FC2ブログ
2013 / 04
≪ 2013 / 03 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2013 / 05 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

注目の日銀金融政策決定会合ですが、「基金を廃止しマネタリーベースを目標に」「長期国債の買い入れ対象を40年債を含むゾーン」とサプライズ。
そして長期国債買い入れについては、毎月7.5兆円程度と、大胆な緩和策を発表した事で、直後から円売りの方が大きく進んでいます。
ドル円の方は失望警戒感もあり、発表前には92.74まで下押しする動きとなっていましたが、発表直後から怒涛の円売りとなるとそのまま95円台乗せとなっています。
その後も黒田日銀総裁による「必要なら躊躇なく調整」との発言もあり、更に上値を伸ばす展開となると、95.68まで上げ幅を拡大、クロス円の方も軒並み高値を更新する動きとなっています。
円売りが大きく進む中、ECB理事会では政策金利を0.75%に据え置く事を発表しており、ややユーロ買いで反応するも、ドラギECB総裁による「インフレは中期的に抑制されたままとなるだろう」「段階的な回復が下期に予想されるが、下期の成長には下振れリスクがある」との発言を受けユーロドルが急落となると、一時122.70まで上昇していたユーロ円も121.58までの急落となりました。
しかし、「ECBはデータを検証して行動する準備できている」「キプロスに関する今回の合意はひな形ではない」との発言を受け、ショートカバーの動きが優勢となると、今度はユーロ円主導での円売りが加速しており、ユーロ円は当日高値を更新し123.52まで急騰、ドル円も96.02までと当日高値を更新する動きとなっています。


それにしても凄い円売りでしたね。
事前に失望警戒感からの円買いが進んでいただけに、余計に円売りで反応してしまった感じですかね。
それでもかなりのサプライズという事で、最早円を売るしかなかったと思います。
発表直後からドル円、クロス円共に急騰となりましたが、正確な内容の方がなかなか入ってこず、情報を収集している間に大きく上昇してしまいましたので、結局見てるだけになってしまいました。
結果的にこれだけの上昇となりましたので、少し位は流れに乗りたかったですね。
おしい事をしました。
そしてこの荒れ相場の中、明日は雇用統計に突入です。
ここ最近の米経済指標の方は、ことごとく予想を下回る結果となっていますが、明日はどうでしょうか?
先行指標のADP全国雇用者数の方も予想を下回っていますので、下振れ警戒感が高まる所です。
ポジティブサプライズならもちろんドル円は上昇すると思いますが、現在の円売り圧力は半端じゃないですので、ネガティブサプライズで急落となった場合には、絶好の買い場となるんじゃないでしょうか?

では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京市場から円売りの方が優勢。
前日NY市場では、ダウが史上最高値を更新した事もあり、日経平均も寄付きから大幅高となると、ドル円は前日高値を更新し93.68まで上昇、豪ドル円も98円付近まで上昇するなど、円全面安の展開となりました。
しかし、日経平均が300円超の上げ幅を記録するなか、円相場への反応の方は限定的となると、逆に上値の重たさが意識される展開となっており、ドル円は93.37までの下押しとなると、クロス円の方も上げ幅を大きく縮小する展開となっています。
その後、欧州勢の参戦では、キプロスとIMFの協議が合意に達したとの報道を受け、ユーロが大きく買い戻されると、ユーロ円は一時120.17まで上昇、ドル円の方も当日高値付近まで値を戻す展開となりましたが、こちらも反応の方は限定的となると、再び円買いの動きの方が優勢となっており、各通貨行って来いの展開となるなど、荒っぽい値動きとなっています。

現在NY市場でも円買いの動きが優勢となっていますね。
先程発表となった米3月ADP全国雇用者数が予想を下回った事で、ドル円を中心にドル売りの方が優勢となると、クロス円も下げ幅を拡大する動きとなっており、更には米3月ISM非製造業景況指数が予想を下回った事でドル売りの方が加速すると、ドル円は93円を割り込み92.79まで急落、ユーロ円も119.20まで下落するなど、リスク回避の円買いが大きく進む展開となっています。


日経平均が300円超の上昇となったのにはびっくりですが、これだけの上げ幅にも関わらずドル円、クロス円が上げなかったと言うのはもっとびっくりですね。
明日に日銀金融政策決定会合を控えている事で、結果が出るまでは仕掛けたくないという感じでしょうか?
去年から完全に期待先行でここまで円売りが進んできましたから、警戒するもの無理はないです。
問題は何処まで期待に沿った内容となるかですね。
やれることは全てやると言うような事を言ってましたが、中には日銀内部で反対されるような事項も含まれているでしょうし、どちらかと言えば失望を誘うような結果になる可能性が高いんじゃないでしょうか?
逆に期待通りでも、一旦円売りで反応した後に材料出尽くしの円買いという可能性もありますので、サプライズが飛び出さない限り円買いの方に分がありそうです。
発表後に円買いに動きようなら、そのまま円買いの方を仕掛けて行きたいと思います。
まずは結果の方を待ちましょう。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット