2012 / 08
≪ 2012 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2012 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ここに来てリスク回避の円買いドル買いの方が進んでいますね。
明日にジャクソンホールでのバーナンキFRB議長の講演を控え、本日も東京市場から各通貨小動きとなっていましたが、予想より弱い米新規失業保険申請件数の結果を受けダウが軟調推移となると、PIIGS-独債スプレッドも軒並み拡大、その後もダウが下げ幅を拡大させる動きとなった事で、ユーロ円を中心にリスク回避の円買いが大きく進んでいます。
温家宝・中国首相による「中国は欧州債券市場に投資する意思がある」との発言を受け、東京市場ではユーロが大きく買い戻させる動きとなっていましたが、完全に打ち消される展開となると、フィツォ・スロバキア首相による「ユーロ圏には崩壊の可能性が50%ある」との発言も影響した様で、ユーロ円は一時98.02まで下落、豪ドル円も81円台を割り込み80.87まで下落するなど、円全面高の展開となっています。


イベント前で小動きが予想されていましたので、ちょっと意外な値動きですね。
明日のバーナンキFRB議長の講演では、次回FOMCでのQE3に対するヒントがいかに出るかですが、FOMC議事録でのfairly soon(かなり早期)という文言もあり、失望させる発言になるとは考えづらいですね。
ドル円、ユーロドルは先週から既に大きくドル売りで反応していますので、更に大きくドル売りが進むかどうかは微妙ですが、講演前には思惑絡みのドル売りも入ってくると思いますので、事前に仕掛けるならドル売り方向だと思っています。
特にユーロドルは再び良い所まで下がってきましたので、押し目のロングを仕込むにはいい感じになってきたんじゃないでしょうか?
個人的には、明日の東京市場でユーロドルをロングして、バーナンキFRB議長の講演前に上昇して来た所をクローズという戦略でいきます。


ユーロドル、1時間足です

0830eurusd60

わざわざチャート解説するまでもないですね。
いつも通り白○の部分がブレイクスキャルのチャンスとなっていました。


体調の方は完全に回復とはいかないですが、大分いいです。
心配かけました。
では簡単になりましたがこれにて。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

体調激悪の為、本日は記事の方をお休みいたします。
申し訳ありません。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は材料不足の中、週末に控えたバーナンキFRB議長によるジャクソンホールでの講演を控え、ややドル売りの方が優勢となっています。
東京市場では目立った材料の無い中、仕掛け的な円買いが入ると、ドル円は78円半ばまで急落、ユーロ円は先週末安値を更新し97.89まで下落、豪ドル円も81.22まで下落するなど、円全面高の展開となっていました。
しかし、その後は急速に下げ幅を縮小する展開となると、スペイン債の入札も無難な結果となった事でユーロが急騰、ユーロ円は当日高値を更新し98.82まで急騰、ユーロドルも1.2576までの急騰となっています。

現在NY市場では、ユーロドルを中心としたドル売りの方も一服となっていますね。
ダウが軟調推移となっている事もあり、ややリスク回避の円買いドル買いの方が優勢となっているようです。


ジャクソンホールで予定されていたドラギECB総裁の講演が中止との報道も意識されたようですが、向こう数日間の執務という理由が、新たな刺激策の準備期間との連想につながった様です。
ドラギ総裁の言えば前回の裏切りもありますので、今回も油断は出来ないですね。
注目はバーナンキFRB議長の講演という事になりますが、FOMC議事録ではfairly soon(かなり早期)という文言も飛び出しており、次回FOMCで追加緩和策が発表されるされないは別として、今回の講演でもマーケットを失望させるような発言は出ないんじゃないでしょうか?
ドル円に関しては、追加緩和策期待のドル売りか、緩和策期待からの株価上昇での円売りが勝つか、なんとも判断が難しい所ですので、素直にユーロドルでのドル売りで勝負するのが吉なんじゃないでしょうか?
目先の材料や要人発言に一喜一憂の展開も予想されますので、下がってきた所をロングというのが低リスクになると思います。


ユーロドル、1時間足です。

0828eurusd60

本日東京市場での戻り高値、1.2505に白いラインを引いておきましたが、いつも通り欧州勢の参戦で突破してきた所(白○)がブレイクスキャルのチャンスになってきました。
そのまま次々とレジスタンス(赤いライン)を突破する動きとなっていますが、出遅れた方もスキャル気味に入るなら、どんどん追撃買いし(赤○)て行っても良かったと思います。
先週から薄商いのなか材料に振り回される展開が多いですので、エントリーするとしてもスキャルを基本にしたほうがよさそうですね。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日週明け相場は、ロンドン市場が休場という事もあり、材料不足のなか各通貨方向感の無い展開となっています。
東京市場では、先週末NY市場での株高を受け、日経平均が寄り付きから堅調推移となると、ドル円は仲値に向けたドル買い需要もあり一時78.84までと、先週末高値を更新する動きも見られましたが、徐々に上げ幅を縮小すると、再び当日安値付近まで押し戻される展開となっています。
一方ユーロドルは、ユーロ円のでのユーロ売りに押されると、一時1.2490まで下げ幅を拡大する動きとなっていましたが、予想を下振れるとの噂が出回っていた独8月Ifo景況感指数が思った程悪くないという事で、発表直後から買戻しが入ると、ドル円同様行って来いの展開となっています。


週明け相場、更にはロンドン市場が休場とは言え、ここまで値幅が出ないのは珍しいですね。
早朝からショイブレ独財務相による発言や、エバンス米シカゴ連銀総裁に、独CDU議員など、本日も要人発言が相次いでいますが、全くと言って良いほど反応していません。
週末にはバーナンキFRB議長によるジャクソンホールでの講演を控えているという事で、やはり仕掛けづらいと言った感じでしょうか?
ジャクソンホールでのFRB議長の発言は記憶に新しく、週末が近づくにつれ嫌でもQE3が意識される展開になると思いますので、ドル絡みの通貨ペアの値動きには気をつけたいですね。


とりあえず今日は特に目立ったトレードポイントもありませんので、簡単になりましたがこれにて。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

8/27(月) 〔予想〕 (前回)

ロンドン市場休場(サマーバンクホリデー)
米共和党全国大会・正副大統領候補の指名・受諾(於;フロリダ州タンパ、−30日)
中東協力現地会議(於;カタール・ドーハ、−28日)

15:00 7月工作機械受注・確報値(前年比) 〔−〕 (-6.8%)
17:00 独8月Ifo景況感指数 〔102.6〕 (103.3)
17:00 独8月Ifo景気期待指数 〔95.3〕 (95.6)
17:00 独8月Ifo現況指数 〔111.0〕 (111.6)
19:00 エバンス米シカゴ連銀総裁、講演
23:30 米8月ダラス連銀製造業活動指数 〔-7.0〕 (-13.2)
翌1:00 アスムセンECB理事、講演
翌1:15 ピアナルト米クリーブランド連銀総裁、「経済」について講演


8/28(火) 〔予想〕 (前回)

米共和党全国大会・正副大統領候補の指名・受諾(於;フロリダ州タンパ、−30日)
中東協力現地会議(於;カタール・ドーハ、27日−)
米2年債入札(350億ドル)

14:00 クレディ・アグリコル、決算発表
15:00 独9月GfK消費者信頼感 〔+5.9〕 (+5.9)
16:00 スペイン4−6月期GDP・確報値(前期比) 〔−〕 (-0.4%)
16:00 スペイン4−6月期GDP・確報値(前年比) 〔−〕 (-1.0%)
17:00 ユーロ圏7月マネーサプライM3(前年比) 〔+3.3%〕 (+3.2%)
17:30 スペイン短期債入札(3カ月物・6カ月物)
18:00 伊ゼロクーポン債入札
18:30 南ア4−6月期GDP(前期比年率) 〔+3.2%〕 (+2.7%)
18:30 南ア4−6月期GDP(前年比) 〔+2.7%〕 (+2.1%)
21:00 ハンガリー中銀、政策金利発表 〔7.00%で据え置き〕 (7.00%で据え置き)
22:00 米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 〔-0.30%〕 (-0.66%)
23:00 米8月消費者信頼感指数 〔65.5〕 (65.9)
23:00 米8月リッチモンド連銀製造業指数 〔-12〕 (-17)


8/29(水) 〔予想〕 (前回)

米共和党全国大会・正副大統領候補の指名・受諾(於;フロリダ州タンパ、−30日)
ブラジル中央銀行(BCB)、金融政策決定理事会(COPOM;−30日)
米5年債入札(350億ドル)

18:00 伊短期債入札
20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (-7.4%)
21:00 独8月消費者物価指数・速報値(前年比) 〔−〕 (+1.7%)
21:00 ノルゲバンク(ノルウェー中銀)政策金利発表 〔−〕 (1.50%で据え置き)
21:30 米4−6月期GDP・改定値(前期比年率) 〔+1.7%〕 (+1.5%)
21:30 米4−6月期個人消費・改定値(前期比年率) 〔+1.6%〕 (+1.5%)
21:30 米4−6月期GDPデフレーター・改定値(前期比年率) 〔+1.6%〕 (+1.6%)
21:30 米4−6月期コアPCEデフレーター・改定値(前期比年率) 〔+1.8%〕 (+1.8%)
23:00 米7月中古住宅販売保留件数指数 〔+1.0%〕 (-1.4%)
23:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (-541.2万バレル)
翌3:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


8/30(木) 〔予想〕 (前回)

メルケル独首相、中国首脳と会談(於;北京、−31日)
米共和党全国大会・正副大統領候補の指名・受諾(於;フロリダ州タンパ、27日−)
APEC財務相会合(於;モスクワ)
米7年債入札(290億ドル)
ブラジル中央銀行(BCB)政策金利発表 〔50bp引き下げ7.50%に〕(50bp引き下げ8.00%に)

07:45 NZ7月住宅建設許可 〔+3.0%〕 (+5.7%)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
10:00 NZ8月NBNZ企業活動見通し 〔−〕 (24.0)
10:00 NZ8月NBNZ企業信頼感 〔−〕 (15.1)
10:30 豪7月住宅建設許可件数 〔-4.0%〕 (-2.5%)
12:45 2年国債入札(2兆7000億円)
16:55 独8月失業率 〔6.8%〕 (6.8%)
16:55 独8月失業者数 〔+8000人〕 (+7000人)
17:30 英7月消費者信用残高 〔−〕 (6億ポンド)
17:30 英7月マネーサプライM4(前年比) 〔−〕 (-5.2%)
18:00 ユーロ圏8月消費者信頼感・確報値 〔−〕 (-24.6)
18:00 ユーロ圏8月経済信頼感 〔87.5〕 (87.9)
18:00 伊中長期債入札(5年債・10年債)
18:30 南ア7月生産者物価指数(前年比) 〔5.3%〕 (+6.6%)
21:30 米7月個人所得 〔+0.3〕 (+0.5%)
21:30 米7月個人消費支出 〔+0.5%〕 (±0.0%)
21:30 米7月コア個人消費支出(PCE)デフレーター 〔+0.1%〕 (+0.2%)
21:30 米新規失業保険申請件数 〔37.0万件〕 (37.2万件)
21:30 加4−6月期経常収支 〔155億加ドルの赤字〕 (103億加ドルの赤字)
翌3:00 アスムセンECB理事、講演


8/31(金) 〔予想〕 (前回)

メルケル独首相、中国首脳と会談(於;北京、30日−)
スペイン1−7月財政収支(年初来) 〔−〕 (431.0億ユーロの赤字)

08:01 英8月GfK消費者信頼感 〔−〕 (-29)
08:30 7月失業率 〔4.3%〕 (4.3%)
08:30 7月有効求人倍率 〔0.83倍〕 (0.82倍)
08:30 7月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔-0.3%〕 (-0.2%)
08:30 8月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)(前年比) 〔-0.6%〕 (-0.6%)
08:50 7月鉱工業生産・速報値 〔+1.7%〕 (+0.4%)
18:00 ユーロ圏8月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+2.4%〕 (+2.4%)
18:00 ユーロ圏7月失業率 〔11.3%〕 (11.2%)
18:00 クーレECB理事、講演
19:00 8月外国為替平衡操作の実施状況
19:00 ノボトニー・オーストリー中銀総裁、講演
21:00 レグリングEFSF・CEO、討論会に参加
21:00 南ア7月貿易収支 〔−〕 (57億ランドの赤字)
21:30 加6月GDP 〔+0.1%〕 (+0.1%)
21:30 加4−6月GDP(前期比年率) 〔+1.6%〕 (+1.9%)
22:45 米8月シカゴ購買部協会景気指数 〔53.5〕 (53.7)
22:55 米8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔73.6〕 (73.6)
23:00 バーナンキFRB議長、講演(於;ワイオミング州ジャクソンホール)
23:00 米7月製造業受注指数 〔+1.0%〕 (-0.5%)
翌0:55 ホールデンBOE金融安定化担当執行役員、ジャクソンホールでの討論会に参加
翌2:10 ポーゼン英MPC委員、ジャクソンホールでの討論会に参加
翌3:30 ラガルドIMF専務理事、講演(於;ワイオミング州ジャクソンホール)


9月1日(土) 〔予想〕 (前回)

スペイン付加価値税(VAT)率引き上げ

10:00 中国8月製造業PMI 〔50.1〕 (50.1)
翌1:25 ドラギECB総裁、ジャクソンホールで講演


こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。