2012 / 09
≪ 2012 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2012 / 10 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

10/1(月) 〔予想〕 (前回)

シドニー市場休場(レイバーデー)
香港市場休場(中秋節の振替休日)
中国市場休場(国慶節・中秋節、9月30日−10月7日)

08:50 9月調査日銀短観大企業製造業業況判断DI 〔-4〕 (-1)
08:50 9月調査日銀短観大企業非製造業業況判断DI 〔+6〕 (+8)
08:50 9月調査日銀短観大企業設備投資(前年比) 〔+5.0%〕 (+6.2%)
10:00 中国9月製造業PMI 〔50.1〕 (49.2)
16:55 独9月製造業PMI・確報値 〔47.3〕 (47.3)
17:00 ユーロ圏9月製造業PMI・確報値 〔46.0〕 (46.0)
17:30 英9月製造業PMI 〔49.5〕 (49.5)
17:30 英8月マネーサプライM4(前年比) 〔−〕 (-4.6%)
17:30 英8月消費者信用残高 〔±0億ポンド〕 (-2億ポンド)
18:00 ユーロ圏8月失業率 〔11.4%〕 (11.3%)
18:00 コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
19:00 ノボトニー・オーストリー中銀総裁、講演
23:00 米9月ISM製造業景況指数 〔50.0〕 (49.6)
23:00 米8月建設支出 〔+0.5%〕 (-0.9%)
翌1:00 ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
翌1:30 アスムセンECB理事、ノボトニー・オーストリー中銀総裁、講演
翌1:30 バーナンキFRB議長、「金融政策」について講演
翌2:00 伊9月財政収支 〔−〕 (60億ユーロの赤字)


10/2(火) 〔予想〕 (前回)

香港市場休場(国慶節の振替休日)
中国市場休場(国慶節・中秋節、−10月7日)
ポーランド国立銀行金融政策決定理事会(−3日)

13:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔3.50%で据え置き〕 (3.50%で据え置き)
15:00 英9月ネーションワイド住宅価格 〔±0.0%〕 (+1.3%)
17:30 英9月建設業PMI 〔49.5〕 (49.0)
18:00 ユーロ圏8月生産者物価指数(前年比) 〔+2.5%〕 (+1.8%)
18:30 英長期債入札(2022年償還物・35億ポンド)


10/3(水) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節・中秋節、−10月7日)
イングランド銀行金融政策委員会(MPC)(−4日)
米大統領選挙・第1回大統領候補討論(於;コロラド州デンバー)
ポーランド国立銀行、政策金利発表 〔25bp引き下げ4.50%に〕 (4.75%で据え置き)
世界貿易機関(WTO)一般理事会(於;ジュネーブ、−4日)

10:00 中国9月非製造業PMI 〔−〕 (56.3)
10:30 豪8月貿易収支 〔6.70億豪ドルの赤字〕 (5.56億豪ドルの赤字)
16:55 独9月サービス業PMI・確報値 〔50.6〕 (50.6)
17:00 ユーロ圏9月総合PMI・確報値 〔45.9〕 (45.9)
17:00 ユーロ圏9月サービス業PMI・確報値 〔46.0〕 (46.0)
17:30 英9月サービス業PMI 〔52.9〕 (53.7)
17:55 アイスランド中央銀行、政策金利公表 〔−〕 (5.75%で据え置き)
18:00 ユーロ圏8月小売売上高 〔-0.2%〕 (-0.2%)
20:00 米MBA住宅ローン申請指数 〔−〕 (+2.8%)
21:15 米9月ADP全国雇用者数 〔+14.0万人〕 (20.1万人)
23:00 米9月ISM非製造業景況指数 〔53.2〕 (53.7)
23:30 米週間原油在庫 〔−〕 (-244.6万バレル)


10/4(木) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節・中秋節、−10月7日)
日銀金融政策決定会合(−5日)
世界貿易機関(WTO)一般理事会(於;ジュネーブ、3日−)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
10:30 豪8月住宅建設許可件数 〔+4.7%〕 (-17.3%)
10:30 豪8月小売売上高 〔+0.4%〕 (-0.8%)
12:45 10年国債入札(2兆3000億円)
17:30 スペイン長期債入札
18:00 仏長期債入札
20:00 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔0.50%で据え置き〕 (0.50%で据え置き)
20:00 イングランド銀行(BOE)資産購入枠発表 〔3750億ポンドで据え置き〕 (3750億ポンドで据え置き)
20:30 米9月チャレンジャー人員削減予定数 〔−〕 (-36.9%)
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔0.75%で据え置き〕 (0.75%で据え置き)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔36.5万件〕 (35.9万件)
21:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見
21:55 マックレムBOC上級副総裁、講演
23:00 米8月製造業受注指数 〔-2.5%〕 (+2.8%)
23:00 加9月Ivey購買部景況指数 〔−〕 (62.5)
翌3:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、公表(9月12日−13日開催分)


10/5(金) 〔予想〕 (前回)

中国市場休場(国慶節・中秋節、−10月7日)
日銀金融政策決定会合結果公表 〔−〕 (0.00−0.10%で据え置き)
モンティ伊首相、各国首脳と会談

09:00 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
15:30 白川日銀総裁、記者会見
15:30 ショイブレ独財務相、朝食会に参加
16:00 スイス国立銀行(SNB)、外貨準備高公表
19:00 独8月製造業受注 〔-0.5%〕 (+0.5%)
21:30 米9月非農業部門雇用者数 〔+11.1万人〕 (+9.6万人)
21:30 米9月民間部門雇用者数 〔+12.5万人〕 (+10.3万人)
21:30 米9月失業率 〔8.2%〕 (8.1%)
21:30 加9月就業者数 〔+1万5000人〕 (+3万4300人)
21:30 加9月失業率 〔7.3%〕 (7.3%)
21:30 加8月建設許可件数 〔−〕 (-2.3%)
翌2:00 メルケル独首相、講演
翌2:00 デュークFRB理事、講演
翌4:00 米8月消費者信用残高 〔+75.00億ドル〕 (-32.76億ドル)


10/7(日)

シドニー市場で冬時間終了、夏時間に移行
ブラジル統一地方選挙・ブラジル全国市長・市議会議員選挙第1回投票
ベネズエラ大統領選


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

普段聞いたりしている音楽の紹介です。
好き嫌いあると思いますので、興味がある人だけお楽しみ下さい。
今回紹介するのはMEJIBRAYです。


10月3日にはnew maxi「EMILY」が発売予定となっています。
今回はEmotional 【KARMA】から「サバト」の方をお楽しみ下さい。







こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?


後ほどいつもの経済指標の方もアップいたします。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

先週に引き続き、調整的な円買いが大きく進んだ一週間となりました。
スペインの支援要請に対する不透明感や、ギリシャ懸念の再燃、そしてQE3の効果を早くも疑問視する声も上がっており、ユーロは今後も上値の重たい動きとなりそうですね。
週末NY市場ではスペインのストレステストの結果が発表となっており、資本不足が593億ユーロと、市場予想をやや下回った事でユーロが買い戻される場面もみられましたが、NYクローズにかけては上げ幅を大きく縮小する動きとなっています。
ドル円の方は介入警戒感もあり、77.43を安値に底堅い動きとなると、ドルストレートを中心にとしたリスク回避のドル買いから78円台を回復するなど、かなり珍しい動きとなりましたが、日経平均を中心とした株価の上昇が伴わない限りこれ以上の上昇は厳しそうですね。
週末に噂されていたスペインの正式な支援要請の発表もなし、週明けからもユーロは上値の重たい展開が予想されます。
来週は、1日月曜日に米9月ISM製造業景況指数、3日には米9月ADP全国雇用者数と米9月ISM非製造業景況指数、4日には欧州中央銀行(ECB)理事会政策金利発表と米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録、そして5日金曜日には、日銀金融政策決定会合結果公表に米雇用統計と、BIGイベント目白押しの一週間となります。
荒れ相場が予想されますので、ポジションを沢山お持ちの方は、軽めにしておいた方がいいかもしれませんね。


ユーロ円、日足です。

0929eurjpyhi

水曜日にも記事にしましたが、以前から引いていたトレンドラインを僅かに割り込んで来たという事で、若干ですがトレンドラインの方を引きなおしておきました。
まあこれ位は相場のブレの範囲内ですね。
一応トレンドライン付近で下げ止まった形(赤○)となっていますが、まだまだ上昇の勢いが感じられません。
週明けから再び上昇開始となるか、上値の重たさを確認し再下落という2つのシナリオが考えられますが、揉み合いから完全にトレンドラインを割り込む動きとなったら、利が乗っている乗ってないに関わらずロングポジションの方は決済したいと思います。


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、スペイン政府が発表した経済改革案や予算案を好感したユーロの買い戻しが大きく入った事もあり、本日は東京市場からユーロドル、ユーロ円共に底堅い動きとなっています。
欧州勢の参戦では、ユーロ圏9月消費者物価指数が予想を上回った事で更なる買戻しを誘うと、ユーロ円は100.67まで急騰、ユーロドルも1.2959までの急上昇となりましたが、日本時間深夜25時にスペインのストレステストの結果を控えている事もあり、その後はユーロを中心に上値の重い展開となると、再びリスク回避の動きが優勢となっています。
先程発表となった米9月シカゴ購買部協会景気指数に米9月ミシガン大学消費者信頼感指数も予想を大きく下回る結果となっており、ドルストレートを中心にリスク回避のドル買いが加速すると、ユーロドルは1.29ドルを割り込み1.2847まで急落、ユーロ円も100円を割り込み99.21までの急落となっています。
一方ドル円は、対ユーロでドル売りが大きく進んでいる事で下げ幅を徐々に拡大する動きとなると、一時77.43までの下落となっていましたが、今度はユーロドルでリスク回避のドル買いが大きく進んだこともあり、そのまま当日高値を更新すると77.85までの上昇となっています。


週末相場という事で、いつも通り良く分からない動きとなっていますね。
基本はポジション調整の動きがメインという事で、無理にトレードすることもないと思います。
注目のユーロ円は、前日NY市場で大きな下髭をつけたこともあり、かなり底堅い動きとなってきたと思いますが、先程の急落で逆に上値の重たさを感じさせられてしまった感じですね。
「スペインの銀行のストレステストで8行が資本不足」との噂も流れたようですが、ストレステストの結果発表で材料出尽くしとなるでしょうか?
本日中にスペインが正式に支援要請するとの噂も流れているようですが、そのまま買い戻しが入らないままNY市場クローズとなったら地合いの方もかなり悪くなってきそうですね。
とりあえずはストレステストの結果発表での動きを見極めたいと思います。

では簡単になりましたが今日はこれにて。
何か動きがあればまた明日にでも記事にします。
良い週末を。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は材料不足のなか、各通貨方向感の無い展開となっていますね。
寄り付きから軟調推移となっていた日経平均がプラス圏を回復した事もあり、東京市場ではユーロ円が一時100.27まで上昇、豪ドル円も81円台を回復するなど、円売りが優勢の展開となっていましたが、欧州勢の参戦では、「スペイン、カスティーリャ・ラマンチャ州が8億ユーロ支援要請」との一部報道を受け再びユーロ売りが優勢となっており、ユーロ円も99.79までと当日安値を更新する動きとなっています。
一方ドル円は、ドルストレートでリスク回避的なドル買いが入っていることで方向感の無い展開となっていましたが、予想を下回る米4−6月期GDP・確報値を受け円買いが優勢となると、一時77.58までと前日安値を僅かに更新する動きとなっています。

前日記事にもしましたが、本日は予定通り東京市場でユーロ円の方を100.02でロングしています。
1時間足では、99円後半での鍋底からネックラインとなっていた100.10付近を突破してきたという事で、そのまま上昇に転じるかと思いましたが、なかなか簡単には上昇させてくれない様です。
4時間足など、比較的大きな流れを決める時間軸では完全に逆張りとなっていますので、やはりすぐに反転上昇という訳には行きませんね。
現在でもかなり下抜けの可能性が高いチャートとなっていますが、勝率20%程度でも勝てる計算でエントリーしていますので、その辺は負ける覚悟で上昇の方を待ちたいと思います。
前日にも記事にしましたが、ストップの方は99.40においてもう少し様子見したいと思います。


では簡単になりましたが今日はこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット