FC2ブログ
2012 / 12
≪ 2012 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2013 / 01 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

衆院選に日銀金融政策決定会合も通過。
週明けからは、自民党圧勝という結果を受け、円売りの方が大きく進む展開となりましたが、やや材料出尽くしの動きや、「財政の崖」の協議の方が難航している事を受け、週末NY市場では一時ダウが200ドル近い下げ幅を記録。
その後はやや下げ幅を縮小させる展開となるも、当日安値圏のそのまま取引を終了する形となっています。

ベイナー下院議長の提案するブランBは、共和党内での支持が得られず採決の方が延期。
仮に法案が通ったしても、オバマ大統領は拒否権を行使すると発言していますので、完全に無駄な一週間となりましたね。
かなり政治的な駆け引きが続いているようですが、最終的にはどちらが折れるんでしょうかね?
シューマー米上院議員が「ベイナー米下院議長の代替案は余興」と発言したのに対し、ベイナー下院議長は「オバマ大統領は真剣になる必要がある」と発言しています。
最終的には合意に達するとの見方や、仮に財政の崖から転落したとしても一時的との見方が多いようです。
オセアニア通貨の方は先週末からの窓埋めから下落。
それなりの下げ幅を記録していますが、ドル円やユーロ円は窓埋めすら完了していませんので、もっと下げてもいいんじゃないかなと思っています。


ユーロ円、週足です。

1222eurjpyshu

重要レートである111.58を突破しましたが、結局は全戻しとなると、週明け始値まで押し戻される展開となっています。
先週解説したN波動的にも目標値を達成。
V波動と似た様な認識になりますが、基準線との乖離的にも前回同様目標値を達成(赤矢印)していますので、ここから暫くは戻り売りが優勢になるんじゃないでしょうか?
それでも長期トレンドは上方向という事で、大きく下がってきた所は買い場になると思いますが、現在の基準線は101.50付近に位置。
まだまだ押し目を狙うには早そうです。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

クリスマス休暇を控え、再びリスク回避の動きが優勢となっていますね。
前日NY市場では、米7−9月期GDPが予想より強い結果となった事で、リスク回避の巻き戻しの動きが大きく進む展開となっていましたが、S&Pによるキプロスの格下げをきっかけにユーロ売りが優勢となると、ベイナー議長の提案する法案の採決延期の報道を受け、リスク回避の動きが加速する展開となっており、ドル円は再び84円割れとなると83.85まで下落、ユーロ円は前日安値を更新すると110.62まで下落するなど、円全面高の展開となっています。
その後は円買いの動きも一服となると、石破自民党幹事長による「ドル円を85-90円で維持する方法を考える必要ある」との発言もあり、ドル円は84.30付近、ユーロ円も111円半ばまで値を戻す展開となりましたが、欧州株式が軟調推移となるなか買い戻しの動きも限定的となると、ユーロ円は再び111円台割れとなるなど、円買い戻しの動きが優勢となっています。

現在NY市場では、円買いの動きも一服となると、やや円の売り戻しが優勢となっていますね。
注目のベイナー米下院議長による会見では、目立った発言は聞かれなかったものの、ドル円に大きな買戻しが入った事で、クロス円も下げ幅を大きく縮小する展開となっています。


前日にも記事にした通り、やはり戻りは売られたという感じですね。
「財政の崖」に関しての協議は、クリスマス前までに合意に達するとの発言も出ていましたので、ここにきてのリスク回避の動きは当然かと思いますが、所々に急激な戻しが入ったりと、ちょっと意味不明な値動きが見られますね。
特に今日は夕方頃からのNZドルの下げがかなりきつく、ユーロ円主導で進んでいた円高の動きが、いつの間にかNZドル円主導での円買いになっています。
薄商いのなか、値が飛びやすくなっていたんだと思いますが、NZドル円がユーロ円やポンド円より値幅が出るなんていう事はそうは無いですので、仕掛ける側としてはやりたい放題になっていたんだと思います。
「財政の崖」問題が解決するまでは各通貨上値の重たい展開が続くと思いますが、それでもこの程度の下げで収まっている所を見ると、最終的には合意に達するとの見方が多いという事なんでしょうね。
やはり大きく下がってきた所は買い場となってしまうんでしょうか?
それでも今この動きをみてしまったら買えませんけどね。

では簡単になりましたが、今日はこの辺で。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット