2012 / 10
≪ 2012 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2012 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は日銀金融政策決定会合の結果の方が公表となっていますが、翌日物金利を0−0.1%で据え置き、資産買い入れ枠の11兆円増額を決定しています。
市場予想の10兆円の増額を微妙に上回る結果を受け円売りとなると、発表直後にドル円は80.12まで上昇、ユーロ円も103.39までの上昇となりましたが、材料出尽くしの売りの他、強引な円の買い仕掛けが入ると、ドル円は79.27まで急落、ユーロ円も102.17までの急落となるなど、円全面高の展開となりました。
しかし、失望の円買いの動きも一巡となると、スペインのGDPが予想を上回った他、イタリア債の入札が良好な結果となった事でユーロを中心にショートカバーの動きが優勢となっており、ユーロ円はそのまま104円台を回復、その他クロス円も安値から大きく持ち直す展開となっています。

現在NY市場でのドル円、クロス円は底堅い動きとなっていますね。
米8月ケースシラー住宅価格指数が予想を上回った事もあり、ドル円も安値から持ち直す動きとなると、一時79.63までの上昇となっています。


予想してた以上に激しい動きでしたね。
日銀による追加緩和の方は11兆円の増額と、なんとも微妙な数値となっています。
会合の方が長引き、かなり時間遅れでの発表となっていましたので、余計に失望売りを誘ってしまった感じでしょうか?
それでも2ヶ月連続での追加緩和、期待先行で進んでいた円売りポジションがある程度整理された後は、どんどん円を買っていく状況になるとは思えないと言う事で、予定通りドル円の方に押し目買いを入れています。
前日の記事にも追記しておきましたが、79.44です。
発表直後の急落後、ある程度値動きが落ち着いてから買いを入れたつもりですが、まだちょっと早かったですね。
その後すぐに79.27まで下がっていますので、落ち着いて買えばもう少し安く買えた様な気がします。
79.50から下のストップを取りきったらすぐに上昇すると思ってましたので、予想以上に上値が重たい感じになってしまいましたが、79.50は回復してくれた様なのでよしとしましょうか。
とりあえすはこのまま急落前の水準の79.80を目指します。
79.80到達なら半分利確、残りは80円台を目指す予定でいます。
79.20を下抜けるならロスカットで。

では今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日週明け相場は、早朝オセアニア市場からややユーロ売りが優勢。
イタリアのベルルスコーニ前首相が、モンティ政権の支持を撤回する可能性がある事を示唆した事もあり、ユーロドルを中心にユーロ売りの方が優勢となっています。
その後東京市場では、明日に日銀金融政策決定会合を控えショートカバーの動きが優勢となると、102.85まで下げ幅を拡大していたユーロ円も103.15まで値を戻す展開となりました。
しかし、大型ハリケーン「サンディ」による影響で非常事態宣言が発令、リスク回避的な円買いが優勢となると、ドル円は79.52まで下落、ユーロドルも1.2886まで下落するなど、各通貨先週末安値付近までの下落となっています。

現在NY市場では、円買いユーロ売りの方も一服となってますね。
予想を上回る独10月消費者物価指や、米10月ダラス連銀製造業活動指数を受け、ショートカバーの動きが優勢となっています。


明日はいよいよ日銀金融政策決定会合の結果が公表となります。
追加緩和の方が予想通り10兆円増額となった場合に、マーケットがどのように相場が反応するかが問題ですね。
追加緩和を素直に好感し円売りか、材料出尽くしから円買いか、どうにでもなりそうな感じになってきましたので、とにかく動き出すのを待つしか無い様です。
かなり期待先行で円売りが進んできましたが、週末NY市場である程度円売りポジションも整理された様なので、前回、前々回の追加緩和策の発表の時の様な、怒涛の円買いは無いとは思っています。
ただ、ドル円が79.50より下に明らかにストップが溜まっていそうなチャートとなっていますので、その辺が気になる所ですね。
売り方としては79.50のストップは取りたいでしょうから、強引に仕掛けてくる可能性も十分にあると思います。
仮に日銀金融政策決定会合の結果公表前にストップをつける様な動きとなった場合は、そこが絶好の買い場になるとみています。
個人的な戦略としては、市場予想通りの緩和策の発表では押し目買い、外債購入などサプライズ発表ではそのまま買い、ネガティブサプライズならそのまま売り、ですかね。
材料出尽くしによる円買いも十分に考えられますが、それを期待して円買いを仕掛けるにはちょっと危険すぎるかなと思います。
逆に、事前に円売りポジションを建てて、上昇した所をすぐに利確というのはありかと思います。


では簡単になりましたが、今日はこれにて。
静かに発表の方を待ちましょう。


追記 15:00

11兆円の増額というなんとも微妙な数値でしたね。
まあでも予定通り、ドル円に買いを入れました。
79.44です。
暫く放置します。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

10/29(月) 〔予想〕 (前回)

モンティ伊首相、ラホイ・スペイン首相、会談

16:30 ワイトマン独連銀総裁、講演
18:30 英9月マネーサプライM4(前年比) 〔−〕 (-4.1%)
18:30 英9月消費者信用残高 〔+1億ポンド〕 (±0億ポンド)
19:00 伊短期債入札(6カ月物)
21:30 米9月個人所得 〔+0.4%〕 (+0.1%)
21:30 米9月個人消費支出 〔+0.6%〕 (+0.5%)
21:30 米9月コアPCEデフレーター 〔+0.1%〕 (+0.1%)
22:00 独10月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔+1.9%〕 (+2.0%)
23:30 米10月ダラス連銀製造業活動指数 〔−〕 (-0.9)


10/30(火) 〔予想〕 (前回)

日銀金融政策決定会合結果公表 〔−〕 (0.00−0.10%で据え置き)
クーレECB理事、国際金融会議サイボスに出席(於;大阪)
スペイン9月財政収支(年初来) 〔−〕 (501.3億ユーロの赤字)
ポルトガル議会、予算案について審議・採決(−11月1日)
ドイツ銀行、7−9月期決算発表

08:30 9月失業率 〔4.2%〕 (4.2%)
08:30 9月有効求人倍率 〔0.83倍〕 (0.83倍)
08:50 9月鉱工業生産・速報値 〔-3.2%〕 (-1.6%)
14:45 UBS、7−9月期決算発表
15:00 日銀展望レポート(基本的見解)、公表
15:30 白川日銀総裁、記者会見
16:00 ロウRBA副総裁、講演
16:00 グリリ伊財務相、カンファレンスに出席
17:00 スペイン7−9月期GDP・速報値(前期比) 〔-0.4%〕 (-0.4%)
17:00 スペイン7−9月期GDP・速報値(前年比) 〔-1.7%〕 (-1.3%)
17:00 モンティ伊首相、ビスコ伊中銀総裁、世界経済フォーラムに出席
17:00 ドラギECB総裁、講演
17:55 独10月失業者数 〔+1万人〕 (+9000人)
17:55 独10月失業率 〔6.9%〕 (6.8%)
19:00 ユーロ圏10月消費者信頼感・確報値 〔-25.6〕 (-25.6)
19:00 ユーロ圏10月経済信頼感 〔84.5〕 (85.0)
19:00 伊中長期債入札(5年債、10年債)
19:30 英中期債入札(2015年償還物・15億ポンド)
20:00 英10月CBI流通取引調査 〔−〕 (+6)
22:00 ハンガリー中銀、政策金利発表 〔25bp引き下げ6.25%に〕 (25bp引き下げ6.50%に)
22:00 米8月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔+1.90%〕 (+1.20%)
23:00 米10月消費者信頼感指数 〔72.0〕 (70.3)
翌1:30 ダドリーNY連銀総裁、「経済状況」について講演

翌6:45 NZ9月住宅建設許可 〔+3.0%〕 (+1.9%)


10/31(水) 〔予想〕 (前回)

クーレECB理事、国際金融会議サイボスに出席(於;大阪)
ポルトガル議会、予算案について審議・採決(−11月1日)

09:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、タウンホール会合で挨拶
09:01 英10月GfK消費者信頼感 〔-28〕 (-28)
09:30 豪9月住宅建設許可件数 〔+1.0%〕 (+6.4%)
16:00 バークレイズ、7−9月期決算発表
19:00 10月外国為替平衡操作の実施状況
19:00 ユーロ圏10月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+2.5%〕 (+2.7%)
19:00 ユーロ圏9月失業率 〔11.4%〕 (11.4%)
19:30 独30年債入札(20億ユーロ)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔−〕 (-12.0%)
21:00 南ア9月貿易収支 〔−〕 (122億ランドの赤字)
21:30 米7−9月期雇用コスト指数(前期比) 〔+0.5%〕 (+0.5%)
21:30 加8月GDP 〔+0.2%〕 (+0.2%)
22:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)政策金利発表 〔−〕 (1.50%で据え置き)
22:00 米四半期定例入札、発行額公表
22:15 コンスタンシオECB副総裁、銀行同盟についての討論会に参加
22:30 ラスキンFRB理事、会合で挨拶
22:45 米10月シカゴ購買部協会景気指数 〔51.4〕 (49.7)
23:30 米週間原油在庫 〔−〕 (+589.6万バレル)
翌1:45 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、「金融政策と経済」について講演
翌3:00 ビドマーシュルンプフ・スイス財務相、講演


11/1(木) 〔予想〕 (前回)

ポルトガル議会、予算案について審議・採決(10月30日−)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
09:30 豪7−9月期輸入物価指数(前期比) 〔-1.2%〕 (+2.4%)
10:00 中国10月製造業PMI 〔50.5〕 (49.8)
12:45 10年国債入札(2兆3000億円)
16:00 英10月ネーションワイド住宅価格 〔±0.0%〕 (-0.4%)
18:30 英10月製造業PMI 〔48.3〕 (48.4)
19:30 英インフレ連動債入札(2047年償還物・9億ポンド)
20:30 米10月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔−〕 (-70.8%)
21:00 チェコ国立銀行、政策金利発表 〔−〕 (25bp引き下げ0.25%に)
21:15 米10月ADP全国雇用者数 〔+13.75万人〕 (+16.2万人)
21:30 米7−9月期非農業部門労働生産性・速報値(前期比年率) 〔+1.3%〕 (+2.2%)
21:30 米7−9月期単位労働コスト・速報値 〔+1.3%〕 (+1.5%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔37.0万件〕 (36.9万件)
23:00 米10月ISM製造業景況指数 〔51.0〕 (51.5)
23:00 米9月建設支出 〔+0.7%〕 (-0.6%)
翌1:30 ロックハート米アトランタ連銀総裁、「経済」について講演
翌6:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、「経済見通し」について講演


11/2(金) 〔予想〕 (前回)

08:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨公表(10月4−5日開催分)
09:30 豪7−9月期生産者物価指数(前年比) 〔+1.6%〕 (+1.1%)
16:00 RBS、7−9月期決算発表
16:30 フリッツSNB理事、講演
17:55 独10月製造業PMI・確報値 〔45.7〕 (45.7)
18:00 ユーロ圏10月製造業PMI・確報値 〔45.3〕 (45.3)
18:30 英10月建設業PMI 〔49.5〕 (49.5)
21:30 米10月非農業部門雇用者数 〔+12.1万人〕 (+11.4万人)
21:30 米10月民間部門雇用者数 〔+12.5万人〕 (+10.4万人)
21:30 米10月失業率 〔7.9%〕 (7.8%)
21:30 加10月就業者数 〔+7500人〕 (+5万2100人)
21:30 加10月失業率 〔7.3%〕 (7.4%)
23:00 米9月製造業受注指数 〔+4.5%〕 (-5.2%)
翌1:40 タルーロFRB理事、講演
翌3:00 伊10月財政収支 〔−〕 (114億ユーロの赤字)
翌3:25 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、「経済見通し」について講演


11/3(土)

G20財務相・中央銀行総裁代理会議(於;メキシコシティ、−4日)

09:00 中国10月非製造業PMI 〔−〕 (53.7)


11/4(日)

米国および加市場で夏時間終了、冬時間に移行
G20財務相・中央銀行総裁会議(於;メキシコシティ、−5日)


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

普段聞いたりしている音楽の紹介です。
好き嫌いあると思いますので、興味がある人だけお楽しみ下さい。
今回紹介するのは己龍です。


日銀金融政策決定会合の米雇用統計、激しい値動きが予想されますので、攻撃的な曲をご用意しました。
今回は「鬼祭」の方をお楽しみ下さい。







こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


後ほどいつもの経済指標の方もアップいたします。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ソフトバンクによるスプリント・ネクステル買収や、日銀による追加緩和を期待した円売りもようやく一服となっていますね。
日経新聞による「日銀は追加金融緩和へ、基金増額10兆円軸に検討」との報道も意識されると、ドル円は80円を突破し一時80.37まで上昇、ユーロ円も104.42まで上昇するなど、ややパニック的な円売りとなりましたが、週末NY市場では米7−9月期GDP・速報値が予想を上回る結果となったにも関わらず円買いが優勢となると、ドル円は79.50まで急落、ユーロ円も102.68まで急落するなど、ポジション調整の円買いが大きく進む展開となっています。

30日はいよいよ日銀金融政策決定会合の結果公表ですね。
産経新聞では20兆円の追加緩和を予想するような記事もあったようですが、市場予想は10兆円の増額となっているようです。
かなり期待先行で円売りが進んできましたので、材料出尽くしの円買いが気になる所ですが、週末の動きで円売りポジションもある程度整理されたようなので、前回、前々回の追加緩和策発表の時の様な強烈な円買いはないかもしれませんね。
一部では、5兆円の増額や20兆円の増額を予想する声も上がっていますので、とにかく発表後の値動きを待つしかない様です。
追加緩和策に加え、外債購入などのサプライズ発表があれば、ドル円、クロス円の方を買って行きたいと思っています。
仮に10兆円の増額のみとノーサプライズに終わったとしても、発表直後くらいは円売りで反応しそうですので、事前に円を売っておいて上昇した所をすぐに利確というのもありかと思います。
そして週末金曜日には早くも米雇用統計がやってきますので、またまた大荒れの一週間となりそうですね。


ユーロドル、1時間足です。

1027eurusd60

一時1.29ドルを割り込むような動きとなりましたが、騙し(赤○)で終わった事もありショートカバーが入りやすい動きになっています。
ECBとEUはスペイン銀行支援で合意、バッドバンクの運用が12月から開始されるという報道も買戻しを後押しする形となっているようです。
急落後の戻り高値1.2955(オレンジ○)が意識される動きとなっていますが、いつも通り上抜けするようならブレイクスキャルでエントリーしようと思います。
長期のトレンドは依然上向きという事で、同時に長期的な押し目買いポイントになる可能性も十分にありそうですね。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット