FC2ブログ
2012 / 01
≪ 2011 / 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2012 / 02 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

激しい値動きが続いていますね。
一方的に続いてきた円安に流れも一服となると週末相場という事もあり、本日はポジション調整の動きから円買いの方が優勢となっています。
欧州勢の参戦では、ギリシャと民間債権者が低利回り債券との交換で合意へとの報道を受け、ユーロが買い戻される場面も見られましたが、先程発表となった米10−12月期GDP・速報値が予想を下回った事でダウが下落しており、リスク回避的な動きが優勢となるとドル円は76.81まで下げ幅を拡大、ユーロ円も当日安値を更新し一時100.64までの下落となっています。

ギリシャのPSIの方は、本日か週末の間に合意するとの見方が多いようですが、現在ではユーロ売りの方が優勢となっていますので、実際に合意しても大きな反応はないかもしれないですね。
それでもNY市場クローズ後の合意となれば、週明けから窓開け上昇となる可能性も高いですので、ショートを持ち越しする方は注意が必要かもしれません。


ユーロドル、日足、一目均衡表です。

0127eurusdhi

大きな雲に上値を押さえつけられた形となっていますね。
12月21日に大きな上髭(白○)を残しつけた高値、1.3197にもラインを引いておきましたが、これが雲とダブルでレジスタンスとなっているようです。
一昨日のドル円とは違って、レジスタンスラインと同時に雲が近づいてきたからといって、逆張り的な売りを入れるのは個人的には好きじゃありません。
雲に感しては、その付近で一回跳ね返されたのを確認できたら、2回目以降にしかけるといった感じの方が好きです。
とりあえずこれで雲が意識された形となりましたので、週明けからはこの雲を目安に戻り売りというのもありかと思います。

では一週間お疲れ様でした。

追記 26:05

ここにきてユーロドルが急上昇していますね。
やはりPSIが合意に向けて進んでいる為、売り方が警戒してショートカバーを入れているものと思われます。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ユーロ買いの方が止まりませんね。
前日NY市場で発表となったFOMCでは、目標レンジを市場予想通り0.00−0.25%で据え置き、注目の声明分ですが「少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化」と、低金利の期間が延長された事を受け大きくドル売りで反応しています。
本日もFOMCの流れを引き継ぎドル売りが優勢となると、欧州株式がな軒並み上昇している事を受けドルストレートを中心にリスク志向のドル売りが優勢となっており、更にはギリシャ政府と民間債権者の債務交渉で、4%以下のギリシャ国債への借り換えを受け入れたとの報道を受けユーロ買いとなると、ユーロドルは1.3176まで急上昇、ユーロ円も102円台を突破する動きとなっています。
一方ドル円はユーロドル主導でのドル売りに押され上値は重たいですね。
FOMCの声明文を受け78円割れとなると、そのまま下げ幅を拡大する動きとなっており、一時77.41までの下落となっています。


ドル円、1時間足です。

0126usdjpy60

予想通り下落してきましたね。
前日記事にした後にも高値を更新する動きとなっていましたので、ストップをとられるかなとも思いましたが、FOMCでの声明文もありしっかりと下がってきています。
声明文に関してはそこまでドル売りで反応するほどのサプライズではなかったと思いますが、どうしてもユーロドルを上昇させたい人達がいるみたいですね。
特にユーロドルは個人投資家による値頃感からのショートが溜まり始めていますので、ストップを取りたかったんだと思います。

前日78円台でショートを取れなかった人もいると思いますが、急落後に最初に基準線まで戻ってくるポイント(赤○)がいつもの戻り売りポイントになります。
77.96までの戻しと、比較的大きく戻していますので、乗り遅れた方にもショートで入るチャンスはあったと思います。
ただ深夜の時間帯ですので、日本人ならほとんどの方が寝ていたと言った感じでしょうかね。
これで暫くは上値の重たい展開になると思います。
ただ今度は前日までの急上昇に乗り遅れたと思っている人の押し目買いも入ってくると思いますので、底堅い動きになるんでしょうか?
4時間足の方を見ても分かるかと思いますが、ばっちり基準線(77.40付近)で押し目買いがはいっていますね。
またしばらくレンジになると思います。
とりあえずショートは利確しました。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ユーロ買いの方もようやく一服と言った感じですかね。
本日は東京市場から前日の円安の流れを引き継ぐとドル円はついに78円を突破、再び円全面安の流れとなっており、ユーロ円は一時101.88まで上昇、豪ドル円も82円の大台を突破する動きとなりました。
しかし、欧州タイムで発表となった独1月Ifo景況感指数が予想を上回る結果となったにも関わらずユーロ買いの方も限定的となると、ECBがギリシャ債の減免受け入れに反対との報道を受けユーロドルが急落となっており、つられるようにユーロ円も上げ幅を縮小するとそのまま100.96までと当日安値を更新する動きとなっています。

現在NY市場ではユーロ売りの方も一服となっていますね。
この後日本時間深夜にはFOMCの方が控えていますので、とりあえずは様子見ムードとなっているようです。


ドル円、日足です。

0125usdjpyhi

前日からびっくりする位の急上昇ですね。
昔はドル円でもこの程度の値動きは普通だったんですけど、動かない通貨ペアとしてすっかり定着してしまいましたので、昨日の動きにびっくりしなかった人は少ないと思います。
11月末から強いレジスタンス(白いライン)となっている78.30付近までの急上昇となっていますが、前日にも記事した通り、ここからは売りオーダーがびっしりですので、そう簡単には上昇できないと思っています。
更には200日線の方も迫ってきていますね(赤○)。
過去にも何度も解説していますが、長期下落トレンドから大きな戻りを試す局面で、必ずといって良いほど一旦頭打ちとなるのがこの200日線です。
今回は目先のレジスタンスに200日線がダブルで抵抗となっていますし、これと言った円売り材料も出現していない事を考えればもう売るしかないと言った感じですかね。
とりあえずショートとりましたが、78.40辺りにストップを入れればリスクの方も2、30PIPS程度に限定されますので、かなり入りやすいポイントだと思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日はドル相場を中心に激しい動きが続いています。
日銀金融政策決定会合はノーサプライズ、いつも通り無風で通過となりましたが、欧州タイムで発表となった独PMIや、ユーロ圏1月総合PMI速報値が予想より強い結果となった事でユーロ買いとなると、ユーロドルは前日高値を突破し1.3062まで急騰、ユーロ円も100.82までの急上昇となりました。
しかしその後は流れも一転ドル買いが優勢となっており、ユーロドルは完全に行って来いとなっています。
一方ドル円は、各通貨でドル買いが優勢となっている事で上値試しとなっており、そのまま今年高値77.32を突破すると77.80付近までの上昇、円全面安の展開となっています。

久しぶりにドル円が大きく動いた感じですね。
今年の入り狭い値幅の方が続いていましたので、パワーの方も溜まっていたんだと思います。
それでも78円から控えている売りオーダーを簡単にこなせるとは思いませんので、新たな材料がない現段階では78円付近は売りだと思っています。


ユーロドル、1時間足です。

0124eurusd60

かなり荒っぽい動きとなっていますが、なんてことはないですね。
前日に記事にしたポイントが白○、買い転換からそのまま急上昇となっていますが、いつも通り最初に基準線に戻してきた所(赤○)が押し目のロングのチャンスになっています。
そのままストップを巻き込み1.3062まで急騰となっていますね。
皆さんしっかり取れたでしょうか?
現在では行って来いとなると再び売り転換となっていますが、先週同様次に意識されてるのが4時間足です。
先週の記事を読んでいた方はもうお分かりですね。
今回はあえて解説しませんので、気になる方は過去記事の方を参照下さい。
明日以降も注目ですね。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日週明け相場は、早朝時間外からリスク回避の動きが優勢、ギリシャとの債務交換協議が合意出来なかった事を受けユーロ売りとなると、ユーロドルは1.29ドル割れ、ユーロ円も99円付近までの下落となりました。
しかしユーロ売りの方も一服となると、参加者の少ないなか各通貨底堅い動きとなっており、その後も独連邦議員による「EFSFとESMの並列実施について議論している」との発言を受けユーロの買戻しが進むと、ギリシャの債務交換の条件が大筋合意との報道を受け、ユーロドルは大台の1.30ドルを回復する動きとなっています。
ドル円の方はドルストレートの売りに押され安値を更新する動きとなっていますが、ドルストレートが軒並み上げ幅を拡大している事でユーロ円も100円台を回復、その他クロス円の方も底堅い動きとなっています。


ユーロドル、4時間足です。

0123eurusd4h

注目の4時間足でしたが、25本線付近でしっかりと反発できたようです。
週末や週明けなど、業者毎に取引可能時間帯が違いますので、4時間足というものは少し曖昧なものになりますが、一応注目していたポイントで反発した形になっています。
1時間足の方も週明け取引開始時間から25時間以内という事で、こちらも25本線の方は曖昧になってしまいますが、先週末の売り転換から再び買い転換したのが本日17時頃の1.2910越え付近。
これで1時間足から4時間足、日足と、週足、月足などの長期的な時間軸以外は全て上方向に揃ったという事で、デイトレレベルで順張りで入るには低リスクになっていたと思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット