FC2ブログ
2010 / 11
≪ 2010 / 10 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2010 / 12 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は勤労感謝の日、東京市場が休場です。
前日欧州タイムから継続していたクロス円の売りも落ち着き東京タイムでは小動きが続いていましたが、北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃したとの報道によりアジア通貨の方が急落しています。
韓国ウォンドル主導で大きくドル買いとなっており、ドル円は報道直前の83.40付近から83.83まで急騰、その他ドルストレートも大きく下落しています。
その後は北朝鮮報道によるリスク回避的な動きも一服、1.3526まで下落していたユーロドルも予想より強い独11月製造業PMI・速報値やユーロ圏11月製造業PMI・速報値に反応し1.3598まで上昇、ドル円も再び83円台前半まで押し戻されていますね。

現在NYタイムではドルストレートを中心にドル買いが優勢となっていますね。
米7−9月期国内総生産(GDP)改定値が前期比年率+2.5%と市場予想の同+2.4%より強い結果となった他、メルケル独首相による「ユーロ圏は異例に深刻な状況下にある」との発言を受けPIIGS-独債スプレッドは再び拡大しており、リスク回避的な動きからユーロドルは1.3470までと下げ幅を大きく拡大しています。


以下ロイターの記事です。

韓国YTNテレビは、北朝鮮が少なくとも200発の砲弾を発射したと報道した。
韓国軍は、砲撃により、韓国側の兵士2人が死亡、17人が負傷し、民間人にも3人の負傷者が出たとしている。
北朝鮮は、今回の交戦について、韓国から攻撃してきたと主張。 
北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は、「われわれが繰り返し警告したにもかかわらず、韓国が午後1時から数十発の砲弾を発射した。
われわれは直ちに強力な反撃を行った」とする短い声明を伝えた。
北朝鮮側の被害については触れなかった。


本日のトレードポイント

久しぶりにドル円が動いた感じですね。
今日は1時間足です。

1123usdjpy60

まずは早朝4時の動きから。
前日の12時につけた安値83.33を下抜け(1個目の白○)ていますが、週明け早朝時間外に83.20(オレンジのライン)をつけていますのでブレイクポイントとしては弱いですね。
ショートでエントリーするのもありかと思いますが、どちらにせよ普通の人は寝ている時間ですのであまり関係なかったとは思います。
そして今日の動きになりますが、15時頃北朝鮮の砲撃報道を受けドル円が急上昇した場面ですね。
週明け月曜日の9時と21時に頭打ちとなっていた83.54、そして先週末金曜日のNYタイムの高値83.56を突破して来た所(2個目の白○)でロングでエントリーしています。
ドル円の方がいきなり上昇しだしたので何事かと思いましたが、直後にその時見ていたテレビの「ミヤネ屋」でも速報として入って来てましたね。
今日は祝日ですので、テレビを見ていて気付いた人も多かったと思います。
先週末にも解説しましたが、ドル円の83円台後半はあまりロングで持っていたくないと言う事でルールに基づいて指値を設定しています。
まさに天井付近での利確になってますから完璧でしたね。
指値の設定方法についてはマイルールをご確認下さい。

その他ユーロドルでもトレードしています。
こちらも北朝鮮報道でドル買いになった場面ですね。
東京タイム10時につけた安値1.3545割れでのショートとなっていますが、1.3526まで下落するもその後急反発してしまったので、ルール通り基準線の突破でロスカットしています。
結果論になりますが、ドル円が天井をつけるタイミングで底をつけてますから同時に決済するのが正解だったようです。


本日のトレード結果

USDJPY L 83.60 → 83.81 +21PIPS
EURUSD S 1.3542 → 1.3573 -31PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト



記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ


本日週明け相場は、EUとアイルランドの金融支援が合意したとの報道を受けユーロが急上昇しています。
ドル円相場は早朝時間外でユーロドルでのドル売りにつられるように83.20まで下落しましたがすぐに窓を埋める展開となっており、その後は落ち着いた動きとなっています。
東京タイムでは先週末に発表された中国の預金準備率の引き上げや香港の不動産引き締め策が発表されたことを受け、上海や香港株は寄付きから軟調推移となっていましたが、中国が所得税減税を行なうとの一部報道もありプラス圏を回復、リスク志向の動きとなっています。
そしてドルストレートの上昇に伴いオセアニア通貨も堅調推移となっていましたが、S&PがNZの格付け見通しをネガティブに変更した事でNZドルドルは本日高値0.7834から0.7729までの急落となっていますね。
一方ユーロドルは、PIIGS-独債スプレッドがアイルランドを中心に縮小している事もあり、欧州勢の参戦により1.3785まで上値を伸ばしていましたが、「想像以上に資本が必要になる」との報道や「アイルランドの緑の党が予算成立後に連立離脱へ」との報道が伝わると流れは一転、更にムーディーズがアイルランドの格付けを大幅に引き下げる可能性があるとの報道が伝わるとそのまま先週末NYタイムの安値も下抜け1.3615まで急落しています。
現在NYタイムでは、予想を下回る米10月シカゴ連銀全米活動指数によるドル売りも影響しユーロ売りの方も一服となっていますね。


以下ロイターの記事です

格付け機関のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、22日、ニュージーランドの外貨建てソブリン格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた事を受けたもの。格付けは「AA+/A—1+」で据え置いた。
現地通貨建て格付けとその見通しは、「AAA/A—1+」、「安定的」で変更されていない。
S&Pのソブリン格付けアナリスト、カイラン・カレー氏は「外貨建て格付け見通しは、財政の柔軟性が乏しくなっている中で、対外不均衡が拡大するとみられることに伴うリスクを反映したものだ。
ニュージーランド経済はオープンで多様化があまり進んでいないため外的ショックに弱いことも、景気回復や信用の質に対するリスクを高めている」と指摘した。
一方で、財政および金融政策の柔軟性、組織の強さ、経済の弾力性、通貨の活発な取引が、それらの弱さを補っているとの見方を示した。


本日のトレードポイント

ドル円は今日も狭いレンジでの推移、完全にノーチャンスです。
明日は勤労感謝の日で東京市場も休場ですからしばらく動かないかもしれません。
我慢の時ですね。

ユーロドルの方は先週半ばから買い優勢となっていましたので週末金曜日の高値1.3730の突破でロングでエントリーの予定でしたが、早朝時間外に既に突破してしまったと言う事で本日は様子見となりました。
結局は20時頃からの急落で全戻しとなっていますが、サポートをつけること無く下落していますのでショートで入るにもちょっと難しい感じですね。
ここはあせらずに明日以降の動きでまたチャンスを探したいと思います。

一応1時間足を載せておきます。

1122eurusd60


本日のトレード結果

無し


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット