FC2ブログ
2010 / 11
≪ 2010 / 10 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2010 / 12 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は東京タイムから落ち着いた動きとなっていますね。
前日NYタイムではアイルランドの財政懸念や中国の利上げ観測が重しとなりダウは大幅下落、日経平均も寄り付きから大幅安でのスタートとなりましたが為替相場には目立った反応は見られていません。
欧州タイムではレインデルス・ベルギー財務相による「EUは必要ならアイルランド支援で行動する用意がある」との発言や、オズボーン英財務相による「英国はアイルランドを支援する用意がある」、そしてレニハン・アイルランド財務相による「我々はユーロを守る」「アイルランドは完全にプロセスに参加する」との発言を受け、ユーロドルは1.3525まで上昇するも上値は重たくすぐに1.34ドル台に押し戻されています。
そして注目されていた英11月MPC議事録では、センタンス委員は25bpの政策金利引き上げを主張、そしてポーゼン委員は500億ポンドの資産購入枠の増額を主張とサプライズは無し。
「短期的なインフレ見通しは上振れ」「7−9月期の経済成長率は想定より強かった」との発言により買いで反応しましたが、ユーロドルでのドル買いにつられるように上げ幅を縮小しています。
現在NYタイムでは米10月消費者物価指数(CPI)が前月比+0.2%市場予想の+0.3%より弱い結果となった他、米10月住宅着工件数も51.9万件と市場予想の59.8万件より大きく弱い結果となった事を受けドル売りとなっていますね。
ユーロドルは再び1.35ドルを回復、ドル円も83.23まで下落しています。


以下FXWAVEからの記事です。

香港金融管理局(HKMA)の余偉文・副総裁は16日、米ドルと香港ドルのペッグ制を継続し、現段階で人民元との固定相場制に移行する可能性を明確に否定した。米ドルと香港ドルの為替レートについても現状の水準を維持する考えを示した。
『サウスチャイナ・モーニングポスト』が17日伝えた。
同副総裁は、過去27年間にわたりペッグ制を継続してきたとした上で、制度変更が投機家を呼び込むことにつながると指摘。
制度の見直しがペッグ制への信頼性を損ねるとの見方を明らかにした。
人民元とのペッグ制を採用しない理由としては、経済サイクルの面で依然として中国本土より米国との連動性が高い点を挙げている。


本日のトレードポイント

ドル円は底堅い動きが継続も小動き、前日のレンジ内での推移ですのでノーチャンスです。
ユーロドルも条件を満たさず本日はノートレードとなりましたが、前日記事をアップした後にチャンスがあったのでトレードしています。
本日の動きとあわせて確認出来るよう1時間足です。

1117eurusd60

一番上のラインになります。
前日欧州タイムで下げ止まった1.3573、これをNYタイムでの急落で下抜けてきた所がショートでのエントリーポイントになりますが、東京タイム9時につけた1.3560(2番目のライン)が近く反発の恐れもありましたので、安全の為に当日の安値割れ(白○)でエントリーしています。
日足でのサポートが1.3559、その次のサポートは1.3388まで無い状態と言う事で下げのスピードも速かったですね。
大きな利益が望めるポイントと言う事でもっと粘ってホールドしても良かったのですが、目標利益も達成しましたので、5分足で一旦反発した所(赤○)で利益確定しています。

本日はユーロ売りの方も一服、小動きが続いていますね。
東京タイム13時につけた高値1.3515(下から2番目)にラインを引いておきました。
ここを欧州勢の参戦で上抜けてきた所(オレンジ○)が1時間足でのレジスタンス越えと言う事でいつものトレードポイントになりますが、チャートを見ても分かる様にローソク足の方が基準線のSMA25(緑のライン)の下で推移ですので1時間足では売り継続の状態、マイルールでは条件を満たしていないと言う事で本日のエントリーは見送っています。


本日のトレード結果

EURUSD S 1.3556 → 1.3508 +48PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京タイムはドル売りが優勢。
ドル円の方は本邦輸出の売りも厚く、米債利回りも低下している事もありユーロドル主導でドル売りとなっています。
午後にかけてはダドリー米NY連銀総裁が「FRBの出口政策は数年先の可能性」と発言した事もありドル円は82.85まで下落、ユーロドルは1.3655まで上昇しました。
しかし欧州各国のソブリンリスクによるユーロ売りは根強くすぐに押し戻されており、その後のユーロ圏11月ZEW景気期待指数は+13.8と市場予想の+2.0より大きく強い結果となったものの反応の方は一時的となっています。
その後もドル円は底堅い動きが継続しており、ユーロドルでのドル買いもサポートし前日高値を更新、一時83.32まで上昇しています。
現在NYタイムではドル買いの方も一服していますね。
米10月生産者物価指数が前月比+0.4%と市場予想の+0.8%より弱い結果となった事もあり、ドル円は再び83.00付近まで下落しています。

追記

オーストリー財務省が「ギリシャは、次回支援受け取りの条件満たさず」「足元のデータは、ギリシャ支援の実行を正当化せず」と発言したことで再びユーロドルが下落していますね。
アイルランド支援にも難色を示しているとの事でユーロ売りドル買いが加速しています。
ユーロドルは本日安値を更新し1.3495まで下落、ドル円は83.50まで上昇しています。


本日のトレードポイント

今日はドル円とユーロドルです。
まずはユーロドル。

1116eurusd5

12時前と13時につけた高値1.3623にラインを引いておきましたが、実は前日NYタイムでも25時、26時、27時、28時と同レート付近で跳ね返されています。
1時間足の方では基準線を突破し買い転換したのが本日の12時と言う事で、1時間足の直近のレジスタンス越えからいつも通りロング(白○)でエントリーしています。
日足等の大きな流れが下方向、あまり長く持っていたくないと言う事でルールに基づいて指値を設定しようかとも思いましたが、5分足の方が基準線と乖離してない状態からのレジスタンス越え、ルール通り設定すると目標利益が10PIPSと非常に小さくなってしまいましたので、今回は成り行き決済としました。
指値の設定方法についてはマイルールの方をご確認ください。
エントリー後は急上昇しましたが1.3655を高値に大きな上髭を残し、更には次の足も大きな陰線が出てしまったと言う事で仕方なく薄利で決済(赤○)しています。

そしてドル円。
こちらは前日高値越えでのロングですね。
本日チャート解説は割愛させていただきますが、エントリー後も大きな伸びとならず基準線を下回ってきたのでルール通りロスカットしています。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.3627 → 1.3636 +9PIPS
USDJPY L 83.27 → 83.22 -5PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット