FC2ブログ
2010 / 10
≪ 2010 / 09 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2010 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京タイムは小動き。
前日NY勢の参戦ではドルの買い戻しとなりましたが、ドル買いの動きも一服するとそのまま方向感を失っていました。
野田財務相は「必要なら断固たる措置とる日本単独の姿勢、変わらず」「仮に為替介入回避の提案あっても日本は該当しない」「円急変なら各国に協力を呼びかける」と発言するなど、いよいよ80円割れが現実を帯びてきたと言う事で以前より円高牽制のトーンの方も強まってきています。
そして欧州勢参戦では特に材料はなかったものの、ドル円でのドル買戻しの動きが強まっており、前日NYタイムで越えられなかった80.87を突破するとそのまま81.19までと急上昇となっています。
一方ドルストレートではドル円でのドル買いに引っ張られユーロドルが軟調推移となっていますが、ポンドドルは英7−9月期GDP・速報値が前期比+0.8%と、市場予想の+0.4%を大幅に上回った事で買い優勢となっています。
クロス円でも既に円売りが優勢となっていたためポンド円は急上昇、S&Pの格付け見通しをネガティブから安定的に引き上げた事もあり、発表直前の126.90付近から現在では129.05までと実に200PIPS以上の上昇となっていますね。
そしてNYタイム、先程発表となった米8月S&P/ケースシラー住宅価格指数は前年同月比+1.70%と、市場予想の+2.10%より弱いものとなっていますが大きな反応は見られず、現在でもドル買戻しの動きが継続、ユーロドルは1.39ドルを割り込み現在では1.38ドル半ばまで下落しています。


本日のトレードポイント

今日はドル円とユーロドルでトレードしています。
まずはドル円、大きな流れが分かるように1時間足です。

1026usdjpy60

前日、ドル円はショートは見送り、短期的なロングでトレード出来そうなポイントのみ勝負と記事にしたかと思いますが、早速ロングのチャンスがやってきましたね。
1本のラインを引いておきました。
前日NYタイム27時に戻りを押さえられたレートと本日東京タイム8時につけた戻り高値が80.87と一致してましたので、ここを欧州勢参戦で突破してきた所(白○)が絶好のチャンスでした。
かなりの勢いがありあっという間に81.20まで上昇していますが、急落後の最初の戻りと言う事で大きな売りが待ち構えていたようです。
5分足でも大きな陰線が出現してきましたので様子見ながら利益確定(赤○)しています。

そしてユーロドル。
こちらは逆に東京タイム8時につけた安値を割り込んで来た所でのショートですね。
毎日私の記事を見ている方は、1時間足を確認してもらえばエントリーポイントもすぐに分かるかと思います。
1.3880より下は先週から買い優勢と言う事で欲張らずにすぐに利益確定しています。


本日のトレード結果

USDJPY L 80.91 → 81.05 +14PIPS
EURUSD S 1.3904 → 1.3880 +24PIPS


前日記事にするのを忘れてしまいましたが、昨日はいつものトレードの他に実験的な超短期のスキャルトレードもしています。
こちらは以前解説した5分足を使ったスキャル手法とはまた別の手法となっています。
週末にでもまた限定公開にて記事にしてみようかと思いますので、お楽しみに。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は早朝時間外からドル売りが加速。
ドル円は81.05まで下落、ユーロドルは1.3995まで上昇しました。
G20では競争的な通貨の切り下げ回避で合意も、ドル安是正については何も出なかったとの見方がドルの売り安心感につながっているようです。
その後は東京市場オープンに向けて各通貨窓を埋める動きとなるも、トヨタ自動車が想定レートを1ドル=80円へ修正することで検討に入ったとの報道や、東芝社長は1ドル=70円を想定し経営体制の構築を進めると表明したとの報道もありドル円は15年ぶりの安値を更新、そのままストップをつけ80.40まで下落しています。
ユーロドルの方も早朝時間外につけた高値を突破すると一時1.4079まで上昇していますが、IMFのエコノミストが「ユーロは過大評価に近い水準にあり、これ以上ユーロ高が進めばユーロ圏の経済成長に悪影響が及ぶ」と発言した事によりユーロ買いの方も一服となっています。


本日のトレードポイント

今日はドル円、ユーロドルにチャンスがありました。
ドル円の方は15年ぶりの安値を更新でショートのチャンスですが、歴史的な安値の水準が迫っているという事で前回同様見送りとしています。
先週までは小幅に安値更新となるもすぐにもどす展開となってましたが、今回はロングの投げもある程度出たようですね。
やはり変動相場制移行後の最安値、79.75を試さないとマーケットは許してくれないようです。
完全に介入催促相場です。
無理にショートで入る場面ではないので、引き続き短期のロングで入れそうな場面のみトレードしていこうかと思っています。

と言う事で今日のトレードはユーロドルです。
大きな流れを確認するために1時間足です。

1025eurusd60

重要ポイントは2箇所、2本のラインを引いておきました。
上のラインは中国利上げ報道で急落後、21日につけた戻り高値1.4049、下のラインは週末金曜日に何度も頭を押さえつけられた1.3970付近です。
下の方のラインは早朝時間外で突破してしまったと言う事で、かなり狙っていたラインなのですがトレード出来ず。
こればっかりは仕方ないですね。
その後は東京市場オープン前までに下押しし、再度突破(3つ目の赤○)してくるも既にブレイク後という事で無理にロングでエントリーしなくてもいいかと思います。
今日はノートレードを覚悟してましたが、その後も上昇の勢いは止まらず重要ポイント1.4049(上の方のライン)を突破してきましたので仕方なくロングでエントリーしています(白○)。
結局は1.4079まで上昇もすぐに反転してしまいましたので仕方なくロスカットしています。

それにしてもユーロドルは1.40ドル台は重いですね。
ドル円は安値を徐々に切り下げる展開となっていますが、ユーロドルの方はバーナンキ発言でつけた1.4158をいまだ突破できずにいます。
今回は欲張って結局ロスカットになってしまいましたが、もともと1.40ドル台はあまりロングで入りたい水準ではないですので指値でも設定してすぐに利益確定してしまった方が良かったのかもしれませんね。
明日からは1.40ドル台が定着するまで以前にも解説したルールに基づいた指値を設定していこうかと思います。


本日のトレード結果

EURUSD L 1.4053 → 1.4052 -1PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット