FC2ブログ
2012 / 05
≪ 2012 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2012 / 06 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

普段聞いたりしている音楽の紹介です。
好き嫌いあると思いますので、興味がある人だけお楽しみ下さい。
今回紹介するのはamber grisです。


個人的に一押しのアーティストです。
皆さん先月発売となった「露のロータス」はもうお聴きになられたでしょうか?
来月にもNEW MAXIとなる「The collapsing garden.-顛末には最上の花を-」が発売となります。
まだメジャーデビューもしてないマイナーアーティストですが、その実力は確かなものだと思います。
今回は少女のクオレから「love in the first」をお楽しみ下さい。
音声のみになります。









週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。


後ほどいつもの経済指標の方もアップいたします。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

先週に引き続き、リスク回避の円買いが大きく進んだ一週間でした。
EU首脳会談を期待したユーロの買い戻しや、フィッチによる日本の格下げを受けた円売りが優勢となると、週半ばではドル円、クロス円共に大きく値を戻す展開となっていましたが、パパデモス・ギリシャ前首相による「ギリシャがユーロを離脱するリスクは現実にある」「ギリシャのユーロ離脱に向けた準備が検討されている」との発言を受けギリシャのユーロ離脱懸念が高まっており、更には日銀金融政策決定会合で追加緩和策が打ち出されなった事で失望の円買いが優勢となると、ユーロ円は100円を割り込み99.34まで下落、豪ドル円も76.86まで下落するなど、円全面高の展開となっています。

EU首脳会談ではユーロ共同債について深く議論されたようですが、依然ドイツは反対しており、各国の利害関係がなかなか一致しないですね。
ユーロ売り、円高を反転させるような強い材料もなかなか出てきませんので、週明けからもまだまだ各通貨上値の重い展開が予想されます。


商品先物取引委員会(CFTC)が5月22日に発表したシカゴIMM先物市場でのポジションですが、ユーロのショート(差し引き)が2万1492枚増加し、19万5361枚まで膨れ上がっていますね。
そこから23日に向けて更に下落した事を考えれば、既に20万枚を突破している感じでしょうか?
そろそろショートの巻き戻しによる上昇も視野にいれていかなければならないのかもしれませんね。


以下、ダウジョーンズの記事です。

ベルリン(ダウ・ジョーンズ)危機対応策としてのユーロ圏共同債発行に関する議論が熱を帯びるなか、ドイツ国民の大半はこの方法に異議を唱えている。
またギリシャのユーロ圏残留にも反対の意向だ。
25日公表された世論調査結果で明らかになった。
ドイツの公共放送ZDFの委託で行われたこの調査では、79%がユーロ圏共同債の導入に反対だと回答した。
メルケル首相率いるドイツ政府も世論と同じ見解を表明している。
導入に賛成したのはわずか14%だった。ユーロ圏共同債はフランスのオランド新大統領が強く主張しているが、ドイツ政府は無駄遣いの多い国々に改革を促す圧力を弱め、市場の規律を損なうと反論している。
ドイツ国民はギリシャがユーロ圏にとどまることに関しても疑念を深めている。
ギリシャの残留に反対する声は60%、賛成は31%だった。
昨年11月時点では、ギリシャの残留に反対の割合が49%にとどまっていた。
今回の調査は5月22~24日、1312人を対象に実施した。


ドル円、日足です。

0526usdjpyhi

相変わらず25日線が重し(赤○)となっていますね。
短期下落トレンドラインの方も引いておきましたが、これを明確にブレイクしない事には始まりません。
先週末下げ止まった79.00を守りきりながら、25日線を突破出来るかが重要になってきそうです。
とりあえず25日線を突破するまでは戻り売りの作戦の方を継続していきます。


ここからは為替と関係ない話ですが、ついにブロク村の為替部門ランキングが、100位以下に転落してしまいました。
特にランキングを気にして毎日見ている訳ではありませんが、去年は1度も転落する事なかった100位以下への転落という事で、私の役目の方も終わりが近づいているんだと思います。
皆さんの応援クリックと毎日の訪問者数が私への評価だと思っていますが、このまま100位以下が定着するようなら私の役目も終了という事で、一旦ブログの方もお休みいたします。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明けからの戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日はゴトキン、東京市場仲値にかけてはドル不足からのドル買いが入るとドル円は79.82まで上昇、クロス円の方もドル円の上昇に連れ高となるなど、円全面安の展開となっていましたが、その後は週末相場という事もあり動意にかける展開となると、クロス円も上値の重い展開となっています。
欧州勢の参戦では、独6月Gfk消費者信頼感が予想を上回る結果となった事でユーロが大きく買い戻されると、ユーロドルは一時1.26ドルを回復する動きとなっていましたが、その後は「スペイン・カタルーニャ自治州は中央政府の支援必要、資金調達の選択肢尽きる」との報道を受けユーロ売りが優勢となると、ユーロドルは今週安値を更新し1.2495までの急落となっています。

現在NY市場では、米5月ミシガン大学消費者信頼感指数が予想より強い結果となった事でリスク回避の動きは一服となっていますが、メモリアルデーを控え米国市場が3連休となる事もあり、動意の方も限定的となっています。


ポジション調整の動きがメインで、あまり意味のない値動きとなってしまいましたね。
やるならユーロドルの安値更新でのブレイクスキャルだったと思いますが、週末NY市場での値動きという事で無理することもなかったと思います。


今日は飲みに出掛けており、先程帰ってきました。
ちょっと記事の方も適当ですいません。
では簡単になりましたがこれにて。
良い週末を。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NY市場では、ダウが下げ幅を大幅に縮小させた事でショートカバーの動きが優勢となると、ユーロ円は100円台を回復、その他クロス円も大きく値を戻す展開となっていましたが、買戻しの動きも一巡となると各通貨再び上値の重い展開となっていますね。
本日も東京市場からユーロは上値の重い展開となっていましたが、ロンドンタイムで発表となった独5月製造業PMIが予想を下回った事でユーロ売りが再開となると、その後発表となった独5月Ifo景況感指数に、ユーロ圏5月製造業PMI、総合PMIが予想より弱い結果となった事でユーロ売りが加速しており、ユーロドルは前日安値を下抜けると1.2514まで下落、ユーロ円も99.34までの急落となりました。
しかしその後は、欧州株式やダウ先物が堅調推移となっている事で再びショートカバーの動きが優勢となっており、ユーロドルは大きく買い戻されると今度は当日高値を更新し1.2619までの上昇となるなど、各通貨荒っぽい値動きとなっています。

現在NY市場ではショートカバーの動きも一服、クロス円は上げ幅を徐々に縮小する動きとなっていますが、かなり底堅い動きとなっていますね。
スイス国立銀行(SNB)が、スイスフラン高抑制の為の新たな措置を検討との報道を受けユーロスイスが急騰となった事もあり、ややリスク志向の動きが優勢となっているようです。


ユーロスイス、1時間足です。

0523eurchf

SNBによる報道を受け急騰となっていますね。
ここ最近は下限である1.20付近で完全に膠着状態となっていましたが、先程の報道を受け70PIPSもの急騰となっています。
最近では一日の値幅が5PIPS程度となっていましたので、僅か数十分で10日分くらい動いてしまった感じです。
クロス円に例えればあっという間に10円位動いてしまったような感じでしょうか?
かなり衝撃のチャートとなっています。

ユーロペッグ制度、現在では下限が1.20に設定されているという事で、このペッグ制度が守られている間は安心して買える通貨となっています。
今年に入りこの1.20ドルに急接近してきたという事で、私の方もユーロスイスは買い増しを続けてきましたが、ここに来てスイスフラン高抑制の為の新たな措置を検討というのは嬉しいニュースですね。
完全に下限張り付きで身動きが取れない状態となっていましたので、ここからは頑張ってもらいたいものです。
仮に上昇しなかったとしても、下限が維持されている間はロスカットの心配もなくスワップももらえますので、まあ気長に上昇を待ちたいと思います。


チャートが抜けてました。
修正しました。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避の円買いが再び加速していますね。
前日NY市場では、パパデモス・ギリシャ前首相による「ギリシャがユーロを離脱するリスクは現実にある」「ギリシャのユーロ離脱に向けた準備が検討されている」との発言を受けユーロ売りが加速、東京市場からの上げ幅を全て解消する動きとなっています。
本日もNY市場の流れを引き継ぎ、早朝オセアニア市場から各通貨上値の重たい展開となっていましたが、注目の日銀金融政策決定会合では追加緩和策の発表は無し、失望の円買いが優勢となるとドル円は79.33まで急落、ユーロ円も先週末安値を割り込み100.16まで下落、豪ドル円も77.23までの急落となるなど、円全面高の展開となっています。

現在NY市場ではユーロドルを中心にドルストレートの買戻しの動きが優勢となっていますね。
売られすぎた反動もあると思いますが、EU首脳会談を警戒したショートカバーの動きも入っているようです。
EU首脳会談ではユーロ共同債を中心に議論されるようですが、ドイツは依然猛反対していますので、本日中にこれが解決するという事はなさそうですね。


ユーロドル、1時間足です。

0523eurusd60

前日NY市場からの急落後、本日東京市場では先週末安値1.2642を手前に一旦下げ止まっていました。
しかしその後は、日銀金融政策決定会合での失望売りからのユーロ円の売りに押され下押しとなると、そのまま先週安値を更新する動きとなっています。
ここも明らかにストップが溜まっているポイントという事で、いつも通りブレイクスキャルのポイント(白○)になっていました。
現在ではEU首脳会談を警戒したショートカバーが入っていますが、急落後に最初に基準線に戻してきたポイントという事で、こちらもいつも通り戻り売りのポイント(赤○)となっています。
当日安値割れからの更なるストップを取りきってから、1.2600のOP手前での下げ渋り確認でクローズしたい所ですね。
とりあえず直近高値、1.2686越えにストップをおいて様子見します。


追記 23:20

下げ渋る間もなく下抜けしましたね。
目標利益達成したので成行で決済しました。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット