2010 / 12
≪ 2010 / 11 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2011 / 01 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

ギリシャショックに始まり、米追加緩和策、そしてアイルランドショックと今年も色々とありましたね。
なんだかあっという間の1年だったような気がしますが、これで2010年も終わりです。
皆さんも今年1年を振り返ったり来年の抱負を考えたりとそんな感じでしょうか?
今日は相場の事は忘れてゆっくりとお過ごしください。


と言う訳で今回も幻想楽団Sound Horizonを紹介いたします。

幻想楽団 Sound Horionとは

サウンドクリエイター【Revo】(作詞/作編曲)が主宰するアーティスト集団である。

幻想的な物語を音楽的に表現する為に相応しい楽団員を、その都度必要な人数を集めて編成するという希有なスタイルのグループであり、歌い手・語り手の人数・性別も限定はしていない。
Sound Horizonの音楽を一言で言えば『物語音楽』ということになるのだが、詩、歌、語り、効果音等を情景に合わせて駆使した物語描写が最大の特徴であり、それはアルバム1枚を組曲に見立て構成する『組曲形式』という形で鮮やかに表される。
 作品のコンセプトの根幹には、生と死、光と影、愛と憎しみ、喜びと悲しみといった、二面性を持つ人間の根源に関する問いかけがあり、聴き込む程に奥の深い内容となっている。

Sound Horizonが奏でる《物語》は、音だけではなくパッケージングされている要素すべてが揃うことにより更なる解釈が可能となり、毎回ジャケットを手掛けるYokoyan氏のイラストも【Sound Horizon】の幻想的な世界観を表現する上で、重要な役割を担っている。 (official websiteより引用)


今までに数多くの物語が発表されていますが、今回はStory Maxi 『聖戦のイベリア』から「石畳の緋き悪魔」をお楽しみ下さい。






今年は皆さん大変お世話になりました。
では良いお年を。

1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日も円高の方が進行していますね。
前日日本時間深夜で行われた米7年債入札が良好な結果に終わった事から米債利回りは低下、ドル全面安となっています。
ドル円の方は28日の安値81.81を下抜けると81.60まで下落、東京勢の参戦でも仕掛け的な売りが入っており、そのまま下げ幅を拡大するとオプション水準の81.50も突破し一時81.28まで下落しました。
ドル円の下げにつられるようにクロス円も大きく下落、そして円高の進行を受け日経平均も大幅下落と何だか悪循環となっていますね。
その後は材料不足、ドル円の方はやや戻りを試す展開となりましたがクロス円の売りに押され上値が重い様です。
欧州勢の参戦では、ドル買い戻しの動きが優勢となるなかユーロは堅調ですね。
ユーロポンドの大口の買いが入った様で、ユーロドルは28日の高値を上抜けると1.3289まで上昇、ユーロ円も108.29まで上昇とユーロ全面高となっています。
そしてNYタイム、先程発表となった米新規失業保険申請件数は38.8万件と、市場予想の41.5万件より強い結果となった事を受けドル買いで反応、ドル円は発表直前の81.43から81.60まで急上昇しましたがすぐに売り戻されており、再び方向感のない展開となっています。


本日のトレードポイント

今日も結局ノートレードでした。
前日記事をアップした後にユーロドルのロングとドル円のショートのチャンスがあったようですね。
ドル円の1時間足を載せておきます。

1230usdjpy60

2本のラインを引いておきました。
上の方のラインが前日記事にもしましたが、当日下げ渋っていた82.05付近、下のラインは28日の安値81.81です。
それぞれを下回ってきた所(白○)がいつものショートのエントリーポイントになります。
どちらのポイントも逃げ場はあったと思いますので、エントリー出来た方はしっかりと利益が出たかと思います。
現在では若干戻りを試していますが、赤○で囲ってある所を見ても分かる様にやはり1時間足の基準線で戻りを売られています。
明日以降も上値の重い展開が継続しそうですね。

ここ何日かはさすが年末相場といった動きですね。
今回の下落は米債利回りの低下に伴うドル売りと言われていますが、それでも今現在の10年債利回りは3.35%程度です。
11月半ばからの利回り上昇局面では、3%台の乗せた時には既に84円台まで上昇していましたので、今回のドル円の下落は完全にオーバーシュートしていると思います。
薄商いでは注文の数も少ないですので、一旦仕掛けが入ってしまうと意味もなく大きく動いたりします。
やはりいつもよりリスクだけ高いと言った状況になりますので、無理にトレードすることはないですね。


本日のトレード結果

無し


今年も明日で最後です。
最終日は駆け込み的なポジションクローズの動きも入ってきますので、無意味に上下したり、一方的な上昇や下落など、何が起こるか予測不可能です。
皆さんもトレードはせずに、今年最後の一日をゆっくりと過ごしましょう。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

前日NYタイムでは米債利回りの上昇に伴い、81.81から82.52までと急激に戻りを試したドル円相場ですが、本日は東京タイムからじり安推移、米債利回りが再び低下傾向にあることから戻りを売られる展開となっています。
そのまま下げ幅を拡大すると欧州勢の参戦でドル円は82.04まで下落、ユーロドルは1.3156まで上昇しましたが、その後はドル買戻しの動きが優勢となっています。
米債利回りにやや振り回される展開となりましたが、結局は材料不足ですね。
クロス円も小動き、完全に方向感を失っています。

以下ロイターの記事です。

[ニューヨーク 28日 ロイター] 28日の米金融・債券市場では、国債価格が下落。
この日実施された5年債入札が思わしくなかったことで幅広く売られた。
ただ、利回りが上昇したことで、翌日の7年債入札ではこの日の入札よりも多くの需要を集める可能性があるとの見方も出ている。
この日の5年債入札についてD.A.デビットソンの債券取引部門バイスプレジデント、メアリー・アン・ハーレー氏は「低調な入札だった。入札が実施された時点での水準
を下回った。応札倍率は前回入札から低下し、海外勢からの応札も低調だった」と述べた。
前日の2年債入札に続き、この日の5年債入札でも、ディーラーによる落札が半分以上を占めた。
最高落札利回りは2.15%となり、入札実施時の既発債の利回り水準より4.65ベーシスポイント(bp)高かった。
モルガン・スタンレーのアナリストによると、この日の5年債入札でのディーラーによる落札分は、2009年7月の入札以来最大となった。
米債券運用会社パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)の共同創設者ビル・グロース氏はCNBCのインタビューで、今回の入札は「債務
状況に関して米国が直面している問題を表している」との考えを示した。

5年債入札が低調に終わったことは、翌日の7年債入札の悪い前兆となるとの受け止め方も出ている。
TD証券の金利ストラテジスト、リチャード・ギルフーリー氏は「(この日の5年債入札は)一段の譲歩が必要となることを示しており、実際にそうなるとみてい
る」と述べた。
終盤の取引で、7年債は31/32安。利回りは2.88%と、前日の2.72%から上昇した。
WI(発行前)市場での利回りは2.91%。
5年債は18/32安。
利回りは2.16%と、前日終盤の2.02%から上昇した。
指標10年債は1─8/32安。利回りは3.49%と、3.33%から上昇した。
30年債は2─8/32安。利回りは4.54%と、4.40%から上昇した。

TD証券のギルフーリー氏は、中期債は売られ過ぎているとし、短期債と長期債よりも中期債に対するロングポジションを取ることを推奨している。
同氏は、29日の入札が終わればディーラーは1月初旬に予定される3年債、10年債、30年債の入札に備え始めるため、中期債には有利な状況となるとしている。
Tボンド先物3月限<3USH1>は1─29/32安の119─11/32。
Tノート先物3月限<3TYH1>は29/32安の119─01/32。

 
本日のトレードポイント

ドル円、ユーロドル共にトレードチャンスは無しです。
短期的には上下するも結局はレンジ相場でしたね。
一応ドル円、1時間足を載せておきます。

1229usdjpy60

前日の急落でつけた安値81.81と本日早朝につけた戻り高値82.52でラインを引いておきました。
ドル円の方は年内は様子見、チャンスがあってもトレードは見送りますが、一応このラインを突破して来た所が本日は順張りでのトレードチャンスになります。
先週辺りから急激な変動はないものの一方的にじりじりと動くパターンが多いですね。
前日NYタイムでは急上昇、本日早朝6時頃には1時間足の基準線の方を一時的に突破しましたが、結局は戻りを売られる展開となっています。
大きな仕掛けも無くじり安推移、赤○でも囲っておきましたが、基準線(SMA25)に沿った動きとなっておりかなり気持ちが悪いです。
1時間足の方が意識される相場となっていますが、非常にやりずらいですね。
無理にトレードする場面ではないと思います。

本日は82.05付近で底堅い動きとなっていますね。
目先のサポートをつけた状態ですので、明日移行オレンジの矢印の様な動きになったらサポート割れ、白○の部分がショートのチャンスになりそうです。


本日のトレード結果

無し


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京タイムからドル売りが優勢。
ユーロドルに仕掛け的なユーロ買い、ドル売りが入っており、前日の高値を上抜けると12月21日の高値1.3200も突破し、次々とストップを巻き込むとそのまま1.3254まで上昇しました。
中国の利上げ報道による円買いも一服、特に大きなドル売り材料はなかったかと思いますが、つられるようにドル円もドル売りとなっており、12月7日の安値82.33を下抜けるとこちらもストップを巻き込み一時81.81まで下落しています。
米債利回り低下によるドル売りとも言われていますが、正直利回り低下によるドル売りなのか、ドルが売られたから利回りが低下したのかはよく分かりませんね。
個人的には年末特有のあまり理由の無い仕掛けが原因だとは思っています。
クロス円の方も大きく円高となっており、ユーロ円は11月30日の安値を下抜けると108.70まで下落、ポンド円は今年最安値を更新し126.10まで下落しています。
円高が加速するなかスイスフランの方は堅調ですね。
ドルスイスは過去最安値を更新し0.9432まで下落、ユーロスイスも1.2484まで下落とスイス全面高となっています。
その後は東京タイム、欧州タイムと大きく買われていたユーロドルですが、対スイスでのユーロ売りが進んだことや、米債利回りが再び上昇し始めたこともあり、今度は当日安値を更新すると1.3093までの下落となるなど非常に荒っぽい動きとなっています。
NYタイムでは米10月S&Pケースシラー住宅価格指数や12月消費者信頼感指数、そして米12月リッチモンド連銀製造業指数が発表となっていますが、相場への影響は限定的ですね。
この後も年末特有の意味の無い動きが継続しそうです。


本日のトレードポイント

東京タイム午前の動きでユーロドルにチャンスがあったようですが、朝起きて気が付いたらすでに抜けていました。
ドル円の方も前日同様ショートのチャンスがありましたが様子見を継続、結局今日はノートレードとなっています。
一応ユーロドルの1時間足を載せておきます。

1228eurusd60

下の方のラインが前日の高値1.3170、上の方のラインが本日16時につけた押し目1.3211です。
本日8時半頃に前日の高値を突破して来た所(白○)がロングでのエントリーポイントになります。
前日の動きでは1.3170付近で2度跳ね返されていますので、比較的入りやすいポイントだったかと思います。
そのまま上げ止まる事無くあっという間に1.3235まで上昇していますので、ようやく上髭を残した5分足の終値1.3220、更なる上昇を期待しつつ次の上髭をつけた足での終値1.3235、ルール通りのストップ利確1.3225、どの道大きな利益が出る動きだったようです。
私の方は逃してしまいましたが、エントリー出来た方はラッキーでしたね。
その後はNY勢の参戦により急落、16時につけた押し目1.3211を割り込む様な動き(2個目の白○)となっていますが、こちらの方は赤○でも囲ってきましたが、1時間足の方が基準線の上で推移、条件を満たしていないという事でショートは見送りとなっています。


本日のトレード結果

無し


今日は飲み仲間と忘年会のようなものをしており、先程帰宅しました。
記事の更新が遅れてしまい申し訳ありません。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。
(Ctrlキーを押しながらクリックするとそのまま記事を読むことが出来ます)

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は早朝時間外から豪ドルの売りが優勢。
25日に発表となった中国の利上げが材料視され、上値の重い展開となっています。
東京市場タイムではリスク回避の動きも一服となると上海株式が上昇している事もあり、クロス円は徐々に買い戻される展開となりました。
しかし午後に入ると上海株式が再びマイナス圏に突入、結局豪ドル円は戻りを売られる展開となっており、ドル円の方も先週安値を割り込むと一時82.65まで下落しています。
現在では円買いの動きも一服、各通貨方向感の無い展開が継続しています。
完全に材料不足ですね。
本日は英国市場がクリスマス振り替え休日により休場、この後も大きな経済指標の発表もありませんので各通貨小動きが予想されます。


本日のトレードポイント

久しぶりにユーロドルの方にチャンスがやってきましたのでトレードしています。

1227eurusd5

先週末金曜日、18時につけた高値1.3147にラインを引いています。
ここを突破して来た所(白○)でいつも通りロングでエントリーしています。
日足等の大きな流れは依然下方向、更には年末相場、いつも以上に長く持っていたくないポイントですので、ルールに基づいて指値を設定しています。
指値の方は1.3171に設定していましたがあと2PIPSでしたね。(LIONのチャートは1.3170が高値になっていますが、外為オンラインの高値は1.3169)
わずかに届かず反転と言う事でそのまま成行で利益確定(赤○)しています。

今回の様にぎりぎり指値に届かないパターンって結構あると思います。
過去に解説してきたパターンでもそのまま成行決済としていますが、相場を見られる状態なら私はそのまま成行で決済してもいいと思ってます。
今回は1.3171に指値を設定して1.3169で反転、そのまま1.3165で決済となりましたが、その時点ではマイルールに基づいて設定しているロスカットレートが1.3134付近(オレンジ○)。
ロスカットレートは5分おきに再設定しますので時間の経過と共に変化はしますが、成行決済をした時点では残りの目標利益6PIPSに対して約30PIPSのリスクを背負ってる事になりますので、リスクリワードを考えても十分にありだと言うのは分かると思います。
今回のイメージとしては、1.3170で反転し1.3168になった時点で、OCOで1.3171にリミット、1.3165にストップ注文を出した、みたいな感じでしょうか。
これがエントリー直後に利益目標を低めに設定してしまうと典型的な損大利小になりますので、それとは違うと言う事は頭に入れておいてください。

今日はドル円が先週安値を割り込み安値を更新しています。
ショートでのトレードチャンスにはなりますが、先週にも記事にしたようにドル円の方は年内のトレードを見送りたいと思います。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.3151 → 1.3165 +14PIPS


今日はこの後は仮に動いたとしてもトレードはしません。
特にNYタイムも何もないと思いますので、少し早いですが記事の方をアップさせていただきます。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット