FC2ブログ
2010 / 10
≪ 2010 / 09 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2010 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

G20の方が閉幕しました。
以下ロイターの記事です。

[慶州(韓国) 23日 ロイター] 韓国の慶州で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は23日、閉会後に発表した共同声明の中で、通貨の競争的な切り下げを回避することで合意したと発表した。
 声明は為替相場について「経済ファンダメンタルズを反映し、より市場で決定されるシステムに移行」する必要があると指摘。そのうえで「通貨の競争的な切り下げを回避する」と表明した。
 また、「準備通貨を持つ国々を含む先進国は、為替レートの過度の変動や無秩序な動きを監視する」と述べた。
 世界経済については「ぜい弱であり一様ではないが回復を続けている」とした上で、「多くの新興国では力強い成長が続いているが、多くの先進国は活動ペースは緩やかなままだ。下方リスクは残っており、国ごとにも地域ごとにも異なる」との認識を示した。
 世界的な不均衡問題に関しては「過度の不均衡を削減し経常収支を持続可能な水準で維持するのに資する、あらゆる政策を追求する。大規模な対外不均衡を、今後合意するガイドラインに照らして評価する」との考えを示した。
 IMF改革については、クォータを倍増するとともに、新興国や途上国に6%以上のクォータ・シェアを移転することで合意したと明らかにした。


以前から中国政府当局者は、米国の金融緩和がドル安を招いていると批判していましたが、今回はドイツのブリューデレ経済技術相も米国の流動性拡大策は為替操作に当たると批判しています。
各国から強い反対があった事で、ガイトナー米財務長官が提案した経常収支数値目標は流石に受け入れられなかったようですね。
野田財務相はG20終了後の記者会見で、個別の為替政策については議論しなかったことを明らかにし、「日本の為替対応については理解が得られている」「依然として必要な時は断固たる措置をとる姿勢は変わらない」 と述べており、また声明によりドル、ユーロ、円はより安定するとの見通しを示しています。
ガイトナー米財務長官も「ドルについては、この機会を利用して、米国の政策は強いドルを支えることであることをあらためて確認したい」と述べてますので、今回のG20を市場がどの様に評価するかですが、大きくドル買いで反応する可能性は十分にあると思います。


週明け月曜は窓埋めトレードの日です。
こじろうさんブログの日曜の記事では私の窓埋め予想を見る事ができます。
気になる人はこじろうさんのブログへ→無料自動売買☆トラリピ☆マイナー通貨どれにしよ?
窓埋めトレード仲間も募集中らしいです。
今なら役職も選べます。

窓埋めトレードするなら午前3時から取引できるサクソバンクFXがお勧めです。

サクソバンクFX


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日はG20を控え方向感の無い展開が続くも、ガイトナー米財務長官が「黒字国は為替を用いて内需拡大を」「G20に貿易不均衡是正のための政策のコミットメントを求める」と発言した事でややドル売りが優勢となっています。
ドル円はじり安推移で81.00まで下落、ユーロドルも1.3972まで上昇していますが、週末相場、G20も控えている事もありすぐに買い戻されています。
その後はG20を控え過熱気味に上昇してきたユーロドルの調整的な売りが入り、そのまま1.3857まで下落する場面がみられるも結局は行って来い、再び1.39ドル半ばまで値を戻しています。
現在NYタイムも方向感の無い展開が続いていますね。
完全にG20待ちとなっています。

本日もガイトナー米財務長官の発言に振り回される展開でしたね。
ガイトナー財務長官のG20諸国への書簡、以下ロイターの記事です。

第1に、G20諸国は、構造的に原材料の輸出が多い一部の国について例外が必要になる可能性を認識しつつ、対外不均衡を今後数年以内に国内総生産(GDP)の一定比率以下に引き下げるということと矛盾しない政策に取り組むべきだ。
 つまり、赤字が続いているG20諸国は、持続可能な債務水準と一致する信頼できる中期的な財政目標を採用し、輸出実績を強化することで、国民貯蓄を増やすべきだ。
 逆に、黒字が続いているG20諸国は、国内の成長源を押し上げ世界需要を支援するため、構造的な財政および為替政策を実施する必要がある。
 われわれの経常収支は、各国の政策選択や他のG20諸国が実施する政策に左右されることから、協力した取り組みが必要だ。

第2に、世界的な需要の不均衡是正を秩序ある形で促すため、G20諸国は通貨の押し下げ、あるいは過小評価されている通貨の上昇阻止によって競争上の優位達成を狙う為替政策を回避することを約束すべきだ。
 G20のメンバーである新興国のうち、自国通貨が著しく過小評価されており、予防的準備を十分保有している国は、いずれ経済ファンダメンタルズに見合う水準まで為替相場を調整する必要がある。
 G20メンバーの先進国は、為替相場の過度のボラティリティや無秩序な動きを防ぐよう努めていく。双方の措置を合わせれば、柔軟な為替相場を有する新興国への資本フローのボラティリティが過度に高まるリスクが軽減されることになる。

第3に、G20は、国際通貨基金(IMF)に対し、われわれのコミットメントに関する進ちょく状況を監視する上で特別な役割を担うことを要請すべきである。IMFは、外部的持続性および各国の為替相場、資本収支、構造・財政政策に関わる合意目標をめぐり、G20各国の進展状況を評価するための報告書を半年に一回、公表すべきである。
 こうした取り組みとともに、IMFの金融資源・手段の強化、活力に満ちた新興市場諸国の声や主張を高める統治機構を改革するべく、われわれは野心的な一連の諸政策で最終合意に達するべきである。


結局米国は不均衡是正と言いながら自国通貨安政策を正当化しようとしていますね。
今回のG20では多くの新興国の反発が予想されますから、声明レベルでの合意は厳しいでしょうね。


本日のトレードポイント

今日はユーロドルです。

1022eurusd5

1本のラインを引いておきました。
前日NYタイムから始まったユーロドルの下落ですが、一旦下げ止まった本日東京タイム9時につけた安値1.3889ですね。
その後はガイトナー発言によりドル売りとなりましたが、欧州勢参戦で再びドル買いとなりましたので、東京タイムにつけた安値1.3889を割り込んできた所(白○)でショートでエントリーしています。
直後に発表された独10月Ifo景況感指数が予想を上回り大きく上昇しましたが、基準線(SMA25)を手前に反落(オレンジ○)、そのままドル買い戻しの動きとなりました。
そのまま前日安値、1.3871も割り込んだので1.38ドル前半までは下げると思ったのですが、1.3857を安値に反発、そのまま上昇してしまったのでいつも通り基準線の突破(赤○)で機械的にロスカットしています。

一時的にそこそこの利益が出ていただけに残念です。
独10月Ifo景況感指数は油断してました、完全に忘れてましたね。
結局は基準線手前で反発してますからストップにはかかりませんでしたが、重要な経済指標ですので普段ならポジションを取ってない場面だったと思います。
私の場合はエントリー直後に基準線の突破ポイントにストップを設定、その後は5分おきに手動でストップを設定しなおしています。
経済指標や要人発言、如何なる時でも突発的なニュースで大きく動く可能性がありますから、ストップを設定しなかった事による思わぬ損失には気をつけたいですね。

その他前日記事をアップした後にもトレードしています。
こちらのほうの解説は本日は割愛させていただきます、いつも通りのトレードですので特に解説も必要ないかと思います。

本日のトレード結果

EURUSD S 1.3961 → 1.3941 +20PIPS (前日分)
EURUSD S 1.3885 → 1.3904 -19PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット