FC2ブログ
2013 / 05
≪ 2013 / 04 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2013 / 06 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル売りの動きが大きく進んでいますね。
東京市場では、予想を下回る中国4月製造業PMIを受けリスク回避の動きが優勢となると、ドル円は97.04まで下落、ユーロ円は127.85まで下落するなど、再びリスク回避の動きが優勢となりました。
その後は、中国株式が休場となっている事で動意の方は限定的となると、根強い押し目買い圧力からドル円は97.67まで値を戻すなど、ショートカバーの動きが優勢となりました。
しかし、FOMCで緩和策の方が維持されるとの見方から、各通貨ドル売りの方が優勢となると、ユーロドルは1.32ドル乗せとなっており、更には予想を大きく下回る米4月ADP全国雇用者数を受けドル売りが加速すると、そのまま1.3242まで上昇、ドル円は97.02までと当日安値を僅かに更新する動きとなっています。


現在NY市場ではドル売りの動きも一服となっていますね。
先程発表となった米4月ISM製造業景況指数が予想より強い結果となった事もあり、ドル円は97.30付近まで上昇、クロス円も安値から大きく持ち直す動きとなっています。


ユーロドル日足です。

0501eurusdhi

4月16日につけた戻り高値、1.3201をついに突破しました。
FOMCで緩和策が維持されるとの期待からのドル売りのようですが、そんな事は既に分かっている事ですので、ここまでドル売りで反応する程でもなかったとは思います。
それでも重要ポイントの突破という事で、戻り売りを仕掛けていた人は1.32ドル乗せで一旦ロスカットするしかなかったと思います。
前日から時間足のレジスタンスを次々と突破していますので、逆に短期のブレイクスキャルには絶好の値動きでした。
N波動からのN計算値は1.3410ドル付近という事で、1.34ドル付近までの上昇を考えておかなければなりませんが、とりあえずはFOMC待ちですね。
緩和策の維持を受けたドル売りが優先されるか、出口戦略が意識されたドル買いが優先されるか、動きだして見なければ分かりませんね。
前回のFOMCでは、ドル円の方は出口戦略が意識されドル買いとなるも、ドルストレートは緩和策の維持が好感されてドル売りと、なんともトレーダーにとって都合のいい動きでした。
円安トレンド真っ只中での発表と言う事で、結局は大きな流れを変える事が出来なかったという感じでしたが、今回はトレンドの方も休止状態となっていますので、新たな流れを形成する可能性は十分にありますね。
大きく動くならドル買い方向だとは思っていますが、事前に仕掛けるはのは大変危険ですので、まずは結果の方を待ちたいと思います。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト
私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット