FC2ブログ
2011 / 03
≪ 2011 / 02 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2011 / 04 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NYタイムではイラン当局と反体制デモ隊が衝突との報道や、米戦艦がリビアに向かったとの報道を受けリスク回避的な動きが優勢、ダウ平均も大幅下落となりましたが、本日も早朝からリスク回避の流れを受け継ぐ形となっています。
日経平均は寄付きから大きく下落となるとクロス円も軟調推移、キーNZ首相が「NZ準備銀行が政策金利を引き下げることには歓迎」と発言した事でNZドルドルが急落となるとその他ドルストレートもドル買いが優勢となっており、ユーロドルもNYタイムで下げ渋った1.3760付近を下抜けると1.3743まで下落しました。
しかし欧州勢の参戦ではユーロドルが反発、ユーロ圏1月生産者物価指数が前年比+6.1%と、市場予想の+5.7%を大きく上回った事で買戻しの動きが加速すると再び1.38ドル台乗せとなっており、そのままストップをつけると1.3841までと前日高値付近までの上昇となっています。
そしてNYタイム、先程発表となった米2月ADP全国雇用者数は+21.7万人と、市場予想の+18.0万人を大幅に上回る結果となっていますが反応の方は限定的ですね。
発表直後は大きくドル買いで反応、ドル円は82.09まで上昇しましたが、その後はすぐに押し押し戻される動きとなると逆に安値を目指す動きとなり81.75まで下落、ユーロドルは2月2日の高値を更新すると1.3866まで上昇しています。


本日のトレードポイント

今日はドルとユーロドルでトレードしていますが、ユードル1時間足を載せておきます。

0302eurusd60

前日日本時間28時の動きになりますが、立て続けにサポート割れ(白○3連続)となっています。
当日安値割れから前日の安値割れ、狙っていたポイントですが完全に寝ている時間帯と言う事でチャンスを逃しています。
その後は28時、そして8時と1.3763を安値にダブルボトムとなっていましたが、昼後の動きで再度下押し安値を更新してきたと言うことでショートでエントリーしています。
利益確定は赤○、いつも通りルールに基づいて指値を設定しています。
そして欧州勢の参戦では急上昇、当日高値を更新してきていますが、オレンジ○でも囲ってある様に1時間足の方が条件を満たしていないと言う事でこちらの方は見送りとしました。
前日の安値、そして本日8時につけた戻り高値が1.3786と一致、入りやすいポイントだっただけに残念ですね。
ポイントがポイントなだけに思い切ってエントリーしてもよかったとは思いますが、やはりルールを守る方が大事と言うことで、そちらを優先しました。
その後も前日高値を更新していますが、既にストップを取りきった後の動き、更には非常に上値の重くなっていた1.38ドル半ば(緑○)と言う事で見送っています。
こちらの方は今年最高値の更新、重要ポイントの突破と言うことでエントリーしても問題はなかったと思います。


本日のトレード結果

EURUSD S 1.3760 → 1.3748 +12PIPS
USDJPY L 82.00 → 82.07 +7PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京タイムからクロス円の買戻しが優勢となっていますね。
日経平均も寄り付きから堅調推移、その他予想を上回る豪1月小売売上高を受けリスク志向の動きが優勢となるとドル円も82.22まで上昇しています。
注目のRBA政策金利発表は現行の4.75%で据え置き、「現在の金融政策は適切」「豪ドル高がインフレを抑制」との声明文に売りで反応、豪ドルドルは当日高値の1.02ドル付近から1.01ドル半ばまで下落しています。
ユーロドルはドル円でのドル買いや、豪ドルドルでのドル買いに押され欧州勢の参戦では一時1.3786まで下落しましたが、その後はポンドドルが急反発となった事でユーロドルも連れ高となると、独雇用統計では独2月失業者数が-5.2万人(予想は-1.8万人)、同失業率は7.3%(予想7.4%)と予想より強い結果となった事や、ユーロ圏失業率も予想より強い結果となった事もあり1.3853までと前日高値付近までの上昇となっています。

先程発表となった米2月ISM製造業景況指数は61.4と、市場予想の61.0より強い結果となっていますが、米1月建設支出が前月比-0.7%と、市場予想の-0.4%を大きく下回った事でややドル売りで反応、ユーロドルは再び1.3850まで上昇しました。
しかしバーナンキFRB議長が「商品価格の高騰は一時的なインフレにつながる可能性がある」と発言した他、「今年の経済成長は勢いをつける見込み」と発言した事でドル買いとなるとユーロドルは一時1.3795まで下落、ドル円は82.20まで上昇しています。
現在ではドル買いの方も一服、FRB議長の発言に一喜一憂の展開となっています。


以下ロイターの記事です。

[ウェリントン 1日 ロイター] ニュージーランドの民間調査機関ニュージーランド経済研究所(NZIER)は、2月22日にクライストチャーチを襲った地震の影響で、2011年の経済成長率がゼロ%前後にとどまる公算が大きいとの予想を示した。
また、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は年内いっぱい金利を据え置くとみられるが、利下げを検討する可能性もあるとしている。
NZIERの主任エコノミスト、シャムビール・エーカブ氏は「利下げの必要はあるかもしれないが、中銀は実施に踏み切る前に(地震による)影響を完全に調査する必要がある」と述べた。
食品価格と燃料価格の急上昇で経済への圧力が一段と高まっていることから、今年の経済成長率見通しは0.3%に下方修正された。
暫定的な推定値によると、少なくとも148人の死者が出ている地震からの復興に必要なコストは130億ニュージーランドドル(98億米ドル)前後に達する可能性があるとみられている。


本日のトレードポイント

今日はドル円とユーロドルです。
久しぶりにドル円でトレードしていますのでドル円の方を解説します。
5分足です。

0301usdjpy5

先月24日ではリビアの政情不安からリスク回避の円買いによりドル円が急落となっていますが、翌日のゴトビに仲値での需要買いなども入りつけた戻り高値82.06にラインを引いています。
急落後につけた最初の戻り高値の突破という事でもエントリーポイントとしては定番中の定番ですね。
ここを突破して来たポイント(白○)でロングでエントリーしています。
その後の動きも特に言うことは無いですね。
ルールに基づいて設定した指値(オレンジ矢印)でそのまま利益確定となっています。


本日のトレード結果

USDJPY L 82.09 → 82.21 +12PIPS
EURUSD S 1.3797 → 1.3788 +9PIPS


ユーロドルは2月2日の高値1.3861を目前に上値の重い展開が続いていますね。
時間足、1.3850付近ではこれで3度目の反発です。
急落の前兆でしょうか?
それとも大きな上昇トレンドへ向けての第一歩なのでしょうか?
明日のADP全国雇用者数と金曜日の雇用統計で大きな流れが決まりそうですね。
引き続きどちらに抜けるか注目したいと思います。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット