2011 / 04
≪ 2011 / 03 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2011 / 05 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は昭和の日、東京市場が休場の他、ロイヤルウェディングによりロンドン市場も休場となっています。
人民元の切り上げ観測により豪ドルドルが軟調推移となるとその他ドルストレートも下押しする場面も見られましたが、その後はすぐに買い戻される動きとなっています。
欧州タイムでは、ヒルデブランドSNB総裁が「商品価格上昇はインフレ圧力となりえる」「インフレには明確な上振れリスクがある」と発言した事でドルスイスが0.8643と過去最安値を更新する動きとなっており、その他ドルストレートでもドル売りが優勢となると豪ドルドルは前日高値を上抜け1.0963までと過去最高値を更新、ドル円も今週安値を割り込むと一時81.12まで下落しています。

現在NYタイムではドル売りの方も一服となっていますね。
週末を控え、一方的に進んできたドル売りポジションの調整が優勢となっており、低下傾向にあった米10年債利回りも持ち直す動きとなるとドル円は81円半ばまで上昇、その他ドルストレートもドル買いが優勢となっています。


本日のトレードポイント

ドル円1時間足です。

0429usdjpy60

FOMCの結果を受けたドル売りも各国市場を一巡、前日欧州タイムでつけた戻り高値81.85(上のライン)と、NYタイムで一旦下げ止まった81.40(下のライン)にラインを引いておきました。
本日東京タイムではレンジ内で揉み合い相場となっていましたので、どちらか抜けた方にエントリーしようかと思っていました。
東京タイムではSMA25付近(赤○)で上値が相当重くなっていましたので、明らかに下方向に行きたがっている様な相場でしたね。
その後は予想通り下抜けてきたと言う事でショートでエントリー(白○)しています。
週末相場と言う事で、20時を越えたら逆指値の方も解除しようと思ってましたので何とか間に合いました。
1時間足なので分からないかと思いますが、ルールに基づいた目標利益は6PIPS。
特殊ルールの発動なのですが、こちらのルールでも目標利益が6PIPSとどうにもなりません。
何を言っているのか分からないと言う方は、カテゴリーにありますマイルールの方をご確認下さい。
仕方ないので、今週安値81.25の少し手前の81.28に指値を設定しています。
あっという間に利益確定となっていますが、その後は81.12まで下げたようですね。
もうちょっと欲張っても良かったかもしれません。

一方ユーロドルの方はノーチャンス。
前日NYタイムでつけた安値1.4473割れを狙ってましたが、全く持って下抜ける気配が無いですね。
来週の動きに期待したいと思います。


本日のトレード結果

USDJPY 81.38 → 81.28 +10PIPS


ユーロドルのリバーサルハイデーは結局出現ならずでしたね。
ですが、本日は1.4877を高値に反落となっており、このままダブルトップを完成させるかに注目です。


一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日日本時間深夜に発表となったFOMCですが、目標レンジを0.00" 0.25%で据え置き、総額6000億ドルの国債購入額にも変更無しとノーサプライズとなっています。
声明文では、「インフレはここ数カ月で加速」とするも、「なお基調的に抑制されている」としており、発表直後はドル買いで反応するも、現状の金融政策維持を改めて確認した形となると各通貨ドル売りとなりました。
その後のFRB議長の会見でも、「FOMCは大幅な緩和政策を維持する」、「景気回復はわれわれが望むより遅い」、「多くの要因が景気回復を抑制」などハト派的な内容となると更にドルを売り込むような値動きとなっています。
ドル売りの流れは東京市場でも継続するとドル円はついに82円割れ、ユーロドルは1.48ドル乗せとなると、そのまま1.4881までと今年最高値を大きく更新、その他ドルストレートも軒並み高値を更新する動きとなっています。
日銀金融政策決定会合では、翌日物金利を0" 0.1%で据え置き、そして新型オペの規模30兆円および金融資産買い入れ規模も10兆円の据え置きを決定とノーサプライズ、日経平均は寄り付きから堅調推移となるともドル円でのドル売りに押されクロス円は軟調推移となりました。
その後欧州勢の参戦では、クロス円の売りに押されドルストレートも利食い売りが優勢となるとユーロドルも一時1.48ドル割れとなりましたが、米1" 3月期GDP・速報値が前期比年率+1.8%と、市場予想の+2.0%より弱い結果となった事でドル売りの流れが再開となると1.48ドル半ばまで上昇、ドル円は81.39までと当日安値を更新する動きとなっています。

本日発表の政策金利ですが、ニュージーランド準備銀行(RBNZ)はオフィシャル・キャッシュレートを現行の2.50%に据え置くことを発表しています。


本日のトレードポイント

ドル円1時間足です。

0428usdjpy60

前日記事をアップした直後の動きになりますが、週明けにつけた高値82.43を突破してきています。
戻り高値として意識されていたポイントになりますので、ロングでエントリーするのもありだったと思います。
私はFOMC前と言う事で見送りましたが、逃げ場は十分にあったようですね。
その後はFOMCを受け結局は全戻しとなっていますが、早朝4時に82.00付近で下げ止まっていますので、一旦戻してから次の下押しで下抜けて来た所(白○)がショートでま入りやすいポイントだったかと思います。
私の方は寝ている時間帯と言う事でチャンスを逃しました。

ユーロドルも同様、早朝4時に1.48ドル付近で上げ止まっていますので、東京勢の参戦で突破して来たポイントがロングのチャンスになりますね。
こちらも同時間帯と言う事で結局チャンスを逃しました。

それにしてもドル安が止まりませんね。
今回のドルストレートの上昇ははっきり言って異常です。
当日に手仕舞いする様なデイトレやスキャルピングならロングで入るのも問題ないとは思いますが、ここから新規で中長期的なロングポジションを持ち越していくのはかなりの勇気が必要だと思います。
それでもトレンドは誰がみても上方向と言う事で、ここで中長期的な逆張りのショートよりはロングの方が正解なんでしょうけど。


本日のトレード結果

無し


とりあえずはユーロドルはこのまま行けば日足で大きな上髭を残しそうです。
終値で1.4780を下回れば3月7日以来のリバーサルハイデーとなりますので、その辺りにも注目したいと思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

FOMCを控え小動き、と思いきや本日も早朝から激しい値動きとなっていますね。
特に大きな材料はなかったと思いますが、薄商いの中ユーロドルに仕掛け的なドル売りが入ると前日高値を上抜け1.4713まで急騰、つられるようにドル円も安値を更新する動きとなると81.26までの急落となっています。
そしてその他ドルストレートでも大きくドル売りが進んでおり、豪ドルドルは1.0851までと過去最高値を更新、ドルスイスも0.8668までと過去最安値を更新する値動きとなっています。
その後は日経平均が堅調推移となっている他、S&Pが日本のソブリン格付け見通しをネガティブに変更した事で円売りが優勢となるとドル円は82円台を回復、欧州勢に参戦でもそのまま上値追いの展開となると82.35まで急騰と、円全面安の展開となっています。

現在NYタイムでは円売りも一服となっていますね。
先程発表となった米3月耐久財受注が予想を上回るも反応の方は限定的となっています。
この後日本時間深夜25時30分にFOMCが予定されていますが、注目は27時15分から予定されているバーナンキFRB議長の会見ですね。
for an extended period(長期に渡って維持)の文言の変更、そしてQE2の期間短縮など、出口戦略に注目が集まっています。
前回はバーナンキFRB議長からは一時的とは言えインフレを懸念する発言も飛び出しています。
原油や金などの上昇にドル安、インフレ圧力も根強いですので、出口戦略が意識されるような発言には気をつけたいですね。
ポジションがかなりドル売りに偏っていますので、ドル買い材料が飛び出せばドルストレートの急落も十分にあると思います。


本日のトレードポイント

朝から激しい値動きでしたね。
ドル円1時間足を載せておきます。

0427usdjpy60

81.50の節目が意識されかなり下げ渋っていた(赤○)ドル円ですが、早朝に仕掛け的なドル売りによりついに下抜けましたね。
81.50より下には断続的にストップが溜まってそうなポイントと言う事で、ここを割り込んで来た所(1個目の白○)がショートのチャンスだったと思います。
ユーロドルが前日1.4660付近で何度も上髭を伸ばし上げ渋っていましたのでこちらも同時に狙っていたポイントになりますが、いつも通り完全に寝ていました。
その後は急反発となっていますが、短期的なトレードですので十分に逃げ場はあったと思います。

そして今度は夕方から急上昇してきた場面になりますね。
S&Pによる円売り材料が出た後の動きになりますが、前日は戻り高値として82円がかなり意識されていましたので(オレンジ○)、こちらも82円より上には断続的にストップが並んでいたと思います。
欧州勢の参戦により82円の乗せてきたポイント(2個目の白○)がロングのエントリーポイントになりますが、今日は体調が悪くて一日寝ており、結局ノートレードでした。
その後は予想以上に上昇していますね。
週明け高値82.43を手前に現在は失速していますが、この後FOMCでの動きで突破出来るかに注目したいと思います。


本日のトレード結果

無し


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日も早朝から激しい動きが続いていますね。
東京市場オープン前の動きになりますが、トリシェECB総裁が「強いドルは国益という見方を共有」と発言した事でユーロドルは売り優勢となっており、更にはウォールストリート・ジャーナル紙が「ユーロ圏の救済改革のタイミングを誤ればユーロの存続に影響を与える」と報じた事でリスク回避的な動きとなるユーロドルは1.4493まで下落、ドル円も先週末安値を割り込むと81.56まで下落しています。
その後は買い戻しの動きが加速するとドル円は81.99までの急上昇となりましたが、日経平均が軟調推移となっていることから再び81円台半ばまで押し戻されると、その他クロス円も上値の重い展開となっています。
しかし欧州勢の参戦ではユーロを中心に買い戻しの動きが優勢となっており、フェルド・ドイツ政府経済諮問委員が「ECBは年内に2回の政策金利の引き上げをするだろう」との発言を受け、そのまま上値追いの展開となると先週高値を突破し1.4652まで急上昇、その他ドルストレートも大きく値を戻しています。

それにしてもユーロは強いですね。
本日もフェルド・ドイツ政府経済諮問委員による「ギリシャの債務再編は避けられない」との発言や、2010年のギリシャ財政赤字の対GDP比が10.5%と、ギリシャ政府予想の9.4%を大きく上回った事でギリシャ-独債スプレッドが過去最大を記録していますが、全く材料視されていないようです。
全く持って理解出来ない動きが続いていますが、これがトレンドの力なので仕方ないですね。


本日のトレードポイント

ユーロドル1時間足です。

0426eurusd60

東京市場オープン直後の動きになりますが、前日記事したポイントを下抜けています。
今日はたまたま早起きしていたのでチャンスを逃さずに済みました。
いつも通り安値を更新してきた所(白○)でショートでエントリーしています。
1時間足なので分かりづらいですが、ルールに基づいた指値は1.4481、ボラティリティーの拡大に伴い利益目標がかなり大きくなってしまいました。
その後は1.4493を安値に反発、そのまま様子見するもこれ以上下げそうも無いという事で、かなり逃げ遅れましたが成行で利益確定(赤○)しています。

オレンジのラインを引いておきましたが、1時間足では拡大波動であるY波動を形成してますね。
一目均衡表の中でも私が最も苦手とする波動です。
いずれどちらかに放たれ大きく動くという事になりますが、非常に先が見えないですね。
暫くは無理をしないほうが良いかもしれません。


本日のトレード結果

EURUSD S 1.4521 → 1.4510 +11PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日はイースターマンデーです。
オセアニア市場に香港、ロンドン、その他多くの欧州市場が休場となっています。
薄商いの中、東京市場オープン前には仕掛け的な円売りが入るとドル円は82円乗せとなっており、その後も仲値にかけて需要のドル買いも入るとそのまま82.43まで急上昇となりました。
クロス円の上昇に伴いユーロドルも先週末の高値を突破すると一時1.4605までの上昇となっていましたが、NATO軍がリビアの首都トリポリで爆撃したとの報道を受けリスク回避的な動きとなると、今度は1.4524まで急落するなど荒っぽい値動きとなっています。
その後はドル買いの動きも落ち着くと「東電が原発事故の賠償のため海外を中心とした事業や子会社の売却を検討している」との報道を受け再び本邦勢によるレパトリが注目される形となっており、ドル円は上げ幅を縮小するとそのまま82円割れ、ドル売りが優勢のなかユーロドルも1.4627までと当日高値を更新する動きとなっています。

現在NYタイムではダウが軟調推移しており事もあり、ドルストレートを中心にドル買いが優勢となっていますね。
予想より強い米3月新築住宅販売件数も目立った反応は無し。
薄商いの中乱高下となるも、各通貨方向感を失った展開となっています。


本日のトレードポイント

ユーロドル1時間足です。

0425eurusd60

先週から持ち越していたショートポジションですが、朝起きたらストップ(赤○)にかかっており、敢え無く同値撤退となっています。
朝チャートを見たらストップにかかった後、既に急落していた状態だったのでなんとも悔しい感じでしたが、ストップを設定するという事はリスク回避が第一目的です。
大きな利益を逃す事よりも、大きな損失を出さない事の方が大事ですので仕方ないですね。
そしてこの同値撤退ですが、同値撤退を意識して同値に設定した訳ではありません。
先週末につけた戻り高値(1.4588)に白いラインを引いていますが、ここを突破してくると再び上昇トレンド入りとなる恐れがあるという事で、たまたま設定したポイントが同値付近だったと言う事です。
一度出た利益が損失に変わるのが嫌で、薄利のポイントや同値にストップを設定するとか言うのをよく見かけますが、無駄にストップを取られない様にする為にも必ず意味のあるレートに設定したいですね。
色々な考えがあるとは思いますが、個人的には勝率なんかにとらわれる必要はないと思っています。

話が長くなりましたが、その後は安値更新後の高値更新、とりあえずリスクばかり高い値動きとなっていますので一旦様子見しています。

とりあえずは新たな目先のレンジを形成(オレンジライン)したと思いますので、明日以降どちらに抜けるかに注目ですね。
上抜けでは先週高値と言うレジスタンスもすぐに迫ってきますので、個人的には下抜けでのショートの方が取りやすいと思っています。

そしてドル円。
こちらは東京市場オープン前の動きで先週末の高値更新となっていますので、短期的なロングのチャンスだったと思いますが、いつも通り寝ている時間帯と言う事で結局チャンスを逃しました。
と言う訳で今日はノートレードでした。


本日のトレード結果

EURUSD S 保有中 → 1.4595 +-0PIPS


スウィングポジションの決済につき今回も明細の方を載せておきます。

0425meisai01


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット