2011 / 02
≪ 2011 / 01 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - 2011 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

2/28(月) 〔予想〕 (前回)

06:45 NZ1月貿易収支 〔0.25億NZドルの赤字〕 (2.50億NZドルの赤字)
08:50 1月鉱工業生産 〔+4.0%〕 (+3.3%)
17:00 コスタ・ポルトガル中銀総裁、ソクラテス・ポルトガル首相、ドス=サントス・ポルトガル財務相、講演
19:00 ユーロ圏1月消費者物価指数・確報値(HICP、前年比) 〔+2.4%〕 (+2.4%)
19:00 ショイブレ独財務相、講演
21:00 南ア1月貿易収支 〔−〕 (103億ランドの黒字)
22:30 米1月個人所得 〔+0.4%〕 (+0.4%)
22:30 米1月個人消費支出 〔+0.4%〕 (+0.7%)
22:30 米1月コアPCEデフレーター(前月比) 〔+0.1%〕 (±0.0%)
22:30 加12月GDP 〔+0.3%〕 (+0.4%)
22:30 加10−12月期GDP(前期比年率) 〔+2.9%〕 (+1.0%)
22:30 加10−12月期経常収支 〔−〕 (175億加ドルの赤字)
22:30 ダドリー米NY連銀総裁、「経済見通し」について講演
22:45 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
23:45 米2月シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 〔67.9〕 (68.8)
翌0:00 米1月中古住宅販売保留件数指数 〔-2.5%〕 (+2.0%)
翌0:30 米2月ダラス連銀製造業活動指数 〔+14.1〕 (+10.9)


3/1(火) 〔予想〕 (前回)

エルドアン・トルコ首相、バローゾ欧州委員長、ファン=ロンパイEU大統領、会見
英国債入札(40億ポンド)

08:30 1月失業率 〔4.9%〕 (4.9%)
08:30 1月有効求人倍率 〔0.58倍〕 (0.57倍)
09:30 豪10−12月期経常収支 〔70.0億豪ドルの赤字〕 (78.3億豪ドルの赤字)
09:30 豪1月小売売上高 〔+0.3%〕 (+0.2%)
10:00 中国2月製造業PMI 〔52.1〕 (52.9)
12:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 〔4.75%で据え置き〕 (4.75%で据え置き)
12:45 10年国債入札(2兆2000億円)
15:45 スイス10−12月期GDP(前期比) 〔+0.5%〕 (+0.7%)
15:45 スイス10−12月期GDP(前年比) 〔+2.7%〕 (+3.0%)
16:00 英2月ネーションワイド住宅価格 〔-0.2%〕 (-0.1%)
17:55 独2月失業者数 〔-1万3000人〕 (-1万3000人)
17:55 独2月失業率 〔7.4%〕 (7.4%)
17:55 独2月製造業PMI・確報値 〔62.6〕 (62.6)
18:00 ユーロ圏2月製造業PMI・確報値 〔59.0〕 (59.0)
18:30 英2月製造業PMI 〔61.5〕 (62.0)
18:30 英1月消費者信用残高 〔+1億ポンド〕 (+2億ポンド)
18:30 英1月マネーサプライM4(前年比) 〔−〕 (-1.5%)
19:00 ユーロ圏2月消費者物価指数・速報値(HICP、前年比) 〔+2.4%〕 (+2.4%)
19:00 ユーロ圏1月失業率 〔10.0%〕 (10.0%)
23:00 カナダ銀行(BOC)政策金利発表 〔1.00%で据え置き〕 (1.00%で据え置き)
翌0:00 バーナンキFRB議長、上院銀行委員会において半期金融政策報告
翌0:00 米1月建設支出 〔-0.5%〕 (-2.5%)
翌0:00 米2月ISM製造業景況指数 〔60.5〕 (60.8)


3/2(水) 〔予想〕 (前回)

独国債入札(50億ユーロ)
ブラジル中央銀行(BCB)、政策金利発表 〔50bp引き上げ11.75%に〕 (50bp引き上げ11.25%に)

09:30 豪10−12月期GDP(前期比) 〔+0.6%〕 (+0.2%)
09:30 豪10−12月期GDP(前年比) 〔+2.6%〕 (+2.7%)
18:30 英2月建設業PMI 〔−〕 (53.7)
19:00 ユーロ圏1月生産者物価指数(前年比) 〔+5.6%〕 (+5.3%)
21:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (+13.2%)
21:30 米2月チャレンジャー人員削減予定数(前年比) 〔−〕 (-46.1%)
22:00 ポーランド国立銀行、政策金利発表 〔3.75%で据え置き〕 (25bp引き上げ3.75%に)
22:00 ホーニグ米カンザスシティ連銀総裁、講演
22:15 米2月ADP全国雇用者数 〔+18.5万人〕 (+18.7万人)
翌0:00 バーナンキFRB議長、下院金融サービス委員会において半期金融政策報告
翌0:30 米週間原油在庫(前週比) 〔−〕 (+82万バレル)
翌4:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
翌4:15 ロックハート米アトランタ連銀総裁、「経済見通し」について講演


3/3(木) 〔予想〕 (前回)

英国債入札(50億ポンド)

08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
09:30 豪1月住宅建設許可件数 〔-3.0%〕 (+8.7%)
09:30 豪1月貿易収支 〔15.50億豪ドルの黒字〕 (19.81億豪ドルの黒字)
10:00 バーナンキFRB議長、講演
10:00 中国2月非製造業PMI 〔−〕 (56.4)
10:30 野田日銀審議委員、熊本県金融経済懇談会において挨拶
17:55 独2月サービス業PMI・確報値 〔59.5〕 (59.5)
18:00 ユーロ圏2月総合PMI・確報値 〔−〕 (58.4)
18:00 ユーロ圏2月サービス業PMI・確報値 〔57.2〕 (57.2)
18:30 英2月サービス業PMI 〔53.9〕 (54.5)
19:00 ユーロ圏10−12月期GDP・改定値(前期比) 〔+0.3%〕 (+0.3%)
19:00 ユーロ圏10−12月期GDP・改定値(前年比) 〔+2.0%〕 (+2.0%)
19:00 ユーロ圏1月小売売上高 〔+0.3%〕 (-0.6%)
21:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表 〔1.00%で据え置き〕 (1.00%で据え置き)
22:30 トリシェECB総裁、記者会見
22:30 米新規失業保険申請件数 〔−〕 (39.1万件)
22:30 米10−12月期非農業部門労働生産性・確報値(前期比年率) 〔+2.6%〕 (+2.6%)
22:30 米10−12月期単位労働コスト・確報値(前期比年率) 〔-0.6%〕 (-0.6%)
翌0:00 米2月ISM非製造業景況指数 〔59.7〕 (59.4)
翌1:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、「労働市場と金融政策」について講演
翌2:15 ロックハート米アトランタ連銀総裁、講演
翌5:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁、会見


3/4(金) 〔予想〕 (前回)

19:15 ビーニ・スマギECB理事、講演
20:50 ゴンザレス=パラモECB理事、ケープタウンで講演
22:30 米2月非農業部門雇用者数 〔+17.5万人〕 (+3.6万人)
22:30 米2月失業率 〔9.1%〕 (9.0%)
22:30 米2月民間部門雇用者数 〔+17.5万人〕 (+5.0万人)
翌0:00 米1月製造業受注指数 〔+2.2%〕 (+0.2%)
翌0:00 加2月Ivey購買部景況指数 〔−〕 (41.4)
翌0:00 メキシコ銀行(中銀)、政策金利公表 〔4.50%に据え置き〕 (4.50%に据え置き)
翌0:25 トリシェECB総裁、パリで講演
翌6:00 イエレンFRB副議長、パリで講演


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明け窓埋め戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前3時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

今週はリビア情勢の緊迫化を受け、リスク回避的な円買いスイスフラン買いが大きく進んだ一週間となりました。
原油先物は一時100ドルを突破、逆相関の高いドルは全面安となっており、ドルスイスは過去最安値を更新すると0.9224まで下落、ドル円は81.62まで下落しています。
一方ユーロドルは、ビーニ・スマギECB理事による「ユーロ圏のインフレは予想以上に高い」との発言や、メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁のタカ派発言を受けそのまま上値追いの展開となると1.3837まで上昇していましたが、サウジアラビアが原油を増産した事で原油価格が反落となった他、英10-12月期GDP・改定値が予想を下回った事でポンドドルが軟調推移となるとユーロドルも連れ安となり1.3723まで下落、そのまま安値圏で週末NY市場をクローズとなっています。

週明けからの動きですが、特にドル円の81.50以下のストップを試すような動きには気をつけたいですね。
3月4日には米雇用統計も控えていますので、今週も荒れ相場が予想されます。


テクニカル分析:ユーロドル

日足です。

0226eurusdhi

週末金曜日の動きでリバーサルハイデーが出現しています。
私のブログを毎日見ていると言う方にはもうお馴染みですね。
2月頭にも解説したかと思いますが、2月2日以来の出現となっています。
途中2月7日にはリバーサルローデーの方も出現していますが、先々週はドル円、そして先週はトレードシナリオの方を記事にしてしまいましたので解説の方を忘れていました。
前回同様リバーサルハイデーが出現したポイントを白○、ローデーの方をオレンジ○で囲っています。
なんどもしつこい様ですが、リバーサルハイデーの出現で売り、リバーサルローデーの出現で買い、去年からこれを繰り返しているだけで大きく勝てるような値動きが続いています。
相場は基本同じ様な事の繰り返しですので、とにかくこれが通用する間は黙ってシグナルに従えといった感じでしょうか?
それでも短期的な逆張りはしたくないと言う人もいると思いますので、そういう人は逆に利益確定のポイントとすればいいと思います。
前回はトレードシナリオについて解説しましたが、長期的な上昇トレンドとしてのシナリオを描いている人は2月14日に1.34ドル半ばでロングポジションをとっていると思いますので、そのような人は今回のリバーサルハイデーの出現で利益確定すると言うことになりますね。
逆に、今回新たに短期のショートポジションを取りまだ保有しているという人がいるならば、次のリバーサルローデーの出現で利益確定すると言うのもありかと思います。
前回解説したトレードシナリオについてはこちら→時間軸を用いたナンピン式逆張り型順張りトレードとトレードシナリオ

今回も週明けから大きな下落となるでしょうか?
結局は動きて見ないと分かりませんが、大きな下落に期待しつつも動き出すのを待ちましょう。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明け窓埋め戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前3時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NYタイムでは、ガイトナー米財務長官が「産油国には不足に対応する生産力がある」と発言した他、国際エネルギー機関(IEA)がリビアからの原油供給に障害が起きても埋め合わせをすることができるとの見解を示したことから原油価格は下落、リスク回避的なドル売り円買いも一服となると本日は早朝からクロス円の買戻しが優勢となっています。
日経平均も買戻しが優勢となるとドル円は82円台乗せとなっており、ユーロ円も113円台を回復、その他クロス円も大きく上昇しました。
しかし欧州タイムに発表となった英10−12月期GDP・改定値が前期比-0.6%と、市場予想の-0.5%より弱い結果となった事でポンド円が下落するとその他クロス円も連れ安となっており、ドル円も上げ幅を縮小する展開となっています。

現在NYタイムも欧州通貨は上値の重い展開が継続していますね。
先程発表となった米10−12月期国内総生産(GDP)改定値が前期比年率+2.8%と、市場予想の+3.3%を大きく下回った事で、発表直後はドル売りで反応しましたが一時的となっており、ポンドドルはそのまま下げ幅を拡大すると1.6029まで下落、ユーロドルも1.3723まで下落しています。


以下ロイターの記事です。

[フランクフルト 25日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)が25日発表した1月のユーロ圏マネーサプライM3伸び率(季節調整済み)は、前年同月比プラス1.5%となり、12月の同プラス1.7%から鈍化した。
民間向け信用の伸び率のうち貸出は前年比プラス2.4%と、12月のプラス1.9%から加速したが、M3の伸びが鈍化したことで、域内における物価圧力の著しい高まりが存在しないことが示された。
欧州中央銀行(ECB)当局者からは最近、域内のインフレ率が目標を上回って加速していることを受けて、タカ派的な発言が目立っていたが、今回のデータを受けて、当局者の間でインフレ懸念が和らぐ可能性がある。
ウニクレディトのエコノミスト、キアラ・コーサ氏は「M3の伸び率鈍化を受け、中期的な物価リスク懸念をめぐりECBへの圧力が高まることはないことは確実だ」と指摘した。


本日のトレードポイント

ユーロドル、1時間足です。

0225eurusd60

またしても東京タイム午前に動きだしていますね。
一番上にラインになりますが、前日24時につけた高値1.3820を東京タイム8時に突破してきています。
普段カバーしていない時間帯と言う事でいつも通りチャンスを逃していますが、今日はむしろラッキーでした。
大きくストップがつく事もなくすぐに反転していますので、大きく負ける場面ではないですが逃げ場も無かったと思います。
その後も再度上値試しとなるも上昇は1.3837まで、完全にパワー不足ですね。
週末相場と言う事もあると思います。

そして真ん中のラインは前日欧州タイムでの急上昇後の最初の押し目ですね。
オレンジ○でも囲っておきましたが、弱気の落とし穴(騙しの買いサイン)となって上昇した後、21時につけた安値1.3758になります。
こちらを割り込んで来たところ(2個目の白○)が本日1時間足の条件を満たしているショートのエントリーポイントになりますが、既に週末相場NYタイムでの動きですのでいつも通り無理にエントリーする事はないと思います。

現在でもユーロドルは売り優勢となっていますが、前日急落後の安値1.3704を割り込むと流れが大きく変わりそうです。
その後は1.36ドル半ばまで目立ったサポートもありませんので、急落には気をつけたいですね。


本日のトレード結果

無し


一週間お疲れ様でした。



1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NYタイムから再開したリスク回避的な動きですが、本日も東京タイムから円買いの方が優勢となっています。
米著名金融レポート・メドレーレポートが、豪州の政策金利は予想以上に上昇すると配信した事で豪ドルドルは買戻しが優勢となっていますが、ドル円での円買いが大きく進んでいることから豪円の方は上値の重い展開となっています。
中東やリビアの政情不安を受けた原油価格の上昇により原油先物は100ドルを突破、原油と逆相関の高いドルは大きく売られる展開となっており、そしてリスク回避的なスイスフラン買いも進むとドルスイスは過去最安値を更新、一時0.9240までの下落となっています。
東京タイムではドル売りが優勢となるなか、ユーロドルは前日高値の1.3785付近まで上昇していましたが、上値の重さを確認するとムーディーズがキプロスの格付けを引き下げた事も影響し1.3704まで急落となりました。
しかしその後は急速に買い戻しが進むとユーロ圏2月経済信頼感が107.8と、市場予想の106.8より強い結果となった事もあり1.3806まで上昇しています。
一方ドル円はリスク回避の円買いの方が進んでおり、そのまま下げ幅を拡大すると81.65まで下落していますね。
先程発表となった米新規失業保険申請件数は39.1万件と、市場予想の40.5万件より強い結果となっていますが、米1月耐久財受注や米1月シカゴ連銀全米活動指数が予想より弱い結果となった事で反応の方は限定的、現在もドル円は安値圏での推移となっています。


本日のトレードポイント

ドル円は前日NYタイムに下げ止まった82.32割れ、ここがショートのエントリーポイントになりますが、またしても東京午前の仕掛けとなっておりチャンスを逃しています。
と言う訳でユーロドルです。

0224eurusd5

前日NYタイムでの急上昇後、日本時間27時と28時につけた押し目1.3732にラインを引いておきました(下の方のライン)。
ここを欧州勢の参戦に割り込んで来た所(白○)がいつものエントリーポイントになります。
ルールに基づいた指値の方は1.3703、僅かに届かず反転してしまいましたのでそのまま成行で利益確定(赤○)しています。
ちょっと反発のスピードが速く若干逃げ遅れていますが仕方ないですね。
その後は上値の重くなっていた1.3785を突破して来た所もエントリーポイント(2個目の白○)になりますが、当日安値を更新した直後の動きと言う事で様子見としました。
逃げ場はありましたので、思い切ってエントリーした方は多少の利益は出せたかと思います。

その他前日の記事をアップした直後にもユーロドルでトレードしていますが、こちらは2月9日に日足での戻り高値となっていた1.3743越えですね。
当日にも20時21時と同レート付近で1時間足ではレジスタンスを形成していましたので、かなり入りやすいポイントだったかと思います。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.3746 → 1.3762 +16PIPS(前日分)
EURUSD S 1.3730 → 1.3710 +20PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

リビア関連の報道による値動きも一服、徐々に落ち着きを取り戻していますね。
NZドルの方はキーNZ首相が国家非常事態宣言を発令した事もあり朝方は売り先行となっていましたが、ムーディーズによる格付け見通しの変更が無いと伝わるとその後は買い戻しが優勢となりました。
東京タイムではイエメンで死傷者が出た報道や、米国が自国民をリビアからマルタに移送させるとの報道により円買いが優勢となるとドル円82.53まで下落しましたがその後は材料不足、前日から大きく売られていたクロス円の買戻しが優勢となっています。
注目のMPC議事録は、政策金利の0.50%据え置き、資産購入枠の2000億ポンドへの据え置きを3対5対1で決定した事を発表しています。
センタンス委員、ウィール委員に続き、新たにデール委員が利上げを主張した事で発表直後はポンド買いとなっていますが、、事前に噂で買われていた事もありその後は上げ幅を縮小する動きとなっています。
尚、センタンス委員はこれまでの25bpから50bpに利上げ幅を変更した模様です。


本日のトレードポイント

今日も東京タイム午前に大きく動いていますね。
普段自分がカバーしていない時間帯なのでここで動いてしまうとどうにもならないですね。
ユーロドル1時間足を載せておきます。

0223eurusd60

赤矢印を見ても分かると思いますが、週明けから激しい動きが続いています。
多少のブレイクはあるも結局はレンジと言う事で、順張りでトレードするには厳しい値動だと思います。
本日も東京タイムオープン直後に前日の高値を突破(一番下のライン)していますが、すぐ上には週明け欧州タイム高値と東京タイム高値と言うレジスタンスが控えていますのでちょっとロングでは入りづらいですね。
本日15時には週明けの高値(上から2番目のライン)を突破して来たと言う事で、ここがいつものロングのエントリーポイント(白○)と言いたい所ですが、週明け早朝時間外では1.3724と言うレートをつけています。
どこまで意識され有効なレートか分からないと言う事で、本日も様子見としました。

ちょっとやりづらい相場が続いていますが、とにかくチャンスを待つしかないですね。
結局は負けない事が一番大事ですので、自分の得意なパターンが出るまでは辛抱強く待ちたいと思います。


ノートレードばかりで申し訳ないので、おまけでドル円日足を載せておきます。

0223usdjpyhi

急上昇も一服、ようやく下押しして来ました。
先々週末に、大きな上昇トレンド突入の可能性を秘めつつも一方的な上昇によりパワー不足、移動平均線との大幅な乖離から一旦は25日線までの下押しがあると記事にしたかと思いますが、とりあえずは昨日今日の値動きで25日線までの下押しも完了(赤○)ですね。
明日以降の動きですが、ここを押し目として再上昇できるか、上値が重くなって下落トレンド突入か、赤矢印で示しておきましたがこのどちらかのシナリオになります。
押し目を待っていた人にとっては絶好の押し目買いポイントになりますが、北アフリカ、中東の政情不安からリスク回避的な動きが続いていますので、特に下抜けには気をつけたい所です。
結局は動きだしてみないと分かりませんが、これからポジションを取ろうという方、または既にポジションをもっている方はしっかりと値動きの方をイメージしておき、シナリオからそれた場合には慌てずに行動に移せるようにしておきたたいですね。



本日のトレード結果

無し


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。