2013 / 06
≪ 2013 / 05 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2013 / 07 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

7/1(月) 〔予想〕 (前回)

香港市場休場(香港特別行政区成立紀念日)
トロント市場休場(建国記念日)
クロアチア、欧州連合(EU)に加盟
リトアニア、EU議長国に就任
カーニーBOE新総裁が就任
伊6月財政収支 〔−〕 (88億ユーロの赤字)

08:50 6月調査日銀短観大企業製造業業況判断DI 〔+3〕 (-8)
08:50 6月調査日銀短観大企業非製造業業況判断DI 〔+11〕 (+6)
08:50 6月調査日銀短観大企業設備投資(前年比) 〔+2.9%〕 (-2.0%)
10:00 中国6月製造業PMI 〔50.1〕 (50.8)
10:45 中国6月HSBC製造業PMI・改定値 〔48.3〕 (48.3)
16:55 独6月製造業PMI・確報値 〔48.7〕 (48.7)
17:00 ユーロ圏6月製造業PMI・確報値 〔48.7〕 (48.7)
17:30 英6月製造業PMI 〔51.0〕 (51.3)
17:30 英5月消費者信用残高 〔+7億ポンド〕 (+5億ポンド)
18:00 ユーロ圏6月消費者物価指数(HICP)・速報値 〔+1.6%〕 (+1.4%)
18:00 ユーロ圏5月失業率 〔12.3%〕 (12.2%)
18:00 コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
23:00 米6月ISM製造業景況指数 〔50.5〕 (49.0)
23:00 米5月建設支出 〔+0.6%〕 (+0.4%)


7/2(火) 〔予想〕 (前回)

12:45 10年債入札(2兆4000億円)
13:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔2.75%で据え置き〕 (2.75%で据え置き)
17:30 英6月建設業PMI 〔51.4〕 (50.8)
18:00 ユーロ圏5月生産者物価指数(前年比) 〔+0.1%〕 (-0.2%)
18:00 パドアンOECD(経済協力開発機構)事務次長、講演
18:00 タッカーBOE副総裁、ベイリーBOE理事、議会証言
20:10 ガスパル・ポルトガル財務相、講演
23:00 米7月IBD/TIPP景気楽観度指数 〔49.1〕 (49.0)
23:00 米5月製造業受注指数 〔+2.0%〕 (+1.0%)
翌1:30 ダドリー米NY連銀総裁、講演
翌6:45 パウエルFRB理事、講演


7/3(水) 〔予想〕 (前回)

ポーランド国立銀行、政策金利発表 〔25bp引き下げ2.50%に〕 (25bp引き下げ2.75%に)
イングランド銀行金融政策委員会(MPC)(−4日)
米株式・債券市場短縮取引(独立記念日の休場前)

10:00 中国6月非製造業PMI 〔−〕 (54.3)
10:30 豪5月貿易収支 〔0.53億豪ドルの黒字〕 (0.28億豪ドルの黒字)
10:45 中国6月HSBCサービスPMI 〔−〕 (51.2)
11:55 スティーブンスRBA総裁、講演
16:30 リクスバンク(スウェーデン中銀)、金利発表および金融政策報告発表 〔−〕 (1.00%で据え置き)
16:55 独6月サービス業PMI・確報値 〔51.3〕 (51.3)
17:00 ユーロ圏6月総合PMI・確報値 〔−〕 (48.9)
17:00 ユーロ圏6月サービス業PMI・確報値 〔48.6〕 (48.6)
17:30 英6月サービス業PMI 〔55.0〕 (54.9)
18:00 ユーロ圏5月小売売上高 〔+0.1%〕 (-0.5%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔−〕 (-3.0%)
20:30 米6月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔−〕 (-41.2%)
21:15 米6月ADP全国雇用者数 〔+16.0万人〕 (+13.5万人)
21:30 米5月貿易収支 〔402億ドルの赤字〕 (403億ドルの赤字)
21:30 加5月貿易収支 〔7.0億加ドルの赤字〕 (5.7億加ドルの赤字)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔34.5万人〕 (34.6万人)
23:00 米6月ISM非製造業景況指数 〔54.2〕 (53.7)
23:30 米週間原油在庫 〔−〕 (+1.8万バレル)


7/4(木) 〔予想〕 (前回)

参院選公示見通し
NY市場休場(独立記念日)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
9:30 黒田日銀総裁、日本銀行全国支店長会議あいさつ要旨公表
10:30 豪5月住宅建設許可 〔-1.0%〕 (+9.1%)
12:45 30年債入札(6000億円)
17:00 伊1−3月期財政赤字対GDP比(年初来) 〔−〕 (2.9%)
17:30 スペイン国債入札
20:00 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔0.50%に据え置き〕 (0.50%に据え置き)
20:00 イングランド銀行(BOE)資産購入枠発表 〔3750億ポンドで据え置き〕 (3750億ポンドで据え置き)
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔0.50%に据え置き〕 (0.50%に据え置き)
21:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見


7/5(金) 〔予想〕 (前回)

16:00 レーン欧州副委員長(経済・通貨問題担当)、リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
18:45 クーレECB理事、講演
19:00 独5月製造業受注 〔+1.2%〕 (-2.3%)
19:00 欧州中央銀行、LTRO(3年物長期資金供給オペ)返済予定額発表
21:30 米6月非農業部門雇用者数 〔+16.5万人〕 (+17.5万人)
21:30 米6月民間部門雇用者数 〔+17.5万人〕 (+17.8万人)
21:30 米6月失業率 〔7.5%〕 (7.6%)
21:30 加6月就業者数 〔-1万2500人〕 (+9万5000人)
21:30 加6月失業率 〔7.1%〕 (7.1%)
23:00 加6月Ivey購買部景況指数 〔57.0〕 (63.1)


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

普段聞いたりしている音楽の紹介です。
好き嫌いあると思いますので、興味がある人だけお楽しみ下さい。
今回紹介するの凛-the end of corruption world-です。


以前に何度も紹介したバンドになりますね。
本日6月30日、大阪BIG CATでのライブを最後に無期限活動停止となります。
ずっと応援していたバンドだけに寂しくなりますね。
今回はIndependent "MAZE" から「Royal Blood」をお楽しみ下さい。







こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


後ほどいつもの経済指標の方もアップいたします。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

先週に引き続き、FOMCを受けたドル買いの流れが大きく進んだ一週間でしたね。
要人発言や、米経済指標に一喜一憂の展開となると、ドル円、ドルストレートを中心に乱高下となりましたが、終わってみれば米経済指標の改善がクローズアップされ、ドル全面高の展開となっています。
今週は、米1−3月期GDP・確報値が予想を大きく下回れば、QE縮小の後ずれ期待から株価が上昇、そしてミシガン大学消費者信頼感指数など、経済指標が予想を上回れば米債金利上昇で株価が下落と、なんとも難しい動きとなりましたが、大きなテーマは米出口戦略ですので、最終的にはドル買いという流れは暫く続きそうですね。
数ヶ月前まで1.8%とかだった米10年債利回りが、あっという間に2.5%を突破するなど、短期的にはかなり行き過ぎな感じになっていますが、出口戦略が近づき、最終的に米債金利が上昇するのは分かっている事ですので、誰もが逃げ遅れる最後の一人になりたくないという事でしょう。

そして来週の動きですが、4日木曜日にはECB理事会、5日には米雇用統計の発表があります。
ECB理事会の方は政策金利の据え置きが予想されていますが、年内の更なる利下げを織り込む動きもありますので、ドラギECB総裁の記者会見に注目です。
ここ最近、ECBからはかなりハト派よりの発言が目立ってきていますので、ユーロ売り材料には気をつけたい所です。
米雇用統計の方は、非農業部門雇用者数が+16.5万人、失業率が7.5%と、こちらも改善予想となっていますが、改めて出口戦略が意識されるのか、ドル買いポジションの利益確定売りに使われるのか注目ですね。


ドル円、日足です。

0629usdjpyhi

ついに25日線も突破してきましたね。
月曜日に記事にした通り、急落後の最初の戻りという事で、基準線タッチ(赤○)では短期の戻り売りを仕掛けましたが、利が乗っているうちに逃げられたので助かりました。
これで長期から中期、短期と全てが再び上向きに変化という事で、かなり買いやすくなったと思います。
前回、同じ様に調整的な動きから基準線を突破したのが白○。
その後も基準線を押し目(オレンジ○)にどんどん上昇していったのは記憶に新しいです。
今回はN波動を描いておきましたが、N計算値の方は101.80付近となっています。
米債の方に調整が入ると思っていますので、そこまで一気に上昇するのは難しいと思いますが、米雇用統計次第でしょうね。
100円を再び突破すれば、ある程度はストップ巻き込んで上昇するとは思います。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日の流れを引き継ぎ、リスク回避の巻き戻しの動きが優勢となっていますね。
前日NY市場では、ダウが大幅上昇となった事で、日経平均も寄り付きから大幅上昇でのスタートとなっており、その後も中国株式が急上昇となるなか、日経平均も上げ幅を大きく拡大する動きとなると、一時500円超の上げ幅を記録しており、ドル円は月曜日の高値98.70を上抜けるとそのまま99.01まで上昇、ユーロ円も129.36まで上昇するなど、リスク志向の円売りが大きく進む展開となっています。
その後、欧州勢の参戦は、目立った材料のないなか利益確定売りに押されると、ドル円は98.64まで上げ幅を縮小する動きとなりましたが、根強い押し目買いから再び上値追いの展開となると、当日高値を更新し99.13までの上昇となっています。

現在NY市場では、円売りの動きは一服も、ドル円を中心としたドル買いの動きが継続する展開となっていますね。
先程発表となった米6月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値が予想より強い結果となった事でドル買いの動きが優勢となると、ドル円は雇用統計後の高値を突破し99.40まで上昇、一時1.31ドル乗せとなっていたユーロドルは1.30ドルを割り込むと1.2990までの急落となっています。


ドル円の方は一気にきましたね。
前日にも記事にしましたが、25日線の方を突破した事で、かなり買いやすくなっていたと思います。
長期は依然向き、そして短期的な上昇トレンドのなか、中期も買い転換という事で、最早売るという選択肢はないですね。
短期のストップを狙ったスキャル以外は、何も考えずに買い場を探していく感じでいいと思います。
ブレイクスキャルの方は、今週高値98.70の突破でエントリー出来たと思います。
とりあえず1時間足での波動を確認すると、26日の23時からそのまま上昇波動が継続していますので、調整的な下押しから目先の安値をつけるまでは、ブレイクスキャルですらショートのチャンスもなさそうです。
そしてユーロドルの方は、26日と27日につけた戻り高値1.3055付近を突破していますので、こちらもドル円同様ブレイクスキャルのエントリーポイントという事になります。
ドル円での円売り、ユーロドルでのユーロ買いが同時進行していましたので、こういう日にユーロ円の売りと言うのは最も危険なトレードになりますので、もし今日のユーロ円のショートでやられてしまったという人がいるのなら、次に同じ様な状況に遭遇した時に同じ様な目にあわないようにしておきたいですね。


では今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避の巻き戻しの動きが大きく進んでいますね。
前日NY市場では、米1−3月期GDP・確報値が予想を大きく下回った事でリスク回避の動きが優勢となると、ドル円は97.28まで下落、ユーロドルも1.2985まで下落するなど、リスク回避の円買いドル買いが大きく進む展開となりましたが、円買いの動きも一巡となると、根強い押し目買いの動きから各通貨円売りの動きが大きく進む展開となっています。
本日東京市場では、前日のダウ平均も大幅上昇となった事で日経平均も寄付きから大幅上昇となると、そのまま400円近い近い上げ幅を記録しており、引けにかけて円売りの動きが加速すると、ドル円は98.37まで急騰、ユーロ円も128円台を回復するなど、円全面安の展開となっています。

現在NY市場でも円売りの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米新規失業保険申請件数が予想を下回った事で、ドル円は瞬間的に97.81まで急落する場面も見られましたが、すぐに買い戻される展開となると、米5月中古住宅販売保留件数指数が予想を大きく上回った事でドル買いが優勢となると、ドル円は当日高値を更新し98.50まで上昇、クロス円もドル円に連れ底堅い動きとなっています。


相変わらずの乱高下となっていますが、最終的にはドル買いという事で、やはり大きな流れには変化が内容です。
ユーロドルの方は1.3010でストップですね。
1.30ドル割れからもう少し下げのスピードも加速するかと思いましたが、考える事は皆同じという事でしょうか?
達成感から一旦は反発する形となっています。
ストップの再設定からあっという間にひっかかってますが、大体予想通りでしょう。
FOMCからの急落から約350PIPSの利益ですので十分でしょう。
ユーロドルの方は暫く戻り売りという事になりますが、次に仕掛けるのは日足ベースでの戻りを確認してからにしたいですので、暫くスウィングのチャンスはないかもしれませんね。
それまではいつも通り短期のブレイクスキャルメインで行きたいと思います。


ドル円、日足です。

0627usdjpyhi

ついに基準線の方も突破(赤○)してきましたね。
まだ本日分の足が確定してないのでなんとも言えませんが、このまま行けば中期の方も5月以来の買い転換という事になります。
月曜、水曜と、基準線タッチでピタリと反落していましたので、今日もかなり上値の重い展開となっていましたが、これで相当買いやすくなったと思います。
ユーロドルと同様に、暫くはドル買い優勢の流れに変化はないと思っていますので、スキャルなど短期のストップを狙った仕掛け以外は、買い場のみを探すことだけ考えていればいいかと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット