FC2ブログ
2011 / 05
≪ 2011 / 04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2011 / 06 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リスク回避的な円買いも一服、本日はクロス円の買戻しが進んでいますね。
早朝オセアニアタイムでは、ムーディーズが英銀を格下げ方向で見直しとの報道によりポンドドルが弱含む場面も見られましたが、ユーロドルを中心にドルストレートで買戻しが進んでいる事で下値は限定的となっています。
東京タイムでもニュージーランド準備銀行(RBNZ)が発表した4−6月期インフレ期待の結果が市場予想を上回る結果となった事を受けNZドルドルが上昇するなど、ドルストレートを中心にドル売りが進んでおり、更には欧州タイムに発表となった独5月Ifo景況感指数が予想を上回った事でユーロドルが上昇となると、ストップをつけて一時1.4116までの上昇となっています。
その後はギリシャの野党党首がギリシャの新たな再建計画を拒否したとの報道により戻りを売られると1.40ドル半ばまで下落しましたが、ドルが底堅い動きとなっていることでクロス円が上昇となるとドルストレートも底堅い動きとなっており、更にはフィッチがブルガリアの見通しをポジティブに引き上げた事もありユーロ買いとなると、ユーロドルは1.4116までと当日高値付近までの上昇となっています。


以下ロイターの‍記事です。

[アムステルダム 24日 ロイター] 24日付のオランダ紙フィナンシエール・ダフブラットによると、ユーロ圏諸国は、ギリシャの債務の償還期限の延長に向けた準備を水面下で開始したもよう。
同時に、ギリシャの国有資産を売却する独立機関の設立準備も進めているという。
同紙はブリュッセルの関係者の話として、ユーロ圏の政府当局者はすでに、ギリシャの債務の償還期限の短期延長といった「再構築(reprofiling)」に向け、技術的な準備に着手していると伝えた。
同紙によると、オランダのデヤーヘル財務相はギリシャの債務の「再構築」について、「真剣な選択肢」だが、「総合パッケージ」の最後のピースになりうるにすぎない、と発言。
また、ギリシャはまず約束した改革を実行すべきだと指摘しつつも、「クレジット・イベント(信用事由)」の発生を避けるために民間債権者にギリシャ国債の保有を続けてもらう「再構築」という形態に賛同する意思を示した。
同紙は、最大3年の自発的な債務償還期限の延長を通じてギリシャの債務の「再構築」が行われる可能性がある、と伝えた。
同紙はまた、ユーロ圏諸国が、ギリシャの国有資産を民営化し独立機関に移管するというデヤーヘル財務相の提案を検討している、と伝えた。 
この報道に関し、オランダ財務省からのコメントは得られていない。  


本日のトレードポイント

ユーロドル5分足です。

0524eurusd5

先週末に始まった急落も一服、本日東京市場の動きで1時間足がSMA25を突破して来たという事で本日は買い場探しです。
前日NY市場、日本時間27時につけた戻り高値1.4069にラインを引いています。
ちょっと抜けた時間帯が早かったのですが、いつも通り高値を更新してきた所(白○)でロングでエントリーしています。
直近の動きでは戻り高値を目前に一旦頭打ち(オレンジ○)、その後が基準線を押し目に最上昇(青○)となっていますので、過去に何度も解説していますが非常にエントリーしやすい足型になりますね。
利益確定は赤○、ルールに基づいて指値を設定しています(オレンジ矢印)。
じり高推移の為目標利益が小さくなってしまいましたが、特殊ルールを発動させても利益目標は変わらないと言う事で、今回は仕方なくそのままにしています。

その後は当日高値を何度も更新するような動きとなっていますが、大きな流れは依然下方向、前日の急落相場の様に強気でエントリーという訳には行きませんね。
明らかにストップのつきそうなポイントだけ慎重にロングと言うのが無難だと思います。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.4072 → 1.4080 +8PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ


本日週明け相場は早朝からユーロ売りが加速しています。
先週末はノルウェーがギリシャ支援を中止するとの報道により急落となったユーロドルですが、スペインで行われた地方選挙にて与党の社会民主党が大敗した事も影響したのかユーロ売りの流れが継続しており、本日は早朝時間外から先週末安値を割り込むと動きとなっています。
東京勢の参戦ではユーロドルでのドル買いが進んでいる事でドル円が82円台乗せとなるなど、クロス円はやや持ち直す動きも見られましたが、アジア株式が軒並み下げ幅を拡大していることからリスク回避の動きが優勢となっており、更には独5月製造業PMI・速報値が予想を大きく下回った事を受けユーロドルは一時1.3970まで下落、ドル円もクロス円の売りに押され81.32まで下落しました。

現在NYタイムではユーロ売りの方も一服となっていますね。
特に大きな材料は見当りませんが、目先のストップを取りきった事で自律反発的な動きが優勢となっているようで、ユーロドルは1.40ドル半ばまで上昇、ドル円も81円後半まで値を戻しています。


本日のトレードポイント

今日はなんといってもユーロドルですね。
1時間足を載せておきます。

0523eurusd60

先週末安値割れ(白いライン)を狙っていたのですが、早朝時間外で下抜けてしまいました。
東京タイムで揉み合いからの下抜けとなれば入りやすかったとは思いますが、そう上手くいきませんね。
本日は東京タイムでの動きを見極めてからの参戦となりますが、その後は東京市場オープン後に一旦反発も、8時につけた安値(オレンジのライン)を更新してきたと言う事でショートでエントリーしています。
その後は大きく下げたようですが、値動きのブレで同値撤退となってしまいました。

そして欧州勢参戦後の動きになりますが、こちらは16日につけた今月安値1.4048(赤のライン)割れですね。
過去に何度も記事にしていますが、急落相場での日足の安値更新は問答無用でショートです。
いつも通り強気に攻めてみましたが、またしても値動きのブレでストップをとられています。
しかし再び安値を更新する動きとなったのでしつこくショートでエントリー、なんとか利益確定となっています。
一応それぞれのエントリーポイントを白○、ポジションクローズを赤○で印しておきましたが、ちょっと分かりづらいですね。
細かいポイントは5分足の方でマイルールを適応して下さい。

結局1勝2敗(正確に言えば1勝1敗1引き分)、なんとも無意味なエントリーとなってしまいましたが、常に大きく反発する可能性がありますので仕方ないですね。
下がると分かりきっていれば、ロスカットせずに最初のショートを持ち続けているだけで大きな利益がでるのですが、結局は後になってみないと分かりませんね。
いかにリスクを小さくしながら大きな利益を狙えるか、これが一番大事かと思います。


本日のトレード結果

EURUSD S 1.4092 → 1.4092 +-0PIPS
EURUSD S 1.4045 → 1.4068 -23PIPS
EURUSD S 1.4038 → 1.4017 +21PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット