FC2ブログ
2010 / 12
≪ 2010 / 11 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2011 / 01 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

今週は再び欧州ソブリンリスクに振り回された一週間でしたね。
週明けからはムーディーズが「米国の税制案により、今後2年間で米格付け見通しをネガティブとする可能性がある」と報じた事でドル売りが進行しましたが、注目されていたFOMCでは急上昇する米債利回りについて懸念を示さなかった事もあり再び米債の売りが進行、10年債利回りは一時3.5%を突破しておりドル円の方も84.49までと先週高値を更新しました。
米債利回りが高止まりしている事もありドルは底堅い動きとなっている一方ユーロは上値が重いですね。
ムーディーズによるスペインの格付け見通しを引き下げ、そして週末金曜日にはアイルランドを格下げした事で結局ユーロドルは行って来いとなっています。


以下ロイターの記事です。

[ニューヨーク 17日 ロイター] 17日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで2週間ぶりの安値に下落した。
ムーディーズがアイルランドの格付けを5段階引き下げ引き下げたこと、また国際通貨基金(IMF)が同国の財政赤字削減目標は達成が困難との見方を示したことで、ユーロが圧迫された。
この日まで2日間の日程で開かれていた欧州連合(EU)首脳会議では、2013年半ば以降の欧州安定メカニズム(ESM)設置に向け、EU基本条約を改正することで合意が得られたものの、欧州債務危機に対する懸念を払しょくするには至らなかった。
TEAMアセット・ストラテジー・ファンドのジェームズ・デイリー氏は「ユーロの下落につながる要因は数多くある。向こう2週間程度でユーロが1.26ドルまで下落する
可能性はある」と述べた。
この日の電子取引システムEBSの取引で、ユーロ/ドルは1.3133ドルと、2週間ぶりの安値をつけた。
その後、1.3181ドルと0.4%安で推移した。
シティのグローバル外為戦略部門を統括するスティーブン・イングランダー氏は、ユーロ圏の債務問題は中期的に解決すると見ているが、ユーロをめぐる取引は当面は「若干荒っぽくなる」と予想。
「年末を控え商いが薄くなっていることに加え、債務問題に対する包括的な解決法が見出されていないことで、当面はユーロに対してポジションをショートに傾ける向きが増えるとみられる」と述べた。
米経済の先行きをめぐっては、来週発表される経済指標に注目が集まっている。特に23日に発表される11月の米耐久財受注と個人所得・消費支出は第4・四半期の国内総生産(GDP)の伸び率を占う上で重要視されている。
CIBCワールドマーケッツはこのほど、第4・四半期の米成長率予想を3%に上方修正。
こうした上方修正により、ドル買いが進み、米10年始利回りは一段と上昇するとみられる。
TEAMアセットのデイリー氏は、米国債利回りの上昇は、米国の経済成長が加速するとの期待に基づいており、ドル相場には支援要因となるとの見方を示した。
同氏は、来週は市場参加者のポートフォリオ調整の動きにより、米国債利回りは低下する可能性があるとしながらも、2011年には再度上昇すると予想。
2011年末には10年債利回りは4─4.5%に上昇する可能性があるとしている。


テクニカル分析ユーロドル

先週に引き続きユーロドルの日足です。

1218eurusdhi

先月から面白い位に予想通りの動きですね。
今週週明けからの上昇により下落トレンドラインをブレイク、短期的にショートポジションに傾いていただけに急上昇となりましたが結局は行って来いとなっています。
11月末から注目しているN計算によるターゲットを再び赤いラインで引いておきました。
11月30日には見事ターゲットを達成したものの、今回はトレンドラインを一旦ブレイクしたことでひとまずは危機回避ですね。
ですが白○で囲った部分をみても分かる通り、25日線付近ではしっかりと跳ね返されています。
欧州問題はまだまだ長引きそうですから引き続き戻り売りが有利だと思いますが、年末相場、短期的には薄商いを狙った仕掛けが入っており方向感を失っています。
中長期的なスウィングトレードは振り回されそうですから、トレードするならデイトレやスキャル等の短期トレードで細かく取っていくのがいいかと思います。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の週明け窓埋め戦略も見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前3時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は週末相場、早朝からポジション調整の動きが優勢となっていますね。
前日1.3181までと大きく下落したユーロドルはNYタイムでの戻り高値を突破すると買戻しが加速しています。
欧州タイムではムーディーズによるアイルランドの格付けを引き下げとの報道が入り一旦は売りで反応する場面が見られるも、メルケル独首相による「欧州救済のためにできるすべてを我々は行なう」、「安定的で強いユーロを持つ重要性で合意」との発言や、予想より強い独lfoの結果を受けそのまま高値を更新すると1.3358まで上昇しました。
しかしアイルランドの格下げ報道が重石となりPIIGS-独債スプレッドは軒並み拡大しており、結局は戻りを売られると今度はストップをつけ急落、本日安値をわずかに更新し1.3223まで下落しています。
本日はこの後も大きな経済指標の発表は無し、週末相場ですので意味のある動きはしないとは思います。

以下ロイターの記事です。

[ブリュッセル 17日 ロイター] 欧州連合(EU)首脳会議は、新たに発行されるソブリン債の満期の長期化を目指すことで合意した。
ロイターが入手した声明草案で明らかになった。
声明草案は「メンバー各国は借り換えのピークを避けるため、新たに発行する債券の満期を中期的に長期化していくことで合意した」としている。
2013年半ばに導入が予定されてる恒久的なユーロ圏の救済メカニズムについて草案は、国債の債務再編時に民間投資家が損失を負担する可能性があることを確認している。
また、草案によると、2013年6月以降に発行されるユーロ圏の国債に集団行動条項(CAC)を適用する。
CAC条項を適用すれば、一部の債権者が反対しても、一定比率の債権者が同意すれば債務再編が可能になる。 
ただ、どの程度の債権者の同意が必要か具体的な数字への言及はない。
さらに、債務再編の手続きは、既存の国際通貨基金(IMF)の手続きと一致した形になるという。


本日のトレードポイント

ノートレードです。
今日は用事が忙しく、一日出掛けておりあまりチャートも見ていませんでしたが、トレードチャンスはドル円、ユーロドル共にあったようですね。
ユーロドルの1時間足を載せておきます。

1217eurusd60

本日は早朝から買い戻しの動きが優勢となっています。
赤○で囲っておきましたが、5時に基準線の方も突破してきていますので本日は買い場探しとなります。
エントリーポイントは白○。
1つ目の白○は前日高値の1.3265越え、こちらの方は説明不要ですね。
誰もが注目していたレートかと思います。
そして2つ目の白○ですが、12時につけた東京タイムの高値1.3296越えです。
完全にいつものパターンですので、毎日私の記事を見ている方は躊躇なくロングでエントリー出来たかと思います。

ドル円の方は前日にも記事にしましたが完全にイメージ通りですね。
戻り売りを狙っていた人はしっかりとれたかと思います。


本日のトレード結果

無し


一週間お疲れ様でした。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット