2013 / 09
≪ 2013 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2013 / 10 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避の円買いが大きく進んでいますね。
米下院が上院の暫定予算案を拒否し、オバマケアの1年延長を組み入れた修正予算案を賛成多数可決した事で、10月1日までの期限までに予算が成立しない可能性が急速に高まっており、政府機関の閉鎖懸念からリスク回避の円買いが大きく進む展開となると、ドル円は早朝時間外で97.43までの下落、ユーロ円は一時131円割れとなるなど、リスク回避の円買いが大きく進む展開となっています。
その後、東京市場では円買いの動きも一服となると、日経平均が下げ幅を縮小させた事でドル円は一時98円台を回復するなど、ショートカバーの動きが大きく進む展開となりました。
しかし、引けにかけて株価が下げ幅を拡大させると再び円買いの動きが優勢となっており、ドル円は徐々に下げ幅を拡大すると早朝NY勢の参戦により97.49まで下落、クロス円も上げ幅を大きく縮小する展開となっています。

現在NY市場では、リスク回避の動きも一服となると、ユーロ円を中心にショートカバーの動きが大きく進む展開となっていますね。
イタリアの政局不安からユーロ売りの方が大きく進む展開となっていましたが、中道右派政党・自由国民党(PDL)から、最大で20人の議員が離党して新党を結成する可能性との報道もあり、ユーロ円は安値から大きく反発する動きとなると、ドル円も97.79までの連れ高となっています。


週末の間に米下院が上院の暫定予算案を拒否との報道が流れていましたので、ある程度準備は出来ていましたが、予想以上の円買いが進んだ感じですね。
同時にドルストレートでもドル売りが進んで、クロス円はもう少し下げ渋ると思っていましたが、早朝時間外ではむしろイタリアの政局不安からユーロ売りもあり、ユーロ円は4時頃に131円割れとなっています。
ユーロドルはイタリア政局不安から下落、豪ドルは格下げが尾を引き上値が重たく、緩和策の打ち止めを示唆するポンドドルはそのまま上昇と、先週末にも記事通りある程度は予想通りの動きでしたが、21時ごろからのユーロの急騰でまたよく分からない感じになってしまいました。
とりあえずは明日の東京時間10時頃がタイムリミットとなりますので、直前まで予算案が成立しないようなら、共和党や民主党からの発言で大きく動くかもしれませんね。
基本的にはドル売りイベントということになりますが、ドルストレートに関しては前にも記事にしましたが、株価下落からのリスク回避的なドル買いとなる可能性もありますので、ちょっと動きが予想しづらいですね。
一昨年の震災の時のそうでしたが、一旦日本売りから大きく円売りで反応した後に、株価の急落から怒涛の円買いでしたからね。
その辺は低金利通貨の定めかもしれません。
株価下落からのリスク回避の円買い、単なるドル売りの動き、どちらにせよドル円は下げるしかないですので、その時が来ればドル円を売るのが最も低リスクとなるでしょう。


ドル円、日足です。

0930usdjpyhi

早朝時間外からの下落で、短期上昇トレンドラインの方を割り込んできましたね(白○)。
中期的なロングポジションも一旦ロスカットするしかなかったと思います。
長期の方は三角保ち合いの時に形成した上昇トレンドラインでなんとか下げ止まっていますが(赤○)、今にも割り込みそうな感じですね。
全てはこの後の予算案の行方次第でしょうか?
とにかく結果を待つしかないようです。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

9/29(日)

NZ、冬時間終了で夏時間に移行(14年4月第1土曜日まで)


9/30(月) 〔予想〕 (前回)

国際通貨基金(IMF)、世界経済見通し発表

06:45 NZ8月住宅建設許可 〔+2.5%〕 (-0.8%)
08:50 8月鉱工業生産・速報値 〔-0.3%〕 (+3.4%)
09:00 NZ9月ANZ企業信頼感 〔−〕 (48.1)
09:00 NZ9月ANZ企業活動見通し 〔−〕 (43.3)
10:45 中国9月HSBC製造業PMI・改定値 〔51.2〕 (51.2)
16:45 クーレECB理事、講演
17:30 英8月消費者信用残高 〔+6億ポンド〕 (+6億ポンド)
18:00 ユーロ圏9月消費者物価指数(HICP)・速報値(前年比) 〔+1.2%〕 (+1.3%)
20:00 マクチ・スロバキア中銀総裁、講演
21:00 南ア8月貿易収支 〔−〕 (142億ランドの赤字)
21:30 加7月GDP 〔+0.5%〕 (-0.5%)
22:45 米9月シカゴ購買部協会景気指数 〔54.3〕 (53.0)
23:30 米9月ダラス連銀製造業活動指数 〔−〕 (+5.0)
翌1:00 メルシュECB理事、講演


10/1(火) 〔予想〕 (前回)

香港市場休場(国慶節)
中国市場休場(国慶節、−7日)
安倍首相、消費税引き上げ判断、経済対策発表
ポーランド国立銀行金融政策決定理事会(−2日)
伊9月財政収支 〔−〕 (92億ユーロの赤字)

08:30 8月失業率 〔3.8%〕 (3.8%)
08:30 8月有効求人倍率 〔0.95倍〕 (0.94倍)
08:50 9月調査日銀短観大企業製造業業況判断DI 〔+7〕 (+4)
08:50 9月調査日銀短観大企業非製造業業況判断DI 〔+14〕 (+12)
08:50 9月調査日銀短観大企業設備投資(前年比) 〔+6.0%〕 (+5.5%)
10:00 中国9月製造業PMI 〔51.5〕 (51.0)
10:30 豪8月小売売上高 〔+0.3%〕 (+0.1%)
12:45 10年債入札(2兆4000億円)
13:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔2.50%に据え置き〕 (2.50%に据え置き)
16:00 アルムニア欧州副委員長、講演
16:55 独9月失業者数 〔±0人〕 (+7000人)
16:55 独9月失業率 〔6.8%〕 (6.8%)
16:55 独9月製造業PMI・確報値 〔51.3〕 (51.3)
17:00 ユーロ圏9月製造業PMI・確報値 〔51.1〕 (51.1)
17:30 英9月製造業PMI 〔57.3〕 (57.2)
18:00 ユーロ圏8月失業率 〔12.1%〕 (12.1%)
23:00 米9月ISM製造業景況指数 〔55.2〕 (55.7)
23:00 米8月建設支出 〔+0.4%〕 (+0.6%)
翌0:55 マックレムBOC上級副総裁、講演
翌1:15 イエレン米FRB副議長、講演


10/2(水) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節、−7日)
ポーランド国立銀行、政策金利発表 〔−〕 (2.50%で据え置き)

10:30 豪8月貿易収支 〔4.50億豪ドルの赤字〕 (7.65億豪ドルの赤字)
10:30 豪8月住宅建設許可 〔-1.0%〕 (+10.8%)
17:30 英9月建設業PMI 〔60.0〕 (59.1)
18:00 ユーロ圏8月生産者物価指数(前年比) 〔-0.6%〕 (+0.2%)
18:30 ファンロンパイEU大統領、講演
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔−〕 (+5.5%)
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔0.50%に据え置き〕 (0.50%に据え置き)
21:15 米9月ADP全国雇用者数 〔+17.5万人〕 (+17.6万人)
21:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見
23:30 米週間原油在庫 〔−〕 (+263.5万バレル)
翌1:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
翌4:20 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
翌4:30 バーナンキFRB議長、講演


10/3(木) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節、−7日)
日銀金融政策決定会合(−4日)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
10:00 中国9月非製造業PMI 〔−〕 (53.9)
16:55 独9月サービス業PMI・確報値 〔54.4〕 (54.4)
17:00 ユーロ圏9月総合PMI・確報値 〔−〕 (52.1)
17:00 ユーロ圏9月サービス業PMI・確報値 〔52.1〕 (52.1)
17:30 英9月サービス業PMI 〔60.5〕 (60.5)
17:30 スペイン国債入札
18:00 ユーロ圏8月小売売上高 〔+0.1%〕 (+0.1%)
20:30 米9月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔−〕 (+56.5%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔31.5万人〕 (30.5万人)
23:00 米9月ISM非製造業景況指数 〔57.0〕 (58.6)
23:00 米8月製造業受注指数 〔+0.2%〕 (-2.4%)
23:00 ラガルドIMF専務理事、講演
翌0:00 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
翌1:30 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
翌2:00 ロックハート米アトランタ連銀総裁、労働市場についてコメント
翌2:30 パウエルFRB理事、講演
翌6:30 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演


10/4(金) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節、−7日)
日銀金融政策決定会合結果公表

10:45 中国9月HSBCサービスPMI 〔−〕 (52.8)
15:30 黒田日銀総裁、記者会見
17:00 コスタ・ポルトガル中銀総裁、ガスパル・ポルトガル財務相、講演
21:30 米9月非農業部門雇用者数 〔+17.8万人〕 (+16.9万人)
21:30 米9月民間部門雇用者数 〔+18.0万人〕 (+15.2万人)
21:30 米9月失業率 〔7.3%〕 (7.3%)
21:30 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
22:15 ダドリー米NY連銀総裁、講演
22:30 スタインFRB理事、講演
23:00 加9月Ivey購買部景況指数 〔−〕 (51.0)
翌2:45 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、講演


10/6(日)

シドニー、冬時間終了で夏時間に移行(-14年4月第1土曜日まで)


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

普段聞いたりしている音楽の紹介です。
好き嫌いあると思いますので、興味がある人だけお楽しみ下さい。
今回は紹介するのはDOGinTheパラレルワールドオーケストラです。


以前にも紹介したバンドになりますね。
10月16日に「Doggy StyleIII」が発売となります。
今回は「ドッグゼロスター」から「アルトラ」をお楽しみ下さい。







こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


後ほどいつもの経済指標の方もアップいたします。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル相場を中心に荒っぽい動きとなった一週間でしたね。
週明けから、FOMCを受けた株高円売りの動きも一服となると、利益確定の円買いの動きからドル円、クロス円共に上値の重い展開となっていましたが、政府が法人税引き下げの早急な検討明記の方向で調整との報道を受け再び円売りの動きとなると、一時98.27まで下落していたドル円も99円台を回復するなど、円全面安の展開となりました。
しかし、麻生財務相が「現段階で法人実効税率の引き下げ考えていないと発言した他、米債務上限問題での交渉が難航、更にはエバンス米シカゴ連銀総裁による「10月に緩和縮小しなくでも驚かないだろう」との発言を受けドル売りが優勢となると、ドル円は98.09まで下落、ユーロドルは1.3564までとFOMC後の高値付近までの上昇となるなど、ドル全面安の展開となっています。

米上院では暫定予算案の方が可決となったようですが、まだまだ問題も沢山あるようですね。
オバマケア(医療制度改革)の凍結に関する文言を削除して下院の送付した形となっており、すんなり通るという訳にはいかないようです。
ドル絡みの通貨ペアは、問題解決までドル売りが優勢という事になりそうですが、ユーロドルに関しては、IMFがイタリアの銀行の不良債権問題を指摘し、同国の2013年の財政赤字が対GDP比で政府見通しを上回る可能性を示唆、そしてベルルスコーニ元首相による議員資格問題、更には伊政府関係者による「伊内閣、財政の補正案で合意できない見通し」との発言もあり、暫くは上値の重い展開となりそうです。
そして豪ドルドルも、フィッチによる格下げなどが尾を引きそうですので、メジャー通貨としてはポンドドルが一番堅調推移しそうな感じがします。
クロス円についてはドル円やドルストレート両方の影響を受けるので難しい所ですが、どちらにしても売り材料があろユーロ円と豪ドル円は暫く上値の重い展開となりそうですね。


ユーロドル、日足です。

0928eurusdhi

週末NY市場での急騰でFOMC後の高値を越えられなかったことで上値の重い展開となっていますね。
狭いレンジの推移となっていますが、このままダブルトップを形成しそうな動きにも見えますので、とりあえずは下抜け警戒でしょうか?
急上昇後の揉み合いからFOMCでの再上昇、値幅の方は完全に達成(赤矢印)しており、前回同様(オレンジ○)、移動平均線の乖離からも調整が優勢になると思っていますが、なかなか下がってこないですね。
米債務上限問題の他、次回FOMCでのQE縮小見送り観測など、ドル売り材料が多い状態となっていますが、個人的にはまだユーロ売りの方で考えています。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル売りの動きが大きく進んでいますね。
前日NY市場では、スタインFRB理事による「失業率がさらに0.1%低下すれば購入ペースの縮小は可能と認識」「9月FOMCで据え置きを支持したのは個人的にはきわどい選択だった」との発言を受けドル買いとなると、ドル円は99円台を回復する動きとなっていましたが、麻生財務相による「現段階で法人実効税率の引き下げ考えていない」との発言をきっかけにドル円が急落となると、クロス円も下げ幅を大きく拡大する動きとなっています。
その後、欧州勢の参戦では円買いの動きも一服となると、ドル円は98.76まで値を戻す動きとなりましたが、エバンス米シカゴ連銀総裁による「10月に緩和縮小しなくでも驚かないだろう」との発言をきっかけにドル売りが再開となると、ドル円は当日安値を更新し98.33まで下落、ユーロドルは1.35ドル乗せとなるなど、各通貨ドル売りの動きが大きく進む展開となっています。
ドル売りが大きく進む一方、フィッチが南オーストラリア州の格付けを引き下げた事で、豪ドルドルは軟調推移となっており、0.93ドルを割り込むと一時0.9273まで下落、豪ドル円は91円半ばまでの急落となるなど、豪ドル全面安の展開となっています。


現在NY市場でも、ドル売りの動きが大きく進んでいますね。
米債務上限引き上げの協議が難航している他、米9月ミシガン大学消費者信頼感指数が予想を下回った事でドル売りが加速すると、ドル円は今週安値を下抜け98.18まで下落、ユーロドルは1.3564までと、FOMC後の高値付近までの上昇となっています。


今日も激しい動きでした。
要人発言に振り回されっぱなしの動きとなっていますが、米連銀総裁の発言はハト派の内容だったりタカ派な内容だったり、交互に出てくるのでどちらに反応していいかよく分からない感じになってきていますが、米債務上限問題を受けたドル売りも同時に進行していますので、ドル売り材料にはかなり敏感に反応する感じになっていますね。
ユーロドルはFOMC後の高値を越えられるかに注目ですが、米債務上限に関してはいつも通り最終的には合意に達するであろうという事と、FOMCの方も遅かれ早かれQE縮小に向かうという事で、ドルは売られれば売られる程長期ではドル買いという事になります。
ただ長期で含み損を抱えながら数ヶ月もポジションを持つというには相当しんどいですので、低レバで相当のんびり構えたトレードが出来ない人はドル買いのポジションは持たないほうがよいかも知れませんね。
来月の雇用統計がポジティブサプライズとなれば、次回FOMCでのQE縮小観測が一気に高まりますので、それまで待ってから買っていっても遅くないとは思います。


では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット