2012 / 11
≪ 2012 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2012 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ベイナー米下院議長による「財政協議について楽観的」との発言を受け、ショートカバーの動きが大きく進んでいますね。
前日NY市場では、軟調推移となっていたダウも流れは一転大幅上昇となると、リスク志向の円売りドル売りの流れが大きく進む展開となっており、一時81.68まで下落していたドル円も82円台を回復、ユーロ円も106円台を回復する動きとなっています。
その後も日経平均を含め、アジア株式や欧州株式が堅調推移となった事で株高円安の好循環の動きとなると、ユーロ円は前日高値を大きく更新し一時106.81まで上昇、ユーロドルも1.30ドルを回復する動きとなっています。

現在NY市場では、円売りの動きも一服となると再び円買いの動きが優勢となっていますね。
米新規失業保険申請件数や米7−9月期GDPが予想より弱い結果となった事で、株価が上げ幅を縮小する動きとなると、ドル円は82円を割り込み一時81.91まで下落、ユーロ円も106.35まで上げ幅を縮小する動きとなっています。


今日も荒っぽい値動きでしたね。
ベイナー米下院議長の一言でここまで流れが変わるんですから、如何に今の相場が神経質な状態になっているかですね。
「財政の崖の協議については楽観的」という言葉はちょっと前にも聞いた台詞であり、新鮮味にもかけますので、ここまで円売りで反応するほどではなかったと思っています。
それでも動きだしたら止まらないのが相場ですので、あまり決め付けてかからないようにはしたいですね。

そして今日も早朝には、安倍・自民党総裁の発言で再び円売りで反応しています。
安倍相場の方も賞味期限切れかと思っていましたが、それでもまだ反応しているという事は、まだまだ買いそびれた人が沢山いるという事なのでしょうかね?
なんだか良く分からない動きが続いていますが、日替わりで流れが一転するような状況が続いていますので、下手に持ち越しポジション取ったら売っても買っても負けるような状況にもなりかねませんので、ちょっと気をつけた方がいいかもしれません。
私の方はいつも通り、暫くは短期でのストップを狙ったブレイクスキャルに徹していきたいと思います。


ユーロ円、1時間足です。

1129eurjpy60

前日は、長期上昇トレンドの流れに乗りつつも、短期でも順張りで合わせ勝率を高めるというお話をしましたが、1時間足が買い転換したのが赤○、これを確認してロングでエントリーするという事ですね。
1時間足が買い転換したポイントというのは、それ以下の時間軸、30分や15分、5分、1分など、全ての時間軸で順張りになりますので、スウィングでエントリーするにも、デイトレやスキャルでエントリーするにも都合がいいポイントという事になります。
様々なトレードスタイルを持った人達が一斉に同じ方向を見る瞬間になりますので、同じ方向に動きやすいと言う事ですね。
しっかり取れた方、おめでとうございます。
現在NY市場では急激に円買いの方が進んでいますが、急騰後に基準線付近(白○)まで戻してきたポイントという事で、今度は短期での押し目買いポイントという事になります。
ここを短期のロングでエントリーする場合には、更に短い時間軸、例えば5分足などが買い転換するのを待ってから順張りでエントリーと言うのが理想になりますね。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

米民主党のハリー・リード上院院内総務が「米国の財政の崖について、共和党との協議が少ししか進んでいない」と発言した事もあり、テーマは再び「財政の崖」に移っている様ですね。
ギリシャ支援の合意による材料出尽くしに、安倍・自民党総裁発言を受けた円売りも期限切れ、東京タイム仲値通過後には仕掛け的な円買いが入ると、ドル円は再び82円割れとなっており、ユーロ円も下げ止まっていた106円を下抜け、その他クロス円も安値を大きく更新する動きとなっています。
その後も目立った材料はなかったものの、ドルストレートを中心にリスク回避のドル買いが優勢となると、ユーロドルは1.29ドル割れとなっており、ユーロ円もストップを巻き込み下げ幅を拡大する動きとなると、一時105.39まで安値を更新する動きとなっています。

現在NY市場では、再びリスク回避の円買いが優勢となっていますね。
先程発表となった米10月新築住宅販売件数が予想を下回った事もあり、ドル円が当日安値を更新する動きとなると、ユーロ円も105.29まで下げ幅を拡大させる動きとなっています。


やはりクロス円が大きく下げて来ましたね。
前日記事にした通り、思うところは皆同じですね。
狙っていた方はしっかり取れたかと思います。
今日の様なリスク回避的な動きのなか、長期上昇トレンド中の押し目として、ロングを拾っていくという方もいると思いますが、こういう流れでのロングというのは結構危険なんです。
長期上昇トレンドに合わせるという気持ちでエントリーしていると思いますが、短期的には下落トレンドに突入していますので、実は逆張りのエントリーになっているんですね。
このまま更に下落を続け、気が付かないうちに長期トレンドも下方向に変化し、大きな含み損を抱えていたなんていう事が結構あります。
長期が上昇トレンドの中、更に短期が上方向に向いている時にロングでエントリーするのが本当の順張りになりますので、買い場を探している方は焦らず、少なくとも1時間足程度が再び上方向のなるのを待った方がいいとは思います。
自分が買うと下がる、売れば上がるという経験が多い方は、恐らく短期の流れに逆らったポジションを建てているという方が多いと思いますので、今後はその辺も気にしながらポジションを建てると少し変わってくると思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

注目のユーロ圏財務相会合が終了。
本日東京市場では、二国間融資の金利を100bp引き下げ、そしてEFSF融資利払いを10年間猶予することで合意した事を受け、ユーロの買戻しが優勢となっています。
ユンケル議長の会見前からユーロは乱高下となるなど、神経質な値動きが続いていましたが、ユーロドルは再び1.30ドル台乗せとなると1.3008まで上昇、ユーロ円も107円付近までの上昇となりました。
その後は期待先行でユーロが大きく買われていた事もあり、材料出尽くしからユーロ円も上値の重い展開となっていましたが、安倍・自民党総裁による「インフレターゲット、2%の目標と明記してほしい」「大胆な金融緩和で結果として円高は是正される」との発言を受け再び円売りとなると、ユーロ円は106.95まで上昇、一時81.85まで下げ幅を拡大していたドル円も82.31まで値を戻す展開となりました。
しかし、フィッシャー米ダラス連銀総裁による「QEに制限を設けることを主張する」「FRBはさらに策を講じる必要はない」「早ければ次回会合でのQE上限設定を支持する」との発言を受け、ドルストレートを中心にドル買いの動きが優勢となると、クロス円も上げ幅を大きく縮小する動きとなっており、ドル円もクロス円に連れ安となり82円付近まで下落、ユーロ円も当日安値を更新し106.11まで下落するなど、流れが一転円全面高の展開となっています。

現在NY市場では、米10月耐久財受注に、米9月ケースシラー住宅価格指数、そして米11月リッチモンド連銀製造業指数が予想より強い結果となった事もあり、ドル円はやや買戻しが優勢となっていますが、ドルストレートを中心としたドル買いが大きく進んでいる事もあり、クロス円はかなり上値が重たいですね。
106.57まで値を戻していたユーロ円も106.21まで下落するなど、荒っぽい値動きとなっています。


BIGイベントも通過という事でようやく一息と言った感じですが、米ダラス連銀総裁の発言もあり、まだまだ相場の方は荒れそうですね。
安倍総裁の発言にも条件反射的に円売りで反応していますが、呪文の様に繰り返す発言に大分マーケットの方も飽きてしまった感じでしょうか?
これに対抗するかの様に、民主党も「過度な円高には断固たる措置」というマニフェストを織り込んだようですが、ちょっと呆れてしまいますね。
断固たる措置と言いながらも、円高でもメリットはあると発言し、結局余計に円高に導いてしまったのが今の民主党ですからね。
まああまり政治批判はしたくないので、この話はこのこの辺で。

そして本日のEU首脳会合ですが、前回の会合同様、協議継続中にも関わらず、ガセだかなんだか分からない「合意した」との報道を受けユーロが急騰となっています。
今回もその後すぐに「協議はまだ継続中、いつまで続くか不透明」との発言があり、余計にユーロ売りとなってしまいましたが、ガセネタで買わされた方はたまったもんじゃないですね。
今回は結果的に合意につながったようでガセネタとはなりませんでしたが、前回は合意したとの報道にも関わらず協議の先送りでした。
市場が神経質になっているのを見計らってネタを流してレートを操作し、それで自分達だけで儲けようという魂胆ですので、とんでも無い話です。
情報を受け入れる側としては、情報が流れた時点でその情報が正しいか間違っているかの判断はできませんので、本当に気をつけなければいけませんね。


ユーロ円、日足です。

1127eurjpyhi

昨日記事にしようと思ってたんですが、ユーロ圏財務相会合の記事書いてたら忘れてしまっていました。
昨日の足でついにリバーサルハイデーが出現となっています。
ドル円の方は土曜日に記事にしましたが、木曜日に出現となっていますね。
土曜日の記事同様に、リバーサルハイデーを赤○、ローデーを白○で印しておきました。
やはりこちらも高確率で相場の反転を捉えていますね。
ドル円の方も、あれからすぐに82円割れとなっていますので、クロス円の方もこれから大きな調整くるでしょうか?
とりあえずクロス円の戻り売りをずっと狙っていた方、そろそろいいでしょう。


では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日週明け相場は、ユーロ圏財務相会合を控え調整的な円買いの方が優勢となっています。
東京市場では、先週末NY市場の流れを引き継いだ円売りや、日銀議事録での「強力な金融緩和を推進」「為替相場への働きかけなどインフレ期待高める工夫を」との文言が意識された円売りが優勢となると、ドル円は82.62まで上昇、ユーロ円も一時107.12までの上昇となるなと、その他クロス円も軒並み高値を更新する動きとなりました。
しかし、仲値通過後に円売りの動きも失速となると、日経平均が上げ幅を縮小させた事で調整的な円買いが優勢となっており、その後もユーロ圏財務相会談を控えての警戒感から各通貨上値の重い展開となると、ドル円は82円を割り込み81.92まで下落、ユーロ円も106円付近までの下落となるなど、流れは一転円全面高の展開となっています。

現在NY市場では、円買いの方も一服となると、各通貨ショートカバーの動きが優勢となっていますね。
モスコヴィシ仏財務相による「本日の会合が失敗に終わるとは思えない」「ギリシャ債務負担に関する合意は到達間近」との発言や、ショイブレ独財務相‎よる「ギリシャについて本日解決されると確信」との発言もあり、ユーロ円は106円台後半まで値を戻す展開となっています。


ユーロドル、1時間足です。

1126eurusd60

完全にユーロ圏財務相会合の結果待ちとなっていますね。
かなり狭いレンジでの推移となっています。
先週の急上昇以来、基準線付近(赤○)を押し目に上昇してきましたが、今日も基準線タッチでは下髭をつけて反発しています。
今日は様子見相場と言うのもあると思いますが、上昇の勢いにかなり勢いがなくなってきていますので、個人的にはレンジの下抜けでのショート(白○)を狙っています。
この後のユーロ圏財務相会合の結果次第ではどうにでもなりそうですので、とりあえずは焦らずに動きだすのを待ちましょう。
ギリシャ支援の合意で急騰、合意でえ上昇するも材料出尽くしから反転下落、協議の先送りで急落、先送りで急落も、次回会合での合意期待で反転上昇など、4つくらいのシナリオが考えられますが、いつも通り先読みしてもあまり意味はないでしょう。
マーケットは今日の合意をかなり織り込んでいますので、インパクトがあるのは協議の先送りでしょうね。
前回の会合同様、協議が現地時間深夜にまで及ぶようだと、先送りの可能性が高まるんじゃないでしょうか?
明日の東京時間昼頃にまで決着がついてなかったら、失望売りの方を事前に仕掛けようと思っています。
本当に合意が近いのならば、早朝までには結果が出てるんじゃないでしょうか?


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

11/26(月) 〔予想〕 (前回)

ユーロ圏臨時財務相会合(20:30頃開催予定)

08:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨公表(10月30日開催分)
10:00 白川日銀総裁、名古屋での各界代表者との懇談における挨拶
16:30 リーカネン・フィンランド中銀総裁、ノボトニー・オーストリー中銀総裁、クノット・オランダ中銀総裁、講演
21:00 独12月GfK消費者信頼感 〔+6.3〕 (+6.3)
21:15 メルケル独首相、ベナン大統領と記者会見
22:30 米10月シカゴ連銀全米活動指数 〔−〕 (±0.00)
23:00 コンスタンシオECB副総裁、講演
翌0:30 米11月ダラス連銀製造業活動指数 〔+2.0〕 (+1.8)
翌3:30 プラートECB理事、講演
翌4:00 フラハティ加財務相、講演

翌6:45 NZ10月貿易収支 〔−〕 (7.91億NZドルの赤字)


11/27(火) 〔予想〕 (前回)

米2年債入札(350億ドル)
スペイン10月財政収支(年初来) 〔−〕 (461.1億ユーロの赤字)
ポルトガル議会、2013年予算案を審議・採決(−28日)

12:45 2年国債入札(2兆7000億円)
17:00 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
17:30 グリリ伊財務相、講演
18:30 南ア7−9月期GDP(前期比年率) 〔+1.5%〕 (+3.2%)
18:30 南ア7−9月期GDP(前年比) 〔+2.6%〕 (+3.0%)
18:30 英7−9月期GDP・改定値(前期比) 〔+1.0%〕 (+1.0%)
18:30 英7−9月期GDP・改定値(前年比) 〔±0.0%〕 (±0.0%)
18:30 スペイン短期債入札(3カ月物・6カ月物)
19:00 伊ゼロクーポン債入札
20:30 ロックハート米アトランタ連銀総裁、「金融安定」について講演
22:00 ハンガリー中銀、政策金利発表 〔25bp引き下げ6.00%に〕 (25bp引き下げ6.25%に)
22:30 米10月耐久財受注 〔-1.0%〕 (+9.8%)
22:30 米10月耐久財受注(除輸送用機器) 〔-0.6%〕 (+2.0%)
23:00 米9月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔+2.90%〕 (+2.03%)
翌0:00 米11月消費者信頼感指数 〔73.0〕 (72.2)
翌0:00 米11月リッチモンド連銀製造業指数 〔−〕 (-7)
翌0:00 米9月住宅価格指数 〔+0.4%〕 (+0.7%)


11/28(水) 〔予想〕 (前回)

米5年債入札(350億ドル)
ブラジル中央銀行(BCB)、金融政策決定理事会(COPOM;−29日)

08:00 エバンス米シカゴ連銀総裁、「経済見通し」について講演
14:40 クーレECB理事、講演
18:00 ユーロ圏10月マネーサプライM3(前年比) 〔+2.9%〕 (+2.7%)
19:00 伊短期債入札(6カ月物)
19:30 独5年債入札(30億ユーロ)
21:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔−〕 (-2.2%)
22:00 独11月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.9%〕 (+2.0%)
翌0:00 米10月新築住宅販売件数 〔38.6万件〕 (38.9万件)
翌0:30 米週間原油在庫 〔−〕 (-146.6万バレル)
翌2:15 タルーロFRB理事、講演
翌2:15 ジョーダンSNB総裁、講演
翌4:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


11/29(木) 〔予想〕 (前回)

ブラジル中央銀行(BCB)政策金利発表 〔−〕 (25bp引き下げ7.25%に)
米7年債入札(290億ドル)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
09:00 NZ11月NBNZ企業活動見通し 〔−〕 (25.5)
09:00 NZ11月NBNZ企業信頼感 〔−〕 (17.2)
10:30 白井日銀審議委員、熊本県金融経済懇談会における挨拶 
15:45 スイス7−9月期GDP(前期比) 〔±0.0%〕 (-0.1%)
15:45 スイス7−9月期GDP(前年比) 〔+0.8%〕 (+0.5%)
17:55 独11月失業者数 〔+1万5000人〕 (+2万人)
17:55 独11月失業率 〔6.9%〕 (6.9%)
18:30 南ア10月生産者物価指数(前年比) 〔+4.8%〕 (+4.2%)
18:30 英10月消費者信用残高 〔+3億ポンド〕 (+12億ポンド)
18:30 英10月マネーサプライM4(前年比) 〔−〕 (-3.5%)
19:00 ユーロ圏11月消費者信頼感・確報値 〔−〕 (-26.9)
19:00 ユーロ圏11月経済信頼感 〔84.0〕 (84.5)
19:00 伊中長期債入札
20:00 英11月CBI流通取引調査 〔+20〕 (+30)
20:00 フィッシャー米ダラス連銀総裁、「米国とユーロ圏の金融・財政面の課題」について講演
22:30 米7−9月期GDP・改定値(前期比年率) 〔+2.8%〕 (+2.0%)
22:30 米7−9月期個人消費・改定値(前期比年率) 〔+2.0%〕 (+2.0%)
22:30 米7−9月期GDPデフレーター・改定値(前期比年率) 〔+2.8%〕 (+2.8%)
22:30 米7−9月期コアPCEデフレーター・改定値(前期比年率) 〔+1.3%〕 (+1.3%)
22:30 米新規失業保険申請件数 〔−〕 (41.0万件)
22:30 加7−9月期経常収支 〔181億加ドルの赤〕 (160億加ドルの赤字)
翌0:00 米10月中古住宅販売保留件数指数 〔+0.8%〕 (+0.3%)
翌1:00 プラートECB理事、講演
翌2:00 アスムセンECB理事、講演

翌6:45 NZ10月住宅建設許可 〔−〕 (+7.8%)


11/30(金) 〔予想〕 (前回)

08:30 10月失業率 〔4.2%〕 (4.2%)
08:30 10月有効求人倍率 〔0.80倍〕 (0.81倍)
08:30 10月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔-0.1%〕 (-0.1%)
08:30 11月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔-0.4%〕 (-0.4%)
08:50 10月鉱工業生産・速報値 〔-2.0%〕 (-4.1%)
09:01 英11月GfK消費者信頼感 〔-30〕 (-30)
19:00 11月外国為替平衡操作の実施状況
19:00 ユーロ圏11月消費者物価指数・速報値(HICP・前年比) 〔+2.4%〕 (+2.5%)
19:00 ユーロ圏10月失業率 〔11.6%〕 (11.6%)
21:00 南ア10月貿易収支 〔−〕 (138億ランドの赤字)
22:30 米10月個人所得 〔+0.2%〕 (+0.4%)
22:30 米10月個人消費支出 〔+0.1%〕 (+0.8%)
22:30 米10月コアPCEデフレーター 〔+0.2%〕 (+0.1%)
22:30 加9月GDP 〔+0.1%〕 (-0.1%)
22:30 加7−9月期GDP(前期比年率) 〔+0.9%〕 (+1.9%)
23:45 米11月シカゴ購買部協会景気指数 〔51.0〕 (49.9)
翌0:00 メキシコ銀行(中銀)、政策金利公表 〔4.50%で据え置き〕 (4.50%で据え置き)

翌7:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀、パネルディスカッションに参加


12/1(土)

10:00 中国11月製造業PMI 〔50.8〕 (50.2)


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。