FC2ブログ
2011 / 01
≪ 2010 / 12 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2011 / 02 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京タイムからユーロドルの買いが優勢。
ユーロ圏各国が救済基金の融資の条件の変更を検討しているとの報道や、加盟国への融資可能額の拡大やアイルランドへの金利引き下げとの報道により、前日高値1.2991を突破すると1.3013まで上昇しました。
日経平均や上海株式は寄り付きから堅調推移、ドルストレートメインでリスク志向の動となっており、前日急落した豪ドルドルも大きく値を戻しています。
その後はノーベル経済学賞を受賞したピサリデス氏が「スペイン破綻ならユーロ終焉の恐れ」、「EUにはスペイン救済の資源がない」と発言した事でユーロドルは東京タイム安値付近まで押し戻さる場面も見られましたが、今度は欧州委員会がポルトガル支援を準備しているとの報道により、再び高値を目指す展開となると1.3045までと大きく上昇しています。
注目されていたポルトガル国債の入札は、入札倍率は前回より上昇、平均落札利回りも低下するなど良好な結果となっていますが、既に楽観的な見方によりユーロドルが上昇していた為か、結局は材料出尽くしから売られる展開となると再び1.29ドル半ばまで下落しています。

現在NYタイムではクロス円が大きく上昇していますね。
米12月輸入物価指数は前月比+1.1%(市場予想は+1.2%)と若干下振れしたものの、前月分が上方修正された事で目立った反応は無し。
米債利回りが上昇している事からドル円は83円半ばまで上昇しており、一方ドルストレートもダウ平均が堅調に推移している事でリスク志向のドル売りとなる等、円全面安を支援する形となっています。


本日のトレードポイント

今日はユーロドルです。

0112eurusd5

東京タイムの高値1.3015と雇用統計後の高値1.3018にラインを引いておきました。
東京タイムでの上昇も雇用統計後の高値手前で一旦頭打ちとなっていましたので、戻り高値としてかなり意識されていたと思います。
いつも通り欧州勢の参戦で当日高値を更新してきた所でロングでエントリーしていますが、レジスタンスラインが近かった為、本日はまとめて突破して来た所(白○)でエントリーしています。
日足等の大きな流れは依然下方向と言う事で、ここもルールに基づいて指値を設定しています。
指値の方は当日高値からのブレイクにするか、雇用統計後の高値のブレイクどちらにするか迷いましたが、大した差も無いという事で、一応エントリーポイント(雇用統計後の高値ブレイク)から設定(オレンジの矢印)しています。
その後はポルトガル債の入札前までにきっちり到達していますね。
文句なし、完璧なトレードだったと思います。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.3021 → 1.3042 +21PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京タイムから豪ドルが大きく下落しています。
豪11月貿易収支が予想を下回る結果となった事で上値が重い展開となっていましたが、クイーンズランド州で広がる洪水の被害が更に拡大するとも見方から売りが優勢となりました。
被害は既に都市部のブリスベンにまで広がっており、市街地の一部で住民が避難、石炭を港湾に輸送する鉄道も止まるなど、経済損失は50億ドルにも及ぶとされているようです。
豪ドルドルは0.99ドル半ばから0.9819まで下げ幅を拡大しており、豪ドル円も軟調推移となっています。
一方ユーロドルは野田財務相が「ユーロ圏が今月下旬に共同して大型起債を予定しており、日本政府は2割超程度を購入する」と発言した事で1.2991まで急上昇、ユーロ円も107.83まで上昇していますね。
その後はPIIGS-独債スプレッドが再び拡大している事や、ベルギー債のスプレッドまでが過去最大を記録した事で1.2913まで下落する場面も見られましたが、再び1.29ドル後半まで上昇するなど底堅い動きが継続しています。

現在NYタイムでは米債利回りの上昇にあわせ再びドル買いとなっており、ドル円は83.50付近まで上昇、ユーロドルは1.29ドル前半での動きとなっていますね。
明日12日にはポルトガル債、そして13日にはスペインとイタリア債の入札が予定されています。
前日にも記事にしましたが、最近は入札後にユーロドルが大きく上昇するパターンがほとんどです。
ポジションが大きくショートに偏っているだけに急上昇には気をつけたいですね。


本日のトレードポイント

今日は出掛けており忙しく、結局ノートレードでした。
ユーロドル1時間足を載せておきます。

0111eurusd60

年明けからの急落後、ついに1時間足の実体の方が基準線を突破(赤○)しました。
大きなトレンド転換が起こる際には1時間足→4時間足→日足等、短い時間軸から順番に変化していきます。
比較的大きな流れを確認することが出来る1時間足の転換は今回大きな意味があると思います。
そして現在4時間足の基準線の位置するレートが1.2990付近。
ポルトガルやスペイン、イタリア債の入札結果次第では更に大きな流れも変化する可能性がありますので、とにかく明日以降の動きに注目ですね。

さて本日のトレードポイントです。
ユーロドルは東京タイムに急上昇してきた所でロングのチャンスがありましたね。
1時間足と言う事で少し分かりづらいかもしれませんが、前日NYタイムでの上昇後に頭打ちとなった1.2963を突破して来た所(白○)がロングのエントリーポイントになります。
急上昇後に上髭を残しすぐに反落していますが、ルールに基づいた指値が1.2990~93ですので、エントリーしていればぎりぎり届いたとは思います。

そして先程の当日安値割れでのショート(2個目の白○)。
底堅い動きが継続しているなかの1.2900付近、更にはNYカットでの動きですのでエントリーは見送りましたが、仮にエントリーしてもストップついていたと思います。
そして更にはドル円の方も先程ロングのチャンスがあったようです。
こちらの方も雇用統計後の戻り高値83.31が接近して来ていると言う事で一旦見送っていますが、現在83.50付近まで上昇していますのでちょっともったいなかったですね。
結局両方見送りしましたが、仮に両方エントリーしていたとしても利益と損失で相殺だったとは思います。

その他前日記事をアップした直後にドル円をショートでエントリーしています。
こちらは雇用統計後の安値割れですね。
ターゲットもマイルール通りですので特に細かい解説も必要ないかと思います。


本日のトレード結果

USDJPY S 82.82 → 82.67 +15PIPS (前日分)


帰りが遅くなり記事更新が大変遅れました。
申し訳ありません。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット