FC2ブログ
2011 / 09
≪ 2011 / 08 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2011 / 10 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

今週も欧州ソブリンリスクに大きく左右される展開となりましたね。
ギリシャのデフォルト懸念からユーロが大きく売られる展開となると、週明けアジア市場でユーロドルは1.3495まで下落、ユーロ円は2001年6月以来の安値である103.89まで下落しました。
ギリシャデフォルトを急速に織り込んだことを受け、その後は自律反発的な上昇を見せると、各国中銀協調によるドル流動性供給措置の発表を受けユーロドルは1.3936まで上昇、ユーロ円も106.98まで値を戻しましたが、イタリア格下げ懸念や、ユーロ圏財務相会合で進展が見られなかった事を受け、ユーロは再び上値の重い展開となっています。

ギリシャのデフォルトをほぼ織り込んだ形となりましたので、テーマは来週21日に予定されているFOMCへと移っています。
インフレ圧力がくすぶっており、大胆な緩和策の発表はないとの見方が多いようですが、サプライズ的に追加緩和策の発表があれば大きくドル売りで反応する可能性も高く、ドル円は再び戦後最安値に向けての展開となりそうです。


以下ブルームバーグの記事です。

9月16日(ブルームバーグ):欧州の財務相らは勢いを失いつつある域内経済にてこ入れするための財政出動の可能性を否定した。
15日に欧州中央銀行(ECB)が発表したドル資金供給措置に加えた銀行支援の意向も示唆しなかった。

ユーロ圏の財務相らは16日、ガイトナー米財務長官を交えた会合で、ユーロ圏諸国には減税や歳出拡大による景気刺激策を実施する余力はないとの考えを示した。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)はポーランドのウロツワフで開催された米・ユーロ圏財務相会合を終えて記者団に対し、「財政出動を伴う景気刺激について、われわれは米国側と見解を異にすることがたびたびある」とし、「ユーロ圏では新たな景気刺激財政パッケージを開始する裁量余地があるとは思われない。不可能だろう」と語った。

ユーロ圏危機をめぐる会合に初めて出席したガイトナー長官は、欧州では各国政府と中央銀行の「意見対立が続いている」ために、経済の土台を強化できずにいるという印象を受けると指摘した。
欧州は問題を解決することを「選ばなければならない」と語った。

 米国から講義とは「奇妙」

ガイトナー長官は欧州の救済基金である4400億ユーロ規模の欧州金融安定ファシリティー(EFSF)拡充を求めたが、欧州からの反応は冷ややかだった。

ユンケル議長は「ユーロ導入国以外の国とEFSFの拡充について協議しない」と言明。ドイツのショイブレ財務相は「非常に内容が濃いが友好的な議論」だったと述べ、オーストリアのフェクター財務相は、債務総額がユーロ圏よりも多い米国から講義を受けるのは「奇妙だ」と指摘した。


ドル円、1時間足です。

0917usdjpy60

短期的には安値切り下げ後、76.56の安値を中心に安値切り上げとなっており(赤○)、目先の底を確認した形となっています。
週明けからも底堅い動きが予想されますが、77円台での大きな上髭を見させられていますので、簡単には上昇できないと思います。
全ては21日に予定されているFOMCですかね。
仮に追加緩和策の発表により下押しとなった場合には、介入警戒感から戦後最安値付近では下げ渋り、政府日銀に対応が迫られると思いますが、口先介入で終わってしまうようなら徐々に上値を切り下げ、戦後最安値更新も時間の問題となるかもしれませんね。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明け窓埋め戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前4時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ドル流動性供給措置発表を受けたユーロ買いも一服、本日は週末相場という事もありポジション調整の動きが優勢となっています。

ドル円は前日NY市場では一時77.33まで上昇しましたが、上値の重たさを改めて感じさせれる動きとなってしまいましたね。
来週は21日にFOMC、22日にはBRICS財務相会合を控えていますので、それまでは円売り介入も行われないとの見方も影響している様です。


以下ロイターの記事です。

[東京 16日 ロイター] 民主党・政策調査会の財務金融部門が政調に提出した2011年度第3次補正予算案の要望事項が明らかになった。
東日本大震災や国際的な金融不安、急激な円高などに対応するため、円高対策・成長戦略基金の設置などを求めるとともに、外国為替資金特別会計の保有外貨を欧米金融安定化策や日本企業支援に積極的に活用することを要請。政府・日銀の連携強化の必要性を指摘し、日銀に対して「為替介入後の非不胎化政策を含め、金融緩和を適切かつ機動的に実施し、経済を下支えすべき」としている。
政調では、各部門からの提案を踏まえて党としての3次補正予算の要望を政府に提出する予定。
財金部門会議の要望事項では、円高対策として「民間企業の海外M&Aなどを積極的にサポートする」ことや資源確保などを含めて円高メリットの活用を訴え、「円高対策・成長戦略基金」の設置を求めた。
さらに、外為特会が保有する外貨資産について「引き続き欧米金融安定化策に役立てるとともに、日本企業支援に積極的に活用する」ことを要請。国際的な金融不安を踏まえ、外国為替や外貨資金に関して「財務省と日本銀行の関係強化を図るべき」とし、日銀に対しては「為替介入後の非不胎化政策を含め、政府と緊密に連携し、金融緩和を適切かつ機動的に実施し、経済を下支えすべき」とした。
また、大震災の影響などを踏まえた中小企業対策では、震災復興特別貸付について「2次、3次被害」や被災地の厳しい雇用情勢、急激な円高・産業空洞化への対応を行うべきと明記。
二重ローン問題に対する一段の「広範囲かつ手厚い対応」も求めている。改正金融機能強化法に基づいて金融機関に資本注入を行う際には「予防的であることを周知し、不安を煽らないよう対応」することも盛り込んだ。


今日は簡単ですがこれにて。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ECBによる「FRBとの協調でドル流動性供給措置を発表」との報道を受けユーロが急騰しています。
ユーロドルは、前日NY市場や本日アジア株式の上昇に伴い既に1.37ドル後半まで買い戻される動きとなっていましたが、そこから買戻しの動きが加速すると1.3936まで上昇、そしてユーロ円も106.98までの急騰となると、ドル円もつられるように一時77.33までの上昇となっています。

現在NY市場ではユーロ買いも一服、ユーロドルは1.38ドル半ばまで押し戻されており、ドル円も77円を割り込むと76.70付近まで押し戻されています。


以下ロイターの記事です。

[東京 15日 ロイター] 日銀は15日、短期金融市場への米ドル資金供給オペ(公開市場操作)に関する当面の日程を公表した。欧州債務問題の深刻化を受け、現地の3中央銀行が年末の資金繰りへの備えとしてドル供給オペを拡充したのに歩調を合わせた形だ。

ドル供給オペは米ニューヨーク連銀が市場金利に応じて指定した固定金利で、担保の範囲内で無制限にドル資金を供給する制度。
2008年のリーマンショック後から昨年2月まで実施した後、昨年5月のギリシャショックを受けて再開された。
日銀は3カ月物と1週間物の資金を供給している。
一方、欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行、スイス国立銀行はこれまで1週間物のみを供給してきたが、この度、年末に向け万が一ドルの資金繰りがひっ迫する場合に備え、新たに3カ月物の資金供給を決めた。
これに合わせて、日銀は昨年よりも前倒しで年末を越える3カ月物の資金供給日程を公表した形だ。

ドル供給オペは市場で資金を調達するより金利がも割高なうえ、現状ではドル資金を取り急ぐ動きがないため、日銀のオペは、応札がない状態が続いている。


ドル円、1時間足です。

0915usdjpy60

短期下落トレンドラインを上方ブレイク(赤○)しています。
一時76.56までの下押しとなっていましたので、一先ずは危機回避でしょうか。
テクニカル的には下方ウェッジを形成していましたので、買戻しのタイミング待ちになっていたんだと思います。
ブレイクした事で売り方も慌てて買い戻す動きとなっていますが、大きな上髭が気になりますね。
このまますぐに77円台が重い動きとなると、再び戦後最安値を目指す展開になる可能性も高いですので注意が必要かと思います。
今日はもう77円台には乗せられなそうなチャートになってしまいましたが、仮に本日77円台でクローズ出来れば、明日からは押し目を拾っていってもいいんじゃないかと思っています。


今日も体調があまりよくないのでこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避的なユーロ売りは一服となっていますが、クロス円の方は上値の重い展開が継続しています。
ユーロドルはムーディーズによる仏銀の格下げを受け、一時1.3590まで下押しする場面も見られましたが、その後はショートカバーが進んだ事で1.3747まで上昇するなどドル売りが優勢となっており、ドル円は今週安値を更新すると76.65まで下落、クロス円も上値を切り下げる展開となっています。

現在NY市場では、フィッチによる「スペインの5つの地域を格下げ、見通しはネガティブ」との発言を受け、ユーロドルは再び1.37ドルを割り込む動きとなっていますが、かなり底堅い動きとなっています。
追い討ちをかけるような格下げ報道にも反応の方は限定的となっていますので、大分悪材料も織り込んできた感じですね。


ドル円、日足です。

0914usdjpyhi

再び戦後最安値を目指した動きになりつつあります。
8月19日に大きな下髭をつけてからは76.40-50付近で異常なまでの下げ渋り、鍋底を形成してからの上昇となっていましたので、76.40より下には買い方のストップがかなり溜まってきていると思います。
ここを下抜けると一気に77円割れとなる可能性も高いですので、ロングポジションを保有している方は注意が必要かと思います。
ここは踏ん張ってもらいたいですね。

今日は体調があまりよくないのでこの辺で。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ギリシャのデフォルトもほぼ織り込み終わった感じでしょうか?
株価も方はやや持ち直し、ユーロドルも週明けからの下げ幅を帳消しする動きとなっており、落ち着きを取り戻しています。

メルケル独首相は「ユーロ圏には現在、秩序ある国家破綻のメカニズムない」と発言していますので、実際にギリシャがデフォルトした時に、株式や為替相場にどの様な影響があるかを考えておく必要がありますね。
材料出尽くしからユーロ買戻しなんて動きももしかしたらあるかもしれません。


ギリシャCDSと2年債チャートです。

0913cggb1u5 0913gggb2yr

左がCDSチャート、右が2年債利回りチャートでです。
前日分の値動きまでしか更新されておらず申し訳ありません。
CDSは5000bp近くまで上昇、2年債利回りは69%まで上昇しています。
本日の動きでは75%を突破した様です。

5年以内のデフォルト確率は98%を突破、これでほぼ回避は不可能の様な感じになってきましたが、今までの支援を無駄に終わらせない為にもギリシャには頑張ってもらいたいですね。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット