FC2ブログ
2010 / 10
≪ 2010 / 09 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2010 / 11 ≫

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日東京タイムでは、本邦輸出企業が想定為替レート引き下げの検討に入ったとの報道もありドル売りが優勢。
ドル円は再び下値試しとなり81.13まで下落、ユーロドルも1.40ドルを回復していますが、週末から続いているドルストレートメインでのドル買戻しの動きが強まっており、ドルは底堅い展開が続いています。
RBA議事録では「インフレ率、近い将来に目標レンジにとどまる」との発言や、「行き過ぎた人民元の調整は回避すべき」との報道もドル売りを抑制しているようで、更には平野元日銀理事が「状況次第で、さらに緩和策拡大の可能性も」と発言した事もあり、ドル円は前日高値を突破するとそのまま81.54まで上昇しています。
欧州勢参戦でもドル買いの流れは継続していますね。
ユーロ圏10月ZEW景気期待指数が+1.8と、市場予想の-2.0よりかなり強い数値が発表された事でユーロドルが大きく上昇する場面がみられるもその後は再び売り優勢となっています。
そしてNYタイム、先程発表となった米9月住宅着工件数は61.0万件と、市場予想の58.0万件より大きく強い結果となった他、ECB財務相理事会がヘッジファンド規制で合意との報道に、中国人民銀行が1年物貸出金利を5.31%から5.56%へと25bp引き上げ、1年物預金金利を2.25%から2.50%へと25bp引き上げた事で株式も軟調推移、リスク回避的な動きからユーロドルは前日の安値を割り込むと次々とストップを巻き込み一時1.3790まで下落しています。
ドル円はつられるようにドル買いとなっており81.91までと大きく上昇しています。


本日のトレードポイント

今日はドル円とユーロドルでトレードしています。
ドル円はようやく動いたと言った感じですね。
大きな流れを確認するために1時間足を載せておきます。

1019usdjpy60

ドル円の方は日曜に1時間足を確認したかと思いますが再度載せておきます。
週末、週明け、FX業者によって取引終了の時間と取引開始の時間が異なりますので、1時間足ですとトレンドラインの位置する場所が業者によって多少ずれてきますね。
基本同じラインになりますが下落トレンドラインの方は多少修正しておきました。
14日東京タイムから始まった下落トレンドですが、本日の午前の動きでついに上方ブレイクしています。
赤○で囲っていますが、上値を徐々に切り下げながらの展開、下値はオレンジ○、サポートを81.10付近に底堅い展開。
大きな下髭を伸ばし80円台に突入する場面が見られるも弱気のトライアングルフォーメーション、ディセンディングトライアングルのような形になっていました。
トレードチャンスは白○で囲った4箇所。
ブレイクした所で次々とレジスタンスが迫ってきていますので、なかなか入りづらいですね。
日足以上の大きな流れは依然下方向、長期的なロングポジションを建てるような時期ではないですので、ロングで入りながらもこまめに利確がいいかと思います。
1個目の白○は東京タイム午前、いつも通りチャンスを逃しています。
2個目の白○は東京市場クローズ間際、既に動いた後、最も行って来いになりやすい時間帯と言う事でいつも通り見送り。
そして3つ目の白○、東京タイム14時につけた高値81.54を欧州勢参戦後に抜け来た所でロングで入っています。
チャンスは何度もありながらも結局は毎度のエントリーパターンでした。
自分の得意なパターンでの勝負がやはり一番ストレスが無くトレードできますね。
82円には強力なレジスタンスが控えていますので、その手前で反発した所(最後の赤○)で利益確定しています。

その他ユーロドルでもトレードしています。
こちらの方は東京タイムで乱高下していますね。
午前の動きで前日NYタイムに越えられなかった高値1.3998を突破してきていますが、既に早朝時間外で1.4005まで上昇していましたので、高値を突破して来たというよりは早朝時間外での高値を目前に反転したと言うイメージの方が正しいと思います。
仮に起きていたとしてもロングで入るポイントではないですね。
東京タイムからの下落が16時に一旦1.3885で下げ止まっていますが、その後ユーロ圏10月ZEW景気期待指数で大きく上昇もすぐに売り優勢となり、当日安値を割り込んで来た所でショートでエントリーしています。
今日は記事が長くなりましたので、チャート解説は割愛させていただきますが、いつも通りのトレードですので特に細かい解説も必要ないかと思います。


本日のトレード結果

EURUSD S 1.3881 → 1.3803 +78PIPS
USDJPY L 81.58 → 81.81 +23PIPS


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

スポンサーサイト

記事更新の励みになります。
↓をポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ

本日は早朝時間外からドル売りが加速。
ドル円の方は81.01までの下落、ユーロドルも再び1.40ドルを回復しましたが、すぐに買い戻される動きとなる等やや荒っぽい週明けとなりました。
週末NYタイムではユーロドルを中心に大きくドル買いとなった事でドル相場は底堅い動きが継続しています。
本日東京タイムでは週末の流れを引き継ぎユーロドルは売り優勢、週末NYタイムで下げ止まった1.3937を下抜けると次々とストップを巻き込みそのまま1.3862までと大きく下落しています。
その後欧州勢の参戦でも売りが優勢となっており、当日安値を更に更新し一時1.3831までの下落となりましたが、グゲレルECB理事が「ユーロは強固な通貨」と発言した事をきっかけに買い戻しの動きとなると再び1.39ドルを回復しています。
本日はシティ・グループの決算がありましたが、7−9月期1株当り損益は0.07ドルと、市場予想の0.06ドルより強い結果となったものの目立った反応は見られていませんね。
先程発表となった米9月鉱工業生産は前月比-0.2%と、市場予想の+0.2%より弱い結果となった事も影響し、ユーロドルを中心にドル売り戻しの動きが継続しています。


本日のトレードポイント

今日はノートレードですが、ユーロドルにはトレードチャンスがありましたね。

1018eurusd5

早朝時間外では1.40まで上昇するも上値の重たさを確認するとその後はじり安推移。
東京タイムでもドル買いの動きが継続してましたので、週末NYタイムで下げ止まった1.3937を下抜けてきた所(白○)がショートでのエントリーポイントとなります。
利益確定の目安は赤○。
1.39ドルも割り込み大きく下落していますが、更なる下押しを目指しつつも動きが鈍り、結局SMA25を上抜けて来た所でストップ利確でしょうか。
何も考えずにルール通り機械的にトレードするだけでも50PIPS程度の利益が出てますので、エントリー出来た人はラッキーでしたね。

ユーロドルの方は1時間足に続き4時間足も売り転換しましたから、これで少しは売りやすくなったと思います。
現在では4時間足の基準線が1.3990付近、この辺りが目先の戻りの目安になるとは思っています。


本日のトレード結果

無し


追記

チャート画像の方が抜けていましたね。
申し訳有りません。
今修正しました。


1日1回1クリック、応援お願いいたします。どれか1つでOKです。

にほんブログ 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

私のメイン口座です。 ドル円、ユーロドル共にスプレッド1PIPS固定。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1000通貨単位、手数料無料で取引出来ます。 普段解説に使っているチャートはこのLIONのものです。
FX取引ならヒロセ通商へ
投資に関する書籍はこちらで。
質問等はお気軽にこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

エオリア

Author:エオリア
東京都在住
音楽と猫を愛してます
かなりの甘党です
相場に疲れた時は飼い猫に癒されながら頑張っています
Twitter @aeoria77

各種キャンペーン中
アイネット証券[アイネットFX]
アイネットFX

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」
外為ジャパン


みんなのFX


FXブロードネット