FC2ブログ
2011 / 02
≪ 2011 / 01 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - 2011 / 03 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リビア関連の報道による値動きも一服、徐々に落ち着きを取り戻していますね。
NZドルの方はキーNZ首相が国家非常事態宣言を発令した事もあり朝方は売り先行となっていましたが、ムーディーズによる格付け見通しの変更が無いと伝わるとその後は買い戻しが優勢となりました。
東京タイムではイエメンで死傷者が出た報道や、米国が自国民をリビアからマルタに移送させるとの報道により円買いが優勢となるとドル円82.53まで下落しましたがその後は材料不足、前日から大きく売られていたクロス円の買戻しが優勢となっています。
注目のMPC議事録は、政策金利の0.50%据え置き、資産購入枠の2000億ポンドへの据え置きを3対5対1で決定した事を発表しています。
センタンス委員、ウィール委員に続き、新たにデール委員が利上げを主張した事で発表直後はポンド買いとなっていますが、、事前に噂で買われていた事もありその後は上げ幅を縮小する動きとなっています。
尚、センタンス委員はこれまでの25bpから50bpに利上げ幅を変更した模様です。


本日のトレードポイント

今日も東京タイム午前に大きく動いていますね。
普段自分がカバーしていない時間帯なのでここで動いてしまうとどうにもならないですね。
ユーロドル1時間足を載せておきます。

0223eurusd60

赤矢印を見ても分かると思いますが、週明けから激しい動きが続いています。
多少のブレイクはあるも結局はレンジと言う事で、順張りでトレードするには厳しい値動だと思います。
本日も東京タイムオープン直後に前日の高値を突破(一番下のライン)していますが、すぐ上には週明け欧州タイム高値と東京タイム高値と言うレジスタンスが控えていますのでちょっとロングでは入りづらいですね。
本日15時には週明けの高値(上から2番目のライン)を突破して来たと言う事で、ここがいつものロングのエントリーポイント(白○)と言いたい所ですが、週明け早朝時間外では1.3724と言うレートをつけています。
どこまで意識され有効なレートか分からないと言う事で、本日も様子見としました。

ちょっとやりづらい相場が続いていますが、とにかくチャンスを待つしかないですね。
結局は負けない事が一番大事ですので、自分の得意なパターンが出るまでは辛抱強く待ちたいと思います。


ノートレードばかりで申し訳ないので、おまけでドル円日足を載せておきます。

0223usdjpyhi

急上昇も一服、ようやく下押しして来ました。
先々週末に、大きな上昇トレンド突入の可能性を秘めつつも一方的な上昇によりパワー不足、移動平均線との大幅な乖離から一旦は25日線までの下押しがあると記事にしたかと思いますが、とりあえずは昨日今日の値動きで25日線までの下押しも完了(赤○)ですね。
明日以降の動きですが、ここを押し目として再上昇できるか、上値が重くなって下落トレンド突入か、赤矢印で示しておきましたがこのどちらかのシナリオになります。
押し目を待っていた人にとっては絶好の押し目買いポイントになりますが、北アフリカ、中東の政情不安からリスク回避的な動きが続いていますので、特に下抜けには気をつけたい所です。
結局は動きだしてみないと分かりませんが、これからポジションを取ろうという方、または既にポジションをもっている方はしっかりと値動きの方をイメージしておき、シナリオからそれた場合には慌てずに行動に移せるようにしておきたたいですね。



本日のトレード結果

無し


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は中東の政情不安にリビアで広がる反政府デモ、そしてNZでは大地震が発生と、早朝から為替相場は大荒れとなっていますね。
オセアニアタイムではリビア関連の報道が相次ぐなかドル円は83.51まで急騰、クロス円も軒並み高値を更新しました。
その後はすぐにもとの水準に戻す動きとなりましたが、今度はNZで大地震が発生したとの報道によりリスク回避的な動きが優勢となっており、ドル円は83円を割り込むとストップをつけ82.83まで下落、NZドルドル主導でドルストレートも大きく下落しておりクロス円も急落となりました。
東京タイムでは日本の政府債務格付けの見通しをネガティブに変更との報道が伝わると今度は円売りが優勢、ドル円は再び83円台半ばまで上昇しましたが、その後は徐々に上げ幅を縮小する動きとなるとまたしても急落となっており、当日安値を僅かに更新すると一時82.80まで下落しています。
一方ドルストレートはドル円でのドル買いにより下げ幅を拡大しており、NZドルドルは0.7452まで下落、ユーロドルも先週末安値を割り込むと1.3525までと急落となりましたが、メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁が「ECBは3月3日に上向きインフレリスク警戒公算」と発言した事で今度はユーロドルが急上昇、今度は当日高値を更新する動きとなると1.3693まで上昇しています。

ちょっと今日は値動きに秩序が無いですね。
早朝のドル円の急騰は完全に意味不明ですが、またミスヒットか何かが原因でオプショントリガーが発動したんじゃないかと個人的には思っています。
本当の理由は結局分かりませんが、ドルストレートはたいしてドル買いとなっていないのに僅か数分でドル円だけ50PIPS程度上昇し、そしてその数分後には元のレートまで戻っているというのは誰がどう見ても普通じゃないですね。


以下ブルームバーグの記事です。

2月22日(ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は、ECBが来週の政策決定会合でインフレをめぐる文言を強め、数カ月以内に政策金利を引き上げる用意があることを示唆する公算があると述べた。
メルシュ総裁は21日のルクセンブルクでのインタビューで、「物価安定のリスクが上向きにあると大半のメンバーが判断しても驚かないだろう」と言明。
景気の勢いが強まり、インフレ率がECBの2%弱の目安を上回っていることから、「金融政策スタンスの再調整」が必要となるのは必至だと続けた。
時期的なめどには言及しなかった。
ECBは3月3日の次回政策委で、最新の景気見通しも公表する。
メルシュ総裁は、ECBのエコノミストが2011年のインフレ見通しを昨年12月時点の1.8%から2%超に引き上げると見込んでいる。
1月のインフレ率は2.4%に上昇した。
同総裁は「現在の問題は12年についてだ」とし、インフレ率が「一時的な上昇で済むのか、あるいは高止まりするのかということだ」と述べ、「二次的な影響次第だ」と指摘した。
さらに、メルシュ総裁は、政策当局が来週、「若干下向きに傾いている」としている景気見通しリスク判断を変更する可能性があるとも語った。


本日のトレードポイント

今日は早朝から大きく動きましたね。
ドル円にユーロドル、共に寝ている時間帯と言う事で完全に逃しました。
ドル円、1時間足を載せておきます。

0222usdjpy60

前日高値と、週明けなんとか下げ止まっていた83円のサポートにラインを引いています。
レジスタンス抜けでのロング、サポート割れでのショート、どちらも条件の方は満たしていますね。
エントリ出来る状態にあった人は入っても良かったと思います。
チャートを見たら既に高値を更新した後に急落し、更に安値も更新していて流石にびっくりです。
ユーロドルもドル円とほぼ同ポイントがエントリーチャンスでした。
その後もチャンスはありましたが、値動きの方が意味不明なので結局今日は様子見としました。
リスクばかり高い状態ですので、やはり無理にエントリーする事もないですね。


本日のトレード結果

無し


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット