FC2ブログ
2011 / 03
≪ 2011 / 02 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2011 / 04 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NYタイムでは、多国籍軍がカダフィ大佐側の空軍基地を空爆したとの報道によりリスク回避的な動きが優勢となると原油や金は大幅上昇となりましたが、その後は世界の株式が堅調に推移した事もありリスク回避の動きもやや後退となっています。
日経平均も寄付きから堅調推移、前日ではウォーレン・バフェット氏が日本株に対し強気な見通しを示した事もあり買い先行となるとその後も上げ幅を拡大しており、中でも注目の東京電力は2日連続のストップ高で1000円台を回復、終わってみれば+401円の9608円で大引けとなっています。
為替相場の方は目立った反応は見られていませんが、日経平均は大幅上昇となっている事もあり円売りが優勢、クロス円は軒並み上昇となっています。

本日も材料不足の中ドルストレートは堅調ですね。
世界株式が堅調推移していることからリスク志向のドル売りとなっており、ユーロドルは前日高値を更新すると1.4247まで上昇、ポンドドルも英2月消費者物価指数が前年比+4.4%と、市場予想の+4.2%より強い結果となった事を受け買い優勢となると今年高値を更新し1.6399までの上昇となっています。
ドル円はドルストレートでのドル売りに押され上値は重いものの介入警戒感から底堅い動きとなっており、円全面安を支援する形となっています。


以下ロイターの記事です。

[東京 22日 ロイター] 外国為替市場で18日に実施された円売り介入の規模は5300億円程度だった可能性が、日銀の「当座預金増減と金融調節」からの推計で分かった。
市場では2兆円に上ったと見る向きが多かったため、予想外に小規模だったことになる。
「(市場が想定していなかった規模の)資金の引き揚げがあったか、日銀が非常に効果的な介入を実施したか、(同じ時間に)他の中央銀行から介入委託されたか、この3つの要因が考えられる」(バークレイズ銀行チーフFXストラテジストの山本雅文氏)との指摘があった。
「おそらく一番目の要因ではないか」(同)という。
18日は日本時間午前9時に円売り介入が始まると、ドル/円は79円付近から3円ほど上昇。
昨年9月に日本が単独介入した際は、過去最大の2兆1249億円で82円後半から3円ほど上昇したことから、今回も2兆円程度とみられていた。
5300億円という数字に、これまでのところ外国為替市場の反応は限定的。
ドル/円相場に大きな動意はない。
「介入規模は予想より小さかったが、市場は当局による介入へのコミットメントが弱いものだとは見ていない。介入に警戒している」(JPモルガン・チェース銀行の棚瀬順哉チーフFXストラテジスト)との声が出ていた。
日銀が22日に公表した「日銀当座預金増減要因と金融調節」(予想値)によると、23日の資金過不足は7300億円の払い超(資金余剰)で、うち「財政等要因」は払い超の8300億円だった。
為替介入の取引実効日は2営業日後であるため、18日のドル買い/円売り介入は23日の「財政等要因」の項目に払い超として反映される。
為替介入が実施される前の短資会社の予想では、23日の財政の払い超は約3000億円だった。
市場では、当初の予想値(3000億円)ときょう発表された払い超(予想値)の差が、円売り介入によって財政から市場に供給された円資金の金額とみている。
なお、予想値は、23日の午後に発表される速報値、24日の午前に発表予定の確報値によって改定される。
(ロイターニュース 久保 信博記者、森佳子記者)


正確な数値については後に外務省の方からも発表がありますので、気になる人はこちらの方からお調べ下さい→外国為替平衡操作の実施状況


本日のトレードポイント

今日もノートレードでした。
ユーロドルは前日高値の更新、条件満たしているトレードポイントがありましたが、日足でのチャネルの上限、そして長期的に見ても週足や月足での下落トレンドラインが近づいているという事もありますので、ロングの方は見送る事にしました。
月足の一目均衡表を載せておきます。

0322eurusdtuki

見やすくするために縦軸と横軸を全て消しています。
月足を載せるのなんて半年位振りでしょうか?
前回同様に注目するのは長期的な下落トレンドライン、そして一目均衡表の雲になります。
前回解説した日足でのチャネル上限に加え、長期的な下落トレンドラインにも接近(赤○)していますね。
一方雲の方は僅かに突破、明確なブレイクにつながるか騙しとなるかまだ分からないと言った感じになっています。
あらゆるレジスタンスが迫っていますので、長期のロングは勿論、短期の順張りトレードでも無理にエントリーする事はないと思います。
かと言ってここでの売りは完全に逆張りになります。
リスクリワードを考えればここでのショートもありかと思いますが、勝率も低く、明確にブレイクした位置にストップをおくとしても結構リスクをとらなくてはいけませんので難しい所ですね。


本日のトレード結果

無し

USDJPY L 77.29 → 保有中
USDJPY L 81.60 → 保有中(買い増し分)
USDJPY L 80.95 → 保有中(買い増し分)

*ポジションサイズの違いより、総獲得PIPS数と損益は一致しません


追記 22:45

現在ユーロドルはアイルランドの利払い遅延の噂により下がってきています。
このまま行けばリバーサルハイデーが出現しそうですね。
まだ日足は確定していませんが、実際リバーサルハイデーが出現となれば長期的な逆張りのショートも少しは入りやすくなるかと思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト
私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット