど、円全面安の展開となりました。
しかし、ドル円の100円台での戻り売り圧力も根強く、各通貨徐々に上げ幅を縮小する動きとなると、豪雇用統計がネガティブサプライズとなった事を受け、豪ドル円主導で円買いが大きく進む展開となっており、ドル円は次々とストップを巻き込むとそのまま99.01まで下落、豪ドル円も91円半ばまでの急落となるなど、調整的な円買いが大きく進む展開となっています。

米新規失業保険申請件数が予想を大幅に下回れば、米労働省がシステム的要因で、労働状況の変化を示唆するものではないと発言。
そして、米大統領がFRB議長にサマーズ氏を指名との報道があれば、ホワイトハウスがこれを否定。
一旦円売りが反応させた後の失望という事で、余計に調整が進んでしまったという感じですかね。
とりあずは一通りのイベントを通過した事で、テーマは18日日本時間深夜に発表となるFOMCへと移ってきます。
今月頭に発表となった雇用統計がネガティブサプライズとなった事で、QE縮小懸念の方もやや後退している様ですが、市場の方は小額ながらもQE縮小の方を織り込みつつあるようです。
仮にQE縮小となれば一旦は素直にドル買いとなりそうですが、先月末から織り込むように米債金利の方も上昇してきていますので、材料出尽くしの動きには気をつけたいですね。
逆に政策据え置きとなるばドル売りとなりそうですが、ドルストレートの急騰に株価も上昇、クロス円は底堅い動きになると思いますので、ドル円の下げ幅の方は限定的になると見ています。


ユーロドル、1時間足です。

0914eurusd60

完全に売り買い拮抗となっていますね。
月曜日夕方からの急騰後は、それなりの値幅はあるもののガチガチのレンジとなっています。
上値の方は1.3325でトリプルトップどころか、クアドラプルトップの様な動きとなっています。
流石にこうなってくると強い材料無しには抜けるのは難しいでしょうね。
1.3325抜けにストップをおけば、かなりリスクの方も限定できますので、リスクリワードを考えても1.33ドル台は売りなんじゃないでしょうか?


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避的な円買いの動きも一服。
前日NY市場では、各通貨ドル売りの動きが優勢となると、ドル円は一時99.01までの下落となるなど、ドル円を中心に円買いの動きが優勢となっていましたが、円買いの動きも一巡となると、連休前のポジション調整もあり、ややショートカバーの動きが優勢となっています。
東京市場では、仲値に絡んだドル買いが優勢となると、ドル円はそのまま99円後半まで値を戻す展開となっており、更には米大統領がFRB議長にサマーズ氏を指名との報道を受けドル買いが優勢となると、そのまま99.78まで上昇となっており、軟調推移となっていた日経平均もプラス圏を回復した事で、クロス円も大きく買い戻される展開となっています。
しかし、来週に控えたFOMCへの警戒感から上値の重い展開となると、ドル円は99円半ばまで下落、ユーロドルは1.33ドル付近までの上昇となるなど、再びドル売りの動きが優勢となっています。

現在NY市場では、ドル円を中心に再びリスク回避の円買いが優勢となっていますね。
先程発表となった米8月小売売上高や、米8月生産者物価指数が予想より弱い結果となった事でドル売りが優勢となると、ドル円は当日安値を更新し99.23までの下落となっています。
一方ユーロドルは、予想を下回る米経済指標を受け1.3321までの上昇となりましたが、ダウ平均が上値の重い展開となっている事や、日経平均先物が軟調推移となった事でクロス円が下げ幅を拡大する動きとなると、そのまま当日安値を更新し1.3253までの急落となっています。

タカ派として知られるサマーズ氏で調整という事で、そのままドル買いが大きく進むかと思いましたが、ホワイトハウスがこれを否定という事で、逆にドル売りになってしまったという感じですかね。
かなり神経質な値動きとなっていますが、FOMCの発表まではこんな感じの値動きが続くかもしれませんね。
中途半端にポジションをとると売っても買ってもやられるという感じになってくると思いますが、ややFOMCでのQE縮小を織り込むような形になっていますので、決めてかかるならドル買いの方に分があるかもしれませんね。


今日は出掛けており先程帰ってきました。
ちょっと遅くなってしまったので、適当になりましたが今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット