FC2ブログ
2011 / 03
≪ 2011 / 02 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2011 / 04 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

スペイン格下げ報道に伴うユーロ売りや原油価格の急落によるドル買いも一服、本日は新たな材料待ちとなっていました。
東京タイムでは、中国2月消費者物価指数や生産者物価指数が予想を上回った事で上海株式は軟調推移となっており、つられるように日経平均も下げ幅を拡大するとドル円も82.77まで下落しました。
そして東京市場クローズ間際になりますが、東北地方で震度7を観測する地震が発生した様です。
これを受け為替市場は円売りで反応となるとドル円は83.29まで急騰、その他クロス円も軒並み上昇となりました。
しかし高値では売りが優勢となると流れは一転リスク回避の円買いドル買いとなっており、ドル円は82.01まで下落、ユーロドルも安値を更新し1.3752まで下落、クロス円も軒並み急落となっています。

現在NYタイムでは円買いも方も一服となっていますが戻りは鈍いですね。
この後もクロス円は軟調推移が予想されます。


本日のトレードポイント

東北地方の地震発生により為替相場は乱高下となっていますね。
ドル円の高値更新からの急落、そしてユーロドルの安値更新、それぞれトレードポイントはあったと思いますが、地震によりそれどころじゃないと言う事で結局ノートレードでした。
ドル円は報道直後に円売りとなっていますが、最終的にはリスク回避の円買いですね。
北朝鮮の延坪島砲撃報道の時もそうでしたが、報道直後はアジア通貨売りとしてドル円も大きく上昇しましたが、最終的には株価の下落からリスク回避の円買いとなっています。
今回も同じ様な値動きが予想されましたから、ドル円が上昇している場面はロングで追いかける必要は無く、むしろ上昇した場面では売りで入るべきだったと思います。

そしてユーロドル、こちらも乱高下となっており非常に判断が難しい所ですね。
一応1時間足の方を載せておきます。

0311eurusd60

地震発生直後はドル円の上昇に伴いドル買いによりユーロドルは下落(オレンジ○)、その後はドル円の下落により高値を更新、そして最終的にはリスク回避のドル買いにより安値更新となっています。
最初に当日高値を更新してきた所(1個目の白○)ですが、ここは当日安値更新直後の高値更新、地震発生報道により乱高下となっていた事や、短期的な下落トレンドの最中、そして立て続けにレジスタンスも控えている事を考えれば無理にエントリーする必要もないですね。
ドル円同様その後の安値更新の方がむしろショートのチャンス(2個目と3個目の白○)だったかと思います。


本日のトレード結果

無し


それにしてもすごい地震でした。
マグニチュードは8.8、阪神・淡路大震災のマグニチュード7.3を遥かに越える規模だったようです。
私の住んでいる東京でも震度5強、今まで体感した事のない様な揺れでしたが、食器や花瓶など小物の落下程度で済んでおり、タンスや棚等は倒れていません。
一番大きな落下物はプレステーション3です。
まだ起動するか試してないのですが、もしかしたら壊れているかもしれません。
皆さんの住んでいる地域は大丈夫だったでしょうか?
今でも家の周りでは消防車や救急車の音がすごいです。
被害の拡大の方が心配されます。
一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

まず早朝の動きになりますが、RBNZ(NZ準備銀行)が政策金利を50bp引き下げ2.50%とする事を発表しています。
利下げは予想通りも下げ幅が25bpではなく50bpだったことを受けNZドルドルは0.7325まで急落、NZドル円も60.50まで急落しました。
その後NZドルドルは下げ幅を縮める動きとなりましたが戻りは鈍く、本日はNZドルドル主導でのドル買いが優勢となっています。
東京タイムでは豪雇用統計が発表されており、豪2月就業者数は-1万100人(予想は+2万人)、同失業率は5.0%(予想通り)と予想より弱い結果となった事で今度は豪ドルが急落、その後はすぐに大きな下髭を伸ばし買い戻されるも、NZドルドルでのドル買いに押されこちらも上値の重い展開となっています。
全般的にドル買いが優勢のなか、欧州タイムではムーディーズがスペイン格下げしたとの報道により今度はユーロが急落していますね。
ユーロドルは前日安値を下抜けると次々とストップを巻き込み1.3804まで下落、ユーロ円も114.33まで下落しました。
そして注目の英金融政策委員会(MPC)ですが、イングランド銀行は政策金利を0.50%で据え置き、資産購入枠も2000億ポンドで据え置く事を発表しています。
据え置きは予想通りとなっていますが、こちらは利上げ期待が高まっていた為発表後はポンド売りが優勢、ポンドドルは一時1.6063までの急落となっています。
そしてポンドルでのドル買いに押されユーロドルは1.38ドルを割り込むと1.3795まで下落、ドル円は83.16まで上昇と、ドル全面高となっています。

現在NYタイムでは先程発表となった米新規失業保険申請件数が39.7万件と、市場予想の37.6万件より弱い結果となった事でドル売りで反応するも値動きの方は限定的ですね。
ドルストレートも上値の重い展開が続いています。


本日のトレードポイント

今日はゴトビと言う事で、東京タイム仲値前に目覚ましをかけて早起きしたんですが、あまりの眠さにそのまま寝る事にしました。
チャートを見返してみると仲値直前に82.80付近まで上昇、仲値発表直後に82.70付近まで下落していますから、エントリーしていれば多少は利益が出たかと思います。
仲値を利用したトレードについては過去記事の方を参照下さい。
過去に何度か解説してますので、どこかにあると思います。
今日は適当ですいません。

と言う訳でユーロドルです。

0310eurusd5

昼頃からのチャートになりますが、起きたのが14時頃、既にエントリーポイントを2箇所も逃していました。
一番上のラインは東京タイムの安値割れ、真ん中のラインは前日NYタイム、深夜26時につけた安値割れ、そして一番下は前日安値の1.3855割れになります。
最初の2箇所は逃していますが、注目はルールに基づいた最初のエントリーポイントからのリミットが次のブレイクポイントと一致している事ですね。
わざわざ指値を設定し利益確定と同時に再エントリーするもの無意味ですので、そのまま次のエントリーポイントでのターゲットに変更するか、大きな利を伸ばす為に基準線の上抜けまで放置と言う選択があったと思います。
どちらをとってもそこそこに利益が出るような値動きでしたね。
非常にもったいなかったと思います。
そして3つ目の白○、こちらは前日安値割れでのショート、特に解説も必要ないですね。
いつも通り赤○で利益確定となっています。


本日のトレード結果

EURUSD S 1.3852 → 1.3834 +18PIPS


ユーロドルは待ってましたのた急落ですね。
相場と言うのは上昇よりも下落の方がスピードが速いですので、特にブレイクアウトをメインとしたトレードをしている人にはやはり急落相場の方が取りやすいと思います。
自分の相場感とも一致してきましたので、ぼちぼち成行で大きな利を目指すトレードに切り替えたい所ですが、それでも日足等の中長期はまだ上方向と言う事でまだ暫くは指値を設定していきたいと思います。
このまま先月末の安値1.37ドルを割り込むと下向きとなる可能性が高まりますが、まだ大きな流れでのトレンド転換には遠いですね。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット